2015-07-28 17:03:07

森陶岳85m巨大新大窯の窯出(2)

テーマ:ブログ


世界のホームラン王・王貞治さんは自分の打球が外野席に入って行くイメージでバットスイングを繰り返していたでしょう。ヒットの延長に本塁打があるとは考えていなかったと想います。

森陶岳先生は「小窯の延長に大窯が在るのではない。小さい窯と大きな窯では焚き方だけでなく、全てが異なるのです。」とお話になったことがあります。

85m新大窯は全てにおいて新しい事ばかりです。

備前焼だけではなく多くの窯では焚口を封じるのには耐火煉瓦を使います。

85m新大窯では森陶岳一門で構想を練り制作した耐火コンクリートによるブロックで封じていました。

屈強な男性四人でやっと動く重さです。窯出ではフォークリフトで外しました。

一門の一人・末廣学さんが絶妙の操作でスマートに撤去しました。

末廣さんだけでなく一門の皆さんは顔付きも体付きも大窯計画の当初から随分と変わって来ました。

▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