大学受験逆転合格法☆偏差値20台⇒80台へ

1年で、私が
偏差値20台の5教科を
すべて80台にした要領を公開します★★

東大、京大、早慶、国公立医学部、旧帝大、MARCH、関関同立すべてに通用する考え方を
本気で人生を切り拓くべく頑張ってる人に向けて発信しています

頑張ってるのに点数が上がらない
どうしても来春合格したい
という人だけのために
教材も販売しています
https://jukenkouryaku.stores.jp/
NEW !
テーマ:


経験の粋を重ねて作成した教材などでの自宅学習+仲間との通話勉強セッション

=受験サポート


・作成教材は志望校合格へ無駄を徹底して省いたものです

・通話セッションにより口頭で一緒に考えてもらいつつも、英国数の解き方を伝えていきます

(↑ここが独りや授業で勉強していてはつかみにくいところなんです)



受験に間に合わなくなる前に

勉強会のメンバー(生徒さん)を

下記のように募集させていただきます

よく読んでいただき判断していただけたらと思っています

 

なお、各コースとも定員となり次第

募集はいったん打ち切らせていただき

次の募集は9月以降となります

 

 

【受講生 募集人数】

(各コース定員になり次第募集を打ち切ります)


①国公立医学部合格コース(30名)
③早慶(文系)合格コース(20名)


最近5年の合格実績

 

 

 

【 電話によるセッション 】

 

ラインやSkypeによるグループ通話で、今のところは英語や国語の解き方や和訳をセッションしています。今後は解き方をブラッシュアップしつつ英作文にも取り組んでもらう流れにします。

 

 

(1)セッション方法

 

英語、国語ともに

センター試験過去問・国公立二次試験過去問(東大など)をあらかじめ予習してもらいます。

 

なぜそれが答えとなるのか?を徹底的に考えていただくのと、英語や古文なら本文を読み込んできて意味が分からないことが出来るだけないようにしてもらいます。

 

その後、セッションの時に、各自に、訳してもらったり、解答の根拠を別の人に1つ1つ丁寧に説明してもらいます。それに対して代表の私が質問を投げかけたり、言ってもらった内容を修正をしたり、周りの人に促していきながら参加者全員に考えてもらう場を作っていきます。

 

 

(2)セッション3ヶ月の成果

 

英語:

 

これまでの3ヶ月のセッションにより、英語はセンター試験や国公立二次試験の英文が何とか正確には訳せるようになってきてます。

 

センター試験を中心としたグループ→90%の英文は訳せるようになりました。国公立二次グループは、東大の英文→85%~95%・標準国公立二次→85%前後は訳せるようになりました

 

 

国語:

 

国語はグループ分けをしないで、全員同じものをやってます。現代文、古文、漢文を解くために必要な解答への着眼点の見つけ方が正確になってきており、本文読解も(細かいミスはありますが)解答に必要な部分の読み取りはかなり正確にはなってきました。

 

 

(3)セッション最終成果目標

 

国語:

・センター試験

→60分~80分で180点以上を獲得

・早稲田国語

→時間内に85%~90%を獲得

・東大二次

→時間内に70%~80%を獲得

 

英語:

・センター試験→40分~60分で190点以上獲得

・国公立二次試験→(自由)英作を含めて80%~85%を獲得

・早稲田大学英語→どの学部でも85%以上を安定して獲得

・全統記述模試→偏差値70以上を獲得

 

 

(4)これまで3ヶ月のセッション参加者による感想&プリント教材の感想

通話セッション&プリント教材 感想

 

 

 


【 コース別の詳細 】


①国公立医学部合格コース

(30名)

今年度の入試で合格することにこだわりムダを省き勉強するのは当然として、自分が目指すべき医師像とはどうあるべきか?を考えていただきます


国公立医学部志望の勉強方針について
以前、記事でも触れましたが、
医学部受験を短期間で突破するためには、
とにかく手を広げないこと。


手を広げれば広げるほど、勉強した範囲が手薄になっていき、結局重要な分野、頻出分野で失点する可能性が高くなります。


医学部に最短で受かるためには、
なるべく必要十分な量に抑え、それを極めることが大変重要です。


その方針の1つとして、センター試験を徹底的に極めることが挙げられます。


当サポートでは、センター試験対策を徹底的にやりこみます。


具体的には

センター試験で9割以上を取れるようなカリキュラムを組みます。


それに加えて

必要な二次試験の基礎、標準問題を二次試験の過去問を中心にこなして行き、
まず目指す大学も、二次試験の問題レベルが
なるべく低く、センター対策がなるべく二次試験にも生かせる大学を狙います。


