自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。


テーマ:

 今回はゲシュタルト療法の「夢のワーク」について書きます。

 

 ゲシュタルト療法には、「夢のワーク」と呼ばれる夢を使った技法があります。

 夢というと今の心の問題と関係ないと思われるかも知れませんが、実際にはとても深い関係があります。

特に、何回も同じ見る夢、はっきりと覚えている夢、気になる嫁、などはその中には重要なヒントが隠されています。

 

 ワークは、今夢を見ている状態で行ったり、夢の一部(物や人)になったりして、夢を表現し体感していきます。

そうすると、夢には深層意識からの深いメッセージが隠されており、夢の一部になりきって、色々なことを話したり体感しているうちに、様々な気づきを得ることができます。

 「夢は自分自身の一部である」というユング夢分析理論から、このテクニックが生まれたと考えられています。

 

 例えば、嫁で犬が出てきたら、犬になりきって思いつくままに話したり体感してもらったり、また別の視点から犬を眺めて感じるままに話したり体感してもらいます。

また、感情が湧いたら、その感情もしっかりと感じてもらいます。

 

 夢は自分の一部ですから、夢について自分で思いつくままに話したり体感することで、深層意識に溜まっていた感情エネルギーに気づき、深層意識を浄化することになるのです。

また、今悩んでいることは、深層意識に答えがあり、それに気づいたりもします。

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 今回はゲシュタルト療法の「心身一如の立場」について書きます。

 

 ゲシュタルト療法は、人間は一つの総合的なまとまりであり、決して、心と体、感覚と認知、思考と感情などを別個のものとして、分離して捉えてはいけないという立場に立っています。

実際に、心と身体は、密接に関連しあっており、分離することは不可能なのです。

 

 これまでの心理学では、人間を総合的に見ると、科学的な調査方法が限られてくるために、あえて、認知だけ切り離したり、行動だけを切り離したりして研究してきました。

 しかしながら、それは、あくまでも、研究や調査がやりやすいように、便宜的に、分離しただけなのです。

本当は、やはり人間という存在を、総合的に見ていかないといけないし、人間は、部分と部分の総和以上の大きな働きを示すものです。

 

 実際に、心が病んでいますと、身体にも不調が現れます。

逆に、身体に不調があると、心も病んできます。

ストレスから来る胃潰瘍などは、その典型的なものですが、最近のスポーツ心理学の研究によりますと、心のストレスを取り除いてやると、怪我でできた傷が、何と4倍以上のスピードで回復するということも分かってきています。

いかに、心と身体が密接に関連しているかが分かると思います。

 よって、ゲシュタルト療法では、このような心と体の関連性を、しっかりと取り入れて、心身一如の立場を取っているということなのです。

 

 そして、ゲシュタルト療法では、心の病を癒すために、身体の不調にも注意を向け、

身体の不調を取り除くために、心にもアプローチしていきます。

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:

 今回はゲシュタルト療法のいまここでの真の私を感じる技法である「身体的感覚」について書きます。

 

「身体的感覚」

 

 身体の感覚(重さ、痺れ、痛み、凝り、詰まり、等)は、心と密接な関係があり、過去や未来でなくいまここで感じているということが重要なのです。

 

 例えば、胃のあたりが重いというクライエントがいた場合、胃に意識を向けて、しばらくそのままいてもらうと、ある感覚(感情)がしてきたり、胃が何か表現していると感じたりします。

 クライエントの潜在意識では、胃が痛くなる原因がすでに分かっていますから、胃からの感覚や言葉として、表面に浮かび上がらせるのです。

それが、例えば本当の自分を抑えていい人を演じていた等のクライエントの気づきになります。

 

 この気づきは、思考で考えたり、人からのアドバイスなどと違って、心からの気づきなので、行動パターンが変わったりしていきます。

 

 身体的感覚については、今ここでなければ、決して味わうことができないことなのです。

そして現在起きている問題だけでなく、小さい頃の未完の出来事による執着や価値観にもつながっていきます。

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 今回はゲシュタルト療法の特徴的技法である「エンプティ・チェア」について書きます。

