政権交代で全員参加から抽出方式に移行した「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が20日朝、各地で始まった。

 小学6年と中学3年全員を対象に2007年、43年ぶりに復活した調査は、昨年夏の政権交代後、「各都道府県のレベルが分かれば十分」として3割の学校を抽出して実施するよう規模が縮小された。ただ、抽出外の学校からも希望参加が相次ぎ、最終的には2万3875校と全小中学校の73・5%が参加を表明している。

強毒性の新型インフルに備え 厚生労働省が業務継続計画(産経新聞)
田辺三菱製薬に再発防止申し入れ 日本薬剤師会(産経新聞)
暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)
強毒インフル発生時の業務継続計画を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
AD