サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


rejects




rej


THE DEVIL'S REJECTS
監督: ロブ・ゾンビ
音楽: タイラー・ベイツ
出演: シド・ヘイグ、ビル・モーズリイ、シェリ・ムーン・ゾンビ、ウィリアム・フォーサイス、ケン・フォリー、マシュー・マッグローリー、レスリー・イースターブルック、ジェフリー・ルイス
2006年 アメリカ映画


ラウド系ロック・ボーカリスト「ロブ・ゾンビ」が監督したホラーの第2弾。
前作はあまりの残酷描写でズタズタにカットされたあげくにやっと公開にこぎつけたというシロモノ。
でもホラーなのにオフビートなコミカルタッチ、斬新なカメラワーク等、
単なるホラーに終わらないロブ・ゾンビの才能を感じさせる作品でした。
で、今回の2作目はホラーというよりバイオレンス・ロード・ムービーに変身していました。
しかも70年代のアメリカン・ニュー・シネマへのオマージュたっぷり。
サザン・ロックをBGMに、スローモーションを織り交ぜた汗くさそうな映像は、
サム・ペキンパーを連想しちゃいました。
殺人一家が前作とうって変わって、保安官たちに追われる身になって逃避行を続けるというストーリー。
その途中でやっぱりいろんな人を惨殺していくのですが、
最後には殺人鬼たちになんとなく哀愁を感じてしまうあたりなんとも不思議な感覚がありました。
コアな映画ファンにはうれしい人たちも出てました。
ジェフリー・ルイス、「ゾンビ」のケン・フォリー、「サランドラ」のマイケル・ベリーマン等。
80年代中期に活躍したポルノ女優のジンジャー・リンまで出てました。
それから、殺人一家の娘を演じるのはロブ・ゾンビの嫁さんシェリ・ムーン。
ロブのバンドのバックダンサーとしても知られてました。



音楽は、タイラー・ベイツ。
全体的な雰囲気は彼が以前担当した「ドーン・オブ・ザ・デッド」に似てます。
かなり硬質で無機質な音響系のスコアが中心です。
一部テクノ風味な味付けのアクション・スコアがありますが、これも無機質な音です。
そんな中で壊れたメリーゴーランドのような曲が1曲入っているのが印象的でした。
サントラは2種類発売されていて、スコア盤の他に歌モノのコンピレーション盤があります。
実は本作は歌モノ盤の方が出来がすごくいいのです。
70年代サザン・ロックのテイスト満載のアルバムで、スコアよりこちらの方が映像を強烈に思い起こさせます。
レイナード・スキナード、スリー・ドッグ・ナイト、オールマン・ブラザーズ・バンド等々、美味しいとこが目白押しです。
特にラストのエンドロールで流れるテリー・リードの「SEED OF MEMORY」のカッコいいこと。
ハイウェイを走るように映像を映していたカメラがグ~ンと空に飛び立っていくシーンのバックにこの曲を使うなんて、ほんとニクイ演出でした。
テリー・リードといえば、レッド・ツェッペリンの初代ボーカリストとしてオファーされていながら
自らその座をロバート・プラントに譲った実力派シンガーですが、
本作を観て彼のオリジナルアルバムも聴いてみたくなりました。
なお、歌モノ企画盤にはダイアローグ入りの29曲バージョンがありますが、


これ
 ↓ 

reject



セリフがたくさん挿入されているだけで曲自体は増えていないようなので、あまりお買い得感はないかと思います。

でも、本作のコンピレーション盤、絶対オススメです。

映画観てない人も、オヤジロックファンには必携のアルバムでしょう。

ロブ・ゾンビ、実はすごくセンスいいヤツかも(^o^)


てなことで、今年もこれが最後の更新になりました。

(ホラーで終わっちゃった(^_^;))

今年は後半、長期出張に突入し、なかなか思うように更新できませんでした。

それでも、いろんな方に立ち寄っていただきほんとにありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


それではみなさん、良いお年を♪



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

自宅から久々のアップです。

PCがある環境ってやっぱりイイですね~(^o^)

つい調子にのって2日連続の更新です。





hostel


HOSTEL
監督: イーライ・ロス
特殊メイク: グレッグ・ニコテロ
音楽: ネイサン・バー
出演: ジェイ・ヘルナンデス、デレク・リチャードソン、エイゾール・グジョンソン、バルバラ・ネデルヤコーヴァ、ヤナ・カデラブコーヴァ、三池崇史
2006年 アメリカ映画



