サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

la


L.A. CONFIDENTIAL
監督: カーティス・ハンソン 
音楽: ジェリー・ゴールドスミス 
出演: ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシー、ジェームズ・クロムウェル、キム・ベイシンガー、ダニー・デヴィート
1997年 アメリカ映画


50年代、抗争渦巻くL.A.を舞台に男女6人の惨殺事件を追う3人の刑事を描いています。
3人が事件の捜査を進めるにつれ、巨大な陰謀に巻き込まれていく様がミステリアスかつ退廃的に描かれています。

ジェームズ・エルロイ原作のハードボイルドを、「ペイバック」のブライアン・ヘルゲランドが脚色、カーティス・ハンソンが監督しています。

この映画、かなりいい雰囲気が出ていました。
演技派の共演で重厚な味わいがあり、何回もリピートして観てしまいました。

本作は数多くのアカデミー賞にノミネートされ、その中で助演女優賞、脚本賞を受賞しています。

音楽は、巨匠ジェリー・ゴールドスミス。

50年代のハードボイルドということで、はじめは同じくゴールドスミス作曲の「チャイナタウン」をイメージしたのですが、実際はちょっと違っていてビックリしました。

確かに「チャイナタウン」に似た抑制の効いたトランペットの調べが出てきたりもしますが、1曲目からかなりのアクション・スコアを聴かせます。

90年代のゴールドスミス低迷期(というか脱・アクションスコア期)にあって、ここまで派手はスコアは珍しかったと思います。

激しいパーカッションと鳴りまくるホーンの掛け合いが素晴らしく、ゴールドスミスの往年のアクションスコアを思い起こさせます。

サントラは50年代の歌モノ等を集めたコンピレーション盤も出ています。
コンピレーション盤には、あろうことかスコア盤に入っていないゴールドスミスの曲が1曲入っています。
やはり完璧を目指すファンなら両方を買うべきでしょう。
と言いつつ僕はスコア盤しか持ってません(^_^;)


最近のサントラには、歌モノとスコアを半分づつ収録した盤もありますが、2枚組ぐらいにして安価で出してもらえると嬉しいですね。

両方買おうと思うとすごい出費で・・・。
その点で、「マトリックス・リローデッド」のサントラはいい企画でしたね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

majestic


監督: フランク・ダラボン 
音楽: マーク・アイシャム 
出演: ジム・キャリー、マーティン・ランドー、ローリー・ホールデン、アレン・ガーフィールド、アマンダ・デトマー、ボブ・バラバン、ブレント・ブリスコー
2001年 アメリカ映画


「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督によるヒューマン・ドラマ。
本作はスティーヴン・キング原作ではないようです。

前作「グリーン・マイル」、前々作「ショーシャンク・・」に比べると見劣りがしますが、それでも感動のツボを知っている監督さんで、

ラストは何となく予想していても最後には心打たれてしまいます。

コメディアンで出発したジム・キャリーが迫真の演技を見せます。
「マスク」や「バットマン・フォーエヴァー」でのやかましいトゥー・マッチな演技が苦手だったのですが、彼を見直してしまいました。

「赤狩り」のターゲットにされた新進脚本家が事故で記憶喪失になり、見知らぬ町で助けられ、
ちょうど出征で行方不明となっていたその町の英雄と間違われ大歓迎されて・・・、というお話。

英雄の生還に湧き、廃れていた映画館を再建して町に活気を取り戻そうとするくだりは、
映画ファンにはグッとくるシーンになってました。

なお、劇中、映画館で上映される白黒作品は本作のために撮影されたもので、
なんと「死霊のはらわた」のブルース・キャンベルが出ているという嬉しいオマケもついてました。



音楽はマーク・アイシャムが担当していますが、ジャズ・ピアノが全編にフィーチャーされていました。

ストーリーの中で重要な役割を果たすのが、ジム・コックスが演奏するジャズ・ピアノ。
彼のソロ名義の曲が3曲と、サックス奏者ゴードン・グッドウィン率いるスペンサー・ワイアット・ビッグ・バンドの演奏をバックに弾きまくる曲が4曲入っています。
この7曲が映像にかなりマッチしていて、とても印象に残ります。

これらの曲は意外にもマーク・アイシャムが書いたものではありません。

アイシャムのスコアはアルバム後半の3曲だけとなっています。

全編に流れるジャズムードとは対局をなす、ストリングス中心のリリカルなスコアを書いています。
アイシャムも元々はジャズ畑の人なので、この使い分けにはちょっとビックリしました。

