サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


casino



CASINO ROYALE
監督: マーティン・キャンベル
音楽: デヴィッド・アーノルド
出演: ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジャンカルロ・ジャンニーニ
2006年 アメリカ/イギリス映画


007シリーズ第21作目は、原点回帰の原作第1作目の忠実な映像化。
昔、ピーター・セラーズ主演で映画化されたことがありましたが、これはコメディタッチの番外編的な作品でした。
で、今回からボンドが交代、ダニエル・クレイグが6代目ボンドを演じています。
個人的には、ピアース・ブロスナンが好きだったのですが、ニュー・ボンドもなかなかはまり役です。
お話はボンドが007のライセンスを取得して初めての任務を遂行するまでが描かれています。
初仕事は、世界中のテロリスト集団に資金を与えている男の資金を絶つこと。
「ゴールデン・アイ」以来のマーティン・キャンベル監督が、再びメガホンを取っています。
オープニングからテンポ良いアクションが炸裂します。これは映画館で是非見るべき作品でしょう。



音楽は、007シリーズを「トゥモロー・ネバー・ダイ」以来ずっと担当しているデヴィッド・アーノルド。
本作で遂に4作目となります。
久々にアーノルドの「燃え」系アクション・スコアを聞くことができます。
ただし、本作では初めてボンドが007となるまでを描いているので、スコアにはあの有名なテーマがほとんど出てきません。
ラストの曲で一気にあのテーマが噴出すという感じなので、スコアを聞いているとつい007であることを忘れてしまいます。
それでも、10分に及ぶ劇伴は圧巻で、スネアを効果的に使ったミリタリーな感じのスコアがカッコいい。
サントラはスコアばかり74分しっかり入っていて、アメリカのi-tunesストアでは、
さらに13曲13分のボーナス・スコアが収録された完全盤がダウンロード出来ます。
でも、こちらは1曲1分程度のスコアの切れっ端みたいなのが多く、あまりお得感はありません。
なお、本作はなんと主題歌がスコア盤に収録されていません。
主題歌を歌ったクリス・コーネルの意向でサントラに収録されなかったとか。
シングル盤が別売されているので、こちらも買わねばなりません。
クリス・コーネルといえば、元「サウンドガーデン」、現「オーディオスレイヴ」のボーカリスト。
グランジ世代のへヴィ・ロックアーティストで、野太い低音ボーカルが魅力的です。
ロックもガンガンに聞いちゃう僕としては、当然シングルも買いました。
007のサントラ盤に主題歌が収録されなかったことって、前代未聞なのでは・・・。
でも、主題歌はそれを補ってあまりある出来ばえです。
かっちょえ~。


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


mine


KING SOLOMON'S MINES
監督: J・リー・トンプソン
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: リチャード・チェンバレン、シャロン・ストーン、ハーバート・ロム、ジョン・リス=デイヴィス
1985年 アメリカ映画



過去にも何度となく映画化されてきた「アラン・クオーターメイン」の冒険ものの4度目?の映画化。
なにせ製作しているのが、メナハム・ゴーラン&ヨーラン・グローバスの2人。
B級路線まっしぐらのこの2人が手がけているので、作品のクオリティは推して知るべしって感じです。
インディ・ジョーンズの二番煎じという形で、80年代後期に突如として再映画化されたのは誰の目にも明らか。

監督はあの「ナバロンの要塞」を手がけた巨匠J・リー・トンプソンですが、かつての手腕はどこへやら。

この作品以後、この監督は89年に没するまでブロンソン映画ばっかり撮ることになります。
木の上で逆さづりで生活する部族が出てて来たのには笑いました。
あんな部族ほんとにいるのかなあ。

しかし、この邦題もなんとかならなかったのかなあ。

「ロマンシング・ストーン」にもあやかろうとしてますね。
せめてもの救いは若き日のまだすれてないシャロン・ストーンが観れることぐらいでしょうか。


それともうひとつの救いがジェリー・ゴールドスミスの音楽。
こんな駄作なのに、サントラは3度目?のCD化です。
しかもボーナストラックを4曲も追加しての再登場です。

米INTRADAレーベルからの発売です。
さらにリマスターまでしてあるので、「デルタ・フォース」のサントラとカップリングになっていたMILAN盤に比べて

格段に音質が向上しています。
80年代は元ネタとなるヒット作の音楽をジョン・ウィリアムズが担当していて、
その二番煎じ作品の音楽をジェリー・ゴールドスミスにオファーがいくというパターンがいくつか見られました。
「スーパーマン」と「スーパーガール」なんてのもそうですね。
だから、本策もなんとなく「インディ・ジョーンズ」風のテーマ曲です。
たぶん製作者側からの要請だったのでしょう。
でも、さすが巨匠、元ネタに雰囲気こそ似ていますが、
しっかりオリジナリティと出していました。
80年代のゴールドスミスはシンセを味付けに使う機会が増えていくのですが、
本作は当時としては珍しく怒涛のフル・オーケストラのみで演奏されています。
音楽だけでも買いの1枚です。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



60



GONE IN 60 SECONDS
監督: ドミニク・セナ
音楽:トレヴァー・ラヴィン
出演: ニコラス・ケイジ、ジョヴァンニ・リビシ、アンジェリーナ・ジョリー、T・J・クロス、ウィリアム・リー・スコット、スコット・カーン
2000年 アメリカ映画



70年代に小粒ながらヒットした「バニシングin60」のリメイク版。
車大好きのH・B・ハリッキーさんが自ら監督・主演したB級アクションの佳作でした。
昔テレビで結構放映していたから、お茶の間ではわりと知られた映画でした。
で、なぜか2000年になってこの作品をリメイクしたわけですが、
前作と同じなのは主人公がムスタングに乗ってることと、60秒でどんな車も盗んでしまうことぐらい。
あとは全然別物の映画になってました。
目を引くのはカー・チェイス・シーンぐらいですかね。
車好きの人なら結構楽しめるかも知れません。
で、今まで知らなかったのですが、アンジェリーナ・ジョリーってジョン・ヴォイトの娘だったんですね。
どうりで「モンスター」の時、ジョン・ヴォイトみたいな顔してたわけだ。



音楽はジェリー・ブラッカイマー作品の常連、トレヴァー・ラヴィン。
最近、彼のバンドやソロ時代の諸作が紙ジャケ仕様でCD化されました。
再評価されてるのかなあ。
スピード感溢れる作品なので、音楽も派手です。
ロックとテクノを足したような、ちょっと前のデジロックな音をしています。
ギタリストだけあって、ギターの音が結構幅を利かせています。
ただ、あまりメインとなるメロが全編に顔を出さないためか、焦点が絞れていない感じです。
収録時間は最近のサントラにしては短めの30分程度。
監督の意向なのか、テクノトラックが「ソードフィッシュ」のポール・オークンフォルド風なのに苦笑してしまいます。
公開当時はそれなりにカッコいいと感じたのですが、
「ワイルド・スピード3」を聞いた後では、やはり見劣り、聞き劣りがします。
そういえば、オリジナル版の「バニシングin60」では、H・B・ハリッキーさんが自ら作曲してましたね。
サントラもテーマ曲だけなら、シングル盤があったような記憶が・・・・。
今思うとオリジナルはすごくハンドメイドな作品でしたね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。