兵庫県の伊丹市にある伊丹市昆虫館にて

「あなたの知らないカメムシの世界~カメムシだらけにしたろかー!~」という企画展が開催(20141 22日~3 31日)されているそうです。

美しいカメムシ,子育てをするカメムシ,いい匂いのするカメムシまで様々なカメムシが展示されているようです。いい匂いのするカメムシ,どんな匂いでしょう。気になりますね。どうやら種類によって違うカメムシの臭いを体験するコーナーもあるとのこと。なんだか楽しそうな企画展ですね。私も休日に行ってみたいと思います。

 

さて,カメムシというと,下の画像のような昆虫を真っ先に想像すると思います。
 

クサギカメムシ
(写真:クザギカメムシ)

ツヤアオカメムシ
(写真:ツヤアオカメムシ)

マルカメムシ
(写真:マルカメムシ)

 

全体的に五角形で頭部はとがっています。カメムシは半翅目に属する昆虫で,危険を感じると臭いを放ちます。植食性のものが多く農作物を吸汁するため農業上の重要な害虫です。また,家屋の光に誘引され家屋周辺に集まったり,秋には越冬場所を探して住居内に入ってきたりすることがありその悪臭とともに嫌われます。家屋内に入ってきたカメムシ類は市販の殺虫剤で十分駆除できます。しかし発生源が広い範囲にあり,抜本的な解決は難しいです。

 

 さて,カメムシの仲間で忘れてはいけないものがあります。このブログでもよく出てくるアイツです。

トコジラミ
(写真:トコジラミ)

そう「トコジラミ」(南京虫,ナンキンムシ)です。

 

トコジラミもカメムシの仲間です。 

トコジラミ(南京虫は俗称)は成虫の体長が58ミリ,体色は茶褐色~赤褐色,非常に扁平な体形をしています。ちゃんと五角形ですよね。エサを吸うためのストロー状の口もあります。油臭いにおいも出します。(より詳しく知りたい方はこちら

 

でも,上記のカメムシと違うところもあります。


まず,
翅は退化していて飛ぶことはできません。だから光に誘引されて外から室内に飛んで入ってくることはありません。人や物の移動にともなって拡散することがほとんどです。外出先のどこかで自身の体か荷物にトコジラミをくっつけそのまま帰ってきた,宿泊先のホテルや旅館で発生しており,カバンや服に卵や生体をつけて帰ってきた,リサイクル品の家具や古本を購入した(前の持ち主宅で発生していた)などなどです。その場所に生息していなくても,タクシー内や電車,公衆浴場など誰かが落としていったものを偶然もらうこともあります。人が交差するところであればたいてい,その確率の差はあれトコジラミをもらってしまう可能性はあります。

また,トコジラミは樹液を吸うのではなく
血液を吸います血液のみがエサであり,吸血なしでは生きてはいけません。だから,いくらゴキブリ用の毒餌を置いても,いくら食べ物を片づけても効果はありません

 

 トコジラミはいろいろな場所に隠れることができ,様々な場所に卵を産みつけます。市販の薬剤では一時的に生息数が減ることはあっても,なかなか完全な駆除はできません。トコジラミが部屋に生息してしまったら,あれやこれやと自分たちで駆除をせずに,すぐに駆除のプロに任せるのが一番です。

 

ちなみに上記のカメムシの企画展では,トコジラミに展示担当が実際に刺されてみた体験記も展示されているそうです。気になりますね。企画展のカラフルなポスターにはトコジラミの写真も掲載されています。どこにあるかわかりますか?

 

 

株式会社エスケーシステムでは,トコジラミの駆除を積極的に取り扱っています。
 その他の虫でお困りの方でも対応いたします。


ランキングに参加しています。 よければポチっとクリックしてください。
 
にほんブログ村
AD
NY市保健衛生局、新本部ビルがナンキンムシ被害に
[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米ニューヨーク市の保健衛生局は20日、クイーンズ地区にある同..........≪続きを読む≫

アメリカでは,アニメにトコジラミ(bed bug)という名前が出てくるほど,一般的!?になっています。
被害がそれだけ多いということですね。日本でも徐々に被害が増えてきています。
トコジラミ(南京虫,ナンキンムシ)は,就寝中に人の血を吸います。何度か吸われているうちに,吸われた跡が赤くなり激しくかゆくなります。
そのため安眠できなくなるなどの精神的被害が起きます。

血糞
(写真1:畳の側面にあったトコジラミの糞,トコジラミが潜んでいたことを示す)


ベッドフレームに隠れているトコジラミ
(写真2:ベッドフレームのつなぎ目に潜むトコジラミ)


ファスナーに隠れているトコジラミ(写真3:ファスナーの積みに潜んでいたトコジラミ。生息数が増えるとあらゆる荷物に隠れていく。)


トコジラミ本体
(写真4;トコジラミ)



