一人旅♪Part 1

テーマ:
日中はまだ暑いですが、秋らしくなってきましたね月見

2年前に始めた一年に一度の一人旅

今年は日本の故郷、大分県の、2つの城下町に行ってきました音譜

出発の日、東京の空を覆っていた灰色の雲は、上空から見ると真っ白い美しい雲海になっていました
{61E1A90B-C569-4C7B-9B35-6C3FD98D27B1}

大分空港から最初に向かったのは杵築(きつき)

杵築バスターミナル行きのバスの本数が少なく、空港スタッフさんに言われるがまま、大分駅行きの高速バスに乗って、杵築I.Cからタクシーでホテルまで行くことにバス

辺りはすでに暗くなっており、小雨もパラつく中、一人でバス停を降りるとそこは、何も無い場所。。

でもよく見ると看板が
{A1C8912C-1354-42CD-B57B-729C3F13F32D}

暗い中、案内に書いてある方向に進むと階段があり、下に見える道まで降りていくと、大きなクモの巣が顔に。。びっくり

顔からクモの巣をはらいながら空港スタッフさんが呼んでくれたタクシーが待っている場所まで降りると。。
{485DD6D9-E3B0-432B-B3CE-E863BA83E034}
。。タクシーはどこにもいませんガーン

車は通るものの、タクシーが来る気配もなく、暗い中待つこと10分

心細くなり、後ろの看板に連絡先が書いてあるタクシー会社に電話をすると、直ぐに迎えに行くと言ってくれ、ホッとした笑い泣き

タクシー会社の人曰く、空港スタッフさんからの連絡はなかったらしい。。(ありゃりゃニヤリ)

何はともあれ、無事ホテルにチェックインでき、ホテルの人に勧めてもらったお店で日本酒夕食を食べ(客は私一人)、ホテルの小さな温泉風呂に入り(そこでも一人爆笑)、部屋でB.リーグ開幕戦を見ながら、静かな夜を過ごしましたバスケ

翌朝は少し曇っていたものの、徐々に太陽が出てきて気温も上がりましたが、海風が気持ちよい中での散歩となりました

先ずは北台武家屋敷と大原邸へ
{DA4314BC-EDAC-4549-9B43-A64835537B69}

{849D533A-ED78-476C-8BE9-29B7F33C563A}

{2AD6585D-29D0-43E4-984F-19B19F36A3E0}

{53E369D6-CAF4-46E5-A443-F12D24C0307C}

{A0537D37-DD94-4788-86E9-F6C0ECFAE396}

{FB65117E-3341-465A-B3B8-EEE6F27465E5}

{359DE363-5E1F-485D-8706-B59582A1B79F}

ガイドさんのお話だと、茅葺屋根を長持ちさせるためは毎日蒔きを燃やし煙を出し、虫がつかないように手入れすることが必要とのこと

茅葺は25年毎に新しくするらしいのですが、最近は酸性雨やPM2.5などが原因で茅葺の一部が溶け、その前に修復が必要になることもあるそうです

手入れはとても大変そうですが、茅葺屋根はやっぱり美しいですドキドキ

北台武家屋敷から酢屋の坂を下りて南台武家屋敷と一松邸へ

{2EDD42F1-7D94-4F39-BC71-84496F054599}

{9E6A5501-5CE5-43BD-BC5F-933B3C769D45}

{AB987842-B645-4238-9B86-1AE74B1811C6}

{8A0B9625-3F37-4A93-80AD-525A1C65B160}

{99FE053E-7470-4AF8-8BC1-840E2ABF6D40}

{7444110F-8CD1-4AEE-A14C-648F4A4B313B}
こちらの廊下には8メートルの一枚板ご使われているとかで、よく見ると本当に節目がありませんでした目

ガラスの上にも一本杉が使われており、とても贅沢に作られている家屋であることが(素人でも)わかりました

武家屋敷の辺りはカトリック教会までもが日本家屋風の様式で建てられており、全体的にとても美しい街並みとなっていました

職人さんが丁寧に作り上げた昔の建物はどこを取っても本当に美しいですね

{D6889A99-2F15-4B51-B365-A336D6225E6B}

(Part 2に続く)
AD

久しぶりに自然を満喫しました♡

テーマ:
カキ氷残暑お見舞い申し上げます風鈴

昨日はお休みをいただき、娘と奥多摩に行ってきました

何年も前からの習慣で、東京での忙しく慌ただしい生活に疲れると、奥多摩の「鳩ノ巣」に行って「何もしない時間」を過ごし、英気を養うのです

しかも日帰りで、電車で2時間ほどで行ける奥多摩は、車を運転しない私にとってはとてもありがたい場所なのです
{26C796B4-C7F9-429C-879D-EE1A0F8DA00A}

