サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


field



フィールド・オブ・ドリームス

FIELD OF DREAMS
監督: フィル・アルデン・ロビンソン
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: ケヴィン・コスナー、エイミー・マディガン、ギャビー・ホフマン、レイ・リオッタ、ティモシー・バスフィールド、ジェームズ・アール・ジョーンズ、 バート・ランカスター
1989年 アメリカ映画



ウィリアム・P・キンセラ原作の小説をフィル・アルデン・ロビンソン監督が映画化したヒューマン・ドラマとファンタジーを掛け合わせたような作品。
トウモロコシ畑と野球場がキーワードとなっている、ファンタジックな感動を呼ぶ傑作です。
野球映画だと思っている人もいるようですが、「愛」や「夢」をテーマにした不思議な作品です。
ネタバレになるので詳しくは触れませんが、「野球場を作れば、彼らがやってくる」とお告げ(^_^;)を受けた主人公がトウモロコシ畑をせっせと野球場に作り変えてしまいます。
そこから始まる不思議なお話を当たり前の出来事のようにサラッと描いてしまっています。
下手をすると夏の怪談のようなお話を上手にファンタジーに仕上げています。



音楽は、ジェームズ・ホーナー。
この人はアクション・スコアの引き出しが狭いのか、その手のスコアになると自作の使い回しをよくやっちゃいますが、
ヒューマン・ドラマとなると実にいいメロディを書きます。
本作も、同じような時期に製作された「コクーン」に並ぶ傑作スコアだと思います。
ピアノや生ギターを基調とした透き通ったメロが印象的なテーマ曲を始め、
バラエティに富んだスコアを提供しています。
ストリングスを生かしたオーケストラ・スコアを始め、ジャズっぽいスコアやフュージョンっぽいスコア・・・いろんなバリエーションを聴くことが出来ます。
本サントラのためにニール・スチューベンハウスやイアン・アンダーウッドといった著名なセッション・ミュージシャンが大挙参加しています。
これがスコアに深みと幅を持たせていると思います。
最後まで派手に鳴らすことはありませんが、落ち着いたトーンの中で感動を呼ぶスコアです。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


transu[



THE TRANSPORTER
監督: ルイ・レテリエ
音楽: スタンリー・クラーク
出演: ジェイソン・ステイサム、スー・チー、マット・シュルツ、フランソワ・ベルレアン、リック・ヤング、ダグ・ランド
2002年 フランス映画



リュック・ベッソンが製作、脚本を担当したフランス製アクション映画。
上映時間が1時間半と短めですが、無駄に長いシーンが無くテンポよいストーリー展開で、さほど短さを感じさせません。
カーアクションと格闘技アクションが合体した娯楽作品となっています。
あんまり難しいことは考えずに観る映画ですね(^_^;)
BMWに乗ったプロの運び屋が、あることをきっかけに組織に命を狙われることになり、
追っ手と壮絶な闘いを繰り広げるというお話。
アクションのテンポはかなり良くて、ストイックでマッチョな主人公の華麗なドライヴィング・テクニックと、
不必要に人を殺さない姿勢がカッコよかった。
ジェイソン・ステイサムとスー・チーが共演しています。
いろんなアクのある役者が出ていましたが、一番気になったのは
ヅラを被った平幹次朗みたいなスー・チーのオヤジ役の俳優。
ドーラン塗ったようなほっぺも異様でした。わざとなのかなあ(^_^;)



音楽は、ベッソンがらみの作品の中では異色のスタンリー・クラーク。
フュージョン界のバカテク黒人チョッパーベーシストです。
最近は結構サントラの仕事をしています。
僕がこの人を初めて知ったのは、その昔、TVで「クラーク・デューク・プロジェクト」のライブを観たときでした。
このバンドはジョージ・デュークとのコラボで実現したプロジェクトで、スタンリー・クラークのベンベンいうチョッパー・ベースが最高でした。
「スクール・デイズ」という曲がすごく印象に残っていて、ギター並みに弾きまくるベースにビックリでした。
本作ではスコア全体を担当していて、基本的にフュージョンを下敷きにしたクールなトラックを中心に書いています。
これに加えてサスペンスを盛り上げるストリングス・チューンや歌モノが数曲収録されています。
サントラ盤は2種類発売されていて、デザインはほとんど同じで白っぽジャケの方はヒップ・ホップ等の歌モノのコンピ盤なのでご注意を。

黒っぽいジャケのスコア盤は、ちょっと割高になりますが、こっちの方がオススメです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


bucca


THE SCARLET BUCCANEER
監督: ジェームズ・ゴールドストーン
音楽: ジョン・アディソン
出演: ロバート・ショウ、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ピーター・ボイル、アンジェリカ・ヒューストン、ボー・ブリッジス
1977年 アメリカ映画



海賊映画といえば今では「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズですっかりお馴染みですが、
この映画が製作された70年代は、ほとんど海賊映画が作られなくなっていた時期でした。
そんな中で突如として製作された1本なので、当然大コケすることも予想されるわけで、
製作側は相当な勇気が必要だったことと思います。
まあ、監督のジェームズ・ゴールドストーンはこの後「ジェット・ローラー・コースター」を何とかこなすものの、
次の「世界崩壊への序曲」で遂に「大コケ」をやっちゃうのですが・・・・・(^_^;)
海賊船はホンモノを使いたかったそうで、これに相当のお金がかかったようで、
1隻しか出てきませんが、1975年当時150万ドルをかけて建造された「ゴールデン・ヒンド2世」号を改造したものだそうです。
ロバート・ショーは活劇スターというには、既におっさんというイメージがありますが、
ヒロイン役のジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが可愛いので許してあげましょう。
この作品、ビデオもDVDも発売されたのを見たことがありません。
「パイレーツ」人気にあやかって、DVD化されないかなあ。



