HSP日和

HSP/HSSの男性のブログです。主観ですので、ご理解を!!


テーマ:

今回も本の紹介です。

一般販売を先行して、渾敦さんに送って頂きました。

 

本の関連した事を書きますね。

 

僕と高橋敦=渾敦(こんとん)さんとは、

HSP・HSSで、エンパスも共通点でした。

 

あまり、神秘的な考えは得意ではないのですが、

人のマイナスの感情・体調に引っ張られ易く、

悩んだ時期がありました。

 

表現を変えると、人との境界線が薄く

他者との共感性が高く、同調してしまう

って事なんだろうと思ってます。

 

こんな感じの事が、

エンパスって言葉にされています。

 

当時、僕が苦手だったのは、

鬱や統合失調症等の

精神疾患のある方の眼を見ると、

引き込まれる、気分が悪くなる、

元気・活力が吸い取られて、

脱力感に襲われる感じでした。

(病気に対しての他意は、全くありません

(事実を病名挙げて書きました)

 

こんな体験がある方と話すと、

霊感が強かったり、一時期霊が見えたり、

する事がありました。。

 

僕自身は霊感も強くないし、そういうの見えないけど、

ただ何となく、嫌な感じがする場所ってあるなぁーって位。

そんな感じでした。

 

もう一つ、エンパスの方と話すと共通点があって、

親族に巫女(神社)系の人がいる事がある。

この話は、知識として数年前から知ってました。

実際に、エンパスで悩んでる方の口からも、

巫女の家系だったと聞いた事もあります。

 

ここから僕の実話になります。

今春に祖母と、母親の親代わりだった叔母の

墓参りに行きました。

千葉の田舎道を車で走っていると、

母が一言、不思議な事を話しました。

「おじいちゃんの妹の実家神社で、この辺に有った」と

 

僕は意味が分からず、話しを流して

「ふーん、そうなんだぁー」

 

なぜ、母親が、おじいちゃんの妹の家が神社と言ったのか?

おじいちゃんには弟が居て、その奥さんの家が神社だったのなら、

話しは分かります。

 

でも、そういう事ではないのです。

 

血の繋がった妹が神社に居た。 そういう事らしいです。

時代は戦後の混乱期で、養子や貰い子等など、

特に田舎ではあったのだと想像できますが、

母も詳しくは、聞かされてない。

不思議だけど、そんな珍しい事ではないらしく、

母は全く驚いてないし、そんな事もあるってスタンスでした。

 

前置きが長くなりましたが、ここで自分に戻ります。

神社に居た方の実の兄の孫が僕です。

遠いけど、神社・巫女の血が入ってたと分かった時に、

やっぱり、そういう事があったのかと感じました。

 

統計学は、ただの数字と捉える考え方もありますが、

エンパスで悩んだ僕も、巫女の血を引く者の一人でした。

 

さらに、前置きが長~~~~くなりましたが、

このタイトルのある渾敦さんの本の最初

四コマ漫画にも巫女が出てきます。

 

無理やり関連付けたと言えばそれまでですが、

HSPだけでなく、エンパスの方にも読んで欲しい本だと

思っています。

 

それが自己理解を深める為なのか?

知識・そんな話があるよねぇー?位の事なのか?

今、悩んでいる方を解決に導く何かがあるのか?

 

人それぞれ違うので、それは分かりませんが、

気になってる方は是非読んで頂きたいです。

 

この本が形になるまでの経過を知っているので、

思い入れがあるのも確かです。

 

思いついて、書いて、それが本になりました。

ではなく、2年以上前から動いていて、

途中頓挫して、それでも、やっと形になった本です。

 

あくまでも、HSPは気質であって、

病気でもないという考え方。

悩んでいるのは、一人ではないという事

 

 

いろいろと、ここで、書くよりも、

是非、手に取って頂きたいです。

 

すいません、長くなりました。

読んで頂きありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さらっと、更新します・・・。

 

自分のブログながら、ロクの更新もせず、

知ってほしい時がある時だけは、

すぐに文章を書いている心苦しさもあり、

素直にタイトルをつけました。

 

僕の本ではなくて、

渾敦 (こんとん)さんの本が出る事になりました。

888888888888888888888

ネットでやる拍手の意味です・・・念のため^^;)

 

しかも、今回は、新作漫画がメインだそうです。

↑のサイトで、あるあると感じた方は、

楽しめると思うし、自己理解が深まるのでは?

