自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。

NEW !
テーマ:

森下敬一医学博士の自然医学メールマガジンからの抜粋です。

 

真の健康長寿食とは何か
——粗食は健康と長寿に大いに役立ち、美食は命を縮める


『マクロ・ビオチカ』という本の中に「食べ物と長寿」という章があり、「粗食は健康と長寿に大いに役立ち、美食は命を縮める」とあります。
この本は医学の歴史に残る名著のひとつで、森下会長は加えて「食事は決してぜいたくに摂るべきものではない。体力を維持し健康な体で価値ある人生を送るためには、それにふさわしい食事法があってそれは粗食、少食が鉄則である。
必要以上のものを食べるということは、害作用をももたらす。
「健康で長寿を全うすることこそ、われわれ人類が天から与えられた使命……」
といわれます。

今から200年ほど前に書かれ世界的ベストセラーとなった『マクロ・ビオチカ』という本がある。

著者はフーヘランドという医学者で、医学の歴史に残る名著のひとつである。

『マクロ・ビオチカ』とは、大きな視野に立って生物全体を眺めながら、人間の長寿を考えるというほどの意味である。そして、この本の根底をつらぬいているのは、「人間は自然の法則に忠実であればあるほど、長生きが可能である」
という思想である。

自然の法則とは中庸を得ること、すなわち万事にわたって中庸を守ることが、生命を維持するための最重要条件なのである。
逆にいっさいの極端はその代償のいかんを問わず、必ず生命を短縮させる……。
こうした考え方が、『マクロ・ビオチカ』をつらぬいている根本思想なのである。

この本の中に、「食べ物と長寿」という章がある。そこには、次のように明記されている。

「粗食は健康と長寿に大いに役立ち美食は命を縮める。濃厚な食べ物、すなわち肉類などの多食は長寿の道に反する。長寿者の多くは少年時代から野菜を常食とし、肉の味を知らない人たちの中から生まれている」

<アドリアーナ博士の研究>

次にご紹介したいのは菜食を医学的立場から研究しているウィーディー・アドリ
アーナ博士である。
彼は長年の研究データにもとづき、肉食の害について次のように指摘している。

「肉食をした場合、腸の中では蛋白質が分解されて腐敗現象がおきる。
この過程で有害な酸類、例えば尿酸、硫酸、塩酸、硝酸、リン酸などが発生する。
これらの酸類は、排出されずにそのまま体内に残る。そのために血液はアチドージス(血液の酸性化)の状態となる。

血液がアチドージスになると、血液中のアルカリ物質、すなわち、各種ミネラルが血液の酸毒を消すために動員される。

ミネラルのアルカリ性と、蛋白質の分解によってできた酸とが結合して中和解毒されるわけで、血液の酸毒化がひどい程、大量のミネラルを必要とする。
特にカルシウムと鉄の消費は著しく、もしこれらのミネラルが必要なだけ十分にない場合は血液中に酸が取り残されてしまう。

そうなると、その酸がわれわれの体のいろいろな組織細胞を刺激して炎症をおこさせたり、ひどい場合は壊死をおこしたりする。

また、過剰な酸は性腺を刺激して異常な性欲をおこさせ、かえって体力を消耗させる結果になる。」

さらに、アドリアーナ博士は次のような非常に興味あることも述べている。

「人間の体に必要な蛋白質の量は、食べ物の種類によって違ってくる。
すなわち肉食をすると酸は体内で大量に発生するが、その酸の作用で体細胞機能の異常亢進や、炎症などがおこされる結果、酸の消費はどんどん進みより多くの酸を供給しなければならなくなる。
その酸の要求を満たすには、それだけ余計に蛋白質が必要となる。結局より多くの肉食をしなければならなくなるわけだ。

おそらく1日100グラム以上の蛋白質を必要とすることになり
”肉食はより多くの肉食を必要とする”
という悪循環がおこるのである。

しかし反対に野菜類などのアルカリ性食品をとるならば、それによって作られたアルカロージスの血液は、細胞中の蛋白質の消費を抑える方向に働くから、1日20グラム程度の摂取量で十分ということになる」

とにかく、人類が肉食をしたということは、あらゆる人間悪の根源である。
世相の乱れや万病の原因はもとを正せば、ほとんどすべてが誤った食生活に源があるのだということを、彼は強調している。

