2016-02-03 19:56:26

森陶岳 大窯 大甕

テーマ:ブログ



岡山シティミュージアムで2月2日から開催されている「森陶岳大窯展」の会場には高さ156㎝の五石大甕が展示されています。
会場で地元の放送局のアナウンサーが、「どうしてこんな大きな甕を焼かれたのですか?」と質問していました。
森陶岳先生は「窯が温度を蓄えて窯の温度が徐々に上がって行く為には、このような大きな甕が必要なのです。」と答えていました。
古備前の名品が造られたのと同じような条件のもとで、自分だけにしか出来ないものを造ってみたいと云う半世紀の夢を実現した作品群が展示されています。
陶岳先生は170㎝、僕は180㎝ 五石大甕と記念写真を撮りました。

▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