具体的に合格を狙う大学ですが、
当サポートでは、まず新潟大学医学部を目指して頂きます。


新潟大学の特徴として
センター重視 (センター : 二次=750 : 450)
国語と社会の点数が半分
面接点が点数化なし
センター86%(傾斜後88%前後)
二次英語...英文レベルはセンターレベルで易
二次数学...4問中で2問がセンターレベル&他学部共通1問&医学部歯学部専用1問
二次理科...易〜標準


二次試験のレベルは国公立医学部の中では最も易しい部類に入るので、センター試験の勉強で二次試験の450点のうち半分以上の点数を取ることができます。


また新潟大学は合格最低点は公表されておりませんが、以前合格した塾生さんなどの協力もあり、例年の最低点を把握することができました。


それゆえに各科目でどれくらいが取れば合格するのかを明確に示すことが可能となり、
より的を絞った勉強をすることができるようになりました。


もちろん、別の国公立医学部を志望するのは全く構いませんし、それ以上の大学に行くためのメニューもご用意しておりますが、
まずは新潟大レベルを突破して頂き、点数的な余裕がでてくればもっと上の大学を目指してください。


社会、理科の選択について
まずは社会の選択について、よほど得意な科目がある、または元々社会はある程度やっていて、点数として出ている場合は別ですが、
基本的に倫理、政経を選択して下さい。


理由は量が少なく、出る範囲が決まっているからです。


まず倫理をきわめてから、時間があれば政経にも手を出しましょう。
もちろん現行課程では倫理を使える医学科はある程度限られてしまいますが、幸い新潟大は使えます。


倫理を使えると、社会の他の科目に比べ、社会にかける時間は格段に少なくなるので有利です。


次に理科の選択ですが、1科目は化学を選択するとして、残りの1科目の物理、生物選択迷っている方はブログ記事も参考に選択して下さい。


国語に関しては、4月からセンターの過去問を使い、グループ通話で過去問の解法のセッションをコツコツ1年間やっていきます。
グループ通話でのセッションのメリットは、複数人で解法のプロセスを話し合うことによって、多角的な視点を身につけることができる点です。


また小論文、面接対策に関しましても、必要な時期に、個別に対応していく体制を整えております。

 

 


②早慶(文系)合格コース(20名)
早慶なら何学部でもいいのでとにかく合格したい、そのためならどんな勉強も厭わず頑張っていく、という強い意志を持った人だけ募集します。

各個人の進度に合わせて、早稲田の過去問(英語は旧帝大を含む)をこなしていきます。


基本的にセンター試験→早慶対策という流れを意識して勉強していきます。


そして最終的にセンター試験で9割以上(3科目)とり、
センター利用でMARCH(関関同立)に合格して、センター以降は早慶対策のみに注力できるよう対策していきます。


国語については、国公立医学部志望の方達と一緒に、センター試験→早稲田へとグループセッションを積極的におこなっていきます。


社会については、日本史以外の選択科目の方は、各個人の状況に合わせて、こちらから対応させて頂きたいと思います。


慶應大学などの小論文対策についても、医学部合格コースと同様に個別に対応していきます。





【当サポートのシステム】


各コースのシステムは基本的に同じです。
(使用する教材・勉強メニューは共通の内容とコース別に異なる内容があります)

合格のために必要な計画(勉強量&ペース)を守っていただきながら、当方で作成した過去問を解説した初歩から理解できるプリント教材などを用いて学習をしていただくのを毎日の勉強の基本とします。


(質問や添削などは、ラインに分からない点を写メして貼っていただき、電話やメッセージなどで解決する形を取ることで、対応させていただきます)

ラインやSkypeなどによるグループ通話機能を積極的に使用していきます。(ネット環境さえあれば地方など住んでいる場所に関係なく指導を受けることができます。)


通話のテーマは主に3点です。 

・問題へのアプローチ
問題に対する解法のグループセッションにより、理解を深めていただき、試験で使える水準を身につけてもらいます。
(初めは週に2〜3回からスタートをしていき、慣れてきたら状況に応じて増やしていきます。)
頻繁に連絡を取り合うことによって、
勉強に対する姿勢や方法論を常にチェックしていきます。

・周囲の力を利用することで継続
長い自宅浪人生活では年間淡々と勉強を継続していくのは難しいです。ですので、勉強を通話で繋いで継続する上で無理のない最低限のメニュー(演習)を強制していくことにより解消していきます。