しかし他のジャズ・スコアに負けないとても優しい感動的なメロディを持っています。
3曲しか入っていませんが、1曲あたり7分前後もあり、物足りない感じはしません。

この他にナット・キング・コールやチェット・ベイカーの既成曲が入っています。


なお、本作は珍しく日本盤の方がジャケが素敵です。


これがオリジナル盤のジャケ

   ↓

majestic1


これは、ちょっと僕の趣味には合いませんでした。

で、コピーコントロールCDで不満もありましたが、日本盤を購入しました(^_^;)


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

mohican


THE LAST OF THE MOHICANS
監督: マイケル・マン 
音楽: トレヴァー・ジョーンズ,ランディ・エデルマン 
出演: ダニエル・デイ=ルイス, マデリーン・ストー,ジョディ・メイ,ラッセル・ミーンズ,スティーヴン・ウェディントン
1992年 アメリカ映画


この映画は小説が原作だそうで、今回で何度目かの映画化になるようです。
アメリカ独立戦争よりも20年くらい前の東部が舞台になっています。
よって、この映画はインディアンが出てきても西部劇ではなく、史劇とか大河ドラマというカテゴリーに入る作品です。

スタイリッシュな映像を撮ることに定評のあるマイケル・マンが監督しています。
だいたいにクライム・アクションの多い監督ですが、今回はかなりダイナミックな演出で「大河ロマン」な作品に仕上げています。
主演のダニエル・デイ=ルイスがそれまでの繊細なイメージを払拭する活躍を見せます。


音楽はトレヴァー・ジョーンズとランディ・エデルマンが半分づつ担当しています。


前半はアイリッシュなヴァイオリンの調べとトレヴァー・ジョーンズが得意とする「静かにグッと燃える」スコアが印象的です。

メイン・タイトルはいろんなとこで使われていて、「世界まるみえテレビ特捜部」などでも使われてましたね。
1992年の英国アカデミー賞では作曲賞にノミネートされています。

トレヴァー・ジョーンズというと初期の暗いアンダースコアをイメージしてしまうのですが、本作と「G.I.ジェーン」は思いっきり「燃え」ますね。
(「G.I.ジェーン」のレビューはまた改めて掲載予定。)

ただ残念なのは、5曲目「front battle」のアレンジがショボくて、せっかくの「燃える」曲がTVドキュメンタリーのBGMみたいになってること。
音が軽すぎます。なんでこんな音にしたんだろう。


後半10曲目からは、売れる前のランディ・エデルマンの作品です。
共作ではなく、単独で作っているようで、前半とは全く雰囲気が違います。

基本メロも違うし、アコギやシンセのフレーバーが効いた比較的アコースティックな仕上がりになっています。

後の「ドラゴンハート」や「ブルース・リー物語」の原形のようなものを垣間見ることは出来ますが、アルバム前半に比べてかなりおとなしめな音です。


ラストには、エンヤの姉が率いるバンド「Clannad」の歌が入っています。

いつものアイリッシュな雰囲気たっぷりの曲かと思いきや、シンセがバックでタンジェリン・ドリームの歌モノのような出来です。
しかも、収録時間が短い。
たった2分で終わってしまいます。もう少し聴きたいなあというところで終わってしまいます。
何かの意図があるのでしょうか。


なお、後にジョエル・マクニーリー指揮ロイヤル・スコティッシュ・オーケストラの演奏による再録盤が出ています。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

wnd


WINDS
監督: キャロル・バラード
音楽: ベイジル・ポールドゥリス
出演: マシュー・モディーン,ジェニファー・グレイ,ステラン・スカルスガルド,クリフ・ロバートソン
1992年 アメリカ/日本映画


フランシス・フォード・コッポラが制作総指揮を担当、日本人の山本又一郎が出資して作ったアメリカ=日本合作映画。

大自然を描くことでは定評のあるキャロル・バラード監督によるスポ根ドラマです。
前作「ネバー・クライ・ウルフ」から10年も経ってしまっており、とても寡作な映像作家です。
忘れた頃に作品を発表する人は結構いい作品を作る人が多いようです。
「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリックもそうですね。

今回は「アメリカズ・カップ」のヨット・レースを描いています。
世界的な大レースに、スポンサーも無く自分たちの力だけでレースに参加する主人公たちのスポ根を描いています。

