サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

7


SETTE UOMINI D'ORO
監督: マルコ・ヴィカリオ i
音楽: アルマンド・トロヴァヨーリ
出演: フィリップ・ルロワ、ロッサナ・ポデスタ、ガストーネ・モスキン、ガブリエル・ティンティ、ホセ・スアレス
1965年 イタリア映画

2匹目のドジョウ狙いの多いイタリア映画界において、完全オリジナル・ネタのクライム・アクションで大ヒット作といえばこの映画くらいなのではないでしょうか。

金塊強奪モノの映画としても、ハリウッドの諸作に引けを取らない素晴らしいエンターテイメントに仕上がっています。

二転三転する展開も観る者を飽きさせず、今でも全く古さを感じさせません。

続編も製作され、全部で4作目まで作られました。

音楽も含めて「オシャレ」ということで、渋谷系といわれる人たちの注目を集めたことでも有名です。
セクシーな衣装のヒロイン、ロッサナ・ポデスタは、やっぱり「峰不二子」のモデルなんでしょうか。

音楽は、アルマンド・トロヴァヨーリ。
テーマ曲は、コーラスによるスキャットが印象的なジャズスコアで、一度聴いたら忘れることができません。

この小粋な音楽の映画への貢献度は計り知れないものがあります。
日本のフリッパーズ・ギターというバンドが、イントロの部分をパロッって使用し、注目されました。
(これをカバーだと思っている人がいますが、単なるオマージュで、メロディは全く別物です。)

かつて、「渋谷系」とか「サバービア」と言われる人たちがいて、
この人たちが「古くて新しい」と感じたら、映画も見たことないのにガンガンCDが売れてしまう現象がありました。

本作も、その恩恵にあずかって奇跡のCD化を果たしました。
たしかWAVEあたりが4作全部CDにしたと思います。

このうち、1作目と2作目はセブン・シーズ(伊CAMレーベル)が版権を持ってたからキングからも出てました。

ただ、ライナーの大半を映画と全然関係ない人に担当させるのはいかがなものかと・・・・・。

「渋谷系」をターゲットにした販売戦略だとは思いますが、柳生すみまろ氏等の解説がちょっとしかないというのは、サントラ・ファンとしては淋しいものがあります。

「誰も知らない昔のオシャレな音楽見~つけた」的なノリで、聴かれるのもなあ・・・・。

まあ、理由はどうあれ、このような傑作スコアが国内でCDになったことは喜ばしいことです。
今も日本盤あるのかなあ。

サントラを知らない人にも喜んで聴いてもらえる程の音楽ですので、これは一聴の価値ありです。


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ar

ARMAGEDDON
監督: マイケル・ベイ 
音楽: トレヴァー・ラビン 
出演: ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リヴ・タイラー、ウィル・パットン、スティーヴ・ブシェミ、ピーター・ストーメア、ウィリアム・フィッチナー、マイケル・クラーク・ダンカン、オーウェン・ウィルソン、ビリー・ボブ・ソーントン、ジェイソン・アイザックス 
1998年 アメリカ映画


同じような時期に「ディープ・インパクト」と同じような題材で作られた娯楽SF大作。
ジェリー・ブラッカイマー&マイケル・ベイのコンビで作られているので、娯楽作として安心して見ることが出来ます。
確かに隕石に破壊されるNYやパリの描写は迫力ありました。
まあ、ストーリー、キャラの描き方などは「ディープ・インパクト」の方が勝ってたような気がします。
キャストは今考えるとものすごく豪華です。
結構、個性派を集めてたことが分かります。



音楽はトレヴァー・ラヴィン。
元々、イエス等で活躍したロック・ギタリストです。
サントラの仕事では、「ディープ・ブルー」、「コン・エアー」、「タイタンズを忘れない」等があります。
音的には一言で言えば、ハンス・ジマー直系のMV系サウンドです。
「ラジオ・スターの悲劇」でお馴染みのバグルズの仕事あたりでハンス・ジマーとの接点が出来たのでしょう。
MVっぽいメロディの中にもギタリスト出身ならではの個性が光ります。
MV系の音なので、日本人の琴線に触れるメロディアスなスコアに仕上がっています。
ただ、シンセを主体にしてサウンドを構築しているせいで、音圧が今ひとつなのが残念。