数学2B...センター過去問や模試過去問でテスト演習100回
数学3...基本~標準レベルの問題を100題前後
化学...国公立医学部に合格できるレベルの量
なども通話によりこなしていただきます


日々の一例
3月13日 メニュー
英語
2008年本試大問3、6
数2B
1997年本試
現代文
2000年本試評論第2問

・英語の考え方を再構築
自分だけで勉強をしていると個々バラバラになりがちな英語の考え方を通話を用いた講義を通して体系化していくことを目指します。この通話を用いて英語の土台を完成させた後に、センター過去問をほぼすべて、国公立二次&早慶過去問を100~150題
こなしていただいた上で、各自の志望校の過去問演習で磨きをかけていただきます。

学習結果&模試結果の報告を義務づけますので、最低でも一週間に一度は報告を確実にしてただき、学習進度に対する適切な判断を行える形にします。

勉強報告や模試の成績等の資料で、常に勉強の方向修正を図っていきます。

テスト演習も計画の中心に据えてありますので、ほとんどのテスト演習には参加していただき、本番での解答力をつけていただくようにします(夏以降はほぼ毎日テストとなります)

合格のために必要最小限のことに絞って徹底的に訓練してもらいます。
基礎確認→過去問演習ということを実現させるためのプリントを作成していますので、基本的にはそのルートで勉強していただきます。(もちろん個別に調整したメニューを話し合いの上で決めていきます)
これができないと、結局1人で参考書でコツコツレベルを上げながらやっていく遠回りなやり方になってしまいます。

参考書問題集があまりに優れたものであると当方が判断したものは、生徒さんに用意していただき、そちらを使う勉強も組み合わせていきます。
(↑あくまで、余計な中継点的な勉強を極力避けるため、ダイレクトに過去問に移れるための「補助」として使っていただきます)

※⑤を厳守していただかないと、受験に対してかなりの遠回りを強いられますので、今年度の合格は有り得ないものになるかもしれません。




【応募資格者】

・当システムをよく理解した上で
最後まで当方の指導スタイルを遵守尊重して合格のために懸命に勉強していただける方


・高1高2生も若干名採用させていただきますが、あくまで受験学年の方々に優先入学していただくようになります。


・高3生、浪人生、社会人・再受験生などの現在の状況は問いませんが、合格のために懸命になれない方には合わないシステムですので、なんとか合格を果たしたいという強い意志を持っている方に参加していただくのがなによりです


・高校(or浪人)での学習過程をある程度勉強してきた方々(成績の如何は問いません)を今年度は採用させていただきます





【各科目の概要と指導方針】

 

【英語】
 

理系文系を問わず難関大学・国公立医学部を受験する際の最重要科目であり、合格には高得点が必須となるため、使える英語を目指すのではなく、しっかり高得点が確保出来ることを念頭に置いて指導していきます。

・英単語(システム英単語ver2)・英熟語(作成プリント)の暗記
・英文法で安定して高得点が出せるように作成した4択プリント(およそ70枚)
・英文読解に必要なことを厳選し作成したプリント
・正確に構造を把握しながら英文を捉えるために作成した演習プリント
・センター英語を素早く確実に解くための考え方を身につけるためのプリント
・国公立二次・早慶で正確に速く解けるための演習プリント(過去問長文問題100題程度)
・国公立二次演習課題(100〜200題)

スラッシュリーディングやパラグラフリーディングで正確に「解ける」状況に力を養成していくのは、時間がかかりすぎてしまい、合格ライン以上に点数を取ることが難しくなります。
そうしたことを解消するために、「大学の出題者側の意図をくみ取った解き方」をマスターしていただき、それに応じて作成したプリントでアウトプット演習を用意することとなりました
(電話セッションでも使用していきながら、勘違いしやすい点、解くコツを話し合いの中でさらにブラッシュアップしていただきます)

 

 

 

【数学】


・国公立医学部志望者・国公立理系志望者にはセンターを満点・二次は8割取れるようにプログラムを作成し、しっかり演習していただきます。

センター試験においては数2Bでの高得点が必須なため、数1Aの5倍は時間をかけて対策をしなくてはいけませんので、2017〜1997年のセンター試験すべてを、初歩レベルから丁寧に解説したプリントで解いていただきます。
(同時に二次力もつく仕掛けを入れていますので、このプリントをやり込めば、二次対策としてやるべきことは、あとわずかとなります)


