沖縄県水納(みんな)島の南方沖で平成20年10月、貨物船「しゅり」(9813トン)と漁船「航平丸」(14.73トン)が衝突し、漁船の乗組員3人が死亡した事故で、国土交通省運輸安全委員会は23日、漁船員の思い込みで左に針路を取ったことが原因、などとする調査報告書を発表した。

 海上交通の基本ルールでは、対向してきた船を避ける場合は、互いに右に舵を切ることになっているが、漁船は針路を左に変えたまま航行を続け、同じように右に避けてきた貨物船と衝突した。

 報告書によると、漁船の乗組員はレーダー画面で約5キロ先にいる貨物船を確認。右に進めば貨物船の針路を妨げてしまうと思いこみ、針路を少しずつ左に変えた。一方の貨物船は注意を呼びかける信号を漁船に送信。漁船が右側に避けることを期待していたため、右かじを取るのが遅れたという。

 漁船の操船員は、小型船舶の操縦免許を持っていなかった。船長が免許を持っていたため法令違反ではないが、事故当時、船長は就寝中だった。運輸安全委は「免許を持たない人が操縦する場合は船長による適切な指揮監督が大前提」と注文をつけた。

 事故は、20年10月23日午後4時50分ごろ発生。衝突で漁船は前後に分断され、乗組員6人のうち3人が死亡した。貨物船の乗組員10人にけがはなかった。

【関連記事】
長崎で漁船転覆 72歳男性死亡
漁船同士が衝突、1人死亡
長崎で漁船が転覆、1人不明
エア・インディアの部品落下 エンジン部品腐食が原因 運輸安全委が報告
鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
追突事故で女性死亡、酒気帯び容疑で男逮捕(産経新聞)
石原都知事「与党党首に帰化人」 福島氏が否定 発言撤回要求(産経新聞)
普天間 徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)
ロジャー・フエルタ、ライト級トーナメント出場決定/ベラトールFC
AD