<長寿の基本的な条件>

日本における長寿学の権威者、東北大学名誉教授の近藤正二先生(故人)は全国各地の長寿部落、短命部落を足で調査し、結論として次のような点を指摘しておられる。

自然医学の理論と基本的に符合していることがわかろう。

・ 米(白米)の過食は早老・短命をまねく。

・ 長寿者は野菜を豊富に食べている。

・ 長寿者は小魚、大豆を十分にとっている。

・ 魚を大食して野菜不足の食生活は短命である。

・ 海藻を常食すると脳卒中が少ない。

・ 果物と酒は長寿には無関係である。

・ 長寿の男女差は食べ物のせいである。

・ 米の偏食は脳卒中のもとであり、肉、魚の偏食は心臓病のもとである。

以上のような食生活のパターンと健康長寿の相関関係は、日本だけに限らず、全世界共通のものであり、長寿国フンザでは、チャパティという挽きぐるみの粉でつくったおやきの主食と、野菜、果物が中心でありビルカバンバではとうもろこし、豆、芋が中心となっている。

<胃腸を強化する方法>

長生きをする人は、例外なく胃腸が丈夫だという事実が証明してくれている通り、胃腸を強化するということが、結局、不老長寿の根本原理につながっていくのである。

その方法をここに述べておこう。

第1番目にあげたいのは精神的な問題である。
日々、日常の行動の中で、氣分の転換をはかりながら生活をしていくことが大切である。

特に胃腸の働きは感情の変化に対して非常に敏感で、仕事に熱中していたり、緊張、動揺などしているときには胃腸の働きは完全にストップしてしまう。
逆に氣分が爽快であったり、眠っているときなどは活発に働いてくれる。胃腸というのは精神活動の変動がじかに伝わる感情の共鳴箱のようなものだ。
日曜日などは、仕事から解放されてリラックスした氣分で大自然と親しむゆとりをもっていただきたいものである。

第2番目に、適度の運動を毎日欠かさず持続させるということである。
自動車あり、電氣洗濯機あり、電氣掃除機ありの生活は、確かに便利になったかも知れないが果たしてこのことがわれわれ人類にとって、あるいは個人の健康にとって本当によいことなのかどうかを改めて考え直してみる必要がある。

機械文明の発達のおかげで、われわれは「不健康」という大きな代償をはらわされているのではなかろうか。

以前は、お産などで苦しむ人はほとんどいなかった。

それが今では、難産で苦しむ人が、がぜん多くなっていることはどうしてなのだろう。

それは食生活の間違いと合せて体の使い方の足りないことに大きな原因がある。

特に洗濯をするのに、タライを使ったあの姿勢が、今の生活から消えてしまったことは、大いに反省しなければならない。

多くの女性が悩んでいる便秘なども、運動不足と大いに関係がある。

第3番目に熟睡するということ。
不眠症に悩む人には神経質な人が多く、そういう人はみな一様に胃腸の状態が良くない。

不眠症と運動とは密接な関係があるもので、熟睡するためには十分に体を使って、適度の疲労感を味わうことが大切だ。

また、そうすることが、氣分の転換にもなり、ぐっすり眠ることができよう。

第4番目に、食生活を正すということである。
戦後、日本人の食事のパターンが急激に洋風化されたということが一億総半健康状態をひき起こす大きな原因となった。

モンスーン地帯に育った日本人は、生理の実情にふさわしい「米(玄米)を中心として、野菜、豆類、海藻、小魚をバランスよくとる食生活」に、大急ぎで戻すべきだ。

そして、それらの食物を調理してくれた人たち、あるいは材料となる物を育て、採取してくれた人たちへの感謝の氣持ちをもって、十分に咀嚼しながらいただくことである。

食事は決してぜいたくに摂るべきものではない。

体力を維持し、健康な体で価値ある人生を送るためには、それにふさわしい食事法があって、それは粗食、少食が鉄則である。
必要以上のものを食べるということは、無駄であるばかりでなく害作用をももた
らすすのだ。健康で長寿を全うすることこそ、われわれ人類が天から与えられた
使命ではなかろうか。

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 人は未知なるものを恐れています

でも あなたが、新しいものに対して心を開き、未知なるものへの恐れから未知なるものへのリラックスにシフトしたとき、あなたは 過去と恐れから自由になります。

シンクロの共振が起こり始めます。

 

