サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
 「バイオハザード」や「エイリアンVSプレデター」でおなじみポール・アンダーソン監督の初期のSF作品です(1997年)。厳密に言えば宇宙船を舞台にしたホラーと言った方が正解かも知れません。SFにしてはスプラッター描写がかなりエグい。特殊メイク担当が「ヘルレイザー」のボブ・キーンだからでしょうか。主演はローレンス・フィッシュバーン、サム・ニール、ジェイソン・アイザックス等。
 音楽を担当したのが故マイケル・ケイメンとイギリスのテクノ・ユニット「オービタル」。オービタルが直接スコアを担当するのは本作が初めてだったと記憶しています。(以前「セイント」に曲を提供したことはありましたが・・・。)オービタルは昨年「ブルー・アルバム」を最後に惜しくも解散してしまいましたが、以前から映画音楽風なアプローチをするユニットだったので、起用はなるほどなと思いました。特にオープニングテーマは出色の出来です。オービタルのテクノ・トラックにマイケル・ケイメンが指揮するストリングスがかぶさるとことなど絶品です。ベース・トラックのリズムがドラムのバラディドル風になっていて、ドラムをかじったことのある人が聴けば「おやっ?」と思うハズ(笑)。
 但し、本アルバムは曲を小分けにしておらず、全4曲の組曲風になっているので、1曲が10分近くあります。テーマ曲単体でコンパクトに聴けるともっとよかったかなと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 「大脱走」のジョン・スタージェス監督、マイケル・ケイン、ドナルド・サザーランド、ロバート・デュバル主演の戦争映画「鷲は舞い降りた」のサントラです。原作はジャック・ヒギンズの同名ベストセラーです。音楽を担当したのはラロ・シフリンですが、「戦略大作戦」とはまた異なったアプローチの作品です。全体的にマイナー調のメロディが多く、マーチも決して明るいメロディではありませんが、哀愁を帯びているとでもいいましょうか、とても印象的な音になっています。
 サントラは元々シングル盤しか発売されず、後に「Label X」レーベルからコンピレーション盤が発売され数曲がCD化されました。その後、数年前になりますが、遂にラロ・シフリンのレーベル「Aleph」から初のフルアルバムが発売されました。ただし、音源にばらつきがあり、モノラルであったり、極端に音質が悪い曲があったりで、苦心してアルバム化した跡がうかがわれます。
 実は、シングル盤のB面に収録されていたLove Themeが結構入っていたのですが、CDに収録されているのはバージョン違いでしかも音質が今ひとつでちょっと残念。
 なお、この作品は実は軍装品マニアにはこたえられない内容となっており、出てくる兵器、装備はほとんどがホンモノだそうです。ドイツ軍マニアでロック・ギタリストのうちの弟がそう言ってました(笑)。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 レン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセール主演、吸血鬼と狼男との抗争と恋を描く一風変わったダークなアクション。レザー・スーツに身を包んだこの映画のケイト・ベッキンセールはカッコ良かった。ヴァン・ヘルシングの時よりこっちの方が好きかも。音楽は元タンジェリン・ドリームのポール・ハスリンガー。タンジェリン・ドリーム脱退後は、グレアム・レヴェルのプログラマーとして活動してたようです。本作は初の単独作品です。
 内容は極めて硬質な印象で、メロディを極力廃し無機質なノイズに単調なリズムが重なるような感じの作品です。グレアム・レヴェがかつて組んでいたインダストリアルなインディ系バンド「SPK」の雰囲気を感じるのは僕だけでしょうか。他に歌モノを集めたコンピレーション盤がありますが、両方のいいとこ取りで1枚にしてもよかったかな。このアルバムは単体で聴くには映像を未見の人にはちょっときついかも。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 監督:ケン・アナキン、主演:ヘンリー・フォンダ、ロバート・ショー、テリー・サバラス、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ライアン(みんなもう死んじゃったなあ。)等々オールスターキャストで描く、1965年の戦争巨編です。
 音楽はベンジャミン・フランケル。この人はあまりサントラが出ておらず、「バルジ大作戦」は数少ない傑作の一つです。非常に泥臭くてアクの強いメロディで、お世辞にも整った曲調とは言えませんが、一度聞いたら忘れない力強いインパクトを持っています。また、フルオーケストラで展開する怒濤のサウンドの中で1曲、通称「パンツァー・リード」と言われる軍歌が入っています。これは映画用に新たに作曲されたものか、もともとドイツ軍で歌われていたものかは不明ですが、この歌がまた「燃え」ます。
 ただ残念なことに、このサントラは世界で唯一日本で完全限定盤としてCD化され、すぐに廃盤となってしまいました。現在では、ネットオークション等で2万円くらいの高値で出品されています。いい作品なのでもっといろんな人に聞いてもらいたいものです。悪質なプレミアには反対です。
(後に曲数を増やした再録音盤が出ましたが、オリジナルの雰囲気には今ひとつ及びません。)
 余談になりますが、この映画は大平原での戦車戦がウリで、戦車がたくさん出てきます。しかし、残念ながらドイツ軍のタイガー戦車のホンモノを集めることなど不可能だったらしく、タイガー戦車をアメリカ軍のM47パットン、アメリカ軍のシャーマン戦車を同じくアメリカ軍のM24チャフィで代用しています。時代考証からすればトホホな設定ですが、ドイツ、アメリカ両軍戦車の火力の差を視覚的に見せることには成功しています。まあ、何より戦車があれだけ出てくる映画は他に例を見ないでしょう。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 デヴィッド・クローネンバーグ監督初期の傑作「頭部爆発」サイコキネシスもの(1980年作品)。音楽は今や巨匠の仲間入りを果たしたハワード・ショアです。このCDには、同じくクローネンバーグの作品「ザ・ブルード」「戦慄の絆」がカップリングされています。 
 ハワード・ショアはほとんど全てのクローネンバーグ作品を手がけており、スキャナーズはその中でも比較的アクの強い音楽です。まだ低予算の小編成オーケストラによる演奏ですが、シンセの音を効果的に活用し、近未来のサイキック・ウォーを表現しています。ブートレッグCD-Rで完全盤も出ているようですが、これは未聴です。
 ハワード・ショアは作品ごとにいろんなアプローチを試みる人で、「ザ・ブルード」では21本の弦楽器だけで曲を演奏し、「クラッシュ」ではエレキギター10数本をフィーチャーし、「裸のランチ」ではジャズのオーネット・コールマンを起用する等、作品ごとにいろいろ楽しませてくれます。ただ、たいていのクローネンバーグ作品は主人公が救いようのないラストへ突き進んでいくので、それに呼応した曲が多く、コマーシャリズムに欠けるのでサントラ単体で聞くには少々厳しいかもしれません。
 余談ですが、クローネンバーグ監督は、毎回いかにも神経質そうな顔立ちの俳優を主役に起用しており、次は誰が主演するのかちょっとした楽しみでもあります。これまでにクリストファー・ウォーケン、ジェームズ・ウッズ、ジェフ・ゴールドブラム、ジェレミー・アイアンズ、ジェームズ・スペイダー、ピーター・ウェラー、ジュード・ロウ、レイフ・ファインズ等を起用しています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。