廃人になりきれない

テーマ:
ついに7月になりました。
セール月間です!!・・・・・・orz
祇園祭も始まりまして京都もにぎわってます(私は大阪在住ですが・・・)


さてさて、GS3をとりあえず1周したのでまた一回りしようかと思っていたのですが、ふらりと立ち寄った本屋さんで衝動買いをしてしました(爆)

不幸になる生き方 (集英社新書)/勝間 和代
¥756
Amazon.co.jp

砂漠 (新潮文庫 い 69-5)/伊坂 幸太郎
¥780
Amazon.co.jp

白夜行 (集英社文庫)/東野 圭吾
¥1,050
Amazon.co.jp
そして、お店のBCさんがこれおもしろいよーっと言ってくれて貸してくれたのが


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)/湊 かなえ
¥650
Amazon.co.jp

おう!体が一つじゃ足りないぜ!!!(爆)
8月までにAIRもしないといけないのに!!!(え?)

しかし、私って実は伊坂幸太郎好きなんじゃないんだろうかと思ってしまった今日この頃。
またまたつい買ってしまいました。


ちなみに『告白』と『不幸になる生き方』は読破しました。

『告白』はたしかにおもしろかったです。
というか暗い、怖いという言葉に尽きるなあという感想。
一つの出来事も視点を変えるとこんなに違うんだということを考えさせられたし、なにより誰一人として『ハッピーエンド』を迎えてないこの暗さ。
人間の暗い部分を見たい方は是非(苦笑)

『不幸になる生き方』はなんとなく買ってみた感じです。残念ながら勝間さんのファンではないのでまあ興味半分ですね。
でも、なるほどなーっていう部分が多かったので良い買い物をした気分です。
幸福な生き方をしたかったら、不幸になる生き方を知ってそれを避けろという理論です。
気が向いたら彼女の他の本も読んでみようかなって思いました。

さて、次はどうしようか・・・・
GS3の続きをするか、伊坂さんを読むか、東野さんを読むか・・・・
伊坂さんの可能性が高いけどね!!!!

AD