と思います。

 

是非、興味のある方は、購入して下さいね。

 

宣伝を兼ねて、ちょっと書きます。

 

例えば、HSPっぽいなぁーって、

感じる人と出会う事があります。

皆さんは、どう接してますか?

僕は、HSSもあるので、HSPっぽく見られないので、
ほぼ他者は、初見では僕がHSPと見抜けないと思います。
なので、こちらが一方的にシンパシィーを感じて、
仲良く出来るかも知れないと思って接しています。

こちらから、HSPの話はした事はないです。
なぜ?って、それを伝えるのは簡単だけど
知るタイミングではないのでは?
自分の中で決まり事のようにして、
教えないようにしています。(基本はね)

他人から与えられた情報と自分が探した情報の価値は、
イコールではないし、価値も質もベクトルも全て違う気がします。
だから、その人が知るべきタイミングで、知れば良いという考えです。
(僕は無宗教で、どの宗教からも影響を受けていないです)

自分のアクションによって、HSPにたどり着いたら、
そこからは、仲間として、ワンランク心の距離が近づいて
付き合いが出来れば、良いなぁーと思っています。

今回ご紹介した、渾敦さんの本がHSPあるあるとして、
笑えたり、共感できたり、一緒に考える転機になったりと、
何かの役に立つツールの一つだと思います。

幸か不幸か?HSPという言葉や概念を知った方々とは、
強みや弱みの情報共有をし、より生活が暮らしやすく
なったら、理想的だなぁーと感じております。

純粋なHSPな方とHSSが入った私とでは、
少しニュアンスが違うように、
それぞれに差異があるはずです。

その中でも、大切にしたいのは、
困ってる事や苦手な事等の克服の仕方や
うまい乗り切り方等、情報共有できたら、
そうしたら、それまで失敗した事や上手くできなかった事が
良い例として、役に立つ日が来るんじゃないのかな?
と思うわけです。

長くなりましたが、HSPに対して、
いろいろな表現で、さまざまな角度から、
情報を発信している方もいます。

どれが(誰が)正しいとか僕には分からないけど、
自分の体験を笑い話にして、
失敗続きでも、明るく、前向きに表現してくれる方(物)
があれば、それが僕の理想的な表現です。

だ・か・ら、ちょっとジュースを飲むのを我慢して、

敏感にもほどがある 

単行本(ソフトカバー) 

 2017/7/2 高橋 敦 (著)

買って下さいね!!!

 

僕にはお金が入らないので、ご安心を^^;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何も無かったかのように更新(笑)

 

怪しい登録会とかではなくて、

履歴書と身分証明書持参での登録会場で、

「こういう展開のいつも通り」って事があったので、

文字にします。

 

「それあるなぁー」って方が居たら、幸いです。

 

駅近のビル9階の事務所で、午後一時のアポイントでした。

五分前行動(10分前に付いてトイレで一息して事に望む)を心掛けていて、

少し早めに付いたのは良かったのですが、

午後一時というと、昼休み明けの時間でもありました。

そのビルに戻ってくる方も居て、

エレベーターを目の前でスルーしたんです。

 

目標は9階。そう9階です・・・。

普段は、建物の10階で仕事をしていて、

急いでいる時は、階段で昇り降りをしているので、

迷いも無く、9階まで階段で行きました。

 

当然、汗も出ますし、息も上がってました。

担当の方は、

「もしかして、階段で・・・」

上記の様な事を説明して、9階位では苦ではないって事を

話をしていたら、過剰に評価されて、

「いい人」のイメージが付いたようで、良い流れができました。

 

ここからが本題です。

前説が長くてすいません^^;

 

担当の方と二人で話しをする形式で、

面接に近い感じでした。

途中何度も話が脱線して、

気が付けば、開始から一時間半も経ってました。

 

