しおんの勉強部屋

神さまからもらった、生きる時間を大切にしたい。
人間といのち、未来について考える、資料のお部屋です。


テーマ:

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

台風直前。
 

尖閣諸島の中国漁船(に見せかけた、軍人の船とも言われているけど)の、
日本の海上保安庁の船へのめちゃくちゃな衝突事件で、民主党政権は、

「船長を釈放したのは、地検の独断でした」

と、当時、言い張っていましたが、さきごろ、

「実は官邸の意志でおこなわれてました」

と、判明し、新聞に載りました。
(でも、テレビではほとんど流れなかったよね?官房機密費から隠蔽料を貰っているのかしら?)

尖閣諸島の中国船事件にみるように、残念ながら、こういった、
「意図的な」「相手国側からの」”はたらきかけ”によっても、
「軍事衝突」⇒戦争へ、という流れが、起こってしまうことがあります。
(・・っていうか、そうやって、虎視眈々と衝突するタイミングを狙い、
周辺国を盗ろうとしてきたのが、人類の歴史です)

今、中国が、海洋での覇権にかんして、強気で、暴力的な思想・手段に出つつあります。

2005年には、中国の人民解放軍のトップが、
「10年以内に日本を核攻撃する」という、物騒なことを高らかに言いましたが、
(※参考:◆風林火山「中国 十年以内に日本を核攻撃」
東日本大震災後の、日本に対する軍事的圧力のかつてない、異常な過熱ぶりを見ると、
彼らのなかで、何が計画され、どうしたいと望んでいるのか、
その動きと発言を注視し、気をつけていかなければならない、と思います。

中国をめぐる、緊迫した日本の周辺の事情は、不思議と、テレビに流れることがありません。

これから、注目していかなければいけない、と思った、
テレビではなぜか、取り上げられない、日本にとっては見逃せない、
中国の、海をめぐるごく最近の暴挙や、主張などにかんする記事を、下にまとめていきます。

まずは、1つ・・・



これも見逃せません、中国側の主張の部分に注目を。

◆「軍事衝突近づいている」 中国紙社説 2011/10/27 08:37更新

>中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は26日までに、韓国やフィリピンが中国漁船を拿捕したことを踏まえ「東アジアの海上は軍事衝突が近づいている」との社説を掲載した。

 社説は、領有権争いを棚上げし、共同開発するという中国の提案を関係諸国が受け入れず、米国を後ろ盾に中国を屈服させようとしていると分析。国内世論の状況から「面倒が伴うが、反撃に出ざるを得ない」と武力行使の可能性を指摘した。


あまり、ニュースになりませんが、日本の海上保安庁は日々、不法操業と戦っています。
韓国は、不法操業はきっちり拿捕して、中国から釈放のお金を取っているそうです。
日本が同じコトをしたら、中国に、ギャーギャー、騒がれる? 
うーん、でも、弱気は誤ったメッセージを伝えますよね・・それが国際感覚だと思います。
国際感覚的には、この韓国の対応が「普通」かなと思います。
海上保安庁の方々の身の安全のため、法的整備をきちんとして欲しいです。

◆不法操業の中国漁船拿捕 韓国、抵抗の船員拘束 2011/10/23

>韓国海洋警察当局は23日、同国南西部の全羅南道・可居島西方約30キロの排他的経済水域(EEZ)内で22日、不法操業していた中国漁船(30トン級)3隻を拿捕し、漁船員31人を拘束して取り調べていると明らかにした。聯合ニュースが伝えた。

海洋警察は、漁船員がスコップや棒を振り回して激しく抵抗したためヘリコプターで催涙剤を散布するなどして制圧。暴力行為を働いた漁船員については公務執行妨害容疑などで立件する方針という。

 同ニュースによると、現場付近で警戒中だった海洋警察のヘリが操業許可の表示板を付けていない3隻を発見。3隻は互いに船体を連結した上で、漁船員が警備艇の接近を妨害したため、催涙剤のほか閃光弾なども使用した。(共同)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

しおんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。