サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

lost


LOST HIGHWAY
監督: デヴィッド・リンチ 
音楽: アンジェロ・バダラメンティ 
出演: ビル・プルマン、パトリシア・アークエット、バルサザール・ゲティ、ロバート・ブレイク、ロバート・ロジア、ゲイリー・ビュジー、リチャード・プライアー、ジャック・ナンス
1997年 アメリカ映画


「ツイン・ピークス」のデヴィッド・リンチ監督が描く不条理で幻想的な摩訶不思議ワールド。
一言で言って「難解」な映画です。
美しい妻と二人暮らしのサックス奏者ビル・プルマンのもとへ、ある日ビデオ・テープが配達される。
そこにはなんと妻を殺してバラバラにする自分の姿が映っていて・・・、そのうち、主人公が別人にすり替わるという荒技を見せ、話はどんどん訳が分からなくなる・・というストーリー。
まあ、リンチ監督の作品は、たいがい自己陶酔で作っているので、どう解釈しようと観る側の自由という感じでしょうか。
謎解きをしようと思わない方が、気楽に観れていいかもしれません。
もともと、答えなどないのかも知れません。
リンチ監督にしてみれば、「いくら考えてもお前らには分からないだろう」という感じで作った節があるので・・・。
ただ、脇役陣の人選は見事です。
「グライド・イン・ブルー」等、70年代に活躍したロバート・ブレイクを久々に銀幕に引っ張り出してみたり、ロバート・ロジア、ゲイリー・ビュジー等の個性派を起用しています。



音楽は、リンチ作品の常連アンジェロ・バダラメンティとナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー。
トレント・レズナーはアルバムのプロデューサーも兼ねていて、NINの最高傑作との呼び声高い「パーフェクト・ドラッグ」をはじめ、
彼の系列にあたるマリリン・マンソンや、ドイツが生んだインダストリアル系バンド「ラムシュタイン」の曲や、スマッシング・パンプキンズ、デヴィッド・ボウイ等の曲が収録されています。
残りがアンジェロ・バダラメンティのスコアになるのですが、お馴染みの退廃的なジャスという感じの曲や、ちょっと趣向を変えたライトな感じの曲が収録されており、
アルバム全体を通じると、雑多なようでそれなりに統一感のある内容となっています。
リンチ監督の音楽趣味、センスの良さを感じさせるサントラになっています。
インダストリアル系は聞き手を選ぶというデメリットがありますが、個人的にはかなりお気に入りのサントラです。
アルバム全体を覆うイメージは、ジャケにもあるように「夜」のハイウェイですね。
映像は世間で言われるほど傑作だとは思いませんが、サントラについては自分の中では傑作の部類に入ると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

mackenna


MACKENNA'S GOLD
監督: J・リー・トンプソン 
音楽: クインシー・ジョーンズ  
出演: グレゴリー・ペック、オマー・シャリフ、テリー・サヴァラス、キーナン・ウィン、カミラ・スパーヴ、 リー・J・コッブ、バージェス・メレディス、イーライ・ウォラック 
1969年 アメリカ映画


アパッチの秘宝を巡って、保安官、無法者等がし烈な争いを繰り広げる西部劇の体裁を借りた冒険活劇。
当時のアクション・スターが大挙出演する、かなり濃い映画です。
クライマックスの大スペクタクルシーンは当時のものとしては、圧巻です。
大人のアクション映画として、ちょっとしたサービス・ショットもあります。
子供の頃、両親と一緒に見ていて、ちょっと一瞬気まずかった思い出があります。
なお、製作にカール・フォアマンとディミトリィ・ティオムキンが携わっています。
ディミトリィ・ティオムキンの方は、映画音楽の作曲家としても有名な人で、「ナバロンの要塞」や「アラモ」などを手がけた巨匠です。
監督は、その「ナバロンの要塞」やチャールズ・ブロンソンのアクション映画を多く撮ったJ・リー・トンプソン。
2002年に他界していますが、晩年はブロンソンとコンビを組んで小粒なアクションをコンスタンスに撮っていました。



音楽は、クインシー・ジョーンズ。
元々ジャズの人なので、西部劇にこの人選は極めて異色でした。
しかし、出来上がった音は、極めてメロディアスなウェスタンサウンドでした。
土俗的な響きも見え隠れし、アフリカンなイメージを連想させる部分もあります。
当時としては画期的なウェスタン音楽でした。
ホセ・フェリシアーノが歌う生ギターの弾き語りによる主題歌もヒットしました。
とても、牧歌的な歌で英語とスペイン語の2バージョンが収録されていました。
なお、アメリカ盤と日本盤では若干ミックスが違い、アメリカ盤では序曲とフィナーレにそれぞれくっついていた主題歌を
、日本盤では切り離して1曲の歌として独立させています。
アメリカ盤LPと同内容のCDがドイツのTSUNAMIレーベルから発売されましたが、現在では廃盤で入手は困難なようです。

とても優れた作品なので、是非アメリカ盤CDの発売を期待したいところです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

jacob


LES AVENTURES DE RABBI JACOB
監督: ジェラール・ウーリー 
音楽: ウラディミール・コスマ 
出演: ルイ・ド・フュネス、シュジー・ドレール、マルセル・ダリオ、アンリ・ギベール、クロード・ジロー、ミュウ=ミュウ
1973年 フランス映画


