2012-06-07 12:21:20

三笠宮寛仁殿下のご冥福をお祈りいたします

テーマ:ブログ

三笠宮寛仁殿下が京都・清水寺を訪問された時に拝眉の機会を得ました。

清水寺にて、松本大円管主が「本日、ご案内をさせて戴きます清水寺の松本大円でございます。」とご挨拶されました。それに対して、殿下は「本日はお世話になります。あなたの事をどのように呼ばせて頂いたらよろしいでしょうか?和尚さんでしょうか?管主さんでしょうか?」とお話になりました。

「どうぞ、殿下のお好きなようにお呼びください。」とお応えすると「わかりました。松本さん、今日一日よろしくお願いします。」とお言葉を発せられました。

その間に流れた清涼な雰囲気は初めて経験するものでした。

清水寺の国宝の庭、迎賓室などを観覧の後に帰路に付かれました。

近藤闊さん(近藤悠三先生ご子息)とご一緒にお見送りに随行させて頂きました。

京都駅では貴賓室で新幹線の時間までお寛ぎでした。

木製のアタッシュケースを常に手元にしていらっしゃいました。

やがて、京都駅長さんの先導でホームに出られますとにこやかに手を振って京都を後になさいました。

三笠宮寛仁殿下のご逝去の報に接し、心よりご冥福をお祈りいたします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