Keiのエンジョイライフ

人生を 明るく楽しく過ごせたらと
思い、日々の暮らしの中で新しい
発見をする為 綴っております。

歴史、カフェ、猫、B級スポット等
を中心に 暇を見つけてはお出掛けして
おります…。

どうぞ、
お気軽にお立ち寄り下さい(^o^)/


テーマ:






京都市上京区にございます



{54AB676F-A784-4B4D-BCF1-3D8B391D207C}


叡昌山 本法寺(ほんぽうじ)さん


ここは あの


元祖 マルチアーティスト


本阿弥 光悦(ほんあみ こうえつ)


が 親子にわたって菩提寺とした


日蓮宗の寺院


{DC4BBB2B-3AFE-44C2-8731-1923FC808EB1}


本阿弥光悦

安土桃山時代から江戸初期まで
活躍した 芸術家
元々は刀剣の鑑定や研磨などを
生業としておりましたが
類い稀ない センスを発揮され
書家、陶芸、茶の湯の世界で
活躍した 美術工芸家。



本堂の前には


{A0A98A20-9DB4-4F8D-9EBE-947BB4B975E3}


自ら植えた 松の木が…


そのすぐそばには


{85FF725B-033E-4420-BDB9-C7F4D9ED926E}


左手に 筆を持つ


これまた この時代を代表する


画人


長谷川 等伯(はせがわ とうはく)


その当時 京都の障屏画(襖絵)は
狩野派が主流となっておりましたが
長谷川等伯が台頭し その勢力図を
脅かすこととなっていきます。





そして 何と言っても


{DA7E1472-4306-4584-BD98-1FD6F044EBE7}


ここの 桜🌸の木は


あのNHK BSドラマ


京都人の密かな愉しみでも


{20A787C0-3B7C-4CCD-ABD9-304D950C40FA}


大事な 場面で使用されて


おりましたね ヽ(*´∀`)




それでは

{7346F1A2-70FB-4F65-85F0-51285E95FA7B}


寺宝となる


等伯の 涅槃図と


光悦の お庭を拝見させて頂きに


{61DB90EE-4E23-4731-8545-C532FDD2BFA9}


先ずは


{80B869E3-2EE5-48E8-BD05-DA27E7E65365}

十の庭 (つなしのにわ)


庭に置かれた 石の数が


九つしかないのに 十の庭 ??


{BFCD2137-DC17-4454-BEDE-D2FDB3CC4D4B}


見る方の 心にもう一つの


石(意志)が存在することから


名付けられております。


つなしとは 数字の数え方で
ひとつ、ふたつ…ここのつ と
十(とう)だけ つが付かないところから
由来される様です(o^^o)



そして 等伯さんが


息子の死を 悼む為に描いたと


いわれております


{04670974-FE02-41D9-A833-6C4D36BCF4F7}
(撮影不可の為 お借りしました)

大涅槃図 (だいねはんず)




これだけでは 解り辛いですが


実物(この日はレプリカ)は


なんと …


縦が 約10


横   約 M にも及ぶ 大傑作!!


吹き抜けの建物の中で


ご覧頂けます!!!!





そして 最後は


{513DCB26-84FA-46A2-9D43-FCF4B46D6A52}


光悦 自らの手で作庭した


と言われる



巴の庭(ともえのにわ)


{7E1F80B5-8C91-4B32-83DA-25B2653F5468}


すでに 紅葉の時期は


終わっておりましたが…


{E3AE44D3-87DF-499F-83EB-4F4DC3BFBD17}


三尊石組の枯瀧も


縦模様の青石も とても良い感じ!


解りにくい 巴も形も


{86C24829-0AED-4564-806A-54EB196BDBF1}


江戸時代に描かれた


案内図で 一目瞭然です(o^^o)




{801B0883-96EC-479F-B878-CE5B7F7CFC7A}





この日は 日曜日のお昼でしたが


気がつけば 僕一人 …




{3CE4B404-6380-40DD-8329-CAC24CD9E9E9}





なんだか とても


贅沢な時間を


貰えました (´∀`=)





{FFE94CA6-2CB2-4139-9C27-E0FB6FFA8B1C}








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。