サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

jar


JARHEAD
監督: サム・メンデス 
音楽: トーマス・ニューマン 
出演: ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック、クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス、ブライアン・ケイシー、ジェイコブ・ヴァーガス 
2005年 アメリカ映画


近代戦を斬新な切り口で描いた全く新しいタイプの戦争映画。
実際に湾岸戦争に参加した兵士の手記を元に、「ロード・トゥ・パーディション」のサム・メンデス監督が映像化しています。
前半は「フルメタル・ジャケット」を思わせる海兵隊の新兵訓練と基地でのエピソード。
後半は主人公が狙撃兵として湾岸戦争へ派遣されるのですが、
従来の戦争とは全くかけ離れた現実を知ることになります。
本作を観て何より驚くのは,派手な戦闘シーンはほとんど無いことです。
「ブラックホーク・ダウン」ばりの戦闘シーンを想像していたのですが、いい意味で裏切られました。
実際の湾岸戦争は「空爆」が物を言わせた戦争だったのですね。
狙撃兵の出る幕は無いわけです。
狙撃の対象がさっさと空爆で吹き飛ばされてしまってるわけですから。
戦地に赴いた若い兵士たちが、戦場で何もすることが無いという虚無感と闘わなければならないというのは衝撃でした。
ドキュメンタリー・タッチで描かれているので淡泊な印象を受けますが、ニュータイプの戦争映画の傑作といえます。
なお、タイトルの「ジャーヘッド」とは海兵隊員の髪型の隠語だそうです。
形が「ジャー」に似ているからだそうです。
僕はレゲエの「JAR」のことかと思いました(^_^;)



音楽は、サム・メンデス作品の常連、トーマス・ニューマン。
トーマス・ニューマンと言えば、弦楽器の単音を使ったアコースティックな音を得意とする人です。
今回はこれにシーケンサーの打ち込みや、中東風のタブラっぽい打楽器が入り、
ただでさえミニマルな音がいい意味で更にミニマルになっています。
トーマス・ニューマン・サウンドの最新型です。
少ない音数でとてもスリリングな音を出しています。
生音を使った口数の少ないテクノみたいな音です。
本編でもかなり効果的に使われていました。
ジョン・パウエルのテクノ・フレーバーとはまた違った味わいがあります。
音的にはカーター・バウエルが担当した「スリー・キングス」あたりに雰囲気が似ています。
「スリー・キングス」も湾岸戦争がらみでしたね。
なお,スコアの他に5曲の既成曲が収録されていますが、個人的にはラストに収録されたトム・ウェイツが心に染みました。
ドッグタッグ(認識票)をあしらったジャケもイケてます。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

commando


COMMANDO
監督: マーク・L・レスター 
音楽: ジェームズ・ホーナー 
出演: アーノルド・シュワルツェネッガー、レイ・ドーン・チョン、ヴァーノン・ウェルズ、デヴィッド・パトリック・ケリー、ビル・デューク、ダン・ヘダヤ、アリッサ・ミラノ 
1985年 アメリカ映画


シュワちゃん初期のアクション作品。
かつての部下に娘を誘拐された元特殊部隊の隊長さんが、娘を取り戻すために単身敵陣に乗り込むというストーリー。
まあ「痛快娯楽アクション作品」と一言で言い切れる作品です。
「プレデター」の銃撃シーンも凄かったですが、この作品も後半からかなりドンバチやっちゃいます。
なにしろ、シュワちゃんが銃砲店に忍び込んで銃器やロケットランチャーを山ほど盗んで持って行くのですから、
その後の銃撃戦のすさまじさは推して知るべしという感じです。
まあ、そんなにお金をかけた映画ではないので、建物の爆発シーンはすぐハリボテと分かります。
この映画は幼い頃のアリッサ・ミラノと、無名時代のビル・パクストンが出ています。
こんなところですでにシュワちゃんと共演していたんですね。



音楽はジェームズ・ホーナー。
彼のルーツを知る上で大変貴重な作品です。
自作の使い回しが多いホーナーのアクション系のネタが本作でほぼ完成されていたことが分かります。
「48時間」、「レッド・ブル」等で出てくるスチールドラムを使ったアクションスコアの原形がここにあります。
このスチールドラムをフィーチャーしたテーマ曲がなかなかいい曲で、
なぜ公開時サントラが発売されなかったのか不思議です。
さらに何故かスチールドラムに加えて尺八がフィーチャーされており、
なんともオリエンタルな印象を受けます。
冷静に聴くとかなり異形の音楽です(^_^;)
打ち込みにもすでに取り組んでおり、この頃既にシーケンサーを隠し味として使っています。
公開時サントラは発売されず、18年経ってやっと米Vareseレーベルが3,000枚限定でCD化しました。
でも今では廃盤になっているようです。