本作のサントラは2種類ありますが、公開当時はコンピレーション盤だけが発売されました。
ヒットしたエアロスミスの主題歌等を収録しています。
(オヤジが主題歌歌って娘がヒロインを演じるなんて、タイラー親子、泣かせます。)
スコア盤は当初発売されないという噂でしたが、ビデオ発売を機に発売されました。
記念すべきトレヴァー・ラヴィン単独のフル・スコアです。
コンピレーション盤の方にも、スコアのダイジェスト盤のような曲が1曲入っていますが、これが結構ツボを押さえていていい感じです。
なお、このバージョンはスコア盤には収録されていないなんて・・・・ズルイ。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

resident


RESIDENT EVIL
監督: ポール・W・S・アンダーソン
音楽: マリリン・マンソン、マルコ・ベルトラミ
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、エリック・メビウス、ジェームズ・ピュアフォイ、マーティン・クルーズ
2001年 ドイツ/イギリス/アメリカ映画


ゲームソフトを実写化したSFホラー・アクション映画。
元々がゲームソフトなので、テンポの速いアクションは正にゲーム譲りです。

ただ、ゾンビは凶暴なだけで、人間を襲うシーンはかなり大人しめ。
首は切れたりしますが、臓物は出てきません。

ゾンビものとしては、かなりクリーンなイメージの作品です。
秘密の地下研究施設でウィルス事故が発生、ウィルスの拡散を防ぐため、施設は完全閉鎖され、
施設内の人間はウィルスに冒されゾンビと化す。
事故の内部調査のため送り込まれた特殊部隊員たちにゾンビが襲いかかるという設定。

特殊部隊員が所持する火器類が凝っていて、ガンマニアには大喜びな内容になっています。

元のゲームを知らないので、比較のしようがありませんが、ゾンビキャラ等はゲームにも出てくるキャラだそうです。



音楽は、マリリン・マンソンとマルコ・ベルトラミ。

マリリン・マンソンはテーマ曲と1部の楽曲を手がけ、劇中のアンダースコアはマルコ・ベルトラミが担当しています。

サントラは、マリリン・マンソンがからんだスコア4曲と、ラウド・ロック系アーチストの曲が収録されたコンピレーション盤がオフィシャルでリリースされました。

この中にはマリリン・マンソンの歌モノも入っていました。
スリップノット、フィア・ファクトリー、スタティックX等のラウド系アーティストの中に、「スポーン」でもお馴染みのテクノ・ユニット「クリスタル・メソッド」の曲等が入っています。


オフィシャルではスコア盤は発売されませんでしたが、ブートレッグでスコア完全盤が後にリリースされました。

全34曲入りで、うちボツスコア6曲、オルタネート・ヴァージョン3曲が含まれています。
ラウド・ロックと相性の良さそうなインダストリアルで無機質なハンマービートが印象的です。

ノイジーなテクノっぽい音作りはかなりこなれていて、
ジョン・パウエルあたりと並んで、テクノの手法を上手く使いこなせる人だと思いました。

なお、ボツスコアの方がメロディアスで、監督の意向がかなり反映されたため、徹底的に無機質な音になったのではないかと思われます。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

monster


MONSTER
監督: パティ・ジェンキンス
音楽: BT
出演: シャーリーズ・セロン、クリスティナ・リッチ、ブルース・ダーン、スコット・ウィルソン、プルイット・テイラー・ヴィンス
2003年 アメリカ映画


実在の連続殺人犯として全米を震撼させたアイリーン・ウォーノスの実像に迫る、実話の映画化。
アメリカの犯罪史上初となる女性による連続殺人を描いています。

主演のシャーリーズ・セロンが体重を13キロも増やして、迫真の演技を見せます。
見た目がジョン・ヴォイドみたいになったセロンを観るのはかなり痛々しいですが、彼女の熱演に心を打たれます。