 

「エンプティ・チェア」

 

 ゲシュタルト療法には、エンプティ・チェアと呼ばれる代表的な技法があます。

これは、誰も座っていない椅子、すなわち、エンプティ(空虚な)・チェア(椅子)を使った、効果的な技法です。

和室の場合は、座布団を使います。

 

 

 具体的には、どのように進めていくのかと言いますと、まずは、エンプティ・チェアに、クライエントと関わりがあり、どうしても言えなかった思いを持っている人をイメージで座ってもらいます。

 

 例えば、小さい頃お母さんに、一杯言いたいことがあったのに、お母さんが忙しくて話を聞いてもらえなかったりした過去があった場合、お母さんにエンプティ・チェアにイメージで座ってもらいます。

 このような場合、大きな心残り(未完の出来事)があるため、それが原因で、今現在の心に影響していることがあります。

 そこで、エンプティ・チェアに座ったお母さんのイメージと話をしてらうのです。

そして言えなかったことを全て伝えてもらいます。

 また必要に応じて、お母さんの椅子に座って、お母さんになったつもりでその時感じることを、クライエントの座っていた椅子(今度はこっちがエンプティ・チェア)に話してもらいます。

 

 そうしていると、今ここで、自分の気持ちを吐き出すことにより、自分がいかに母親を愛していたに気づいたり、母親が許してくれていたことに気づいたりして、引っかかっていたマイナスの感情エネルギーが解消されていきます。

 

 思考ではなく、体感として感じていくので、思いもよらない言葉や感情が出てきたりして、貴重なき気づきが得られるのです。

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 今回はゲシュタルト療法の考え方である「地と図」について書きます。

 

「地と図」

 

 ゲシュタルト療法では、意識的にどこに注意を向けるかによって、意識されずに「地」となっていた部分を、意識の前面である「図」に反転させるプロセスを重視します。

人は1つの部分(図)に注目するとき、他の部分は背景(地)となって見えなくなってしまいます。

 

 自分の体の声や感情に耳を傾け、「今ここ」で自分に何が起きているかに注意を向けます。

そして、気づきを通して、抑圧された無意識な部分を意識化させる援助をします。

 

 

 これはルビンの盃(ルビンの壺)と呼ばれている図です。

白い部分に注目すると「盃」が見え、黒い部分に注目すると「向き合った顔」が見えます。

形に見える領域を「図」、その背景となって見えるのを「地」といい、「盃」を「図」とする時、「向き合った顔」である「地」の部分は見えません。

しかし、全体像としてはそのどちらでもあります。

 

 もし、「図」に不快なことや苦痛なことばかりが存在すると、人生は、不快で苦痛なものに感じるようになりますから、「地」に回してしまうということも、場合によっては必要になります。

 例えば、子育てにおいて、子供の間違いや欠点ばかりに目が行き、「図」にマイナスの感情ばかりが存在すると、いつも不快な感情に支配されて、イライラしてしまうようになります。

そのような場合は、「図」と「地」の転換をおこなって、子供の良い点や、長所、うまくいったことなどに目をやるようにして、子供の間違いや欠点は、「地」の方に回してしまうとよいのです。

 

 また、「地」に存在する物事については、クライエントが普段は注目しておらず、背景としてしか認識していない物事ですが、実際には、「地」に押しやられた物事や感情エネルギーが、心の病を癒す糸口となることが多いです。

そこで、ゲシュタルト療法では、「図」と「地」を自由に転換できるように、クライエントの気づきを促していきます。

 

 特に、ゲシュタルト療法家は、抑圧して目を遠ざけている「地」の部分に隠れたエネルギーを非常に重要視します。

そして、心の病のほとんどが、「地」の部分に隠れたエネルギーを「図」に浮かび上がらせて、心理的な気づきを得ることで、解消するものなのです。

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。