数3の勉強は、基本的な内容は教科書や基本確認参考書で勉強していだき、その後、国公立二次試験の過去問を基本的なところから解説したプリントを徹底的に学習していただき、本当に必要なものに絞って濃く濃く勉強していただきます。
(→このプリントはテスト演習として使えるものでもありますので、生徒さんの状況に応じて使っていただきます)


内容的分量的に重たい参考書や問題集の学習は特に勧めていませんので、使うとしても、必要な演習だけに絞ったスポット対策的に使用していただくようにします。
(プラスアルファ的な勉強をするより、まずは他の教科の勉強も合格ラインに持って行く必要があります。あくまでプラスアルファ的な勉強は合格に必要ならやる、という姿勢が合格しやすい状況を作ります)

 

 

 

【国語】


センター国語と早稲田国語を中心に勉強していただきます。
この二つは密接につながっているところがあり、相乗効果的に学力を上げてくれる素材同士でもあります。


センター国語も早稲田国語も
「点数を取る考え方」を吸収していただいたあと、作成した過去問プリントとグループセッションで考え方を吸収していただき、新たな問題に対して対応できる力をつけつつ、しっかり演習問題をやり込んでもらいます。


センターと早稲田の過去問だけを用いて、学習を進めていただきますので、他の参考書や問題集はほぼ使うことはないと思います。
(古文単語集のみ活用します)

 

 

 

【理科】


点数を高得点で安定させやすい化学が勉強の中心となり、生物or物理をサブ的に時間をかけすぎずに勉強を展開させていきます


(生物or物理は、短期間のトレーニングでもある程度伸ばせますが、化学は時間がかかりますので)


(生物or物理は、9割を狙うには厳しい教科なので化学で9割狙いにいき、生物or物理は8割が取れればOKという気持ちで勉強していくのが、特に国公立医学部対策では、時間を無駄にさせないコツとなり、合格もしやすい形になります)

 

問題集1冊と作成したプリントを繰り返してマスターしていただき、後の過去問演習で力をつけていくスタイルとなります。

 

 

 

【社会】


超得意で現段階で全く問題ない教科があればそれを変更する必要はありませんが、1年やってセンターが60点程orそれ以下なら、文系であれば『日本史』、理系なら倫理(倫理、政経)を選択していただき、合格ラインを確保していくように指導しています。
 

特に日本史に関しては
まずはセンター対策を徹底にやり込んでいただき(←やり込む水準やレベルは後ほどお伝えします)、早稲田を受験予定でしたら、さらにプラスのメニューで取り組んでいただき、センターで96点以上・早稲田で8割以上を狙いにいきます。
(基本的な勉強の進め方はブログ記事にありますので、しっかり読んでおいてください)




【支払い方法】

初回に学習教材提供し、一年を通じて講師陣が手厚くフォローしていく性質上、当サポートのサービスを途中解約して勉強をされても効果が薄くなると考えてますので、年間一括契約{開始月~2月分)をしていただける方のみ募集します。


支払い方法は次のうちのどちらかを選択することができます。
・年間一括支払い(一括の場合は一ヶ月分割り引いた金額となります)

または分割払い月5万円の2月分まで
(銀行振込でお願いします。口座名に関しては入塾が確定した方にメールでお知らせします。)


※分割月払いの場合でも年間一括契約{開始月~2月分}になりますので途中解約した場合でも料金の発生は義務付けられます。



【申込方法】

個人情報を記載して送っていただいたあとに、当サポート代表の私が電話をして面談をさせていただきます。

その後、こちらから必要書類を送付します。

送付された必要書類の必要事項を記載して再度こちらに送付して、銀行に規定料金を振り込んでもらいます。こちらが振込を確認次第指導を開始します。


メール

電話

必要書類受取

必要書類の必要事項を記載して送付、規定料金を振込

振込が確認次第、指導を開始


という流れになります




入ろうか迷っている方やご不明の点があれば、私と受験相談していただくことも可能です。

(お電話にて対応させていただきます)



お申込みお問い合わせはコチラからどうぞ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
周りが

こんな予備校に行ってる

とか

こんな参考書使ってる

とかで

自分もそうせんとアカン

って思いがちだけど、、、




そういう

迎合主義は

やめたほうがええと思います




受験の成功ルートなんて

いくらでもあるわけだから

その予備校に通わないと

その参考書を使わないと合格しない

ってことなんてありませんからね



大切なのは

それを信じて

頑張り抜くことじゃないかな?



