SIROのTERRITORIO from TEAM JOKER

IMAKATSU・KALEIDO・REVO大好きな俺、参上!!


テーマ:

今日はTRYOUT さんより約一ヶ月モニターをさせていただきましたガイア さんの製品ウェイクマンの感想を。
SIROのTERRITORIO from TEAM JOKER

モニター期間が梅雨の時期だったので、これはいける!と思っていたんですが、土日になると大雨と濁りで桂川では釣りにならない状況が多く、やっとの思いで出撃してもミルクティー色の水路での釣りになってしまったりと厳しかったです。 ナマズにも効くんじゃないか?と思っていましたがバス同様に結果を残すことができませんでしたガーン 力不足です。


琵琶湖・淀川で濁った時もその高いラトル音を活かして魚を捕れないかと試みましたがダメでしたあせる 本当に残念です。


言い訳になりますが、あまりに悪天候で氾濫した後での出撃が多かったので仕方ない部分もあります。もうちょっと良い条件(日ごろのあたり前の状況)で釣りがしたかったのですが、自分なりの使用感と印象を。



①カラーとサウンド

水面系もしくは水面直下のクランクはノンラトルも多い中、強烈なサウンドです。ナイト釣行ではかなり重要なとこです。

しかし最終的にはあの波動なら桂川ではノンラトルでいいと正直思いました。デカイ奴ほど賢く・ラトル音を1発で覚えられ、逃げられたことも。

今回のカラーでブルーギルカラーは明らかに高音のラトル音。

チャートブルーバックとクロキンは同じブルーギルカラーに比べて低めのラトル音でした。ブルーギルカラーは特にアピール力抜群ですがちょっと強すぎたかなと。 モニター期間後半は少し抑え目のサウンド・クロキンをメインに使いました。 濁りの強かった琵琶湖の水路ではチャートブルーバックを使用していました。
SIROのTERRITORIO from TEAM JOKER

②波動

すぐに思いました。バズベイトを引いてるような感覚だと。

あれだけ、よく動く水面波動は素晴らしいです。だからこそノンラトルを出して欲しいとも強く思いました。ミルクティー状態で底が見えない水路での使用もあの波動なら信じて投げられますね。それに、しっかりステイした後にあの波動で泳ぎだすのは野池等オーバーハングの多い場所で特に楽しめそうな感じです。桂川のように浅くて流れの強い場所より野池の方が圧倒的に長所を活かせるように思います。


③桂川での使用感

カバーが非常に少なく、オーバーハングが無いに等しい桂川下流域では水面系での勝負は難しいものです。しかしワンド内ではきっと釣れると思いました。状況が悪く、1度もボイルに遭遇するような事がなかったのですがボイル撃ちでスイッチの入ってる奴にあの音は良さそうです。

流れのある場所についてはフロロの14ポンド使用でもしっかりと泳いでくれるウェイクマン、頼りになります。

ただ、ナイロン10ポンドを使った時にフックに多少ラインが絡まりやすいのが気になりました。チャンスの時にラインがフックに絡んでしまうのは致命的だったりするので。



④琵琶湖で使うとしたら

僕は水路等の小場所がいいと思いました。ボートなら話は別です。水面近くまで伸びてるウィードやアシのある場所で使うと面白そう。

おかっぱりに関しては特に大遠投したい琵琶湖ではちょっと飛距離が物足りないかもですね。


⑤これから使いたい状況

ウェイクマンの良いところはアピール力。濁っている状況や夜釣り、野池で使いたいと思います。今回は結果が出ていませんが、本当に桂川で水面系ルアーで釣るのはタイミングが難しいことです。今後も使い続けてこのブログで結果を載せたいと思います。きっと野池や小規模の水路等では活躍すると思います。


SIROのTERRITORIO from TEAM JOKER

モニター期間中、西日本は大雨ばかりだったので本当に悔しいです。

いつもは減水気味の桂川で雨が降り出すタイミングを水面系で!ってパターンができたのに。必ず結果を出せるように引き続き使っていきます。


素人な私にモニター参加の声をかけてくださったTRYOUTさん、そして商品を提供してくださったGAEAさん、ありがとうございました。本当に良い経験をさせてもらいました。また機会があれば宜しくお願い致します。


それではパー





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

☆SIRO☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ルアー」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。