1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-03-11 08:00:00

一年が経ちました

テーマ:祈り
一年が経ちました。先日、鹿児島のお医者さんの堂園先生から詩を送っていただきました。
辛い気持ちは、とことん、味わい続けることが大切です。どんな気持ちにも慈しみを注ぎ続けると、生きて行く意欲が湧いてきます。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「いつか ある日」 堂園晴彦

私の大切な人は 皆
水平線の向こうへ行ってしまった


みんな 生き続けて欲しいと言うけれど
私にはもうかすかな力しか残っていない


何故生き続けなければいけないかしら?
私には分からない

私は一人ぼっち

「がんばって! 前を向いて!・・・」

みんなが応援してくれている
でもテレビ、ラジオ、新聞、週刊誌を見られない
私がいる

愛する人の写真もまだ見られない

お願いだから
もう少しそっとして下さい

たぶん私は大丈夫だから
もう少し見守っていて下さい

きっといつか笑顔が戻るから


水平線の向こうへ行った人を悲しむ人が
この世からいなくなったら
向こうの人は悲しむだろうから

水平線の向こうへ行ってしまった
人の悲しみの分まで
私はこの地で悲しんでこそ
向こうから勇気をもらって
強く生きていけそうな気が
やっとしてきています


雨の日の次は 晴れの日
冬の日の次は 春の日
悲しみの次は 優しさが
いつか ある日
芽生えてくるでしょう
ーーーーーーーーーーーーー

この詩の続きを創りました。今日から始まる新しい日々、
「 宇宙は完璧」と繰り返してください。あなたの中で、
あなたのまわりで、何かが大きくよく変わって行きます。
ーーーーーーーーーーーーー

「 宇宙は完璧」

水平線のもっと向こうから
水平線の遥か彼方から
明るい光が あなたに届く

あなたの心に しなやかに響く優しさ
あなたの大切な人からのメッセージ
あなたを包む大きな力

水平線の彼方の 光の世界に 逝った人は
愛するこの世の人たちに
助けと勇気 導きと慰めを送り続けている
あなたの心が 豊かになるように
喜びのうちに 今日一日を生きるようにと

大切な人への 最大の供養は
あなたの微笑み あなたの明るさ
辛くても 悲しくても
一歩一歩 のりこえて行く 凛々しさ
自分に優しく接する ひろいこころ

宇宙は 完璧
みんな ひとつに つながり
愛のいのちを 分かち合っている
永遠の命を 共に 生きている

宇宙は 完璧
人はそれぞれ みな完璧
あなたも私も完璧
すべてのものが
完璧なはからいのうちに
生かされている
宇宙は 完璧



鈴木秀子 
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2011-04-08 08:00:00

不公平感を超えて

テーマ:祈り
季節が廻り、時間の変化と共に、私たちの内面も変化していきます。いのちが助かったことへの感謝で過ぎた日々ののちに、厳しい現実に目が開かれていきます。この時期は、誰にとっても大変な時期です。被災された方々は、無我夢中で生きてきてふっと我に帰ると、今までどおりの生活を続けている人がいることに気づきます。自分は何も悪いことをしていないのに、こんな目にあってという思いが沸き起こってきます。停電があると、通りの向こうには明るいのに、こちら側だけというやりきれなさを味わいます。こうした不公平感が、現実を受け入れようとするとき、私たちの心をさいなみます。
そうした気持ちが湧き起こるのは、人間として止むを得ないことです。安全圏にいた人は、そういった気持ちを抱く人の心の痛みを理解し、できるだけ寄り添い、その痛みが癒えるのを静かに耐えて待つ必要があります。自分の代わりに痛みを担ってくれている人たちに感謝しながら、自分の置かれた場で自分のすることに心を込め、人と人をつなぐような温かい思いを込めて、今日も生きましょう。

祈り

あわれみ深い神さま、あなたはどんな時にも私たちから離れることなく、喜びや悲しみを共にしてくださいます。今回の大震災によって苦しむ人々のために、あなたの助けと励ましを与えてください。私たちもその人たちのために犠牲をささげ、祈り続けます。そして、一日も早く、安心して暮らせる日々が来ますように。また、この震災で亡くなられたすべての人々が、あなたのもとで安らかに憩うことができますように。母であるマリアさま、どうか私たちのためにお祈りください。
主キリストによって。アーメン。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-04-07 09:00:00

「気持ちよい」

テーマ:祈り
季節が移り変わるとき、意識しなくても人は何となく不安になると言われます。周りに異動があったり、入学式があったり、多くの変化が起こっています。例えよいことであっても、変化は心に動揺をもたらします。この大震災のあとに、多くの人たちが不安を感じているのは当然のことです。そして不安は、ときには長い時間をかけて、自然におさまるのを待つしかない場合が多いです。余震が間遠になってきた今日この頃、私たちも自分の内面を感じとってみましょう。
不安があることを当たり前と受け止め、不安を消そうとするのではなく、少しでも自分が「気持ちよい」と感ずる状態に、自分を持っていきましょう。「気持ちよい」という感覚には、さわやかさと、他の人と温かくつながっているという感覚が伴います。

祈り
一人ひとりに対する神様の慈しみと愛は、常に変わることなく私たちを包んでいます。実感できなくても、私たちに注がれる神様の愛を信ずる力を与えてください。
そして不安の真っ只中にいても、神様の慈しみを信ずることで、ぶれないように助けてください。何も理解できない幼な子が、母の腕に抱かれるとき、安心が体中に広がるように、私たちにも無心の信頼で心を満たしてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。