なお、本編のラストに「パワー・ステーション」の"We Fight For Love"が流れていましたが、これも当時はリリースされませんでした。
ボーカルがロバート・パーマーでなかったのが災いしたのでしょうか。
しかし、近年になってパワー・ステーションの1stにDVDを付けた2枚組CDが発売され、

ボーナス・トラックとして9曲目にめでたくこの曲が収録されました。
タイトルは、"Someday, Somehow, Someone's Gotta Pay "となっていますが、
間違いなくあの曲です。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

masx


マッシュ・イタリアーノ/全員集合! (1973)
UN UFFICIALE NON SI ARRENDE MAI NEMMENO DI FRONTE ALL'EVIDENZA, FIRMATO COLONNELLO BUTTIGLIONE
監督: ミーノ・グェルリーニ 
音楽: ジャンニ・ボンコンパニ 
出演: アルド・マッチョーネ,ジャック・デュフィロ,ミケーレ・ガンミーノ 
1973年 イタリア映画


マッシュ全員集合!ハチャメチャ軍隊大奮戦<未> (1974)
IL COLONELLO BUTTIGLIONE DIVENTA GENERALE
監督: ミーノ・グェルリーニ
音楽: ジャンニ・ボンコンパニ 
出演: アルド・マッチョーネ,ジャック・デュフィロ



同じスタッフ・キャストで作られたイタリア産軍隊コメディ2作品。
邦題に「マッシュ」がついていますが,「マッシュ」とは何の関係もありません(^^;)
くだらないギャグやマニアックなギャグが満載のドタバタ・コメディです。
ブチリオーネ大佐というのが主人公で,これの部下の軍曹(?)とがドタバタ劇を繰り広げます。
子供の頃,月曜ロードショーで観た記憶がありますが,あまりはっきりとは覚えていません。
でもかなり笑った記憶はあります。
その後,大人になってから深夜枠のロードショーで観たのですが,なんか昔観たのと雰囲気が違って
ギャグのキレも悪かったのを覚えています。
後になって分かったのですが,この映画はTV放映用にテレビ局が1作目を買い付けたら,
間違えてイタリアから劇場未公開の続編が送られてきたそうです。
月曜ロードショーで観たのは,ブチリオーネ大佐が手榴弾を踏んでバラバラになるとこから映画が始まるので,やっぱりこれは続編だったのでしょう。
てことは「続編」の方がギャグが面白かったってことなんでしょうね。
その中で手榴弾を投げる訓練のシーンを覚えています。
「左利き」の兵士が上官に「ピンを抜いて右手で投げろ」と言われて,
右手で抜いたピンを投げてしまい,左手に残った手榴弾が爆発します。
こんなバカなギャグの連続で話が構成されていたように思います。
DVDなんてもちろん無いんでしょうが,どこかの会社がDVD化してくれないかなあ。


音楽はジャンニ・ボンコンバニという全然知らない人。
でも,この音楽が結構イケてたのです。
おばさんが大きな声でカンツォーネ風な歌を歌ってみたり,
総じてイタリアらしい陽気で明るい音楽が付いていました。
その中でも,タイトルバックに流れるマーチが出色の出来です。
イタリアンな陽気なマーチですが,これが非常にいい。
「燃え」ませんが,明るい曲調で聴いていて思わず心が躍ります。
ちょうどヘンリー・マンシーニの「地上最大の脱出作戦」のマーチに近い感触があります。
劇中,アレンジしたものが何度か顔を出します。
ラストで地獄に堕ちた大佐があの世で死んだ部下達にしごかれますが,
この時のエンド・クレジットではサンバにアレンジされたバージョンが顔を出します。
こんな映画のサントラ絶対出てないだろうなあと思っていました。
そしたら,こんなページを発見。


http://www.ne.jp/asahi/betty/boop/buttiglione.htm


シングル盤が大阪の中古屋にあったそうです。
でも,ジャケを観ると「オリジナル・キャスト」と書いてあるので,
映画のサントラではなく,ミュージカルのサントラかなあと思ったりもします。
実は「Mr.レディ Mr.マダム」みたいに元々はミュージカルだったのかなあとか想像をふくらませてみたり・・・。
いずれにしてもこんなトップレアアイテムが存在するなんてビックリです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

pod


PRINCE OF DARKNESS
監督: ジョン・カーペンター 
音楽: ジョン・カーペンター,アラン・ハワース 
出演: ドナルド・プレザンス,ジェームソン・パーカー,リサ・ブロント,ヴィクター・ウォン,デニス・ダン,スーザン・ブランチャード,アリス・クーパー
1987年 アメリカ映画