合格者は

色んなパターンで勉強してるもの



そして

やり切った人が合格している



ただ、それだけです!!!





こんなに選択の幅が広い世の中だから

基準が無さすぎて

周りの行動や声を

気にしてばかりのような気がします





私の考え方も含め

ネットの情報だって

様々あるわけであるし

あ、これで頑張っていこー!

って思ったら

いちいちぐらつかせずに

頑張り抜くべきやと思います





足らないようなら

さらに復習していき

それでも足りないようなら

新しいことも必要になるでしょう




でも

あれこれやり過ぎてたら

結局どれもちゃんと出来てない

という結果に終わりますので

手を広げるときは

くれぐれも慎重に考えて

行動してくださいね!!




与えられた時間は

そんなに多くないですので!!!




自分で考えずに

人に頼ればいい

とか

組織に頼ればいい

とかいう安易な考え方だけは

慎んでくださいね





勉強は

最終的には

自分のやり方を見つけ

それを実践することに

本当の意味があると思います



あくまで

様々な情報やツールは

そこに至るまでの手段であり

目的ではないことを

十分に理解した上で

自分なりのものを

見つけていくようにしないと

これから先の人生で

色々悩み行き詰まってしまうような

気がしますので!!





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
2018年入試も近づいてきました!
この教材で最後の追い込みを!!
超直前期でも入試に間に合う内容です☆☆

2019年の入試準備にももちろん最適です☆
入試の現状を知り早めにそこに向けた対策を☆



勉強が苦手な人
丁寧な解説を求めている人
点数を取るためのテクニックを求めている人
追い込みをかけたいと思っている人

に向けて
できるだけ丁寧に分かりやすいものになるよう作り込んでいます

※あくまで勉強が得意な人向けではありませんので、専門的すぎることには特に踏み入らずに、入試に必要なことのみに絞って解説をしています


☆販売ラインナップ☆

NEW 京都大学 英文和訳 過去問演習
→5年分 (大問9題)

NEW 早稲田大学・政経学部・教育学部・社会科学部 
英語長文解法
→〜2013までのおよそ70長文

NEW 大阪大学英語長文解法
→2012〜1995年の全20問
センター試験過去問(プリント)で力をつけたら
「国公立の二次試験や早稲田などの難関私大はこうやって解く」
ということを示したこのプリントで
解く練習をしてみてください!

他の国公立二次試験よりは歯ごたえがある問題が並びますが、要領良く解くにはどのような操作をしていくべきか?を学ぶのに阪大の問題は最適なのです

前後関係から単語の意味を類推させる問題など
多彩な角度の設問が並び様々な対応力が求めらているため、演習効果も高いと考えています

阪大の問題は早慶の過去問(長文のレベルは阪大と同じくらい)に入るための準備としても使えますので、是非ご検討くださいね




センター試験対策

英語、国語
→過去問解説&マニュアル
(最近3年分~5年分の本試験追試験)
「出来るだけ速く正確に解く」ということを解説の中心にすえています。読み散らかすのでも念入りに読むのでもなく「解くために読む」というコツを伝えていますので、どんなレベルの人にも役に立つ内容となっています。


数学2B
→過去問解説&公式プリント
(97年本試験追試験~2017本試験追試験)
(数1Aは二次関数のみ販売)



国公立二次数学対策
広島大学20年分、神戸大学17年分、金沢大学11年分(+九州大学3年分)
の手書き解説プリント



センター試験数学、二次試験数学
ともに、解説は易しく(優しく)丁寧にしています。
全くの初学の人には少しきついかもしれませんが、それ以外の状況の人なら十分使いこなせる内容となっています。
解くコツを大きく明示しつつ、式変形などへの細かい書き込みにより無駄に悩むことを防ぐように解説してあります。



(↑サンプルが見れます)





今からの内容は

個人的に多くの勉強に困っている(困っていた)受験生と接している体験を元に書いていきます。これはあくまでの個人の体験および主観に基づくものでもあることを含みつつお読みいただけたら、と思っています。

 

成績が悪い(テストで結果を出せてない)人は

大別すると以下の3つのタイプに分類できます。

  1. 「単に勉強を真面目にやってこなかった」
  2. 「色んなアドバイスの下で基準のないブレブレな勉強をしてきた」
  3. 「参考書問題集、学校の授業、塾予備校を利用してしっかり勉強しているが...なぜかうまくいかない」

 

問題は、真面目に一生懸命やってるのに成果として表れていない③のタイプの人が、実は相当多数で存在しているということです。

 

真面目に受験勉強をしているのなら、うまくいって当たり前であり、うまく成果につながっていないのはその人のやり方・頭の問題なのでは?