南京虫に関する詳しい内容はこのブログのトコジラミの記事を参照してください。


※株式会社エスケーシステムは, トコジラミ(南京虫)の駆除に力を入れて取り組んでいます。


ランキングに参加しています。   よければポチっとクリックしてください。
    
   
  にほんブログ村      
AD

今回の台風18号は各地で大きな被害をもたらしましたね。本社のある神戸市内では大きな被害はなかったようですが,すごい雨と風で川は増水していましたし,いろいろなものが吹き飛ばされていました。自宅から見える幼稚園では,テントが飛ばされて街路樹に引っかかっていました。ところで,皆さんは雨の後で建物の周りを点検されました?建物の周りに置いてある鉢皿やバケツ・タイヤ・空き缶など水がたまっている場所を探し出し,その水を捨てましょう。水がたまったままだと蚊の発生場所になる可能性があります。建物に近いところで発生すると,その分室内に入ってきやすくなります。かゆい蚊に刺されないように,ちょっとした点検で吸血被害を減らしましょう。


 

さて,同じ吸血性の昆虫でも,トコジラミ(南京虫)駆除蚊の駆除では,その生態が違うため駆除方法も全く違いますトコジラミの駆除では部屋の大多数のものに処理を施していきます。もちろん,畳や大型家具も動かして施工します。
重労働ですし,それなりに時間もかかります。


先日もあるお宅でトコジラミ駆除をおこないました。そのお宅にて箪笥を動かした時に目撃したのが,下の画像です。

箪笥下のトコジラミの痕跡(画像1:箪笥下にあったトコジラミの痕跡)



畳の上に茶色いものが見えますね。これ,すべてトコジラミの脱皮殻やトコジラミ本体です。

拡大してみましょう。

大量のトコジラミの脱皮殻・糞・卵(画像2:大量のトコジラミの卵・脱皮殻・糞)

 

血糞(黒),卵(白),脱皮殻,トコジラミ本体が多数見えます。

 

箪笥をひっくり返してみると・・・

箪笥の足元裏のトコジラミ卵(画像3:箪笥の足元の裏にあった大量のトコジラミの卵)


箪笥の足元の裏側の空間にも大量に卵がついていました。
(白いものがすべてトコジラミの卵です)

 

上の画像をよくみるとわかるのですが,糞や脱皮殻は壁側よりも室内側に多くあります。



トコジラミは吸血しなければ生きていくことはできません。吸血のためには吸血対象になる人やペットなどを見つけないといけません。探知の際は,体温や呼気(二酸化炭素),臭いなどを頼りにします。ただし,その探知能力はそこまで高くなく,隣の部屋など離れていると探知するのは難しいようです。また,吸血は主に吸血対象が寝ている(じっとしている)間に行われます。そのため,吸血対象が寝ている側に潜むことが多くなってくるのです。

 

この画像においても,箪笥の横でご家族が寝られるとのこの。しかも,画像の左側が頭になるということです。画像をよく見ると,左側の方がより糞が多いことがわかります。

 

寝ている間に何かに咬まれていて痒く「もしかしてトコジラミ!?」と疑っている方は
まずは自分の寝床やその周辺を調べてみてください。トコジラミ(南京虫)が見つかるかもしれません。


 

※株式会社エスケーシステムではゴキブリ駆除だけでなくトコジラミの駆除にも力を入れています。



ランキングに参加しています。   よければポチっとクリックしてください。
    
     
にほんブログ村      
AD

いつの間にか暖かくなり,気がつけば桜も散り始めています。今年の桜の開花は例年より遅く入学式の時期と満開が一致していました。新入生に対する自然からのプレゼントですね。でも,我が家の盆栽の桜はまだ満開になっていません。今年もベランダでミニミニ花見をしようと楽しみにしているのですが・・・。今は開花が始まったぐらいなので,あと少しの辛抱です。



害虫・害獣から街を守るPCOの調査日記-満開の桜2012



(写真:満開の桜-2012年)







 春は「出会い」の季節ですね。移動や入学で,今までとは違う環境で生活を開始した方も多いことでしょう。新しい環境に入る側も,受け入れる側も,今までとは勝手が違うぶん戸惑いも多いはず。でも,新しい出会いによって,自分の世界が広がることもあり,忙しいけど楽しい時期です。







出会いに伴ってこの時期は,「引越し」の時期でもありますね。私も何度か引越しを経験していますが,荷造りなどは大変ですが,新しい環境に行けるということもあり,なんだかウキウキします。あぁ,なんだか引越ししたくなってきました。









さて,時々こんな問い合わせ
をいただきます。




「トコジラミが発生してしまったから引っ越そうと思うけど,それで被害はなくなるよね?駆除に高い費用出すより確実でしょ?」









 皆様はどう思いますか?