その鳩ノ巣駅から下りた道を渡り、トンネルの前を左に下ると小さなカフェがあるのですが、昨日はその前にキリギリスやおまたじゃくしが置かれていました
{A14867DE-C07D-48BF-AAB2-DDF32A39C04D}

{55952875-8FD0-4350-8B4A-0D4963D4A1E4}

モリアオガエルは小さくて可愛いカエル、子どものころから大好きなんですカエル

そこを少し先に進むと「鳩ノ巣渓谷」に下りる道があります
{0AAEAA45-5F34-4544-A9BD-96990666A2A2}

{90AF172E-2E00-4D3B-8028-C3363D545E72}
そこを下りてこの辺りまで来ると涼しそうな川のせせらぎが聞こえてきます

吊り橋まで行くとそこはもはや東京とは思えない別世界

{4D881847-7C21-4BF4-9600-A7B9BF9A80C8}
川辺には下りられますが、キャンプ場がなく泳げない場所なので時期を選んで行くと本当に人がいないのですが、やっぱり夏休みは違いました

{465B81AE-3FCC-4C23-8700-9B2F1321C936}
昨日は川の流れもかなり速く、見ているだけで涼しくなりました

{D80DC95F-7BBC-42F5-B6E1-19C87BC8D298}
遊歩道を進んでいつものお気に入りの岩を目指すも、そこにはもう人が。。

でも、別の場所を見つけ、岩を川岸まで下りました

荷物を置いて先ずは裸足で川へ
{BEA4642F-6F71-48C1-AB4A-1EBB8102831C}

冷たくて、気持ちよくて、一気に頭まで涼しくなった感じでした

スイカを持っていくわけにもいかず、代わりに持って行ったキュウリを川で冷やすことに
{A214DADB-E456-4312-B2F8-D95711B647CD}
15分ぐらいでかなり冷たくなって、とても美味しゅうございました

川のせせらぎとセミの大合唱がとても心地良く、大好きな「何もしないのんびりした時間」を過ごせ、心を満たしましたニコニコ音譜

{B98F8BFC-A3B4-4905-BA5D-3F6B631E9BB0}

川辺にいると寒いぐらいだったので、予定よりも早く移動して、奥多摩駅から徒歩10分ほどの温泉「もえぎの湯」へ
{4F0E2ADF-E168-49E9-89E3-3012F2A606C1}

昨日は何と満員で、(初体験となる)整理券をもらっての入場でした

元々並ぶことが嫌いな私。。こんなところに来てまで並ぶのか。。と少し考えた結果

時間もたっぷりあるし、セミの合唱を聞きながら待つのも悪くないなと、娘と意見が一致

小さな場所なのでわりと早く呼ばれ、露天風呂を満喫

そして温泉の後はビール、最高でした〜生ビール

温泉を出たのは18時半ごろ、駅に向かう途中のキャンプ場はまだまだ賑わっていました浮き輪
{F62A93B9-87F9-4BCC-9F83-0B4622C4BF19}

30分に一本しかない電車はちょうど出た後だったので、駅の近くに飾ってあったカラフルな提灯を楽しんで帰りました
{6EF22CC4-AEA8-4659-846B-BA0E31499B1A}

{A5A7F984-F84C-4438-A513-CAC3E97A3E2D}

1日だけとはいえ、心も身体もお腹も満たされた、満足な休日になりました

夏休みはまだ数日残っていますが、後は家で溜まりに溜まった片付けやお掃除をするのみショック

だから夏休みとは言え、あまり暑い日が続かないことを願いたい私ですほっこり

皆さんも素敵な夏休みをお過ごしくださいね〜風鈴カキ氷花火



AD

Rakastan sinua isä♡父を偲んで

テーマ:
4月27日の朝、父が天国へ旅立ったと妹から連絡があった

82歳だった

日本をこよなく愛し、日本文化と社会に対して興味が薄れることがなかった父

遠く離れていても、私が日本で暮らしていることを心から喜び、応援してくれていた

{7C283715-73F8-418D-BF02-F369DD2D944D}
父のアメリカでの半年間の英語研修を経て、私たち家族が日本に来たのは1965年、父32歳、母24歳だった

