2015-04-08 20:05:35

学園広場

テーマ:ブログ

京都・祇園の馴染みのスナックで寛ぎました

久しぶりに「美しい十代」を唄いました。近くにいた70歳ぐらいの方が、遠慮がちに「リクエストしてもいいですか。」と声をお掛けになりました。

「はい。どうぞ」と申し上げると、「舟木一夫が唄った学園広場をお願いしたいのですが、よろしいでしょうか?」

「はい。唄います。」と応え唄いました。タダで

唄い出すと、ご自分も小さな声でお唄いになっています。とても、嬉しそうでした。

「僕は金光学園と云う学校でしたので、学園と付くこの歌は好きです。修学旅行でも唄いました。九州の都井ノ岬に行きました。」と話しました。

「そうですか。学園と名の付く学校は案外に少ないんですよ。僕はこの歌を聴くとフォークダンスを想い出します。想いを寄せる彼女の処に届く前に音楽が終わりましてね。」と昔に想いを馳せます。お客同士の会話を、美人のママさんはニコニコと眺めて、時折に話に加わって来ます。

煙草を燻らせながら、「あの頃、煙草を吸ったのを通報されましてね。親も学校へ呼び出しをくらいました。当時はどこの学校にも怖い先生がいましたね。」

「いました。いました。金光学園にも怖い先生がいました。僕は友だちみたいな先生より怖い先生の方が好きですけどね。」などと語りました。

見知らぬ人と出会い、時間を共有する。 

おとなの社交場だなぁと感じました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