1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-11 19:13:46

大原焼と民芸運動

テーマ:ブログ
里庄町図書館で、里庄町文化協会・事務局長の佐藤健治氏を紹介して頂きました。
佐藤氏にお目に掛かると、「自分よりも大原焼について語る事の出来る方の処へご一緒いたしましょう。」と小野康郎氏宅にお連れ戴きました。
小野氏は僅かに残る大原焼陶工の一人です。
折しも大原焼の「羽釜」を制作していました。
テレビで電気炊飯ジャーのCMで「羽釜で焚いた美味しいご飯のよう‥‥」と謳っていた羽釜とはこれだな!と嬉しくなりました。
人は便利さと引き換えに何かを無くし文化は変遷して行くのだなと感じました。
小野さんはにこやかにお話しして頂きましたが、「ええもんが残るためには、あんたらみたいな道具屋さんが頑張ってもらわにゃならんでェ~。」と語られ「はい。」と答えました。
里庄町が制作した書籍「大原焼」もお見せいただきました。
昭和28年(1953年)に柳宗悦・バーナードリーチ・濱田庄司・河井寛次郎が来窯と記されていました。
その折に大原焼陶工を交えて座談会がもたれたと記録されています。
座談会の後に、「話はよいが、ついて行けない。」(大原焼陶工・小野正光氏)との意見も有ったようです。
時代と生活様式の急激な変化に大原焼は市場から姿を消して行きました。
そのような状況の中でも、このたび僕が目にした大原焼風呂釜のように心に残るものが在ります。
それを次代に伝えて行くのは、我々道具屋しかないと想いました。

▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-10 12:53:15

大原焼 里庄町歴史民俗資料館

テーマ:ブログ
 
大原焼の風呂釜を詳しく調査する為に里庄町歴史民俗資料館に行きました。
入館と同時に目に飛び込んできたのが大原焼の風呂釜でした。
大興奮です。スマホで写真を撮らせていただきました。
ガラスケースに入っていたので、光が反射していますがほぼ同じ形の風呂釜です。
かつて、大原焼を制作していた長老にお聞きしましたところ「大原焼は主に日常の生活雑器(焙烙・火消壺・ご飯を炊く羽釜・台所のくど)などを制作し茶道具は稀にしか造られてい無い。」と語られました。
愈々貴重な作品である事が判明しました。
大原焼は里庄町里見の大原地区で焼かれていた焼き物です。最盛期には備前焼の1.5倍の規模で広く他の地域にもシェアを持つ産業でした。
現在ではその名を知る人も少ない状況です。この度は大原焼の風呂釜をきっかけにちょっとタイムトラベルして来ました。
解らないことが解った時の充実感は嬉しいものです。
館内を拝見すると遠い記憶に母が使っていたような生活用具を展示していました。
里庄町歴史民俗資料館は第一日曜日・第三日曜日に開館しています。

▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-09 16:40:36

大原焼の風呂釜

テーマ:ブログ

土で造った風呂釜に出会いました。
これはもしかしたら大原焼ではないかと閃きました。
そんな時にタイムリーにケーブルテレビ「笠岡放送」でお隣の町で「大原焼プロジェクト」の紹介をしていました。
なんというグットタイミング!
早速、翌日に会場の里庄町図書館に行きました。
予感は的中!
同じ風呂釜は展示されていませんでしたが、パネルに同類の風呂釜の作品写真が掲示されていました。
閃きが啓示であったことにワクワクしました。

▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-17 10:44:01

まるで鉄人28号!

テーマ:ブログ

 

我が家は山陽本線に面していますので、時折珍しい列車に出会います。
ここ数日の午前中に全身真黒の列車が停車しています。
その面構えは少年時代に見た漫画の「鉄人28号」を彷彿します。
ちょっと怖いです。


▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-15 17:13:44

「絵手紙の父 清水比庵展」横浜 大盛況

テーマ:ブログ

 

 

1月8日(日)・9日(祝)横浜で開催された「絵手紙の父 清水比庵展」は大盛況でした。
会場で準備したアンケートには、
「素晴らしい。富士山の絵に感動した。」
「もっと長い期間に展示して欲しかった。」
「果物の絵が可愛らしい。」などと記されていました。
来場者は60歳代・70歳代・80歳代が多く、家族でお越しの若い夫婦も見られました。
遠く、つくば市から清水固氏の講演を聴くためにおいでの方もいらっしゃいました。
講演会は定員30名の予定でしたが75名がお集まりになり、補助椅子の追加に追われました。
皆さま、新春の一日を比庵芸術を親しんでいました。


▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>