サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

mc

MACBETH
監督: ロマン・ポランスキー
音楽: ザ・サード・イヤー・バンド
出演: ジョン・フィンチ、フランチェスカ・アニス、マーティン・ショウ、ニコラス・セルビー、ジョン・ストライド、スティーヴン・チェイス、ジェレミー・ブレット
1971年 イギリス映画


妻シャロン・テートを殺された後でポランスキー監督が撮ったシェークスピアの古典。
シェークスピア作品の中で最も血生臭い作品を映像化した当時の監督の心境が忍ばれます。
それだけに背筋に来るような重苦しさがあります。
かつて、ざらついたビデオ映像で観たから余計かもしれませんが・・・・。
これまで何度も映画化されてきましたが、これが通算3度目の映画化となります。
3人の魔女にそそのかされてスコットランドの王を殺したマクベスが、
王座をモノにするが隣国に亡命した王子の手によって追いつめられる姿を描いています。
ラストの首チョンパシーンがなんともシュールでした。



音楽はイギリスの異形のプログレ・バンド、サード・イア・バンド。
スコア自体は、ラッシュ・フィルムを観ながらメンバーが即興演奏したそうです。
サントラ盤にはそのときのスコアがそのまま収録されているわけではなく、
本編で使用されていない曲も入っています。
サントラというより、サントラを含むバンド自身による「マクベス」のインスパイア盤もしくは再録盤といった趣です。
もともと、中世の室内楽とオリエンタルな音を足して割ったような奇妙な音が売りのバンドだったので、
この手の音作りはお手の物だったと思います。
数あるプログレ・バンドの中でもおよそロックとは程遠い奇妙なサウンドがかえって新鮮です。
各曲の長さも手頃であり、長尺のミニマルな曲が多いこのバンドの作品の中では入門編にぴったりです。
本サントラのキモはオーボエの調べと、リーダー格のglen sweeneyによるひたすら乾いた音のパーカッション、そしてリコーダー。
アルバムのカバーは有名なデザイナー、ロジャー・ディーンの手によるモノ。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


executive


EXECUTIVE DECISION
監督: スチュアート・ベアード
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: カート・ラッセル、スティーヴン・セガール、ハリー・ベリー、ジョン・レグイザモ、オリヴァー・プラット、ジョー・モートン、デヴィッド・スーシェ
1996年 アメリカ映画



シュアート・ベアード初監督作品にして、あっと驚く意外性が売りのパニック・アクションの傑作。
ガス兵器を持ったテロリストにハイジャックされた旅客機を奪還するため、特殊部隊を空中から投入する作戦を描いた作品です。
結構いろんなアイデアで見せるなかなか見応えのあるアクション映画でした。
でも、カート・ラッセル、スティーヴン・セガール夢の共演!!みたいな日本独自のポスターは止めて欲しいです。
(アメリカ公開版のポスターにはカート・ラッセルしか描いてありません。これが本来の姿です。)
詳しくはネタバレになるのでふせておきますが、ある意味もの凄く贅沢な作り方をした作品です。



音楽は、巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
90年代前半の低迷期を乗り越え、達観したかのように怒濤の70年代テイストを取り戻してきた時期の作品です。
それだけに往年のゴールドスミス節が復活しており、テーマを一聴しただけでゴールドスミスと分かります。
テーマ曲は、引きずるような重厚なフレーズが印象的なアクションスコアです。
往年のアクション・スコアに比べるとどうしてもパワー不足を感じますが、
それでも低迷期を脱却した勢いをすごく感じます。
残念なのは、エンドタイトルが収録されていないこと。
フランク・シナトラの "I'ts Nice To Go Traveling" も流れますが、
スコアの方もかなりダイナミックなので、エンド・タイトルもしっかり収録してほしかった。
この時期のVareseレーベルのサントラはエンド・タイトル未収録の作品が多かったような気がします。
本作も含めて収録時間が30分に満たないものが多かったなあ。


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

django


VIVA DJANGO
監督: フェルディナンド・バルディ
音楽: ジャンフランコ・レヴェルベリ
出演: テレンス・ヒル、ホルスト・フランク、ジョージ・イーストマン、バーバラ・サイモン、ホセ・トーレス
1968年 イタリア映画



マカロニ・ウェスタン後期の一本。
日本でのマカロニ・ブームが下火になった頃の作品なので、日本公開は1971年になっています。
しかし、この映画結構面白い。
「ガンマン無頼」のフェルディナンド・バルディが監督しています。
子供の頃、ゴールデン洋画劇場で初めて観て、テレンス・ヒルのジャンゴがすごくカッコよかったのを覚えています。
ジャンゴと言えば、フランコ・ネロが演じた続荒野の用心棒が有名ですが、本作のヒットにあやかって、
マカロニの世界では、あちこちでジャンゴを主人公とした作品が制作されました。
本家とは何のカンケイもないのがほとんどですが、本作のジャンゴは本家同様、ガトリングガンをぶっ放します。
妻を殺されたジャンゴの復讐劇ですが、悪い奴らにことごとく「お前は妻を殺した・・・」といいながら息の根を止めるシーンがやけに印象的でした。