{837C264E-222E-46D6-985D-BAE2BF451BFA}

海外旅行も珍しいころ、福音ルーテル教会(フィンランドの国教)の牧師だった父は、日本で働く道を選んだ

幼い子どもを抱えて、言葉も文化もわからぬ土地への移住、勇気のいる決断だった

その選択が、その後の私の運命を決定づけることになろうとは、彼は想像もしていなかっただろう

愛情深く、一目惚れして恋に落ちた母には常に揺るぎない愛を注いでいた

口には出さなくても、心の中ではいつも家族のことを大事に思い、祈ってくれていた

遠く離れていても感じることができる彼の愛は、私の心の支えになっていた

しかし躾けには厳しく、頑固で、怒ると怖かった

それでもっていたずら好きで冒険好き、少年のようなやんちゃな可愛いさもあった

信仰深く、どんな時でも「大丈夫、なんとかなるよ」とポジティブ思考

日本に住んでいたころ、長期の休みには家族で旅行し、日本全国の有名な観光名所・お寺・神社などを巡った
{B39DBE0F-8B23-4C1C-A823-B52B0DEF6720}

{1771D7EC-C888-4CF7-A571-72932C5274FB}
そのお陰で、子どもの頃の家族との想い出は楽しいものばかり

{AF053EFD-F74B-4F72-8B69-0C4832B4584E}

10日ほど前、家で転んで頭と身体を怪我をしたと妹から連絡があった

寝室と仕事部屋のある2階への階段も自力で上り下りできていたのに、入院生活が始まると徐々に弱っていった

危篤の連絡が来たのは火曜日、直ぐに飛行機の手配をしたものの、父の最後には間に合わなかった

それでもここ数年は年に数回会えており、今年の1月にも短い時間を一緒に過ごすことができた

お互いそのことを本当に幸せでありがたいことだと感謝していた

癌の治療をしてから14年、父は持ち前の明るさと粘り強さ、そして母の献身的な愛と身体を労る料理のお陰で、こんなにも長く、穏やかで幸せな暮らしができていた

3年前には6人目の孫が生まれ、幸せで充実した日々を過ごしていた

我が家の子どもたちも、深い愛情を注いでくれたukkiのことが大好きだった
{E882BC52-55EC-4631-9964-4B678F88E850}

今年1月に撮ったこの写真が最後の1枚となった
{288DD75C-BF51-4C8D-B755-68C10539D216}

帰国時に実家に会いに来てくれた妹と私が、自撮りがあまりにも下手で、何度も写真を撮り直す始末

しかしそんなたわいもない瞬間がたまらなく楽しく、幸せを感じた

それが父との最後の思い出となった

Isä, たくさんの愛をありがとう♡

あなたの志を継いで、これからも日本で頑張るから、見守っていてね。

Isä rakastan sinua ikuisesti♡
AD

Love The Life ♡ お花見交流会

東京の桜も満開となりましたが、みなさんも色々なところでお花見を楽しんでいることでしょう

Love The Lifeも昨年に続き、お花見交流会を開催しました

土曜の夜は雨が降っており、どうなることやらと心配したのですが

寒さは残っていたものの、雨は上がってくれ、18名の参加者と一緒にお花見を楽しむことができました

{C9F4BCB7-A7E0-4B52-9169-1937A6153A07}

{A1347093-942E-41DB-9E29-95C175541AEA}

{3BC53242-A5C7-4361-AB44-0236D1E86621}

{9451F625-0842-4D1A-B6A0-89A9F7DBBB05}

{1529D683-7A46-4B20-BCCB-D5714AB3BA2C}

{8F78C365-3EB4-4C78-B234-D229CAD5B10E}

{7B6097F6-6FA2-4E89-BCF5-9B7386D5DCF7}

今年もフィンランドのお菓子を用意しました{http://ucs-emoji.ameba.jp/img/user/ra/rahurakoratan19/54860.gif}
{BC5C373E-22AA-4A40-B98F-3F143C7F253B}
カルダモンをふんだんに入ったケーキ、Pellipulla (ペッリプッラ)と