と、過去に勉強がうまくいった(それなりの大学に合格された)人は思われるかもしれません。

 

実際、この記事を書いている私も受験生の時、2〜3週間で化学などをセンター試験レベルでしたが、0レベルからほぼ満点まで持って行くことができました。

 

その時の体験をもとに、たとえ短期間でもしっかり勉強すれば確実に合格点に持って行くことができる!と思いながら受験生に指導・アドバイスをしていましたが...

 

現実には...

 

・参考書・問題集の説明が理解しにくい

(理解してる前提での解説となっているor適度に端折って解説してあるから、ちょっと勉強したくらいでは理解しにくい...)

 

・何を原則としてそれを解説しているのか分からない

(そばに必要なポイントがまとめてあればそんなにあちこちチェックしなくて済むのに...)

 

・そもそもこんなに範囲的にも難易度的にも幅広く学習しておく必要があるのか?

(掲載されている問題全てを何度か繰り返しやることに萎えてしまうよな...)

 

 という状況で立ち止まり悩んでしまい、挙句の果てには、そのツールでの勉強を辞め、他のツールをさ迷う有様になってしまうことが多いのです。

 

 

参考書・問題集をメインツールとして勉強していくと、学習のやり直し段階にあったり、勉強することがヘタな段階では、基礎の概念を学習してもイザ問題を解く段階で、うまく使えないことが多いわけです。

 

もちろん

そんなのは、勉強してたら当たり前にぶつかる壁であると認識して、壁を超えるべく頑張って結果超えて行ける人も大勢おられますし、そんな壁を感じず楽に乗り切れる人も大勢おられます。

 

しかし

大半の人は、そううまくは乗り越えられずに、結局うまく対策をできないまま(またはおざなりの対策をした状況で)試験日を迎えてるのではないでしょうか?

 

一生懸命、自身の志望校に向かって努力しようとしているのに、理解がうまくいかない、理解しても解けない、試験日は刻一刻と近づいてくる...

それでも懸命に努力しても一向に点数が上がる兆しが見えない...

上がってもある程度のところで止まりそれ以後の伸びが見られない...

 

怠けてるわけでもサボってるわけでもないのに、うまくいかない自分の中での葛藤も、これからの将来には大きな成長につながる瞬間かもしれません。

 

でも、大学受験の場合、うまくいかなかった時のリスクは大きく、それを機に自信を喪失してしまったり、努力の大切さを結局は学べずに終わってしまうかもしれないのです。

 

 

私達は

そういう事情は、他人事でありながらも、看過したくはないと考えています。

 

他人事だから、勉強してないのだから、うまくいかないのはそれが限界なのだから、と切り捨てる考え方も、ある意味世知がない今の世の中では仕方のないことかもしれません。

 

でも、たとえそういう時代であったとしても

懸命に頑張ってるなら、少しでもいや多くのことが報われて欲しいと願って、普段は私達のコミュニティ内だけで提供している教材を思い切って販売することにしました。

 

 

この教材があなたのお役に立つかどうかは

使っていただくあなた次第だと考えていますが、使っていただけたら、短期間でも確実に点数は上げれると確信はしています。

(コミュニティの中で、この原案などを使っていただいて、それなりの成果があったことを検証しています)

 

 


闇雲にガムシャラにやって点数が上がることもあるかもしれませんが、適切な対策の仕方を知らないと、今までの2週間と何ら変わりない成果しか得られないという可能性が高いのではないでしょうか?

 

受験生が立てる対策のほとんどは、うまくいかない失敗例となるようなレベルのもので終わるのが現状です。

それはあなたが悪いのではなく、大学受験というほぼ初体験の場に対して、経験値の無さからうまく適応(対応)出来てないだけのような気がします。

 

だからこそ、思いつきで「うまくいってない」自分なりの勉強をするのではなく、「センター試験そのものをしっかり分析して作られた教材を元にした間に合う方法で」出来るだけの頑張りをしてみるのはいかがでしょうか?という提案をさせていただいたわけです。

 


「必死で頑張っているなら、多くのお役に立ちたい」という一念からであり、真剣に受験生の後押ししていきたいという気持ちの表れであることを理解していただけたら、と思っています。

 

