archive

シンガーソングライター  鍵盤弾き


テーマ:
雨だし お金もないし ヒマもないのに
仕事帰りに 調布(職場そっち方面なんで)をぶらぶらしてたら20時


そういえば観たかった映画、レイトショーやってたんだけど今日が最終日だったなあ
『世界はときどき美しい』

適当にカフェで腹ごしらえし、吉祥寺へ向かった。


バウスシアターに着いた。21時上映の5分前。
小さなシアターは満席、かろうじてオジさんのとなりに座った。
「空いてますか?」


始まってものの3分で
「この映画、私が描いて私が演じて私がつくったみたい」と
勝手にその世界にハマった。
私の頭の中のエンピツで描いて、私の頭の中の消しゴムで消したみたいな映画だった。

5つの短編を集めたオムニバス。全部でも70分が心地よい。


終わって感慨深げな私は、この日、監督の舞台挨拶があることを知らなかった。

どんな監督なのか、すごく気になりながら観ていたから、とてもうれしかった。 ああ今日は呼ばれたんだな(私がここに)、と思った。勝手に。

御法川修さんという、金髪の青年(30代だろうな)だった。
プロフィールを、何も知らず、また調べもせずに今書いているんだけども。

彼の放った言葉が、印象的だった。ここでは、言わないことにしとく。


静かながら強い力をもらったので、この映画に対して感じたままの曲を書きたいと思う。


アイディアは浮かんだ。


*************************


追記:注:別に自分が映画に出てる女優さんみたいに美しいってことじゃないですよ。念のためw
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

あかいくつさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。