ちなみに株式会社エスケーシステム
では引越しをせずに,今いる環境で被害をなくしてしまうことをお勧めしています。トコジラミ
は外から飛んできて家に住み着くわけではありません。人や物の移動に伴って拡散していきます。引越しする時には荷物も一緒に引っ越すことになります。それによって新しい住まいにもトコジラミを持ち込む可能性があるのです。そしてそこで再び数を増やしていくかもしれません。









先日,トコジラミ(南京虫)駆除
の依頼があり,あるお宅に発生状況の調査
にお伺いしました。調査の結果,多数の部屋でトコジラミの生息が確認されました。そのときに,ある小さな箱を開けてみると,その箱の隙間にトコジラミがいるのを見つけました。もちろん生きたままで。






動画
:箱の側面の隙間にいたトコジラミ。拡散防止のためビニール袋内にて)







 このときの依頼主様も「引越し」を考えておられました。「出来る限り荷物を捨てて引っ越そうと考えている」と。でも,この箱の隙間にトコジラミがいることを見せると引越しを断念していました。「こんなものにまでトコジラミがいるとは思わなかった。きっと引っ越していたらこの箱は新しい家に持って行っていた。自分ではこれくらいは大丈夫と思っていてもトコジラミがいる可能性があるんだ・・・。」と納得されました。









 人・物の移動に伴って拡散するトコジラミ
生体だけでなく小さな


を移動させる可能性だってあるのです。極端なことを言えば,引越しの時だけでなく,部屋の下見の際に,カバンや服に付いていたトコジラミを落としてくることも考えられます。トコジラミが発生している場所から移動する場合は,どれだけ注意していてもトコジラミも一緒に移動させてしまう可能性があります。結局,引越し先でトコジラミ駆除作業をしなくてはいけなくなり,結果として出費がかさむ場合(引越し費用+駆除費用
)もあります。






我が社としては,



トコジラミ被害対策
としての引越しはお勧めできません



引っ越したい気持ちも分かりますが,引っ越すならトコジラミの被害がなくなってからの方が安心です。







暖かくなってきて過ごしやすくなってきましたね。出かけるのが楽しい季節です。でも,気温が上がってきただけに害虫との出会いの確立も上昇してきます。私も先日,久々にクロゴキブリ
と道端で出会ってしまいました。こちらの出会いは有難くないですね。











 株式会社エスケーシステムトコジラミ(南京虫)などの害虫類の駆除・防除
を取り扱っています。









ランキングに参加しています。

よければポチっとクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ


にほんブログ村

 先週は,神戸と大阪でトコジラミ(南京虫) の駆除作業が続き大変な週でした。

 トコジラミの駆除では,家具を移動させたり,畳を上げたりするために肉体的にも疲労しますし,また,細かい荷物にもトコジラミが付着していないか確認したり,他の部屋に被害が拡大することのないように注意したりと,神経も使います。また,狭い部屋では家具を動かすのも一苦労で余計に疲労します。でも,後日お客様から「安心して寝られるようになり,睡眠不足から開放された」 なんて話をきくと,
頑張った甲斐があったなと,ほっとします。


害虫・害獣から街を守るPCOの調査日記-箪笥の底裏の卵
(写真:タンスの底板の裏にあったトコジラミの卵)


害虫・害獣から街を守るPCOの調査日記-フック全体
(写真:このような壁にあるフックにも・・・)

害虫・害獣から街を守るPCOの調査日記-フック
写真:フックの付け根)


害虫・害獣から街を守るPCOの調査日記-フック拡大
(写真:フックの付け根の拡大)



 さて,トコジラミ駆除 施工では,トコジラミが生息しているような場所に薬剤を散布していくことが中心になります。

害虫・害獣から街を守るPCOの調査日記-トコジラミ施工
(写真:トコジラミ駆除施工 の一風景)


しかし,部屋に沢山の荷物がある場合は,トコジラミの潜伏可能場所が極めて多いことになり,その分,使用する薬剤量も手間も再発の危険性も増加します。ですから,そのような場合は依頼主様に不用品を廃棄するようにお勧めしています。
  


 
 時には,あまりに被害が集中していたり,構造が複雑でいたるところにトコジラミが生息可能な隙間があったり,隙間の奥深くにまでトコジラミが生息している可能性があるなど,いくら駆除処理をしたといえども,その物が原因で再発させる可能性がある場合は,その物の廃棄をこちらからお願いすることもあります。また,依頼主様にトコジラミがいたことを伝えたりすると,被害がひどくない場合でも「廃棄する」ことになる場合があります。



害虫・害獣から街を守るPCOの調査日記-家具の隙間の卵
(写真:家具の隙間にあったトコジラミの卵。依頼主様の希望によりこの家具は廃棄)




「廃棄」はトコジラミの駆除では一つの手段です。

しかし,注意が必要です。廃棄のための移動中に,トコジラミや卵を落としたり服などに付着させたりして,被害を拡大させたり再持ち込みをしたりする場合があるのです。そうならないよう,廃棄の際には,袋にいれたり,シートで包んだり,ある程度薬剤で処理したりなどの対策も必要です。

(何も対処しないで廃棄することで,自分だけでなく他者にも被害を拡大する可能性も忘れずに)







株式会社エスケーシステムでは
トコジラミ(南京虫)の駆除・防除 を取り扱っています。




ランキングに参加しています。
よければポチっとクリックしてください。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村