2006-08-19 05:33:03

滋賀出張

テーマ:旅行・出張

このごろ出張三昧だ。


お盆休み前に茨城へ出張にいったばかりなのに、お盆あけてから、また出張だ。。



今回は滋賀県。



同じ会社の人がすでに出張に言っていたが、その人の出張中に物が壊れたそうだ。



大変だなぁ~。



と人事のように聞いていたら、すぐに復旧しなければならないということで、即決で私がいくことになった。。



大変だなぁ~。。



って、私のことかい。。



すぐいくことになった。


行き方を教えておくから、そのとおりに行って。

後は、すでに出張している人と連絡とって落ち合って。。


それだけかい。


仕方なく行くことにした。


今回は車出張だ。


名神高速で小牧ICから滋賀県の竜王ICまで2時間でいって、そこから15分。


地図らしきものはなく、インターネットで調べた簡単な地図で、行き順が線で結ばれていて、曲がる交差点がかかれたものだった。


後は神頼み。。


高速を乗り、竜王ICで降りた。



最初の交差点。どちらにいけばよいか。。



一番重要な選択肢だった。



地図を見ても、高速の出口のぐるぐる巻の道で方向感覚が麻痺している。


最初の交差点は運悪く、交差点の名前をあらわす看板がない。


しかも、信号は青、後ろから続々車が着ており、車を止められる場所はない。



高速道路を戻るように曲がるということで、麻痺した方向感覚で、右折した。


そして、地図どおりいってみた。



最初は恐る恐る道を行っていたが、地図の国道に乗れたところで確信した。



道あっていたんだ。



地図は曲がっているところ等、特徴あるところを書いていたが、あまり曲がっている感覚もなく、ひたすら国道、県道に沿って目的地にめざし、なんとか到着した。



無事、到着し、作業は簡単に済んだ。



さて、帰り。


そういえば、九州に台風がいたっけ。。



そんなことを頭にかすめながら、高速道路に載って走る。


早く帰りたかったから、スピードを出していった。


突然、大粒の雨が勢いよく降ってきた。



前方が見えないが、早く帰りたかったのでそのまま突っ走る。


時速100kmで普通に走っていた。



と、帰りのIC付近の情報が。。



28kmの渋滞です。



勘弁してくれよ~。



予想以上に時間がかかり、やっとの思いで、帰ることができた・・・。



PS.


ちょうど、金曜日の午後7時ぐらいだったので、みんな帰って遊んでいるよなと、思いつつ渋滞にはまっていた。


ラジオをつけてみると、中日-巨人戦が。


渋滞の間はずっとラジオを聞いていた。


公用外出で出てきており、荷物も会社に戻さなければならないので、会社に戻る大義名分はある。


会社に戻れば残業がつくので、意地でも戻った。



渋滞も仕事のうち。。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-14 07:30:24

茨城出張その②

テーマ:旅行・出張

茨城へ2泊3日の出張命令がくだり、1日目は旅行気分で終了した。


今回は楽勝かと思いきや、悪夢の2日目がやってきた。


合計12台の大作業であるが、定型作業のため楽であるはずであった。


朝8:00から作業に入り、1台目の作業。


現地の人が電源を立ち上げると、



「アラームが出て立ち上がりません」



おいおいどうしてこうなるの??


私が行くまでは正常に動いていて、私が来て立ち上げようとしたときである。


もう、悪霊にとりつかれているとしか思えない。



2日間で12台作業をするというお客様とのスケジュール打ち合わせも済んでおり、これではスケジュールを守れない。


不具合が直らず、出張がのびてお盆休み全滅の可能性もある。


出張人員は二人。さて、どうするか。



お客様に説明して、私は機械を直すことに専念。もう一人は、自分の作業に加え、私の作業もやってもらい、1台ずつ作業を終えて機械を使用できるようにすることで、お客様に納得してもらった。


もう一人は私の作業については全く知らなかったので、やり方を教えて作業を開始した。出張人員が二人であったことが幸いした。


お客様の監視の下、不具合調査。

朝8時30分から開始して、午後3:00ぐらいに不具合箇所判明。

不具合基板を次の朝の9時までに本社から赤帽で送ってもらって直すことにした。


不具合箇所も判明したので、従来の作業に戻り、遅れを取り戻すため午後10:00まで作業。

予定通り作業を終えた。



なんで私が行った時に不具合が起こるの??



