自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。


テーマ:
期待されているけど、期待に応えられない。
周りの期待が大きすぎる。
自分は望んでいないけど、それは自分を思ってのことだから。
今更嫌だ、できないとは言えない。
そんなこと言ったら、役立たない人と思われて、相手を失望させてしまう。

そんな状態が続くとしんどいね。
こんなプレッシャーに縛られているのはもったいない。
自分を生きる、大チャンス。

これは、相手がコントロールしようとしているのではなく、自分が自分をコントロールしようとしている訳。
だから、自分をコントロールするのをやめれば、ああ楽チン。
期待に応える必要はないし、役立たない人と思われることもないし、失望させることもない。
自分を生きれば、過去にも未来にも縛られない、いまここだけの世界。

不安2


下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

人気ブログランキング

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 新しく進学したり、就職したりと環境が変わる春に、色々不安になることがないでしょうか。
不安は実際に何も起きていないのに、思考が不安な出来事が起きているかのように作り上げてしまって感じます。
ということは、思考から離れて、今ここに意識を戻せば不安は楽になります。
その簡単な方法に、「5-4-3-2-1法」というのを紹介します。

・目に映るものを5つ確認する。
・感じるものを4つ確認する。
・聴こえる音を3つ確認する。
・匂いを2つ確認する。
・自分の好きなところを1つ確認する。

以上の5つのステップです。

 まず目に映るもの、「木が見えます」「時計が見えます」などのように簡潔に答えます。
声に出すとより効果的ですが、周囲に人がいたりする場合は声に出さなくても大丈夫。

次に感じるもの「風を感じます」「背中が重いのを感じます」など皮膚から内側の感覚を簡潔に答えます。

次に聴こえる音「車の音が聞こえます」「空調の音が聞こえます」などのように簡潔に答えます。

次に匂い「花の匂いがします」「ペンキの匂いがします」などのように簡潔に答えます。

最後に自分の好きなところ「髪の毛がサラサラなのが好きです」などのように簡潔に答えます。

 これによって、思考から離れて、今ここを感じると、実際には不安なことが起こっていないので、穏やかになれます。
簡単ですが、効果を感じる方が結構いらっしゃるようです。
また、緊張した時、イライラした時、眠れない時にも気持ちが落ち着いてきます。
是非お試しください。

不安4


下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

人気ブログランキング

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o
AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 呼吸は私たちにとって安定感のある、ゆるぎないよりどころです。
呼吸は、私たちの心の天気(思考、感情、認識)に関係なく、信頼できる友のようにいつも私たちと一緒にいてくれます。
 過ぎ去ったことを後悔したり、深く落ち込んだり、やらなくてはいけないことに追われたり、心配ごとで心が散漫になったりしたと感じたときは、いつでも呼吸にもどって心をおだやかに落ち着けましょう。
では、鼻から出入りする息の流れに気づいてみましょう。
呼吸の働きが軽やかで、自然で、静かで、穏やかであることを感じてください。
歩いている時も、庭仕事をしている時も、パソコンを使っている時も、一日中どんな時でも、この安らかな命の根源にもどることができるのです。
こんな言葉を唱えてみましょう。

息を吸って 息を吸っていることに気づく
息を吐いて 息を吐いていることに気づく

息をコントロールする必要はありません。
ありのままの呼吸を感じとります。

 息は長いときも短いときも、深いときも浅いときもあります。
呼吸に気づく実践をしていれば、息は自然と深くゆったりとしてきます。
意識的な呼吸が心と体を一つにつなぎます。それが一瞬一瞬にマインドフルの力をもたらす秘訣なのです。

花


下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

人気ブログランキング

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o
AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 米の表皮に乳酸菌がたくさん生成されているのをご存知ですか?
これをうまく利用しない手はありません。
私のお勧めは
1.豆乳ヨーグルト
2.水素水
3.米ぬかでの漬物
これに利用する玄米は、当たり前ですが無農薬、無化学肥料のものをお勧めします。

1.豆乳ヨーグルト

 これはTGGヨーグルト(豆乳ぐるぐるヨーグルト)とかと呼ばれて、知られています。
ヨーグルトなら牛乳ではと思われる方もいると思いますが、牛乳の害の記事で何回も話しているように、体にいい食べ物としたいですね。
作り方は極簡単。
作りたい量が入る容器と成分無調整豆乳を準備。
容器と混ぜるスプーンを熱湯で消毒。(付着している悪い菌が増殖しないように)
成分無調整豆乳200mlにつき小さじ山盛り一杯の量を入れます。
そしてスプーンでぐるぐるかき混ぜます。
その後、容器に蓋をして(なければラップして)20度程度をキープできるようにします。
この温度が、夏場のように高いと乳酸菌よりも酵母が活発になってしまい、分離したりして上手くできないので注意。
1日程度で容器を傾けても動かないくらい固まってきたら、冷蔵庫で保存します。
食べるのは、そのままでもいいですが蜂蜜などかけるとお子さんでも喜んで食べるのではないでしょうか。