音楽はジャンフランコ・レヴェルベリ。
文字通りイタリアの作曲家で、本国の作品以外であまり有名な作品はありませんが、本作ではなかなかイイ曲を書いています。
主題歌はニコラ・デ・バリという男性シンガーが歌っています。
数あるジャンゴものの中では、本家までとはいかないまでも結構イケてます。
ゴールデン洋画劇場で本作を観て、思わずラジカセに録音してそれ以後しばらく気に入って聴いていましたが、
まさかサントラがあるとは思っていませんでした。
イタリア本国ではサントラCDまで出ています。
CDは「Un Minuto per pregare, un instante per morire」という1968年のマカロニ・ウェスタンとのカップリングになっています。
劇伴は基本的にテーマのバリエーションと、トランペットをフィーチャーした「復讐のバラード」系の曲で構成されています。
やはりマカロニと言えば独特のエコーのかかったエレキギターでしょう。
本作でも十分堪能することが出来ます。
マカロニの隠れた名盤の一つだと勝手に思ってます(^_^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


mars


MARS ATTACKS!
監督: ティム・バートン
音楽: ダニー・エルフマン
出演: ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、アネット・ベニング、ピアース・ブロスナン、ダニー・デヴィート、マーティン・ショート、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・J・フォックス、ロッド・スタイガー、トム・ジョーンズ、ナタリー・ポートマン、ジム・ブラウン、リサ・マリー
1996年 アメリカ映画



地球にやってきた火星人を友好的だと早合点した米大統領たちが火星人との会見を試みるが・・・・。
凶悪な火星人のレーザー兵器で次々と人間が虐殺されていく様が、なんともコミカルで悲壮感がみじんもありません。
ビッグネームが大挙出演するも、次々とあっさり殺されていく様が結構笑えます。
50年代B級SFを再現したUFOや火星人の姿がキッチュで素晴らしい。
火星人の弱点もバカバカしければ、それを聴いて頭が「BOM!」となって死んじゃう火星人の描写も笑えます。
こんなバカな映画撮って許されるのは、やはりバートンだからでしょう。
ティム・バートンのこういう作家性は大好きです。
「シザーハンズ」系のファンタジーも嫌いではないですが、バカな映画もっと撮って欲しい(^_^;)



音楽は、ティム・バートンとはすっかり仲直りした感のあるダニー・エルフマン。
このコンビは「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」以降、3年間ブランクがありました。
そのブランク後、初の作品になるのが本作だったように記憶しています。
50年代B級SFを意識して作った作品だけに、音楽もモロそれっぽい。
といっても、もともとエルフマンはバーナード・ハーマン好きで知られていて、
もともとその手のレトロな音作りには定評があった人なので、ものすごくマッチした音を作っています。
個人的には、エルフマンの他のどの作品よりも楽しく聴けてしまうサントラです。
独特の幽霊が出てきそうな音は、往年の電子楽器テルミンを使っています。
見事に50年代SF風の音を再現して、さらにそこへ壮大なエルフマン節を重ね合わせています。

アルバムの18曲目に火星人撃退の秘密兵器となったスリム・ウィットマンの歌が入っています(^o^)

どうしてこの曲なんでしょう(^_^;)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


snake


SNAKES ON A PLANE
監督: デヴィッド・R・エリス
音楽: トレヴァー・ラビン
出演: サミュエル・L・ジャクソン、ジュリアナ・マーグリーズ、ネイサン・フィリップス、ボビー・カナヴェイル、フレックス・アレクサンダー、トッド・ルイーソ、サニー・メイブリー
2006年 アメリカ映画



飛んでるジャンボジェット機内で数千匹の毒蛇がぶちまけられちゃうというとんでもない設定のB級パニック映画。
あまりにショボイ設定に思えたので、最初、ウェズリー・スナイプスが主演なのかと思ってました(^_^;)
サミュエル・L・ジャクソンがこんな映画に・・・・なんで??と思ってたら実はB級ながら結構面白かった。
ギャングの大ボスによる殺人を目撃した証人を裁判所で証言させるためFBI捜査官が護衛するというありがちな設定に
飛行機という閉塞された空間に蛇を放つという、ちょっとした新しいアイデアの勝利でしょうか。
でも、タイトルとポスターが本編そのまんまを直球で物語っているのも笑ってしまいます。
あまり肩肘張って観るタイプの映画ではないと思いますが、お茶の間で観るにはなかなかオモシロい作品だと思います。



音楽は、元イエス等のバンドでギタリストとして活躍したトレヴァー・ラヴィン。
「アルマゲドン」、「ナショナル・トレジャー」等々、話題作を多く手がけ、今では映画音楽のコンポーザーとして不動の地位を築いた感があります。
本作のスコアはいつものラヴィン節の派手な部分が強調された作風になっています。
アクション・シーンの派手さはかなりのもので、明確なメロが無いのが残念ですが、メロ無しでも怒濤のサウンドに結構「燃え」ます。
テーマは、「ディープ・ブルー」あたりとクラウス・バデルトの「リクルート」を足して割ったような感じです。
なお、本作は歌モノを集めたコンピレーション盤があり、こちらにはテーマとしてコンパクトにまとめたスコアが1曲入っています。
こっちも結構いい曲で、イエス時代にラビンが得意としていたキリキリ言う硬質なエレキギターが顔を出します。
歌モノコンピ盤の1曲目で本編ではエンディングに流れるCobra Starshipの“Bring It”という曲、イントロがなんとなくジグソーの「スカイハイ」が腐ったような始まり方をします(^_^;)
このバンド、全然知らない名前だと思っていたら、一般公募で選ばれたそうです。
他のアーティストもインディーズっぽい名前が並んでいます。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。