伝統的な「ハンナおばさんのクッキー、Hannatädinkakku (はんな たでぃん かっく)の、抹茶バージョンのカカオバージョン

{E7C9598D-72D6-4720-8089-618AB3F98967}

{70A268C8-EB91-4725-8492-5D78CAA52E87}

{480B47BD-EC66-44FB-B02B-34693A9E798F}
お弁当を食べたり、美味しい{http://ucs-emoji.ameba.jp/img/user/ma/maruko0904/514392.gif}ワインを飲んだりしながら、薄暗くなるまで楽しく交流しました

参加くださったみなさん、ありがとうございました・きーとす

そして、2回も下見に行き今年も場所を確保してくれたいつも元気なマッキー、いつも色々協力してくれている妹のようなシモネと彼女の素敵なダンナ様の宏さん、娘の志暁(Shiki)にも感謝
{D7CB320F-7A50-4949-9A10-9FEF78FAF08F}

また来年もみんなで集まりましょうね~
{B49A1EE5-D176-4B30-ACAB-588ACBB082E5}

{BE165AD7-8D96-4E25-9C45-38306BD258D2}

そして、今後のLoveTheLifeのイベントにも是非また参加くださいませ

春休み真っ只中

丸の内で勤務されている方のお子さん(小学1年生~3年生)を対象とした丸の内キッズアカデミー2016春~ふしぎを考えるが、先週開催されました

皇居のすぐ側に新しくできた大手門タワー・JXビルの一角の、木の香りに包まれた素敵な空間、3×3Labo
{BE50B4AD-9055-414D-9E98-83BCB52450F1}

フィンランド大使館さんからの紹介で、「フィンランドってどんな国?」と題した授業を担当させていただきました{http://ucs-emoji.ameba.jp/img/user/na/nanopiano/391323.gif}
{833A10E9-0CB9-4662-BA1C-A0E730E80604}

普段は大学院生の"大きい子どもたち"を相手にしているので

幼く無垢な子どもたちの無邪気さが愛らしくてなりませんでした

我が家から連れて行ったムーミンはもちろんすぐに人気者に
{D4AB60B6-08AA-488D-9B7A-E17A16500AD0}

子ども相手の仕事をしている妹にヒントをもらい、先ずはフィンランドらしいことを: 

厚紙で手形を切って、指の部分に「自分の好きなところ」を書いてもらいました

初めはなかなか思いつかなかった子どもたちでしたが、少しずつ
・絵を描くのが好き
・サッカーが上手い
など書いてくれ、発表もしてくれました

できないことを克服することよりも、何ができるのかを褒めて伸ばすことが大事

そして、自分の良いところを見つけて、そのままの自分を好きになってもらうこと

そんな想いを伝えました{8D1734E8-1545-4CD6-9B69-8D3693735FE0}

{1EF36C43-15D7-4085-93FF-7AE7C59F5BCA}

{8D199D3F-6B53-4906-97E3-507F7F0250FC}

その後はフィンランドで撮った写真を見せたり三択クイズを出しながら、フィンランドについて学びました

ちょうどイースターでもあったので、イースターエッグ作りも体験、それぞれが思い思いの模様や絵を描いて楽しみました
{16A2616B-C541-432B-9604-3DE9ABE2EFC3}

そして最後に、フィンランドでは子どもから大人まで誰もが好きな"例のアレ"を試食してもらいました

そうです、日本でなぜか「世界一マズイお菓子」として紹介されている真っ黒いグミ
・salmiakki(サルミアッキ)
そして他のヨーロッパの人も好きなリコリス
・lakritsi(ラクリッツィ)
{A22ADC6E-708D-47F9-AA0C-FE6ACC55CDE9}

ウェ~~
っと、口に入れた途端に吐き出す子が多い中、この子たちはなんと「おいしい~」と言ってくれました
{8187C50C-9485-40CA-8925-C22961D0A58E}

90分間の楽しい時間はアッと言う間に過ぎ、最後に記念撮影をして終わりました
{D301A487-2F1C-4E23-8434-43C3115043C0}

一生懸命興味を持って話を聞いてくれたみんな、ありがとう・きーとす
楽しい時間でした

企画に参加させてくださった関係者の皆さま、ありがとうございました

(子どもたちの写真は許可を得て投稿させていただいまおります)