そんな内なる怒りをぶつけるかのように、もう一人の出張員と飲みにいくこととなった。


茨城県の結城市だったから、宇都宮の餃子が食べれると聞いたので、餃子の店へ行った。



早速ビールと餃子、チャーハン等おつまみを頼んだ。


餃子の形が春巻き風で、普通の餃子のたれで食べるやり方と、からしをつけて食べるやり方があった。



かなりおいしかった。



ビールに良くあうし、単体でもおいしい。


そんなこんなで、宴は24:00まで続き、24:30ぐらいにホテルについて就寝した。



3日目に突入した。最終日である。


昨日本社に頼んだ基板も9時前に入り、すぐに復旧。


作業もl順調に進み、午後3時には終了した。



8/11から帰省ラッシュに巻き込まれるとのことで


帰りの新幹線も指定席は満タンで乗れなかったが、

自由席は乗車率95%で3列シートの真ん中が開いていたので、

座って帰ってきた。


8/11、21時、家に到着。



散々な出張であった。。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-08-13 06:27:06

大阪出張あんど茨城出張

テーマ:旅行・出張

ダブル出張だ。



大阪サービスセンターからトラブル情報が入り、人選へ。


お客様はすぐにこいとのこと。



このごろトラブル続きで他の人も出張で出ており、2番手としていくことになった。



お決まりの新幹線で大阪へ。


名古屋ー大阪ものぞみで1時間でいけてしまう。


便利な世の中だ。



が、大阪から現地へタクシーへ行ったのだが、現地が工場地帯のため道がよくわからない。


2,3分道路の脇に止まり、タクシーの運転手と地図を見て場所を確認してきたところ、



「じゃまやぁ~」と缶が飛んできた。



運転手によると、石も飛んでくるそうだ。


でも絶対に車には当たらないそうだ。



大阪って怖い。。



出張も無事こなし、工場長も早めの対応でなんとか機嫌もよくなり、帰りは従業員の人に駅まで送ってもらって帰ってきた。



帰ってくると、話が新たな展開を迎えていた。



茨城2泊3日の出張の話である。


一人は別の対応で行く事が決まっていた。


そこで課長が一言。



「ついでだからこれも対応しておこう」



上の係長もびっくり。


「え、ええ~。」


別にやらなくても良い対応である。

出張で作業をした時の2次災害の方が起こる確率が高い。


しかし、やっておくことに越したことはないと言うことで行く事が決まった。



私が行くこととなった。。



盆前の8/9~8/11という世間では休みのところもあるのについていない出張であった。



茨城県は東京より向こう側のところだから、こちらの地方では良くわからない。


でも、今はインターネットですぐに検索できる良い時代。早速ルートを検索した。



名古屋→東京 東海道新幹線 のぞみ

東京→小山  東北新幹線  なすの


新幹線の乗り継ぎか。。

たいそうなこった。


出張は指定席のお金もでるので、のぞみ、なすのとも指定席で行こうとした。


そしたら、なすの号はグリーン車と自由席しかない電車もあって、指定席で指定して切符を買うと後の電車になってしまった。


インターネットで事前に時刻を調べてあったから、時刻が合わなくて気づいたが、危ないところであった。



早速、出発。


今回は時間に余裕があったから、名古屋で駅弁を買って、新幹線でご飯を食べることとした。


名古屋の駅弁で何を買ったかというと、



「名古屋幕の内弁当」



一口サイズの味噌ひれカツ、名古屋コーチン(鳥)を焼き豚風にして2切れ乗せた炊き込みご飯、天むす(えびが入ったおにぎり)、うなぎが入ったおにぎり(ひつまぶしの応用か?)、煮物、焼き鮭と名古屋風味満載のかなり豪勢な弁当であった。