この監督らしく全体的に地味な作風ですが、ヨットレースの迫力もあり、心に残るいい作品です。



音楽は、「ロボコップ」のベイジル・ポールドゥリス。
本作は「コナン・ザ・グレート」等で聴かれる土俗的なドコドコサウンドとは対極をなす作品です。

シンセやピアノの生音を上手く使ったとても爽やかな音楽を書いています。
もちろん、オーケストラが入るスリリングなシーンになると、お馴染みのロボコップ風になったりして、「燃え」度も十分あります。

とてもキレイで聴きやすい作品ですが、なぜか公開当時は日本盤しか発売されませんでした。
数年前に海外でもようやく発売されましたが、Citadelレーベルから1500枚限定という冷遇を受けてます。

スポ根ドラマのサントラにハズレはないという通説がありますが、本作も正にその通りの作品です。

映画自体はあまりヒットしなかったので、日本盤サントラも古本屋で200円でたたき売りされてたりしますので、見つけたら即ゲットです。

これも「★秘宝★」のカテゴリーに入れるべきだったかもしれません。
隠れた名盤です。

しかし、このサントラ、未だに日本盤が廃盤になっていないようなのですが、不思議です。
なお、日本盤のみ、日本人女性グループ「アマゾンズ」による日本向け主題歌が1曲入っています。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

omen1-1


THE OMEN
監督: リチャード・ドナー
音楽: ジェリー・ゴールドスミス 
出演: グレゴリー・ペック、リー・レミック、デヴィッド・ワーナー、ハーヴェイ・スティーヴンス、ビリー・ホワイトロー 
1974年 アメリカ映画


「スーパマン」や「リーサル・ウェポン」シリーズで知られるヒットメイカー、リチャード・ドナー監督の出世作です。
オカルト・ホラー全盛期の頃の傑作で、パート3まで作られました。
(その後、女の子が主人公の番外編みたいなのがあったり、今度新作が公開されるそうです。)

悪魔の子が主人公というB級なテーマのホラーを、ここまで格調高い作品に仕上げたのはやはりオスカー俳優グレゴリー・ペックの風格とジェリー・ゴールドスミスの音楽のなせる業でしょう。

手を変え、品を変え、次々と悪魔の力によって人々が殺されていく様は、当時としてはかなり迫力
がありました。
次はどんな殺され方をするのか内心ワクワクしたりして・・、不謹慎ですね。
まあ、子供の頃はそんな余裕は無かったですが(T_T)


音楽は巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
悪魔を表現した有名なテーマ曲「アヴェ・サターニ」は映画史上、最も怖くてパワフルなホラーミュージックであるといえます。

悪魔を讃える賛美歌にゴールドスミス得意の豪快なオーケストラがかぶる展開は、圧倒的な存在感を出しています。

子供の頃は、NHK-FM「夜のスクリーンミュージック」で放送されても、怖くてテープに録音出来ませんでした。
心霊写真と同じで持ってると呪われるような気がして・・・(笑)
なにしろ、「アヴェ・マリア」の反対の「アヴェ・サターニ」ですから。

さらに所々に挿入される「悪魔のささやき」を表現したと思われる、ウィスパー・ボイスが恐怖感を倍増させています。

そんな訳で長らく買えなかったサントラですが、大人になってようやく普通に聞けるようになり、ちょうど数年前に長尺盤がVareseから出たこともあり思い切って買いました。

8曲が追加されて、さらにリマスターも施され音質がかなり向上しているようです。
(オリジナル盤を怖くて買えなかったので、自分では比較出来ませんでした。)


でも、長尺盤はジャケがなあ・・・


こんなジャケです。

    ↓

omen1


オリジナル・デザインの方がいいです。


やはり、アカデミー音楽賞を受賞しただけあって、恐ろしいほど迫力のあるスコアになっています。
保守的なアカデミーの世界で、ホラーの音楽が作曲賞を受賞するなんてことは、まさに快挙だったと思います。
それだけこのスコアの存在感が大きかったということでしょう。

この音楽が無ければ、この映画の魅力も半減していたと思います。
他人の前では人格を疑われるのでなかなか聞けませんが、大音量で聞きたい傑作スコアです。


なお、「オーメン2」は、さらにダイナミックで躍動感あふれるメイン・タイトルで、「怖い」というより「燃え」ます。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。