「大乱戦」のジェラール・ウーリー監督が、同じくルイ・ド・フィネス主演で製作したドタバタ・コメディ。
こどもの頃に月曜ロードショーで観た記憶があるのですが、あまりはっきり覚えていません。
それだけに、是非DVD化して欲しい作品。
本国フランスでは、既にDVDになっているので、国内版の発売もそう難しいことではないと思うのですが・・・・。
ちょっとしたきっかけで騒動に巻き込まれた主人公ルイ・ド・フィネスが、ユダヤ教の司教の服を失敬して逃亡したことから起こる珍騒動を描いています。
ニューヨークからパリまで、世界を股にかけて大騒ぎするスケールの大きな(笑)話です。
何故か、ガム工場?でルイ・ド・フィネスがタンクの中に落ちて、体中緑色になるシーンが今でも強く印象に残っています。

 
音楽は、今やフランスを代表する作曲家の1人ウラディミール・コスマ。
ライトなコメディを多く手がけている人です。
ソフィー・マルソーの「ラ・ブーム」等も彼のペンになるものです。
本作のテーマ曲も一度聴いたら忘れられない印象的なメロディを持っています。
昔、NHK-FMの「夜のスクリーン・ミュージック」でよくかかっていました。
本国フランスでは、ウラディミール・コスマのCDがシリーズものとして発売されているようで、
内容的にもかなり充実しています。
このCDもその一つです。
しかし、日本未公開作品も多く、国内盤の発売は難しそうです。
このCDも、同じルイ・ド・フィネス主演によるコメディ「L'aile ou la cuisse(1976年)」「 La Zizanie(1978年)」
がカップリング収録されていますが、いずれも日本未公開です。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ciderera man


CINDERELLA MAN
監督: ロン・ハワード 
音楽: トーマス・ニューマン 
出演: ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ、ブルース・マッギル、パディ・コンシダイン、コナー・プライス
2005年 アメリカ映画


ロン・ハワード監督の最新作。
実在のボクサーの半生を感動的に描いています。
さすが、ロン・ハワードだけあって、極めてシンプルなストーリーながら2時間半という時間を全く飽きさせず見せてくれます。
アメリカ大恐慌時代に、貧しい暮らしから家族を守るため再起をかけてリングに上がる元ボクサー、ジム・ブラドックの姿を描いています。
ボクシング映画としても迫力満点で、試合シーンでの手に汗握る展開が見事です。


音楽は、トーマス・ニューマン。
ロン・ハワードといえば、ジェームズ・ホーナーを起用することが圧倒的に多い人ですが、本作と次回作「ダヴィンチ・コード」では他人を起用してます。
(「ダヴィンチ・コード」はハンス・ジマー。)
大恐慌時代のアメリカン・ミュージックが何曲か挿入されていることもあり、サントラ全体の印象は「グリーン・マイル」とかなりかぶります。
トーマス・ニューマンの音楽もいつものミニマル的なアプローチは影を潜め、ストリングス中心のサウンドに仕上げています。
基本的にアンダースコアに徹した形になっているため、高らかに歌い上げるタイプの曲はあまりありません。
しかし、映像にはしっかりとマッチする好スコアになっています。
決して映像を邪魔することのないライトなタッチの作品です。
個人的には、10曲目の「Corn Griffin」での複数のパーカッションで構成されたミニマルで土俗的なサウンドが気に入っています。
個別の楽器では、相変わらずピアノ、ハープ、フルートが重要なポイントを占めています。
アイルランド民謡を思わせる曲もあります。 
いつものように全25曲もあり、細切れのパーツを寄せ集めたような作品ですが、これも彼の個性なんでしょうね。

でも、いつも思うんですが、1曲づつがもう少し長ければ嬉しいです。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

groundhog


GROUNDHOG DAY
監督: ハロルド・ライミス 
音楽: ジョージ・フェントン 
出演: ビル・マーレイ、アンディ・マクダウェル、クリス・エリオット、スティーヴン・トボロウスキー、ブライアン・ドイル=マーレイ
1993年 アメリカ映画

「ゴーストバスターズ」等でお馴染みのハロルド・ライミス監督、ビル・マーレイ主演のコンビで送るハートウォーミングでライトなコメディ。
TVキャスターのビル・マーレイが、毎朝同じ一日を何度も繰り返し経験していることに気づき、
日々積み重ねられる「同じ一日」の経験を生かし、どんどん人間として成長していき、
失敗を重ねながらも愛する女性に告白しようとするストーリー。
これは、意外な掘り出し物の一編。
日々地道に積み重ねることこそが成功への近道、みたいな格言的なにおいも感じます。
日を追う毎に多才で魅力ある人物に変身していくとともに、心もピュアになっていくビル・マーレイの姿が爽快です。
ヒドイ邦題に観る気がしなかった人もいるかも知れませんが、これはオススメです。
それにしても、誰がこんなとんでもない邦題考えたんでしょうね。

原題の「Groundhog Day」というのは、2月2日の記念日のことで、転じて春の訪れを意味する言葉のようです。


音楽は、前回の「プランケット城への招待状」と同じジョージ・フェントン。
サントラは、ソニー&シェル等の歌モノとフェントンのスコアが半分づつ収録されています。
フェントンの音楽は、時に「ゴーストバスターズ」のエルマー・バーンスタイを思わせるとぼけた味わいを見せたり、ストリングス中心のいつもの上品なスコアがあったり、変化に富んだ内容です。
フェントンの作品にラヴ・コメの仕事が結構多いのは、このエレガントな曲作りにあるんでしょうね。
劇中、ビル・マーレイがピアノの達人になって町のみんなの前で腕前を披露するピアノ・ソロも入っています。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。