民主党の生方幸夫副幹事長は24日朝、副幹事長職の解任方針を一転させた執行部に対し「幹部を批判したから辞めさせるという判断自体が間違いだったのだから、間違えた判断をした人が国民に『迷惑をかけて申し訳ない』と言わなければならない」と述べ、国民に謝罪すべきだとの考えを示した。都内で記者団の質問に答えた。

 その上で「元のさやに戻ったからよいではないかということには絶対ならない。なぜこんなことになったのか、反省がないとダメだ」と強調した。

 高嶋良充筆頭副幹事長が小沢一郎幹事長の意向を忖度(そんたく)して生方氏の解任を当初決めたとの見方には「小沢氏はもっと自分の考えをしゃべらなければならない。間違えて忖度したのであれば、(小沢氏は)『私はそんなことを思っていない』と言わないと訳が分からない」と述べた。

【関連記事】
生方氏の解任撤回 小沢氏も支持率低下、世論の批判にたえられず
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」
民主の生方氏解任撤回は「茶番」 自民・大島氏
生方氏の解任撤回 小沢氏「職務に全力を挙げてくれと…」
生方氏が小沢氏に要望 「倫理委員会開催を」
20年後、日本はありますか?

<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
子どもの心の診療提供、医療計画に「記述あり」は2割弱(医療介護CBニュース)
公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談-橋下知事(時事通信)
「初めて知った」鉢呂議員、訂正検討 虚偽記載認める(産経新聞)
ツイッター界、ニセ首相騒動も…認証追いつかず(読売新聞)
AD