テーマ:
「武るる 日本全国の武将と城の旅。ときどき観光とグルメ」 、武将な寺社・街道めぐり、
武田勝頼vs織田信長、「信長怒涛の甲州征伐~勝頼滅びへの道」史跡めぐりの旅です。
鳥居峠の戦いの際、戦災にあった奈良井宿を紹介します。

史跡名ゆかりの武将住所
奈良井宿奈良井義高、武田信玄、武田勝頼、木曽義昌、織田信長長野県塩尻市大字奈良井
誤字やリンク切れ等がございましたら、コメントにてお知らせくださいますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _ )m
スマホで地図が表示されない場合、再読み込みすると表示されるようです。
奈良井宿は、中山道(木曽路)の宿場町で、現在、国指定の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
くるまr駐車場があります。
※有料と無料があります。混雑していなければ無料をおすすめします。

奈良井宿は、中山道(木曽路)の宿場町で、今でも江戸・明治からの建物がよく残り、昭和53年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
奈良井宿の案内によると武田氏が宿場町に定めたそうです。
武田氏と木曽氏の歴史からすると、おそらく武田信玄の代の話だと思います。
中山道の次の宿場町である藪原宿奈良井宿の間に街道きっての難所・鳥居峠があり、峠を越えて来た人、これから峠に向かう人たちの宿所として賑わいました。

鳥居峠の戦いで戦火にあった奈良井宿
天正10年(1582年)の武田勝頼軍と木曽義昌軍(織田信長軍)の鳥居峠の戦いの際、武田軍や木曽軍(織田軍)が往来し、戦火にあっていますメラメラ
が、その規模や経緯は不明です。

その当時、奈良井義高という人物が統治しており、今でも城(居館)跡やお墓が残っています。(それはまた後ほどのブログで)
鳥居峠の戦いの際、奈良井義高は木曽義昌に属していたので、奈良井宿の戦災は武田軍の焼き討ちによるものなのかもしれません。

江戸時代も宿場町として栄え、徳川将軍お茶壷さま大名も宿泊しました。


ここ、風情があってとってもいい所です。
のんびり散策をおすすめします走る人
僕はここに宿泊しましたが、間口が狭く奥行が深い、いわゆるウナギの寝床的な家屋でしたようなぎ


senran_naraijyuku05
奈良井宿の街並み。
ほんといい所です。



senran_naraijyuku11
奈良井大橋もあります。
これ、ふるさと創生で作られました。



senran_naraijyuku04
鉄道の開通に伴い、周辺の石仏を集めたのだそうです。
圧巻です。



senran_naraijyuku08
本陣跡。
江戸時代はここに本陣があり、大名や旗本のお殿様が宿所としました。


senran_naraijyuku06
奈良井義高の墓。



senran_naraijyuku07
長泉寺。
このお寺、鳥居峠の戦いで焼失していますメラメラ
江戸時代はお茶壷さまの宿所でした。



senran_naraijyuku03
杉並木。
奈良井宿のはずれには中山道の面影が残っています。



senran_naraijyuku109
高札場も復元してあります。
いい感じです( ̄∇ ̄+)



senran_naraijyuku01
まるで、タイムスリップしたかのようです。



senran_naraijyuku10
水場。
鳥居峠に備えて水筒に水を汲んだり、鳥居峠を越えて来た人が水を飲んだり…。
昔の人を偲ぶと感慨深いです。



senran_naraijyuku02
町はずれ。
藪原宿から鳥居峠を越えて奈良井宿へと来た人が見る景色です。
ふー( ̄▽ ̄)=3 やっと着いたー
って感じでしょうね。


武将な寺社・街道めぐり TOPへ戻る
武将が祀られた寺社。武将の生まれた地に建つ寺社、武将が滞在した寺社、祈願所とした寺社、寄進や造営した寺社、禁制を出した寺社、武将ゆかりの品々が残る街道や宿場町、史跡などなど…。
そんな寺社、街道をめぐる旅です。

line_stp2ラインスタンプ作りました。
喜怒哀楽を兜の前立てで表現した可愛い武将のスタンプです。気に入ったら使ってくださいね。よろしくお願いします。
「武将の日々と日常なサムライスタンプ」
ブログランキングへ参加中です。ご協力お願いしますm(_ _ )m
パクリはやめましょう!このブログの記事や画像の無断使用、転載は絶対やめてくださいね。まとめサイトとかもダメです!NEVERなんて論外です!この記事作るのにいろんな史料を調べたり、現地に行って写真撮ったり、時間・お金がたくさんかかってます!ズルしちゃだめですよ。© 2010-2017 siro-sengoku-bushou.
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

武るるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。