サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

booh

PHONE BOOTH
監督: ジョエル・シューマカー 
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 
出演: コリン・ファレル、フォレスト・ウィッテカー、ラダ・ミッチェル、ケイティ・ホームズ、キーファー・サザーランド、ポーラ・ジャイ・パーカー、アリアン・アッシュ 
2002年 アメリカ映画


上映時間たったの81分、しかもドラマの舞台がほとんど電話ボックス内という異色スリラー。
偶然鳴っていた公衆電話を取ったことから命を狙われる羽目になる男の姿を描いています。
これが電話を取った途端にグイグイと引き込まれていく演出に、ラストまで席を外すことが出来ませんでした。
突っ込みどころは多々あれど、いちいちそんなの気にしていては映画を楽しむことなんか出来ません。
賛否の分かれる作品ですが、気に入ってしまいました。
ジョエル・シューマカーって、いつもマイペースでいい監督です。
スタッフをよく見ると、製作に「裸の銃を持つ男」のデヴィッド・ザッカー、脚本を「悪魔の赤ちゃん」シリーズ、「スタッフ」等のカルト監督ラリー・コーエンが手がけている等、出来るべくして出来た作品だと変に納得してしまいました。
前々回レビューの「リクルート」共々、コリン・ファレルがイイ演技してました。
脇を固めるフォレスト・ウィテカーもいつもながら素晴らしい存在感でした。



音楽はMV関係者のハリー・グレッグソン・ウィリアムス。
同じコリン・ファレルが主演して、クラウス・バテルトが音楽を担当した「リクルート」と同系列のサントラと言えます。
ベースになるのはクールなテクノ・トラック。
曲によってはアンビエントな香りもします。
かなり抑え気味でクールな曲調なので、テクノといえども映像に見事にマッチするアンダースコアになっています。
映像自体かなり緊迫感があるので時として劇伴を忘れてしまう程です。
スリラーなのでいつもの派手なHGW節を期待すると肩すかしを食らうかも知れませんが、
必要以上に自己主張する他のMV印サントラに比べたら、かなり良質な作品であると思います。
ロック、テクノ好きの僕としてはこういう方向性は大賛成です(^_^)



ということで、これが本年最後のレビューとなりました。
しっかりリサーチした上でレビューを載せたい時もあるのですが、
毎日PCと向き合う時間が限られてますので、ついついいい加減なことを書いてしまっている時もありますm(_ _)m
来年は最低2日に1作という目標で引き続き頑張ってみたいと思います。
それでは、来年も引き続きよろしくお願いいたします。
みなさん、良いお年を。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

litttle


STUART LITTLE
監督: ロブ・ミンコフ 
音楽: アラン・シルヴェストリ 
出演: ヒュー・ローリー、ジーナ・デイヴィス、ジョナサン・リプニッキ、ジェフリー・ジョーンズ、ブルーノ・カービイ、コニー・レイ
1999年 アメリカ映画


これは元々原作があるそうで、アメリカでは結構有名なんだそうです。
そんな訳でアメリカではヒットして「2」まで出来た作品。
日本では今ひとつ盛り上がらなかったような・・・、でも僕はこの作品好きです。
一人息子に弟を作ってあげようと夫婦が養子を斡旋する施設に赴いたところ、そこにいたネズミを気に入ってしまって、そのまま養子として連れて帰って・・・というメチャメチャ無理な設定(笑)
でも、夢があっていいんじゃないでしょうか。
「ライオン・キング」のロブ・ミンコフ監督が演出を手がけています。
この監督はファミリー向けな映画ばかり撮る人のようです。
それだけに本作もそつなく手堅くまとまっていました。
「ロング・キス・グッドナイト」、「カットスロート・アイランド」のアクション派女優ジーナ・デイヴィスがやさしいお母さん役というのも意外な設定で面白かった。
CGで作られたスチュアートの声をマイケル・J・フォックスが担当、しかし劇場公開は日本語吹き替えだったので、ビデオ化されてからもう一度観ました(笑)。
ファミリー向けとはいえ、やはり劇場でも字幕版で観たかったなあ。