どことなくレトロな感覚の壮絶拷問ホラー。
タランティーノが製作に携わっているだけあって、いい意味のB級っぽさがあります。
(まだ本編見てないけど(^_^;))
全米で№1取ったらしいですね、この映画。
東京では渋谷のシアターNでしかやってなくて、結局見に行けませんでした。
その他の地区では福岡や大阪で順次公開されるようですが、なにしろエログロがヒドイので18禁なんです。
各地でも単館上映は必至かと・・・・。
ストーリーは、スロバキアにハーレムのようなホステルがあるとの噂を聞いた若者が、そこへ行って最初はいい思いをするのですが、
実はそこは拷問殺人ホステルだったというお話。
タランティーノが敬愛する日本人監督の三池崇史監督がカメオ出演しているそうです。
まあ、いろんなが画像や動画でスプラッターシーンを見ましたが、かなりグロいですね。
ホラーファンなら当たり前に観てしまうかもしれませんが、ホラーが苦手は人は絶対観てはいけない映画でしょう。
と、思っていたら特殊メイクはかのトム・サビーニの愛弟子グレッグ・ニコテロではありませんか。
グロいハズだ。でも、彼が手がけているということは、かなり高水準なメイクになっていることでしょう。
18禁なのに、もう「2」が完成しているそうです。
でも、こっちはアメリカで1月公開が延期になったそうです。
さらにヤバイ映像になっているのでしょうか(^_^;)



音楽は、監督のイーライ・ロスとは前作「キャビン・フィーバー」からの付き合いになるネンサン・バー。
「キャビン・・」ではまだ新人だったせいか、テーマ曲をアンジェロ・バダラメンティに書いてもらってました。
で、こんどは堂々のフル・スコア担当です。
基本的にサスペンス描写にバーナード・ハーマンっぽいところがあると感じました。
ストリングスの使い方が結構スリリングで良いです。
特に追っかけのシーンと思われる部分では、フルオケの重圧感もあります。
本編同様、スコアもちょっとレトロな風合いがあります。
正攻法のサスペンス・スコアという感じです。
メロもそこそこしっかりしていて、最近ありがちな徹底したアンダー・スコアという感じではありません。
ただ、全体的に曲が短いのが難点。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

年末で帰省しようと夕べ羽田から米子空港行きの最終便に乗ったのですが、
米子空港が雪で着陸出来ず、羽田に引き返してしまい、
今、始発の新幹線を待ちながら、ネットカフェからアップしています。


LETTERS FROM IWO JIMA
監督: クリント・イーストウッド
音楽: カイル・イーストウッド
出演: 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童、裕木奈江
2006年 アメリカ映画


イーストウッド監督による硫黄島2部作の第2弾。
今度は硫黄島での激戦を日本軍側から描いています。
前作でアメリカ軍側から描いた上陸作戦をそのまま日本側から裏返して描いているので、
前作を見てから本編を見たほうがより楽しめます。(楽しむという表現は適切ではないかも知れませんが・・・)
キャストはほとんど日本人。
ハリウッドの作品で、ここまで日本人を上手に描いた作品はなかなかないでしょう。
見ている途中で、日本映画を見ているような錯覚に陥りました。
でも、カメラワークはやっぱりハリウッドのそれなので、なんともいえない不思議な感覚を味わいました。
戦闘シーンもさすがに迫力十分で、前作以上のできばえです。
しかし、残念なのは、5日で占領されるはずの島を日本軍が36日間も粘った過程が描ききれていないのです。
洞窟でちょっと粘ったけどダメだと思ってみんなで自決したり、最後の突撃までのエピソードが簡単に描きすぎていて、1ヶ月も粘ったという感じがうまく伝わってこないのが残念です。



音楽は、息子カイル・イーストウッド。
さすが現役のジャズ・ミュージシャンだけあって、親父よりもメロディがしっかりしています。
でも、基本的には前作の雰囲気を踏襲した作風で、ここでもピアノの単音を生かしたシンプルなメロディが基本になっています。
近年、戦争映画の音楽って、すっかりこういう感じになってしまいましたね。
「プライベート・ライアン」あたりから、もうこの傾向は定着してしまったようです。
70年代の勧善懲悪型アクション戦争映画に親しんだ世代としては、ちょっと残念な気がします。
もう、血沸き肉踊る戦争映画音楽って作られないのでしょうか。
クエンティン・タランティーノ監督が「地獄のバスターズ」だったか「特攻大作戦」だったかのリメイクを企画していると聞いたことがありますが、これくらいでしょうか、期待できるのは。
でも、ヒューマン・ドラマとしてのサントラとしては本作は優れた作品であると思います。
でも、ちょっと地味なんだよなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