僕が話す時間もあるけど、

圧倒的に話を聞いている時間が長い気がします。

今回は、脱線した結果、

矢沢永吉さん経由の長渕剛さんの話、

歌詞が素晴らしいって話になってました。

 

若い頃に、矢沢さん「成り上がり」

とんねるず「大志」

安倍譲二さん「男の条件」

この三冊は、とても影響を受けた記憶がありますし、

「成り上がり」と「大志」は、本棚の手の届く所に今でもあります(笑)

 

そんな事もあって、矢沢って単語が出た瞬間に、

完全に話を聞くモードに入ってしまったんです。

 

自分の事を良く思ってくれている人に対して、

気持ちよく、話しを引き出すのは、得意な気がします。

それが発揮されたんだろうなぁーと。

 

今までも、仕事の面接で、一時間を越えた事があるので、

相手によっては、長い事もあると思ってましたが、

どうやら、世間では少数派らしいです。

 

「仕事の面接で一時間越えた事なんて無いよぉー」

って声も、よく聞きますし、

「何を話してたの?」って逆に聞かれる事も多いです。

 

面接とかで、そんなに時間掛からない人の方が多いらしいです。

 

一時間面接されたら、採用されると思うじゃないですか?

一ヶ月近く待たされて、不採用でした。

懐かしい思い出です(笑)

 

で、話を戻すと、今回のように

対面で、二人で話すような登録会や面接などで、

話が長くなったりしてませんか?

 

思い起こすと、高校受験の前の願書を取りに行った際、

(成り行きで推薦を頂いた時も)

そうだったし、その後の仕事の面接も割りと長かった気がします。

(勿論、ご縁が無い所は、5分も掛からず終わった時もあります)

 

担当の方が、僕を知ろうとして話をさせる展開が、

いつの間にか、逆転して、僕が相手に話しをさせている

そんな気がしてます。

 

こういう能力を活かせたらなぁーと、本当に思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、職場で言われて気になっている事・・・。

の前に、ご挨拶

「あけまして、おめでどうございます!」
カマって頂ける方には、本当に感謝しております。
今年も、どうぞ、よろしくお願い致します。

で、いつもの駄文に。
先に書くと、この話にオチはないんです。

契約している企業の方
「毎日来て頂いて、感謝してます」
⇒毎週ちゃんと、休みをとっているんですけどね。
⇒⇒ほんと、有り難いお言葉です!

女性職員さん(とても爽やかに)
「いつも見てます!!」
⇒『俺は芸能人かっ!・ユーチューバーかっ!・生主か・・・』
⇒⇒って心の中でツッコミを入れつつ、ピュアそうな方だったので、
※純粋にうれしかったです

別の職員さん
「いつも居ますね?お休みあるんですか?」
⇒日曜・祭日に出勤していると、そう見えるかも?です
⇒⇒初めてする会話がこれです(笑)
⇒⇒⇒僕の方は知らなくても、相手の方はよく見掛けるとの事

居るようでいないし、居ないようでいる。
ユニフォームを着る職業なので、目立つとは思います。
僕の事をよく見掛けるという方は、
僕という中身を見ているわけではなく、
別な何かを見ているのでは?って感じます。

勿論、ユニフォームや仕事で使っている物は当然として、
もっと非科学的な何かとか???
お・わ・り


もう一個、こっちの方が共感してくれる人がいるかも?

今置かれている状況が普通ではないって事に気がつきました。

例えば、契約している企業の役員専属運転手さんや
別の役員の専属の女性秘書さん
受付のお姉さん達(良くも悪くも外見が綺麗な人達)

普通に働いていては、知り合うきっかけがないのでは?
当然、僕の方から話掛ける事は、仕事の立場上ないから。
話しかけられる方が圧倒的に多いです。

なんでしょうね?ユニフォームを着てると目立つのは分かる。
けど、同じように、同僚が話しをしているか?
といえば、Noなんですよねぇー。

話し掛けられ易いという点では、
迷子になった大人に道を聞かれます。
これはもうHSPのあるあるですね。

逆に「すいませ~ん」と聞いて、
返事をしながら、振り返ったら、
自分を呼ぶ声じゃなかった時は、恥ずかしかったりします(笑)