 例えば 食事です。

ご飯を食べるとき、機械的に食べていたり、テレビや新聞を見ながら意識はそっちに向いていたりしています。

機械的に茶碗と箸を持つのではなく、ゆっくりと手に持ち、食べ物に意識を向け、 その匂いに気付き、味や食感に気づきながら、ゆっくりと噛みます。

雑念を挟まずに心静かに食べます。

そうすれば、食事は禅(瞑想)になり、食べ物もいつになく新鮮になります。

これは 過食、拒食の改善にもなります。

そんなの、難しいと思うかもしれませんが、意外と楽しいです。

 

 シャワーのときであれば、考え事が浮かんできたら、すぐに「ここに意識を戻し、肌に触れる水の感触などを感じます。 

掃除しているときであれば、考え事をしながら掃除するのではなく、ただ掃除することと一つになります。

そうしていると、思考にとらわれず無我状態に入ることもあります。

 

 つまり、いつも機械的にやっていることに意識を向け、気づきながら行うと、 新鮮で新しい体験が起こります。

そして、今起きていない感情(恐れ、不安など)から解放されます。

禅は、坐禅だけでなく、このような日常がとても大事です。

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神社に初詣を行ってこられた方も多いと思います。

大半の方は、「お願い」をしてきたのではないでしょうか?

「神さま、信じています!だからお願いしますね!」

 

 でもこれっておかしいですね。

信じているなら、もう「お願い」していないはずだから。

「お願い」とは、信じていない事なのだから。

「自分の信じたこと」を通そうとするのが、「お願い」なのだから。

 

「お金が入りますように」「試験に受かりますように」「病気が治りますように」

そのお願いの全てが、「私」が頑なに信じている固定観念。

だから、「神さま、信じているから、お願いします!」はおかしいですね。

 

信じるとは、「お願い」ではなく「受け入れる」こと。

 

南無阿弥陀仏という言葉を知っていると思いますが、これは阿弥陀仏に「身命を捧げます」という意味です。

つまり、何が起こっても受け入れますということです。

だから、「お願い」をする事はおかしく、「すべてを受け入れる」ということになりますね。

そうしたら、神社でのお参りは、「すべてを受け入れる」のだから「感謝」をする所になりますね。

 

これ、別に神社だけのことではなく、すべての事に当てはまります。

「感謝」は無理に思考でするものではなく、「すべてを受け入れる」と自然に湧いてくるものです。

そうしたら、固定観念がどんどん外れてきて、今が幸せな事に気づきます。

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

千島学説については、何回かこのブログに書きましたが、森下敬一博士もこの学説を提唱しています。

森下敬一博士の自然医学メールマガジンに記事がありましたので、抜粋して掲載します。

 

あなたは、千島・森下学説をご存知ですか?

千島・森下学説とは、「食、は血となり、肉となる」と実証された学説です。
故・千島喜久男博士が提唱し、森下敬一博士によって実証を重ねた理論です。
しかしこの学説は、50年以上も昔に発表されながら学界から完全黙殺されて今日に至っています。
この学説は主に3本の柱で成ります。

○ 腸管造血説

食べた物は、腸で血となり、全身をめぐって肉となる。
これが、腸管造血説です。
森下敬一博士が実証し、提唱し続けています。

しかしながら、

「血液は骨髄で出来ると教えられた」

という人が多くいるはずです。

そうです、現代医学の定説は「骨髄造血説」です。現代医学の最高権威といわれている多くの医学博士がそういっていることは確かです。
しかし森下敬一博士にいわせると、骨髄造血説をいまだに盲信している現代医学は、その出発点から間違っているというのです。
もし、これが本当であると、白血病の治療のきめ手といわれる「骨髄移植手術」は、間違っていることになってしまいます。


○ 血球可逆説

千島・森下学説の二番目の理論が血球可逆説です。

わかりやすく言うと、「肉」は「血」となり「食」となる。
つまり、体細胞は血球細胞にもどり栄養源になるということです。

例えば、山で遭難した人が、長い期間を経て奇跡的に救助されると、やせ細って降りてきます。飢餓状態で肉や脂肪などの体細胞は血球細胞に戻り、さらに、生命を養う栄養源となって消費されたからです。

すなわち、人間の身体は、危機に陥ると、生命を維持するために「肉は血となり食になる」が、そこに起きるというのです。
この説明は、極めて理路整然としており、素人にも理解しやすいですが、現代医学はこれを説明できないのです。