音楽はベテラン、アラン・シルヴェストリ。
とてもハートウォーミングなテーマ曲を書いています。
しかし、残念ながらオフィシャルでは歌モノコンピレーション盤のみが存在し、その盤にスコアが2曲だけ入っています。
今回、スコア10曲入りのアカデミー・プロモに曲を追加したプロモ盤CDを見つけて購入しましたが、全29曲入りで70分収録です。
本編が84分ですから、使用された楽曲がほぼ丸ごと収録されていると思われます。
題材が題材だけに全編にわたってほのぼのとした雰囲気に覆われていますが、
「Boat Race」に代表される「燃え」系のアクション・スコアも入っています。
アクション・スコアになるとさすがにキレのよい「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ばりの音を聴かせます。
マイケル・J・フォックスの声とシルヴェストリの音楽、確かに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を彷彿とさせますね。
この曲は歌モノのコンピレーション盤にも入っています。
アラン・シルヴェストリは、ディズニーの「リロ&スティッチ」でもスコアを担当していますが、これもコンピレーション盤しか存在しません。
こちらもファミリー向けと侮れない、なかなかの力作です。
どこかでプロモ盤出てないかなあ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

rec


THE RECRUIT
監督: ロジャー・ドナルドソン 
音楽: クラウス・バデルト 
出演: アル・パチーノ,コリン・ファレル,ブリジット・モイナハン,ガブリエル・マクト,ユージン・リピンスキ, ケン・ミッチェル 
2003年 アメリカ映画


CIAのスパイ養成課程と訓練の数々,その裏側に潜む陰謀を描いたサスペンス作品。
「就職活動!」みたいなタイトルに騙されていままでずっと観なかった作品なんですが,実はかなり面白い。
実際のCIA関係者をアドバイザーに迎えているだけあって,新人のスカウト(リクルート)過程や訓練の模様がリアルに描かれ,サスペンスを盛り上げています。
テストと称していろんな訓練が用意されています。まさかこれもテスト?みたいなトリッキーなものまであります。
でも,現実にはもっともっといろんな訓練をするんだろうけど,CIAも映画用にそこまで手の内を明かしたりしないでしょうね(^^;)
最近ではすっかりじじいになったアル・パチーノがいい味を出しています。
コリン・ファレルが結構アクの強い顔をしているので,アル・パチーノぐらいがちょうどいい組み合わせですね。



音楽はMV関係者のクラウス・バデルト。
スコア全編を通じて打ち込みによるテクノ・ミュージック仕様になっています。
テーマ・メロはどこかで聴いたようなメロディですが(^_^;),哀愁を帯びた,流れるような美メロです。
メロディにストリングス系の音を使っていますが、これも多分シンセでしょう。
これくらい徹底して打ち込みで作っていると,かえって変にオケを融合させているよりは潔くていい感じです。
また,MV関係者にありがちな「グラディエイター」や「ザ・ロック」の亜流みたいなメロディになっていないのが好感が持てます。
また、時折顔を出すフレットレス・ベースの音がダウナーなイメージを醸し出していいアクセントになっています。
サントラは既に廃盤となっていますが,これは結構聴きやすくてオススメです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

sorcerre




SORCERER

監督: ウィリアム・フリードキン 

音楽: タンジェリン・ドリーム 

出演: ロイ・シャイダー、ブルーノ・クレメル、フランシスコ・ラバル、アミドウ、ラモン・ビエリ

1977年 アメリカ映画




1953年製作の同名サスペンス映画のリメイク。

南米の油田で大規模な火災が発生し,これを消火するにはニトロの爆風で酸素を吹き飛ばして消すしかないということで運び屋に4人の男が選ばれます。

ニトログリセリンは僅かな衝撃で大爆発を起こすシロモノ、これをジャングルの中の山道を遠く300キロ先まで運ぼうというストーリーは緊張しっぱなしです。

オリジナルではイヴ・モンタンが1人で運んだニトロを,リメイクでは4人が2組に分かれて火災現場まで運びます。

ネタばれになるので詳しくは書きませんが,この映画は劇場公開版とビデオ版でラストが異なります。

(公開版より30分長いビデオ版はある意味オリジナルに近い終わり方をします。)