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


民間に業務委託された公的サービスを使用しました。

9割がぶっちゃけ税金で、ってやつ。


大前提として、利用する人間が担当者を選べないと言う、

暗黙の了解の上で、成り立っているし、

僕は、それを知っている

(なぜならば、元々はそっちサイドで仕事をしていたから)


問題は、今回の担当の人が、

「次回、サービスを入れる時は、○○さんでお願いします」

って言って下さいね・・・。


これを聞いた瞬間に、

一気に、どうでもいい人のリスト入りへ


うまく表現ができないけど、

それを言ったら、終わりなんですよねぇー・・・。


だって、税金なんですもん!!!


相性がどうしても合わないから、

変更するというのは、有だと思う。


逆に、利用者が相性が良い担当者を

指名でお願いするのも、有だと思う。


けど、担当者が利用者を選ぶような流れは、何か違う


担当を外して貰う程、嫌いじゃないけど、

指名したい程、好きでもない。


違う角度からみても、

そもそも指名という物が成り立つ事自体が、

あっては、イケないんだろうなぁーと感じます。


政治家ではないけど、

庶民の血税でなりたっているサービスなので、

好きとか嫌いとか、そんな感情を持つ事が自体が、

ブレてると感じます


なぜ、サラっと流せなかったのか?

その理由も自分で分かっているから

モヤモヤが溜まってしまった。


同じ時間、仕事をするのなら、僕と関わる方が

手が掛らなくて、楽なんだろうなぁ?


って薄々は、感じていた。


※上にも書いたように、元々サービスをする側だったので、

どんな利用者が大変か?自分で分かっているから。

なので、必要以上に頼らないし、面倒を掛けていない。

(自分の中では、ですが)


要は、他の利用者で疲れていても、

俺の時は、楽な仕事だから、

「こんな感じで、いっか」

っていうのを感じ取っていた。


そこは、見て見ぬふりをしていたのに、

禁忌に触れてしまったので、

「やっぱりそうか」と確信に変わった。


更に、担当者がまた楽したいので、

指名して欲しいのでは?


俺がそう感じてしまって、

その担当者の事が少しでも良い人と思ってた分、

裏切られた感じがしたので

そこにイラ立ちがある。


もっと言うと、税金とか今は、どうでもよくて

裏切られた感じと、僕の人を見る目の無さから、

モヤモヤしてるんだろうと、自己分析。


折角、この駄文を読んで頂いている方の為に、

こんな時の僕なりの解決法を書きますね。


まず、事実だけを挙げる。



1.、サービス中、他の人より「手が掛らない」という主旨の言葉あった。


2、「次またサービスを予約する際は、○○さんでお願いします」と言って下さいと言われた。


そう、事実は、これだけ。


あとは、受け取る(感じ取る)僕の問題

もしかしたら、僕の事を本当に心配して、

次も力に成りたいから、また呼んで欲しいという意味だったかも?しれないし、


暗黙の了解(税金なので、好き嫌いは言えないという)を、

超えてまで、面倒を見たいと今回の担当者が思ったのかも?

しれない。


他には、何も考えてなくて、話が盛り上がったので、

つい言ってしまっただけかも?しれない


否定的な見方だけでなく、肯定的な見方や

僕が想像している以上に、もっと良い結果になるように、

言ってくれたのかも?しれないし、


本当の所は、その担当者さんしか分からないし、

もしかしたら、担当者さんだって、明確な理由がない言葉

だったのかもしれない。


そうすると、考えても答えが分からないし

そもそも、今回の事に答え等、最初から存在しなかった

(担当者さんがノリで言っただけとか)


って事で、

モヤモヤしてても解決方法がない

のが分かったので、


あとは、精神衛生上、悪くとらえるより、良い風にとらえる

(自分にとって都合の良い風に)方が、


⇒気持ちに余裕ができる。


⇒イライラやモヤモヤした負の感情が減る。


ってな具合に解決していきます。

(自己解決できました・・・8888)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。