イギリス聖地とパリのマドモアゼル・ルノルマンで5次元ライフ!

シンクロを起こす5次元ライフは、ルノルマンカードリーディングとイギリス聖地ツアーから!


テーマ:

リブログのリブログです!

 

ロンドンで面白い生活をしていた商人脳の店主が

 

いいよ~これ

読んでみてね~

 

と…

 

ご紹介くださっています。

 

 

商人脳ってなんだか、すごい…

 

ほしい

そういう脳・・・

 

と、横道にそれ過ぎ、それ好き!

 

わくわくしてきました~

 

神戸、京都でルノルマン三昧の日々を送っていますが

もうじき、津に移動、名古屋、大阪へとまわります。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一つ前に書いた記事で紹介したブログです~♫

ちょっと、恥ずかしい。むずっとする感覚ですが

嬉しいです。ありがとう 骨スピさん!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

出版の日を控えて、なんとなく腰が落ち着かないけれど

ほっとしている毎日です…

 

と、書きたいのですが、嘘です。

 

(笑)

 

只今、神戸に滞在し、関西でルノルマンスクールのリーディング方法をお勉強してきたかたたちに、

いよいよ、上級講習の講師レベルへと移行していただくための講座や

この春から講習会を開いていきたいと考えていらっしゃる熱いルノルマン・ファンのリーダーの方たちに向けて

 

 

 

集中講座の日々

 

を、送っています。

 

おっと、文字がピンクのままだ…

 

でも、結構可愛いのでこのままにしておこう~っと。

 

ルノルマンスクールでは、1枚引き、3枚引きを基礎とし

9枚引き、36枚グランタブローを中級とし

進化系ルノルマンというニックネームのついたスポンテニアスでシンクロ率の高いスプレッド

 

↓こんな感じ~の上級と

 

 

 

これらを教える講師になるための講習を行っていますが

その他に、

ルノルマン双六という、ゲームを楽しみながら、今の自分の迷走状態fがわかったり

パターンが理解できる、面白くてエキサイティングな「ワーク・アウト」の方法や

この今月22日からはじまる、ルノルマン・ピケ・ボックス・クリエイションコース等

お茶会+α―の楽しいイベントも、あちらこちらで催しています。

 

 

もちろん

 

基本はリーディングセッションですが

自分で読めるようにしてしまうことが

なによりも、便利と考える人向きかもしれませんね。

 

とにかく

 

リーディングセッションを受けたいと言う方と

リーディングセッションをしてあげたいと言う方は、

根本的に、志向性が違うのか…

 

してあげたい!

という方は、ポジティブで依存の傾向が少ないな~と、思ったりします。

 

 

だから

 

講習会に来る方たちは

みなさん、どこか探求の徒でもあり、前身の徒です。

 

ハンサム大人女子って感じかな?

 

骨太ですね。

 

そうそう、新潟の骨スピの智子さんが、ルノルマン・ピケの出版について

ブログを書いてくださっていたんだ!!!

 

 

嬉しいですね・・・

しんみりと

 

 

(笑)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月9日に出版される拙著「ルノルマン・ピケ」がAmazonで予約開始をはじめました。

 

Amazonはこちらです。

https://goo.gl/XTcm6i

 

現在に時点で、私にできる限りの努力をした感がありますが

出版社の方たちの、努力の度合いもすばらしく

 

本当に頭が下がる思いでいます。

 

素敵な本のサックの表紙ができあがりました!

