兵庫県尼崎市の路上でぞうきんに火を付けたとして、尼崎北署などは23日、器物損壊容疑で、同市在住の無職の女(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は16日午後4時50分ごろ、尼崎市尾浜町の路上で、72歳の女性が営業する店舗の外に置いてあったぞうきん2枚にライターのようなもので火を付けて燃やしたとしている。

 尾浜町を含む尼崎市北部と東部では、今年1月ごろから、同様の事件が数十件起こっており、女が「尾浜町での事件は私がやりました」と供述していることから、同署が関連を調べている。女には知的障害があるという。

【関連記事】
遮断棒折れ1.5万人影響 尼崎のJR福知山線
パナソニック、太陽電池新工場 兵庫・尼崎 来年度にも着工
父親に首絞められ重体の息子死亡 尼崎市
アパート放火火災で重体の女性死亡 東京・足立、死者2人に
放火の疑いで捜査 外部から火を点けた形跡 足立区アパート火災
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

テレビ朝日に銃弾? 届く=脅迫容疑で捜査-警視庁(時事通信)
またキリスト教会に消火器 大阪・旭区(産経新聞)
なんときれいな710年…平城宮跡オープン(読売新聞)
<時効廃止>改正刑事訴訟法が成立 即日施行目指す(毎日新聞)
<強盗殺人未遂>タクシー運転手、首切られ重傷 江戸川(毎日新聞)
AD