サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

superman


SUPERMAN RETURNS
監督: ブライアン・シンガー 
音楽: ジョン・オットマン 
出演: ブランドン・ラウス、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、サム・ハンティントン、エヴァ・マリー・セイント


クリストファー・リーヴ版の「スーパーマン」と「スーパーマン2冒険編」の続編となる新作。
このシリーズは、「冒険編」の後、「3」と「4」が製作されていますが、あまりの出来に
今回の映画化にあたっては、鬼っ子扱いされたと思われます。
確かに「3」「4」と、このシリーズは一気に失速していきました。
特に「4」なんか、キャストは1作目同様に豪華なのに、制作がメナハム・ゴーランのキャノン・フィルム。
「マスターズ超空の覇者」と同じようなB級の臭いプンプンの作品になってしまってました。
今回の主演ブランドン・ラウスは、故クリストファー・リーヴにそっくりでビックリ。
レックス・ルーサー役のケヴィン・スペイシーも何となくジーン・ハックマンに似ているかも(^_^;)
「X-MEN」のブライアン・シンガーがメガホンを取っているので結構期待してます。
日本公開は8月19日、夏休みロードショー。これなら松江まで見に行けるかな(^o^)

音楽は、「X-MEN2」のジョン・オットマン。
この人は、「ファンタスティック・フォー」以来、結構アメコミものが続きますね。
テーマ曲は、78年版等の続編という点を強調させたかったのか、ジョン・ウィリアムスのスコアをそのまま使ってます。
ほとんどアレンジなしで、イントロとエンディングをいじった以外はオリジナルをそのまま演奏してます。
ただ、オリジナルのロンドン・シンフォニーによるきらびやかな金管の高音の伸び、流れるようなリズム感はここでは今ひとつ。
録音が新しいので、オケは迫力ありますが、どうしてもカバー演奏というイメージがついて来ます。
スーパーマンのテーマのキモは、あの流れるような、あたかも空を飛んでいるかのようなメロディにあるのですが、
やっぱりもたついてしまう部分があり、残念。
それでもテーマ曲だけ取ってみると、「冒険編」のケン・ソーンによる同テーマよりはずっと迫力があります。
劇伴にもウィリアムスが使ったモチーフが挿入されますが、ジョン・オットマンのオリジナリティがほとんど出ていないのが残念です。
もうちょっと劇伴で自己主張して欲しかったなあ。
でも、もともとこの人、あんまり明確なメロ書かないんだよなあ(^_^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

omen


THE OMEN
監督: ジョン・ムーア 
音楽: マルコ・ベルトラミ 
出演: リーヴ・シュレイバー、ジュリア・スタイルズ、ミア・ファロー、デヴィッド・シューリス、ピート・ポスルスウェイト、マイケル・ガンボン、シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック 
2006年 アメリカ映画



70年代オカルト・ブームの火付け役となった「エクソシスト」と並ぶホラーの傑作を、
「エネミー・ライン」のジョン・ムーアがリメイク。
オリジナルに極めて忠実に作られているということですが、
ホラーに関して言えば途中のプロットもラストも全く同じでは面白くないのでは・・・・。
前作のオカルト調の荘厳な作りにどれだけ近づけるのかが見物かなあ。
当然田舎者の僕はまだ観ていないのですが、6が3つ並ぶ「2006.6.6」に世界同時公開という凝りようです。


音楽は、オリジナルを担当したジェリー・ゴールドスミスを師と仰ぐマルコ・ベルトラミ。
敬愛する偉大な作曲家の仕事をどう料理するのか期待して聴きました。
所々に師匠のフレーズを盛り込んであるようなのですが、僕が聴いた感じではあまり耳に残りませんでした。
静寂の中にビブラフォンやピアノの単音をあしらった音数の少ない静かな曲調が多いのに驚かされます。
ベルトラミ自身が師と仰ぐゴールドスミスとは明らかにアプローチが違います。
アクション・スコアになるといかにもベルトラミ調のパーカッシブで攻撃的なスコアが顔を出します。
これがなかなか乾いた感じで激しいスコアなのですが、あまりたくさんは入っていないのが残念。
ブキミなコーラスを使ったオカルトっぽい曲もありますが、ゴールドスミスのような教会音楽風の荘厳さはありません。
どちらかといえば、イタリアン・ホラー系のコーラスです。
ラストにオリジナルの「アヴェ・サンターニ」等をメドレーにした曲が出てきますが、コーラスがエニグマ風で、あんまし怖くない。
う~ん、もうちょっとの出来かな。
オリジナルが偉大過ぎるのかも知れませんね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

x-3


X-MEN: THE LAST STAND
監督: ブレット・ラトナー 
音楽: ジョン・パウエル 
出演: パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、ハリー・ベリー、ファムケ・ヤンセン、ケルシー・グラマー、アンナ・パキン 
2006年 アメリカ映画



アメコミSFシリーズの最終章。
監督が前2作のブライアン・シンガーからブレット・ラトナーへバトンタッチされています。
日本公開はまだなので、どんな感じに仕上がっているのかよく分かりませんが、
カンヌ映画祭では酷評されたとか・・・。
わりとコンパクトに2時間枠に話がまとまっているようです。
まあ、好きなシリーズなのでラスト・スタンドを観てみたい気はしてます。
それにしても、このダサダサな邦題、なんとかならんかなあ。