TGGヨーグルト

上手くできない場合は、2段階の発酵方法があります。
玄米が隠れる程度に豆乳を入れて、20度程度をキープして発酵させます。
1日程度でとろっとしてきたら、残りの豆乳を入れます。この時かき混ぜません。
20度程度をキープして6時間ほどで傾けても動かないくらい固まったら完成で、冷蔵庫で保存します。

2.水素水

水1リットルに対して、小さじ1杯分の軽く洗った玄米を入れて48時間放置するだけ。
少なくなったら水を追加するだけ。
玄米は発芽するまで(4日から6日くらい)使えます。
市販の水素水は時間による劣化がありますが、これは還元電位が低く、作りたてなので時間による劣化が少ないです。

3.米ぬかでの漬物

 これは説明するまでもありませんね。
ぬか漬けは乳酸菌たっぷりの素晴らしい食品です。


下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

人気ブログランキング

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o
いいね!(7)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 手の指先には神経が密集しているために、押しもみすることで、交感神経に傾きがちな自律神経を効果的に刺激することができ、副交感神経優位へ導くことができる訳です。
 もんでいくと、交感神経の過度の緊張を抑えることができるので、顆粒球が減少することになります。
同時に、副交感神経が優位になるために、リンパ球が増えて血液循環がよくなります。
このようなことから、手の指は内臓の働きととても深い関係があることは、古くから知られています。

爪もみの期待効果

 1.自律神経の調整効果
   5本の指すべてを押しもみすることで、交感神経が優位になりすぎたり、副交感神経が優位になりすぎたりすることはありません。体調に応じて最適な自律神経のバランスを保ちます。

 2.血行の促進効果
   自律神経のバランスが回復すると、血流がよくなります。指先は神経と共に毛細血管が集中しているので、爪もみはこれらの血管を直接的に刺激し、血液を静脈に送るポンプの役割をしてくれます。

 3.代謝アップ・毒だし効果
   体内の老廃物やストレスなどによる毒は、血流に乗って排泄器官に送られ、尿や便、汗や呼吸などによって、外に排出されます。爪もみで自律神経が整えば、血液の流れがよくなり、これらの老廃物や毒の出も良くなります。すると血液のながれも良くなり、新陳代謝も良くなります。

 4.冷え取り効果  
   からだの熱は、血流によつて全身に運ばれますので、爪もみによって血流がよくなれば、冷えたからだは温まり、体温も上がってきます。

 5.免疫力の正常化  
   免疫は白血球の働きに依存しています。白血球の働きは自律神経が調整していますので、爪もみによって自律神経が本来の働きを回復すれば、妨げられていた免疫力も復活してきます。

やり方

爪揉み1

爪揉み3

 爪もみを行う部分は、爪の生えぎわにある両角です。
薬指のは交感神経を刺激するので、以前は使わなかったのですが、最近のデータではすべての指を行った方が効果があるようです。
 爪の生えぎわの角を、反対側の手の親指と人差し指で両側からつまみ、そのまま押しもみます。
一箇所10秒~20秒ずつ刺激します。 
1日2~3回、毎日続けましょう。途中で止めてしまうと効果が出ませんので続けてやりましょう。
刺激の強さは、「少し痛いな」と感じる程度にします。
 指でなく、爪楊枝やボールペンの先などで行うとより強い刺激が加えられます。但しアザになるほど強過ぎてはいけません。

指と症状の対応

親指・・・・・アトピー、せき、ぜんそく、リウマチ、ドライマウス、円形脱毛症など

人差し指・・・潰瘍性大腸炎、クローン病、胃・十二指腸潰瘍、胃弱など

中指・・・・・耳鳴り、難聴など

小指・・・・・脳梗塞、ボケ、パーキンソン病、物忘れ、不眠、メニエル病、高血圧、糖尿病、肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、動悸、頭痛、腎臓病、頻尿、痛風、精力減退、、尿漏れ、肝炎、手足のしびれ、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、顔面神経症、自律神経失調症、不安神経症、パニック障害、うつ状態、目の病気。

血行を良くするために

爪揉み2

 手の指に加えて、足の指ももむと効果的です。
足の爪の生え際を、手の指で少し強めにつまんで、もむようにしてください。
特に体の冷えには、足は必ず行いましょう。

爪揉み4

 この図は手の爪もみを5分間行ったあとで、足の爪もみを5分間行ったあとのサーモグラフィです。
爪もみ前と比較しております。
手の爪もみ後では下半身の温度にはほとんど影響がありませんでした。
従って、手だけではなく、足の爪もみを忘れてはいけません。
大切なことは爪もみはやれば効果がでるのではありません。
効果がでるまで身体を刺激する必要があるのです。その目安は手首から肘付近の前腕部やふくらはぎ付近が温かく感じる程度まで刺激する必要があります。
もともと身体が冷えている方はかなり時間がかかります。
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。