監督のウィリアム・フリードキンは音楽にもこだわりを見せる人のようで,

「エクソシスト」でマイク・オールドフィールドのチューブラー・ベルズを使用したり,

「フレンチ・コネクション」でジャズのドン・エリスを起用したりしていますが、本作でもなかなかの音楽フェチぶりを見せています。





音楽はジャーマン・プログレッシブの雄,タンジェリン・ドリーム。

黄金期の主要メンバーはエドガー・フローゼ,ピーター・バウマン,クリス・フランケ等で、

クリス・フランケは単独でも「ユニヴァーサル・ソルジャー」,「バビロン5」等のサントラを手がけています。

彼らが他のプログレ・バンドと一線を画していたのは,シンセサイザー・ミュージックに傾倒していたこと。

初期の彼らは結構難解なジャーマン・サイケといった趣向のサウンドを持っていましたが,

70年代中期以降はシンセの比重が増し,かなりコマーシャルな側面を打ち出していました。

ただ,そうはいってもの「Exit:」より前のアルバムは,LPの片面全部を使った1曲とか,

かなりボリュームのある大作が多く、気軽に聴けるというには程遠いシロモノでした。

70年代後期の制作となる本作は,そういう意味ではそれぞれの曲がコンパクトにまとまっていました。

音的には決してコマーシャルではありませんが,映像とはかなりマッチした好スコアになっていました。

特にラストの「Betrayal」の出来は素晴らしく,おどろおどろしさすら感じさせるインパクト大のシンセ・ミュージックとなっていました。

うねるようなシンセのループ音が曲に独特のダークなグルーヴ感を生んでいました。

タンジェリン・ドリームが手がけたサントラの中でも1,2を争う傑作であると言えます。

ただ,最近の彼らはオリジナル・アルバム,サントラともにパッとしなくなったのが残念でなりません。






Sorcerer O/S/T/Tangerine Dream

¥1,802
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

cross


THE CASSANDRA CROSSING
監督: ジョルジ・パン・コスマトス 
音楽: ジェリー・ゴールドスミス 
出演: リチャード・ハリス、バート・ランカスター、ソフィア・ローレン、エヴァ・ガードナー、マーティン・シーン、イングリッド・チューリン、ジョン・フィリップ・ロー、アン・ターケル、レイモンド・ラヴロック、アリダ・ヴァリ、O・J・シンプソン、リー・ストラスバーグ
1976年 イタリア/イギリス映画

過激派一味が軍が秘かに開発していた伝染性の細菌を浴びてしまい、さらに欧州大陸横断列車に逃げ込んだことから、
伝染病の蔓延と機密の漏洩を恐れた軍が乗客もろとも列車を隔離しようとするストーリー。
乗客は伝染病と行く手に待ちかまえる崩壊寸前のカサンドラ鉄橋との2重の恐怖に苛まれるという設定になってました。
ハラハラドキドキのストーリーをリチャード・ハリス&アン・ターケル夫妻を始め、国際色あふれるオール・スター・キャストで描いています。
変わったところでは、70年代イタリア青春映画等に出ていたレイ・ラブロックやあのO・J・シンプソンなんかが出ていたりしてます。
珍しくイタリアとイギリスの合作映画で、サントラ盤もCDはオフィシャルではイタリアのみで発売されています。
ハリウッド製のパニックアクションとは一風変わった雰囲気のある作品です。
ラストのカサンドラ鉄橋の崩壊シーンはミニチュア使ってるのが丸分かりですが、今観ると何とも微笑ましい感じがして良いです。



音楽は巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
(うちのブログ、なんかゴールドスミス作品が圧倒的に多いですね(^_^;)
日本ではテーマ曲のように扱われていましたが、なんとも言えない哀愁を帯びた「愛のテーマ(It's All A Game)」に人気がありました。
個人的にはイントロがクサすぎかなあと思いますが、我慢して聴いていると後半でグ~ッと盛り上がるのでいつも最後まで聴いてしまいます。
劇伴はさすがゴールドスミスが脂の乗り切っていた70年代の作品だけあって、怒濤のアクション・スコアが収録されています。
「愛のテーマ」の甘さからは想像出来ないようなダイナミックな「燃え」スコアも入っています。
特に8曲目のイントロのパーカッシブなこと、オーケストラ・サウンドらしからぬ「パカ~ン」というかなり攻撃的な音で始まります。
1曲だけDave Jordanなる人の作曲によるカントリーっぽい歌が入っています。
たしか当時のリチャード・ハリス夫人、アン・ターケルが歌ってたような気がします。
なんか晩期マカロニ・ウェスタンに出てきそうなエセっぽい生ギターとハーモニカがイカシテます(笑)。
70年代ゴールドスミスの隠れた名盤です。
国内盤出して欲しいなあ。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。