 

更に、この本の裏に素敵な肖像も載っています。

こちらは、美術館に著作権についてしぶとく連絡をとってくださって

出版社の社長に、心から感謝しています。

 

きっと、マドモアゼル ルノルマンも喜んでいることと思います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:

今日は、建国記念日ですね。


この日は、日本書紀に出て来る初代天皇 神武天皇が即位された日として
1873年に祝日とされた日のことです。
紀元節という名称で呼ばれていたのが廃止され、建国記念日になったのですが
その背後には、日本書紀の内容が、現実離れしているという理由がり
証明できない事柄なので、一応、そういうことにしようか…
という、まあ、緩く語ればそういった理由があるとのことです。

来年は今上天皇の生前退位の年で、
皇太子の誕生日の2月を過ぎてから、天皇に即位するということなので
天皇誕生日として祝う日がないとされていますが

2月11日の神武天皇の即位の日や
昭和天皇の誕生日だった日をみどりの日として制定したり
明治天皇の誕生日を文化の日とするなど
天皇陛下に関係する日は、いろいろあります。

ただ

なんとなく
今上天皇の誕生日がない年というのは
おいしいけれど、イチゴの数が少ないショートケーキのような
と言えば、失礼な言い方になるかと思いますが

なんとなく
イチゴはどこ?

みたいな…

(笑)

中に入ってますよ。

いえ、そうじゃなくて上にのってるのが、なんか少ない感じが…

???

という、雰囲気があります。


唐突ですが、ルノルマン占いで知られるマドモアゼル ルノルマンは
ロイヤリストだったそうですが
ルノルマンの研究をするうちに、
私にも、その傾向がうつってしまったのでしょうか?

とにかく
そういったわけで、今日は2・11
カバラの表記としては11・2の日ですから
カバラの数秘術的なゲートを意味する日でもあり
更に、今年2018年は11/2 というゲートの日でもあるので
なんとなく
2重のゲートがドーンと開く日のような感じを受けます。

ということで

本日まで特別ルノルマン・セッションを行って来ましたが
沢山のお申込みありがとうございました!

いろんな意味で国際的、異次元的なセッションができて
大変よい経験をさせていただきました!

ありがとうございます!

明日から、関西に向けて移動します!

_________________________☆_
。   + ☆   ★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

★    すべての人は成功している!

____________________________

前回のお話しの続きになりますが

「ある」と「ない」を共存させていると矛盾が生まれるという構造
そこには、何があるかをちょっと書くことにします。

ここには3つの成功があるのです。

「ある」という現実を創る成功
「ない」という現実を創る成功
「ある」と「ない」の双方が混在した矛盾した現実を創る成功

この3つです。
「お金がある」という現実を創造することに成功する。
「しみ、そばかすがない」という現実を創造することに成功する。

これ、どちらも成功ですね。

「借金がある」という現実を創造することに成功する。
「お金がない」という現実を創造することに成功する。

この、どちらも成功ですね。

現実創造するという点でどちらも成功です。

そして、複雑な
「ある」と「ない」のどちらも同時にある現実、同時にない現実を
創造したとき、
人は、混乱して、成功したと思えなくなるようですが

実際は、そういう現実創造をしたという点で成功しています。

ということで
こういう現実創造の成功をしているということに
目を向けると

なんだ


全部自分の思考なのね?

と、再認識できるのではないかと思うのです。

そして

自分が現実の創造主か…

と。


(笑)

今日11の2の起源説(とは言わないか紀元節でもなく建国記念日ですね)に、こんなことを考えてみました。


_________________________☆_
。   + ☆   ★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

★『ブルームーン・セレモニーNO.2&3』

____________________________

次回は、
『ブルームーン・セレモニーNO.2』~願いの泉と魔法の鏡~
3月2日

『ブルームーン・セレモニーNO.3』~願いの泉と魔法の鏡~
3月31日

予約受付中   https://goo.gl/TfBx7y

■日時 2018年3月2日&31日 7時~11時

■場所 東京 北参道アートヴィレッジ

■ブルームーン・セレモニー・ディナー/ソムリエの選ぶワインと※モクテル

■ブルームーン・フォーチュン・スイーツ

■ワンドマスターによる願いを叶える泉と魔法の鏡のトーク
(通訳;JUJU)+鏡とワンドの使い方レクチャー

■参加費 1万円+消費税

/////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。