音楽は、またまた代わってジョン・パウエル。
この人もハンス・ジマー門下生のRC関係者ですが、個人的にはRCの中では一押しの人。
「ボーン・アイデンティティ」等では、大胆にドラムンベースなんかを取り入れていた人ですが、
本作はオーソドックスなフルオケ仕様となっています。
意外にもこわめて正攻法で作られたスコアです。
ところどころにシンセとコーラスが入ります。
前作でコーラスを使うようになったこのシリーズですが、コーラスはいらんような気がします。
アクション・スコアはどことなくダニー・エルフマンの「ミッション・インポシブル」を思わせます。
あと、ジョン・ウィリアムス版「スーパーマン」に激似のフレーズが出てきてビックリ。

あんまり明確なテーマモチーフはありません。

(というか、ちょっと古くさいかもしれません。スーパーマンに似てたりするし(^_^;))

でも、エルフマンっぽいアクション・スコアは「燃え」ます。

1作目のケイメンのペンによるテーマはここでは無視されたようです。

優しげなメロディのテーマも出てきますが、ちょっと弱いかな。
全27曲ほとんどノンストップでつながっているので、一気に聴かせてしまいます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

x2


X-MEN 2
監督: ブライアン・シンガー 
音楽: ジョン・オットマン 
出演: パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、ハル・ベリーファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン、レベッカ・ローミン=ステイモス、アンナ・パキン 
2003年 アメリカ映画



アメコミが原作のSFアクションの第2弾。
人類との共存を目指すミュータントとそれを阻止しようとする組織との戦い、そこにミュータントによる大統領暗殺未遂事件が絡んで、人類のミュータント排斥運動が加速して・・・・というストーリー。
前作の悪役がそのまま出てきて、さらに今回はストライカーというミュータント誕生の謎の鍵を握る悪玉が登場します。
前作で全く説明されなかったミュータント誕生の秘密が少しずつ明かされていきます。(それでも謎は残るので、「3」で説明されるのかな。)
監督は前作に引き続いてブライアン・シンガー。
前作よりも暗さが取れて、ハリウッド的な演出になっています。
前作のキャストがそっくりそのまま出てきているので、シリーズものとしては合格点。
今回はウルヴァリンの女版が出てきたり、新しい趣向が見えます。



音楽は、編集も手がけるジョン・オットマン。
病床のマイケル・ケイメンに代わって登板したと言われる人ですが、
もともとが特殊メイクなども手がけたりする多才な人で、厳密な意味で生粋のコンポーザーとは言えないところがあります。
ケイメンに比べると、アクション描写に動きが感じられます。
というか、いかにもなハリウッド・アクション・スコアになっています。
テーマは前作のものを流用しているので、「1」との統一感はあります。
今回はコーラスを入れたり、フルオケで演奏したり、前作に比べると音の厚みはあります。
ただ、コーラスのメロディは今ひとつなじめなかったなあ。
アクション描写は結構派手めです。
ですがテーマが十分に生かされていないので、鳴っているのに「燃え」ません。
このことは、この人が手がけた「ファンタスティック・フォー」にも言えることです。
個人的には前作の方が好きです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

x


X-MEN
監督: ブライアン・シンガー 
音楽: マイケル・ケイメン 
出演: パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン、ヒュー・ジャックマン、アンナ・パキン、ハル・ベリー
2000年 アメリカ映画
 

マーヴェル・コミックの映画化ラッシュの中で製作された1本。
しかし、他作とはまた一線を画した妙な地味さ加減がかえってこの作品に重みを出していたように思います。
「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督の演出が渋くてカッコよかった。
遺伝子の異常で生まれた超能力を持つミュータントたち、人類を支配しようとする悪玉ミュータントと人類を守ろうとする善玉ミュータントとの戦いを描いています。
キャストもなかなか豪華で、プロフェッサー役がスタトレのピカード艦長というのもSFファンもにんまりだったのでは(^o^)
それにしてもヒュー・ジャックマンは若き日のイーストウッドにそっくりですね。

音楽は、今は無きマイケル・ケイメン。
「ダイ・ハード」、「リーサル・ウェポン」等で印象的な作品を残してきた人で、
映画音楽以外でもメタル・バンドのメタリカと競演したり、クラプトンやデヴィッド・サンボーンあたりとの親交もあったりと、なかなか多彩な人でした。
基本的にフル・オケのスコアにシーケンサーの打ち込みとエレキ・ギターが隠し味に使ってあるという感じのスコアです。
シーケンサー部分はオービタルっぽいなと思っていたら、オービタルじゃなくてクラウス・バデルトの仕業でした(^_^;)
テーマはアルバム冒頭では顔を出さず、劇伴でちょっとずつ小出しに出てきて、
アルバムの後半部分でやっとしっかり出てくるという焦れったい構成になっています。
いわゆるメイン・テーマ曲扱いの曲がありません。
そのせいか、テーマ部分が希薄に感じられるかもしれません。
ちょうど、ロボコップのサントラを聴いているようです。
もうちょいなんだけど、かゆいところにちょうど手が届いてない・・・・という感じです。
それでもテーマがわりと長く盛り込まれた曲、「The X-Jet」は「燃え」ます。

アクションシーンの劇伴の所々に「ダイ・ハード」の面影を感じることが出来ます。
本作は、今年公開の3作目までシリーズ化されていますが、「2」はケイメンが既に病床にあったためか、
音楽はジョン・オットマンにバトンタッチされています。

それにしても、ジャケットのクレジットがMichael K-Menってなっているのがシャレてました。

K-MENとX-MEN・・・・、オヤジギャクだけど、許せます(^o^)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。