彼女の演技は2003年のアカデミー主演女優賞を獲得しています。
これに対して、素で対抗するクリスティーナ・リッチの演技も素晴らしかった。

かなりヘヴィで救いようのない内容ですが、観る者をグイグイ引き込む力を持った作品です。

製作にマーク・ダモンが携わっていますが、この人はかつてマカロニ・ウェスタン後期の傑作「皆殺し無頼」に主演していた人です。

また、共演のブルース・ダーンはSFの傑作「サイレント・ランニング」に主演していました。


音楽は、近年サントラの仕事が増えたBTこと、ブライアン・トランソー。
もともとエピック・トランスの雄として、イギリスでクリエイターとして活動していました。

オリジナル・アルバムもかなり出ています。
その後、アメリカ映画の「60セカンズ」や「ブレイド」等で音楽が使用され、注目を集めました。

さらに、「ドリヴン」や本作で本格的にスコアを担当し、最新作では「スティルス」でスコアを担当しています。

もともとテクノ・アーティストなので、本作では、アンビエント風な緩やかなサウンドが基本となっています。

これに、民族楽器風な音やディストーション・ギター等を使い多彩な表情を見せ、映画音楽作曲家として十分通用する作品に仕上げています。

全編を通してゆったりとした流れるようなトランス系サウンドで、かなり聞きやすい「サウンド・デザイン」的な作品です。

80年代ニュー・ウェイヴやブライアン・イーノ、ウィリアム・オービット等を通ってきた人にはとても馴染める音だと思います。

本サントラは変則的な内容になっていて、メインのDisc1は音楽DVDで、その内容の抜粋としてDisc2のCDが付属しています。

DVDの方はDTS、5.1サラウンド仕様となっています。

本編に使用されたトラックと映像からインスパイアされたトラックで構成されています。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

mrs doubtfire


MRS. DOUBTFIRE
監督: クリス・コロンバス
音楽: ハワード・ショア 
出演: ロビン・ウィリアムズ、サリー・フィールド、ピアース・ブロスナン、ハーヴェイ・ファイアスタイン、リサ・ジャクブ 
1993年 アメリカ映画


クリス・コロンバス監督が得意とするホーム・コメディの一品。
ロビン・ウィリアムス演ずる家政婦さんが大爆笑でした。

離婚で子供と離れ離れとなった売れない役者の父親が子供に会いたい一心で、
特殊メイクチームに頼んで家政婦さんに変身して我が家に入り込むというお話。

爆笑の連続の中にも、ハートフルな味付けもしてあり、心温まる作品です。
バスの運転手のおっさんがだんだんロビン・ウィリアムスに好意を寄せていくシーンが結構笑わせました。

この映画は、93年のアカデミー賞メイクアップ賞を受賞しています。
メイクを担当したのは、グレッグ・キャノン。
駆け出しの頃は「溶解人間」や「フューリー」のメイクアシスタントをしていた人です。
最近では、「ヴァン・ヘルシング」などが有名。


音楽はまさかのハワード・ショアが担当しています。

ショアといえば、クローネンバーグ作品で聴かれる陰鬱で救いようのないダークなサウンドを連想しますが、意外にコメディも得意のようです。

もともと、「サタデー・ナイト・ライヴ」等のTVバラエティも手がけていたそうなので、
コメディのベースはあったようです。

それにしても、全編を覆うのはハートフルでエレガントな音楽。
どれもすごく親しみやすい響きをもっています。

最初にこの音楽を聴いたときは、ジョン・ウィリアムスか誰かかと思ってました。

クリス・コロンバス作品は、誰が音楽を担当してもクリス・コロンバス作品の音になるところがスゴイ。
この監督は音楽にもかなり明確なビジョンをもっているんでしょうね~。

スコアリングの段階からかなり具体的な注文をするんだと思います。
また、その監督の注文にしっかり答えることが出来るショアの引き出しにも驚かされます。

ラストに、ロビン・ウィリアムスが歌うクラシックの名曲「フィガロの結婚」とJBの曲を強引につないだ妙な曲が入っています。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。