「体細胞が血球細胞に可逆することなどあり得ない」

という考え方に立っているからです。


○ 細胞新生説

従来の生物医学理論では、「細胞は細胞からしか生まれない」というのが一般的でした。

これに対して千島・森下学説では、「細胞は新生する」と主張します。
「細胞は有機物から形成される」というのです。

細胞は、卵白、卵黄、赤血球、食物の消化物、その他の有機物から形成されます。
これが「細胞新生説」です。

この主張は、既成医学界から「精神鑑定を要する」とまで言われましたが、1970年代に「細胞寄生説」が事実として認定されます。

これは、それまで人体細胞の一部であると思われてきたミトコンドリアが過去には、別の微生物であり、それが人体の細胞内に侵入し寄生して共存して生き続けてきたという驚愕事実です。

ダーウィンの進化論すら覆す現象というしかありません。
さらに近年、不死の微小生命体が発見されています。それはソマチッドと命名され試験管内では16段階に生態変化することも観察されています。

森下敬一博士は、宇宙の生命エネルギーが経絡に吸収されると、このソマチッドが次第に成育・増殖し、それが集合して淋巴球となり次いで赤血球を構成し、赤血球が体細胞に変化する・・という「経絡造血説」を提唱しています。
まさに、細胞新生です。だから、不食、不飲で生きている人々が現実に数多く存在することもまったく不思議ではないのです。

このように現代医学の基本「骨髄造血」をそのままにしておいては、治る病も治りません。

血液の病気「白血病」「再生不良性貧血」を決して治せないのはもとより、すべての癌・慢性病の根治は不可能です。医療費の増大を許すばかりの状況です。

一方、森下敬一博士は、50年以上前から「腸管造血説」を提唱し、その革新理論をベースとした森下自然医学による臨床活動で「癌・慢性病根治」の目覚ましい実績を積み上げています。

「腸管造血理論ベースの自然医学」を一般の方々や患者さん達に加えて、医師を始めとした医療従事者の方々に対しても広く呼び掛けることによって、現代医療を
“本来在るべき姿” に立ち戻すのと同時に、“より広範囲な発展” を図る為に、
1,000円から始まる、「医療改革プロジェクト」を立ち上げました。

http://funase.net/929/

 

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

相手のために言っているのに、分かってもらえない。

この相手は、夫(妻)、子供、嫁(姑)、上司(部下)、友人など。

 

そんな状態が続くと辛いですね。

良かれと思って相手を変えようとしても、変わらない。

でも実は、相手ではなく、自分を変えるチャンスです。

 

人の嫌な部分に反応すると、 相手にエネルギーを与える(自分のエネルギーを奪われる)ことになります。

なぜなら、「反応」は 波動共鳴だからです。

 

すると、どうして自分はこういう経験ばかりするのだろう、相手は変わってくれないのだろうと考えます。

人の 言うこと、することに対してイライラなどの反応をすると、同じような人を引き寄せるだけなのです。

 

人に反応し、エネルギーを奪われる経験を続けるのです。

相手に感情移入をする場合も同じです。

相手の痛み、感情に感情移入をし、一緒に苦しみ、問題を引き受けると、エネルギーを奪われるのです

 

現実は、すべてあなたの「思考が反映されて」おこります。

心に「モヤモヤ」を抱えていたら、モヤモヤするような出来事が起こります。

 

でも本当は、あの出来事が私をモヤモヤさせたのではなく、あの 出来事は、自分の中に 元々あった感情を表出するきっかけを与えたにすぎません。

 

あの出来事がなかったとしても、自分の中に「執着」があるならば別な出来事が引き金となり、やっぱり嫉妬したりモヤモヤすることになります。

 

そこに気づけば

「加害者」に見えてた人が
「解放のお手伝いをしてくれた人」に変わります。

あなたの人生に影響を与えているのは

「どういう経験をしたか」ではなく、

「その経験から、どういう観念ができたか」です。

 

私たちが

「問題」「制限」だと思っているものは

「問題」「制限」ではありません

 

永遠にプロセスです。

そもそも 問題そのものは「ない」のです

 

人は未知なるものを恐れています。

でも あなたが、新しいものに対して心を開き、未知なるものへの恐れから、未知なるものへのリラックス、にシフトしたとき。あなたは過去と恐れから自由になります。

 

 

 

下記人気プログランキングのクリックをしてね。ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。