Siyohです

音楽、スピリチュアル、パソコンその他何でも
冨山詩曜という人間の日常を書いています

ライブ・コンサート・講演などの最新情報はこちらをクリック音譜
死後の世界講座メルマガを始めました。登録はこちらで
NEW !
テーマ:

ギターソロをSiyoh、オリジナルJ-POPをシンガソングライターみななとのユニットSemana、クラシック作品の発表を冨山詩曜でやっています。またスピリチュアル関連のセミナー等も冨山詩曜でやっています。

Semanaライブ予定詳細

 

1/24(火)Siyoh

虎ノ門 イタリアン☆カメリーノ

18:00開場、18:30開演
料金:2000円(ドリンク、フード付き)

aco lifeという弾き語りの人たちが出るシリーズにギターソロで出ます。
出演決定者は、
・Siyoh
・伊藤雄希

・ミノルフォン
・見物俊幸(とっと。)
・田村JIN

 

1/29(日)冨山詩曜

日本スペインギター協会主催

ニューイヤーコンサート

珍しくクラシックのコンサートに出ます。

 

2/18(土)Siyoh

下北沢ロフト

The day of Sugerless No.5

Open 18:30 Start 19:00

3000円+1drink


菅野コータ(guest )
冨山詩曜(guest )
福成 修治
Ryutaro
ポピュラーギターソロだけのライブです。出番は1番目、30分です!

 

2/25(土)Siyoh

浅草ZINC

Open 18:15 Start 18:45

Charge: ¥2,500(+1drink)

SiyohとSemanaのツーマンです。前半は私が一人で、後半はSemanaとして、それぞれ45分ずつやります。

 

※死後の世界講座メルマガのご登録はこちらのページで

 

本のあらすじの記事

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近このブログとFBの更新ばかりですが、実は私、HPもやっています。アドレスはこちら。

http://www.spiritmusic.net

 

1997年2月に始めて現在までに124812アクセスということは、約20年間なので一日に約17アクセス。ほとんど放置といった感じの少アクセス状態で、実際滅多に更新していないのですが、それでもちょっとした人気コンテンツはあります。

 

これは当初、音楽HPとして起ち上げ、趣味程度にスピリチュアルと日本酒の話を載せていました。しかしITCを知ってからスピリチュアル部分を本格的に拡充して、日本酒コーナーは無くしたのです(このコーナーはそれなりに面白かったのですが…)。

 

ところが、そこに載っていた、そして今でも「存在してもいいかも」のコーナーに載っている情報を見て、信じられない、気持ち悪い、みたいに思う人がいました。そのため、否定派の人でもある程度納得できるようにコンテンツを分け、最終的に「弁護士の論じる死後の世界」のコンテンツも加わりました。この「弁護士の〜」には本一冊分くらいの、死後の世界があるなんて信じられないという人のためのコンテンツが入っています。

 

正直、宗教のように、根拠なく死後の世界を否定している人はどうしようもありませんが、少しでも論理的な人ならこれを読めば、人は死んでも無にならないのだと納得してもらえると思います。

 

皆さんの周りで「死ぬのが怖い」という人がいたら、まずこの「弁護士の論じる死後の世界」を、それで物足りなかったら、私の「視えない世界はこんなに役に立つ」を紹介していただけると嬉しいです!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日私の本のあらすじ(英語版)がITC Journalという研究誌に載ったと書きましたが、それを見たスウェーデンの精神科医、Nils O. Jacobsonさんからメールが来ました。この人は人間の精神をよく知るには、死後の世界に関する現象まで調べないとよく分からないということで、EVP・ITCや生まれ変わりの記憶などを研究してきています。

 

彼のサイトアドレスが書いてあったので少し見てみましたが、肝心の論文のところになると画像になっていて、自動翻訳が出来ないのが痛い(-_-;)

 

スウェーデン語、まるっきり分かりませんえーん

ちなみに彼、私の本の英訳が早く出ることを望むと言ってきました。

 

 

しかし、この本「視えない世界はこんなに役に立つ」は正直、あまり売れていません。

 

 

逆に海外の方が売れるのかも…

 

 

でも、すぐに回収できる見込みのないお金を翻訳にかけるほど裕福ではないし。

 

 

ふーショボーン

 

ちなみに日本語版あらすじはこちらです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年ヒカルランド社から出した「視えない世界はこんなに役に立つ」で一番言いたかったこと。それがこの一曲に凝縮されています(最初の1'48"はMCです)。

 

 

歌詞はこちらです音譜

 

I

 

何を悩んでいるの 難しい顔して
先の見えない 迷路にいるように
明日のことを 不安に思うより
もっと 今を大切に


起きてもいないことばかり
考えていないで
明日への一歩を踏み出そう 今

 

みんな頑張って生きて行こう
どんな辛いことも乗り越えて そう
人生の鍵を 握るのはいつもあなた


みんな自分の軸をしっかり持って
あなたの一番やりたいことを
いつも精一杯してれば 自然に
道はいつも開いてく

 

何を落ち込んでるの 情けない顔して
まるですべてが 閉ざされたように
昨日のことを 悔しく思うより
もっと 今を大切に


起きてしまったことばかり
考えていないで
確実な一歩を踏み出そう 今

 

みんな手をとって生きて行こう
どんな辛いことも乗り越えて そう
あなたはいつも 一人ではないから


たまには弱みを見せてもいいから
誰かとじっくり話してみよう
本当の自分が見えて来るまで

 

動き出そう 恐れずに
理想の未来へ!

 

みんな頑張って生きているから
どんな辛いことが起こっても そう
不安に思う 必要はないから


みんな自分の軸をしっかり持って
あなたの一番やりたいことを
いつも精一杯してれば 自然に
道はいつも開いてく

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様

 

明けましておめでとうございます。

今年も引き続きこのブログを、スピリチュアル、音楽、酒、その他と、無節操に更新していきますので、気が向いたときにお読みいただけたら嬉しいです。

 

年が明けて早々、スペインのITCリサーチャーからメールがきました。彼女が年二回発信している、「ITC(電子機器による他界との交信) Journal」という小冊子があるのですが、今回それに、私の本のサマリーが載りました。

この冊子を見ると、まだみんな世界のあちこちで頑張ってるんだなー、と思います。

 

今回、フランスでITCに関する協会を設立・運営していたモニカさんの記事が2つあります。この人も夫のジャッキーさんも、昔研究者たちとやり取りしているとき、いつもccの中に入っている人たちでした。

 

モニカさんは昨年亡くなりましたが、ジャッキーさんはそれより前に亡くなりました。当然、モニカさんは亡き夫の声を受け取ろうとしていたのですが、数ヶ月声を受けられなかったそうです。そして段々と失望感、悲しみが高まってきたある日、音楽を聞いていたら突然夫の声が聞こえました。しかもその内容は、2人にだけ意味のあることでした。

 

この後すぐ、彼女は夫の声を受け始め、友人たち全員に聞かせたところ、すべてが同じように聞き取るほど鮮明な声でした。そして今彼女は、向こう側で夫と一緒にITC研究を続けているのでしょう。

 

こんな話が載ったりする冊子が「ITC Journal」です。

 

 

※TRINITY WEBにどんどん記事を書いています。記事一覧を見るにはこちらをクリック。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。