所詮受験は自分事でしかありませんので、防波堤となってお守りすることはできないかもしれませんが、最後の後押しを応援することくらいはできるはずという信念で動いていることをお伝えして、記事を締めくくりたいと思います。

 

 


↓↓教材の特徴↓↓

 

・センター英語

 

①最速で正確に解答するコツ(パラグラフリーディングとスキミングとリード文&選択肢の利用とを合わせた「みなさんが使いやすい」オリジナルのコツ)をマニュアルという形でまとめています。

→やり方をマスターすればセンター英語は「40分〜50分前後」で解けるようになります。

 

②最近のセンター過去問のうち、第3問の不要文削除問題/討論問題(本試追試で6回分)、第4問グラフ問題(本試追試合わせて6回分)、第5問小説物語(本試追試合わせて2回分)、第6問評論長文(本試追試合わせて10回分)を解説しながら、最速で正確に解くコツを「実戦的に」お伝えしています。

 

 

・センター国語

 

現代文(評論、小説)古文漢文を必要最小限の知識で最速で解く視点をまとめたマニュアルをご用意しています。

そしてそのマニュアルを読みつつ

最近のセンター(本試追試を含め)7回分の解説で、以下の要領を掴んでいただきます。

↓↓

・現代文は本文をダラダラ読んで解く従来のやり方とは「全く別の観点で」解いていきます。(時間が足りないということは解消され正答率も確実に上がります)

・古文漢文は「センターが用意するヒント」をどう扱うか?難解な古文の内容をどうやって「サラッと」捉えるか?についても同時に解説しています。古文漢文では、そんなに色んな知識が必要でないことを実感していただけると思っています。

(国語の解き方は、早稲田などの難関私大にも十分通用するやり方となっていますので、私大対策にも使えます)

 

 

・センター数学

 

 ①二次関数、三角関数、指数対数、数列、ベクトル、微積の6分野に関して、1997〜2011の本試験追試験について、手書きで解説しています。手書きはレイアウトが自由なので、細かい計算や注意点をその都度書き込むことが可能になりました。

 

②毎問に必要な公式や考え方を解説の流れの中に明示しながら、それを使った解説を施すことで、自然とやり方を頭に刷り込んでいくことを狙いとしてプリントを作成しています。

(公式の扱い方くらいが分かった人には使いやすい構成となっていますので、高1高2の人の日常学習にも使える構成としています)

 

③全ての分野(二次関数を除く)に、ガイドマップをつけてあり、その中で優先度やその問題で学べる内容などを示してあり、ご自身の学力に応じた問題選択をしながら「類題」演習も可能としています。

 

 


・広島大学(20年分)&神戸大学(17年分)  二次数学解説

 

①二次試験となると、難しい問題なども含めてレベル的にオーバーワークな勉強になりがちですが、この2大学は全国国公立の中でも特に汎用性の広い基礎〜標準レベルの問題のみで構成されているので、ご自身の志望大学の過去問演習の前にまたは日常学習において演習されると、大きな成果に繋がりやすい力がつきます。

 

②問題、解説の全てを手書きで解説してありレイアウトなども自由に作成していますので、インパクトのある解法提示(毎問で書いてあります)や細かい計算の注意点も可能にしてます。(必要な公式も傍に明示しています)

 

③解法はオーソドックスなものを中心に解説はしていますが、その問題にありがちな回り道的解法の解説は極力排除して、汎用性の高いショートカットできる解法の解説を心がけています。

 

④入試においてのマイナー分野(例えば極方程式など)にも公式や考え方をきちんとまとめていますので、その分野はそのまとめだけで特に問題が無いように配慮しています。

 

⑤広島大学と神戸大学はセットで過去問演習をしておくと、お互いの無いジャンルなどをカバーし合っているため解法のモレが少なくなり、相互で似た類題も多く発見できるますので、基礎〜標準レベルとはこういう範囲の問題だ!ということを実感しやすくなります。

さらに金沢大学+九州大学のセットも追加オプションとしてご用意しました。

これらの大学は広島や神戸で出されなかった角度の問題も多く収録されてますので、本番に向けたアウトプット練習にも最適なものとなっています。

 

⑥国公立二次試験では、着眼点は割とわかり易くとも計算処理などが煩雑なため途中で解くことを断念するケースもありますが、この2大学はそういう煩雑な面も兼ね備えた構成になっていますので、速く正確に解く練習としても使えます。

 