ジョン・カーペンター監督が手がけたオカルト・ホラー。
学生の頃に初めて観た時の印象が凄く怖かったのを覚えています。
廃墟と化した教会で不気味な緑色の液体が発見され,悪魔の光臨を予感した超常現象の研究チームが悪魔復活を阻止するため,その謎に挑むというストーリー。
ひたすら不気味なこの映画は,徐々に悪魔の再臨に向かって突き進んで行く数々の不吉なエピソードが怖い。
狂人集団と化すホームレスの一団もメチャクチャ怖い。
その親玉がアリス・クーパーだというのも怖いし,ロック・ファンには嬉しい設定。
アリス・クーパーは,自身のアルバムでも本作のオリジナル・タイトルと同じ「プリンス・オブ・ダークネス」とう曲を演ってます。
その中でも,ラストで出てくるビデオ映像がやっぱり一番ショッキング。
8ミリビデオの映像がよりリアリティを出していてインパクト大でした。



音楽はいつもとおりジョン・カーペンターとアラン・ホーワースの共作。
この人はデビュー作から一環してほとんどの作品の音楽を自分で手がけています。
特にホラー作品でその才能を発揮していて,「ハロウィン」以降,恐怖を音楽で表現するのに抜群のキレを見せています。
本作でもホラーの王道を行く曲調のテーマ曲を書いていますが,
おどろおどろしさがこの作品にピッタリです。
映画作りにおいて,映像作家が自分のイメージした音楽をそのまま自分で表現出来るということは
一番理想的だと思います。
「ダーク・スター」の頃はまだパルスの組み合わせで音楽を構成しており,
まだまだ稚拙な感じでしたが,この頃になるとカーペンターも堂々としたものです。
シンセの音作りも手慣れたもので,本作の重要なファクターの1つとなっている「鏡」が割れる音を電気的に
作って使っています。
特にラストの曲ではいきなり「ガシャーン!!」と来るのでビックリします。
あまり音量を上げずに聴くことをオススメします。
CDは現在ではドイツ盤が入手出来そうですが,流通枚数が少ないようなので廃盤かも知れません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

tandun


CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON
監督: アン・リー 
音楽: タン・ドゥン 
出演: チョウ・ユンファ,ミシェル・ヨー,チャン・ツィイー,チャン・チェン,チェン・ペイペイ 
2000年 中国映画


中国が製作した武侠&ラブストーリー活劇。
剣の達人とその女弟子(大人の愛),貴族の娘と盗賊の頭領(若者の愛),2組の男女それぞれの愛の形を対比させながら描いています。
大人の愛を演じるチョウ・ユンファとミシェル・ヨーが良かった。
チョウ・ユンファ男らしいですね~。ちょっと感動しました。
ラブ・ストーリーなのですが,武侠映画の体裁を取っていることからかなり派手なアクションが見られます。
武術指導を「マトリックス」で有名なイエン・ウーピンが手がけていることから,ユンファが,ヨーが,ツィーが空を飛びまくります。
特に竹藪でのユンファとツィーの戦いでは,重力など完全に無視した2人の華麗な舞いを見ることが出来ます。
ほんとにこれだけ飛べれば気持ちいいだろうなあ(^^;)
アン・リー監督はこの後ハリウッドで「ハルク」を撮りますが,ハルクも巨体ながら,想像を絶するジャンプ力で宙を飛んでいきます(あれには笑った。)
なお,ラストのツィーの行動は不可解です。
劇中散々ワイヤーアクションで宙を飛んでいるので,ラストの「あのシーン」も平気なのかなあと思ったり,いやあれは悲しい結末なのかも,といろいろ想像してしまいます。
でも結局どっちか分からなかった。

音楽は「HERO」のタン・ドゥン。
チェロに世界的に有名なヨー・ヨー・マを起用しています。
販売元がソニー・クラシカルだけに,やはりヨー・ヨー・マの全面フィーチャーに繋がったのでしょう。
このヨー・ヨー・マのチェロによるテーマ・メロディがインパクト大で,
その後のチャン・ツィーものの武侠映画の音楽イメージを定着させてしまったように思います。
このチェロが切なく悲しみを帯びたメロディを奏で,とても効果を上げています。
劇伴では民族楽器を多用し,上海のオーケストラと面白いアンサンブルを聴かせます。
メロディ的には「HERO」に近い音作りになっていて,派手さはありませんが,
中国の伝統音楽に現代風なオケという組み合わせが新鮮です。
主題歌もタン・ドゥンの手による曲で、チェロをヨー・ヨー・マが担当し,ココ・リーが歌っています。
CDには英語版と中国語版の2バージョンが収録されていますが,それぞれ歌詞の内容が全く違うそうです。
まあ僕は中国語が分からないので,何を歌っているのか全然分かりませんが・・・・(^^;)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。