駅のホームの売店で買ったが、1,000円とまあ駅弁としては普通の価格で、それなりにおいしかったので良かった。


ほかにも1,000円以下で名古屋コーチン弁当、味噌かつ弁当、天むす弁当があったから、別の機会があったら食べてみようと思う。



東京に着き東北新幹線なすの号へ。


東京発だから自由席でも乗れた。


新幹線の掃除風景を見たが、かなり念入りに掃除していた。


新幹線はきれいだな。



と、宿泊先について1日目は無事終了。悪夢の2日目があるとも知らず・・・。



つづく。。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-06 22:55:19

地上デジタル放送での難しい選択

テーマ:ブログ

最近になって地上デジタル放送が2011年7月24日から開始され、アナログ放送は終了するとしきりに宣伝されている。


私も今年の2月プラズマテレビを買い、地上デジタル放送に接することとなった。



最近になって、地上デジタル放送で難しい選択を迫られた。



アナログ放送を見ているUHFアンテナでデジタル放送は見える。


しかし、アナログ放送への電波障害を避けるために、デジタル放送の電波の出力が弱い。


私の地域では、地上デジタル放送の電波を発信するタワーは、アナログ放送とは別のところに建てられており、地上デジタルのタワーにアンテナが向いていない。


電波をテレビでアナログ、デジタルに分けるので、アナログ、デジタル両方の出力が落ちる。


その結果どんなことが起こったか。



1チャンネル、アナログ放送はちらついてしまい、デジタル放送は全く見えない



という事態が起こった。


その対策として、店の人はアンテナをもうひとつ立てることをしきりに進められ、無料でアンテナを診断してもらったが、その人にも電波出力全く来ていないからアンテナ+ブースターを立てるように進められた。



果たして本当なのだろうか??



原因を追究してみる。


見えなかったチャンネルの電波の出力をホームページで見てみると、見えているチャンネルの電波の出力の1/3であった。

アンテナは地上デジタルのタワーに完全に向いていないとはいえ、他のチャンネルは入っていた。



対策を考えてみる。

①感度のよいUHFアンテナ(地上デジタル放送対応)とブースターを地上デジタル放送タワーへ向けて新しく立てる。

→アナログ放送はちらつきはよくはならない。地上デジタルの電波が強くなるにつれて、ブースターを調整しなければならない。ブースターでの自動調整機能がついたものを選ばなければならない。費用4万円。

②BSアンテナ+ブースターを立てる。

→BSチャンネルで見えないチャンネルのBS放送を見る。デジタル放送、アナログ放送は見えない。費用5万円。

③出力調整機能つきの屋内用ブースターでアナログ、デジタルの両方の出力をむりやりアップさせる。

→1個のテレビしかできないがデジタル、アナログ両方よくなる。費用6千円/個。確実にできるとは限らない。アンテナにすでにブースターがついていて2重にブースターをつけると、電波がブースター間で反射して画像が2重に見えることがある(ゴースト現象)。



私は③を選んだ。


どこの店に行っても③の方法は中途半端な方法ということで進められなかったが、5年間アナログとデジタルの共存を考えると、どのようにでも改変できるようにということであえて中途半端な方法をとることとした。


①でデジタル放送を見えるように調整してもらっても、電波の出力が段階的に上がっていくことを考えると、結局5年後に再調整させられる可能性がある。高い金を出しても安定しないことを考えて却下。


②BS放送で見えるようにしても、本線のデジタルをいずれは見えるようにしなければならないため、却下。


③費用の割りには、アナログのちらつきはなくなり、デジタルは見えるようになった。デジタル放送の出力アップにもブースターの出力調整で対応でき、最終的にはブースターをはずし、アンテナの向きを変えればよい。店の人からは見えない可能性があるといわれ、宝くじを買うぐらいの勢いでやったから、かなり喜んだ。しかし、頭からアンテナを立てろという店のやり方は気に食わなかった。



とまあ、私の地域や生活にあったやり方は③が一番妥当であったような気がする。



それにしても、地上デジタル放送っていったい何なのというのが本音である。



画像はきれいであるが、ハイビジョンに対応していない番組が多く、それらの番組は画面両端が黒く表示され、プラズマテレビの場合焼きつきの原因となってしまう。


地デジの宣伝をするなら、すべての番組をハイビジョン対応してからに欲しい。


それに、アンテナ、ブースターをもうひとつ建てなければならない、アナログ放送の画像が悪くなるというデメリットの宣伝をしっかりしないと、買ったはいいけど地上デジタル放送は見れない、さらに悪いことに、今ままで見れたアナログ放送も見れないという、最悪のパターンに陥ってしまう。



意外に地上デジタル放送は奥が深かったので、びっくりした。。



PS.


家電リサイクル法等で家電メーカーの売り上げが縮小し、無理やり地上デジタル放送で景気をよくしようとしても、無駄のような気がする。


国のお偉いさん方が、自分の国の実態も知らず、リサイクルという大儀名文のもと税金が取れるからという理由で制定した法律により、半導体産業は壊滅し、台湾、韓国に主導権がわたっている。



会社がつぶれると私も困るので、がんばっていくしかないか。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ろいた

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。