der


THE DEPARTED

監督:マーティン・スコセッシ

音楽:ハワード・ショア

主演:レオナルド・ディカプリオ、ジャック・ニコルソン、マット・ディモン、マーク・ウォールバーグ

2006年 アメリカ映画

12月はいろいろとバタバタしたので、更新を1週間サボってしまいました。

これ、香港映画のフィルム・ノワール「インファナル・アフェア」をハリウッドでリメイクした作品だとか。

元の作品を見たことがないので、なんとも言えませんが、豪華スタッフ、キャストで映画化されているのでかなりの話題作なのでしょう。

マフィアに潜入した捜査官と警察に潜入したマフィアという対照的な2人の男を中心に描いているそうです。

公開は来年正月だそうです。

まだ東京にいるので公開時に見れるかも(笑)

音楽は、「アビエイター」、「ギャング・オブ・ニューヨーク」でスコセッシと組んだハワード・ショア。

今回は、アコースティック・ギターを大々的にフィーチャーした作品で、豪華な参加メンバーに驚きます。

シャロン・イスピン(クラシック系の人)、ジョージ・エドワード・スミス(ホール&オーツのツアー・ギタリスト)、

テリー・サルツマン(フュージョン系)、マーク・リポー(フリー・ジャズ?)といったギタリストが参加しています。

サントラ全編を通じてのキーワードは「タンゴ」だと思われます。

生ギターだけで演奏される曲も多く、普段のショア節とは全く違った色彩を放つ作品です。

先入観無しに聴いたらショアの作品だと分からない人も多いはずです。

一言で言えば、枯れた味わいのあるカッコいいアルバムです。

テーマ・フレーズはなんとなくLOS LOBOSあたりがやりそうな曲調です。

なかなかおすすめです。

なお、スコア盤とは別に歌ものだけを集めたコンピレーション盤もあり、

こちらにはスコア盤から2曲が収録されています。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


saw


SAW 3

監督: ダーレン・リン・バウズマン
音楽: チャーリー・クローサー
出演: トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファーデン、バハー・スーメク、ディナ・メイヤー
2006年 アメリカ映画


低予算ながらそのストーリーの面白さで大ヒットしたスリラーの3作目。
自らも死期が迫る殺人鬼ジグソウとその弟子による誘拐殺人ゲームが今回も展開します。
1作目の監督2人は前作に引き続き製作総指揮にあたっています。
監督は前作から登板したダーレン・リン・バウズマン。
回を追う毎に、ゲームの残酷描写が増していきます。
今回は今まで以上に痛いシーンが満載でした。
伏線もいろいろ張り巡らされていて、是非1作目から順番に観てほしい作品です。
今回は、ジグソウとその弟子に捕まった女医がジグソウを延命させる治療をさせられる過程と、
子供を事故で亡くした父親がやはり捕まってゲームをさせられる過程がストーリーの基本になっています。
特に2作目との関連が強いので、観てないと意味が分かりづらいシーンが結構あります。
新宿で弟と一緒に観たのですが、前作までを知らない弟は所々で「???」と小首をかしげていました。
それでもラストの畳みかけるような大どんでん返しの衝撃には「う~ん、すごい!」と唸っていました(^_^)
ネタバレになるといけないのであまり書けませんが、「3」で完結じゃないようです。
このシリーズ、1作目が素晴らしすぎて、だんだんストーリーよりも猟奇的な部分が目立つ作品に変貌していますが、次回作も楽しみです。



音楽は、3作ともチャーリー・クローサーが担当。
サントラは、ラウド、デジ、インダストリアルなロックのコンピレーション盤になっています。
インダストリアルっぽいハードな映像だし、音楽担当がナイン・インチ・ネイルズ出身者なので、
デジロックやインダストリアル系、ラウド系のイメージがぴったりなのは分かります。
個人的にもこの手のロックは好きなので、優れたコンピレーション盤だと思います。
SLAYER,HELMET,DISTURBED,MINISTY等々、結構好きなバンドが入ってたりして(^_^;)
しかし、2作目、3作目ともにスコアが1曲しか入っていないのは納得がいきません。
1作目だって半分しかスコア入ってなかったのです。
本サントラがSUMIYAの店頭に無くて、TOWERで売ってる所以はここにあるのでしょうか。
ほんとテーマ曲がカッコいいだけに残念です。
この曲は、毎回のお楽しみ、ラストの大どんでん返しでメチャクチャ効果的に使用されます。
今回のアレンジには、マーク・マンシーナの「スピード」を思わせるオケ音が入っています。
優れたスコアなので、フル・アルバム化してほしいものです。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。