音楽は、イギリスのジョン・アディスン。
映画の製作段階からフィルムのスコアリングに携わっていたようで、
かなり力が入っていたことが伺われます。
テーマ曲は、大らかなメロディが印象的なイギリス人らしい上品なスコアです。

翌年、彼が担当することになる「遠すぎた橋」を彷彿とさせる部分が垣間見れます。
40年代~50年代にヒットした一連の海賊映画へのオマージュともとれるスコアもちょこっと出てきます。
劇伴全体を見ると基本的にアンダースコアに徹していて、「遠すぎた橋」のようにアルバム全体で捨て曲なしという構成ではありません。
ただやはり活劇なので、アクション・シーンのスコアは陽気で楽しい快活なスコアになっていて結構楽しめます。
サントラ盤はCD化されておらず、LPがかつて出ていたのみです。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


ladder



LADDER 49
監督: ジェイ・ラッセル
音楽: ウィリアム・ロス
出演: ホアキン・フェニックス、ジョン・トラヴォルタ、ジャシンダ・バレット、ロバート・パトリック、モリス・チェスナット、ビリー・バーク
2004年 アメリカ映画



「バックドラフト」の二番煎じか!?と思いきや、ちょっと違った設定になっていました。
ラストの描き方もコテコテのハリウッド王道路線とは一線を画しているので意外だった1本。
1人の消防士の成長と回想シーンで構成されたような映画で、「バックドラフト」のような謎解きはありません。
9.11で亡くなった多くの消防士たちに捧げる映画ということで、ラストもなるほどなという感じがしました。
割とベタな内容の作品ですが、脚本がしっかりしているので最後まで飽きることなく観ることが出来ます。
ヒューマン・ドラマとして、よく出来た作品だと思います。
火災シーンの炎はCGではなくホンモノだそうです。



音楽は、ウィリアム・ロス。
同じジェイ・ラッセル監督作品の「マイ・ドッグ・スキップ」等を担当している人です。
というより、アラン・シルヴェストリ作品を始めとするオーケストレーターとして知られる人です。
オーケストレーターとしてしての経歴を見ると、「ハムナプトラ2」「マトリックス・リローデッド」「ヴァン・ヘルシング」「ダイ・ハード2」「スター・トレック・ジェネレーションズ」等々を担当しています。
サントラ盤は、オフィシャルでは歌モノのコンピレーション盤が出ていて、スコアはラストに収録された組曲風の1曲のみ。
主題歌扱いのロビー・ロバートソンの「Shine Your Light」が結構いい曲で話題になりました。
フル・スコア盤はプロモ・オンリーで出回っています。
スコアは、オーケストレーターを長くやっているせいか、いろんな作曲家のエッセンスが凝縮されたような音をしています。
テーマはやはり「バックドラフト」っぽいメロを持った曲。
劇伴もどこかで聴いたことがあるような音が多く、ある曲などは「ヒート」に使われたパッセンジャーズ(U2がらみのユニット)の曲のリズムをそのまんまいただいちゃってます(^_^;)
全体的にそつなくまとめたという感じで可もなく不可もないスッキリしたスコアです。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


dolllar

荒野の1ドル銀貨

UN DOLLARO BUCCATO
監督: カルヴィン・ジャクソン・パジェット
音楽: ジャンニ・フェリオ
出演: ジュリアーノ・ジェンマ、イヴリン・スチュワート、ピーター・クロス、ジョン・マクダグラス、フランク・ファレル
1965年 イタリア/フランス映画



マカロニ・スター、ジュリアーノ・ジェンマの代表作にして、マカロニ・ウェスタン初期の大ヒット作。
まだマカロニ・ウェスタンの知名度が低い時期の作品であり、ジェンマもモンゴメリー・ウッドなんていう英語名でクレジットされていました。
マカロニといえば、ヒゲ面、小汚い服、汗くさそう、残酷、主役=善玉とは限らない・・・等々といったイメージがありますが、
ジェンマの主演作についてはどれも爽やかなイメージがあります。
胸ポケットに入れた1ドル銀貨で命拾いしたり、銃身をカットした「当たらない」けん銃が伏線になっていたり、
小道具に凝った作品でもありました。
南北戦争で捕虜となった南軍の兄弟が、釈放されて流れ着いた街で悪党一味と農民との抗争に巻き込まれ、
弟を殺された兄が復讐に立ち上がるというお話。



音楽は、数多くのマカロニを手がけたジャンニ・フェリオ。
ジェンマの主演作も結構担当しています。
マカロニ初期の作品ということもあってか、音楽の方もギラギラのマカロニ節にはなっていません。
テーマ曲はいかにも日本人の琴線に触れそうな泣きのメロを持った名曲です。
日本ではフレッド・ボングストが歌う主題歌がヒットしました。
サントラCDはイタリアから「荒野の大活劇」他1作品とカップリングになったものが発売されています。

ちょっとジャケがカバー演奏の企画盤みたいなデザインでイマイチ。
本作からは全部で11曲が収録されていますが、テーマ曲はインスト・バージョンのみ。
インスト・バージョンも口笛がリードを取って、後半で情熱的なトランペットで盛り上げる構成になっていますが、
残念ながらボーカル・バージョンには叶わないかなという感じ。
劇伴はまだマカロニ色が薄く、オーソドックスなウェスタン・ミュージックになっている曲も結構あります。
まだイタリア製西部劇の知名度が低かったころなので、アメリカ寄りの音をしているのかなあと思います。
中期のマカロニのこれでもかという感じでギトギトした音とは明らかに一線を画しています。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。