2017-01-02 11:24:34

角偉三郎さんの合鹿椀 正月お雑煮

テーマ:ブログ

 

もう10年以上前の冬の事です。
森陶岳先生のお宅でお話ししていましたら、「ちょと岡山市内まで運転手をしてください。」とお申し出でした。
着いたところは、陶岳先生と交流のあった角偉三郎先生の個展会場でした。
考え方・体形・風貌 その全てに同じ男性が二人で話しているような印象でした。
その折に、合鹿椀を五つ頂戴しました。
それから我が家では合鹿椀でお正月に雑煮を頂いて新しい一年の健康と無事を祈ります。
孫の代になっても同じことをしているでしょう。
その頃に、角偉三郎作合鹿椀はどのように育っていることか。
きっと深い風合いを醸し出しているだろうと想います。

 

用と美を融合して、時と共に生きている器です。

 

▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