⑦試験会場で実際に書くべき解答(計算過程は多少端折ってもらっても大丈夫です)で構成してありますので、論述答案とはこういう感じなのだなということも掴みやすくしてあります。

 

 

販売サイトはコチラです

(↑サンプルが見れます)







目次2(最近の記事の目次です)





AD
いいね!した人  |  リブログ(1)
NEW !
テーマ:
先の成功失敗を考えると

不安になるものです





人事を尽くして天命を待つ





受験というのは

最後にはこの境地に達するものです






出来が良かったと思われる入試で

不合格にされてしまい

出来が良くなかった・・・

と落ち込んでる入試で

合格を勝ち取ったりと

競争相手あっての

選んでもらう相手あっての

テストなのです






もう分かりますよね?






受験生がどうもがいていても

結果は神のみぞ知る

です





だからこそ

自分の精一杯を

あれこれ考えず

ひたすらぶつけてください!!!




不安なのは誰もが同じ




だから

気持ちでも優位に立って

試験に臨めるように

がっちり準備してください




色んな言い訳を考えて

スローペースな勉強になってませんか?





最後まで全力の全力で

懸命に頑張ってください!!!





この一週間で

自分を変えるつもりで

真剣に

そして

希望を捨てずに

前を向いて頑張っていくのです






鬼気迫る気迫をもって

テストに立ち向かってますか??





ここで

エネルギーをぶつけずして

いつ頑張るんですか??





諦めたり

余裕こいてたり

そんな態度では

テストの神様から

嫌われるだけですよ!!








私は思うのです




受験って

その後の人間性を作る

ある意味試金石のような気がします




こういう場面で

くよくよして打ちひしがれてる人は

この先の試練も乗り越えれないと思うし




たかだか一週間すら頑張り抜けない人は

ロクな仕事ができないと思うし




不安につぶされて

前に進めない人は

所詮

そんなレベルの人なんだと思います













立ち上がりなさい!!!








そして

闘いなさい!!!!!!









自分で選んだ試練に負けてどうする!!









あなたはそんなもんじゃないんでしょ?





















今の挑戦を

後で胸を張って振り返れるように

この場から逃げずに

頑張ってください!!!










さあ、再び、戦闘開始です!!







目次2(最近の記事の目次です)




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
うじうじ悔やんで
考えて悩んで
それで終わりの人は
絶対に上手くいきません!



地頭が良くても
こういう人は
結局
受験では成功しません


本番度胸がないんですね

恐怖感を越える前に、先に精神的に潰れてしまうんですね




考えているんだから

悩んでいるだから

そんなことはないだろう

きちんと活路を見出して

成功ルートを歩んでるんじゃないのか?

と思われがちですが、、、




うじうじ悩んでる人って

アドバイスされても

それなりの先生についても

いい参考書や問題集や戦術があっても

結局、なんだかんだ悩んで

前に進んでも

すぐに立ち止まってしまって

またつまらないレベルのことを

悩んでしまうですよ



結果

圧倒的に勉強量も足りなく

必要な勉強もできていなくて

入試のときは

コールド負けを喫してしまい

すべてが終わってしまうものなんですね・・・







勉強してるとき
日常の生活のとき
それなりに
「流して」前向きに切り換えていける人は成功しやすいのです!!




これは、ホンマです



合格者のほとんどは

意外と楽観的に考えながらも

壁を上手く乗り越えてきてるんですね



悩みながらも

そこで立ち止まらず

希望の光を見出してるんですね





そして

気持ち的には



普段点数が取れてる人は←ココは実は怖い!

油断はアカン!



普段点数が取れてない人は

悩む前に
巻き返すぞ!



という感じで



状況を逆転させる意識を持って臨むのが良いですね




セオリーや常識判断にとらわれず
逆の目を意識してみると突破口は見えてくるものです








悩みがちな人が
悩んでて
どうするねん?


なんも
はじまらへんで!








目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
練習でミスをするのは仕方ないことですが

ミスを許してはいけません!




なぜそんなミスが
起こってしまったのか?




そこを、徹底して追及するのです!!




そして




2度と同じミスをしない!




という気持ちで、何度も反復しないと

また、同じようなミスをしてしまうのです





勉強におけるミスは実力の不足からきます






分かってるつもりになって

実は分かってなかったり

身についてなかったりするものです





ミスをしたら
悔しさを持ってください!






小さなミス1つで
合否が決まるのも入試です






取れるものは
根こそぎ取って
しっかりガメていかないといけません!!








難関大学の競争は
熾烈です




合格したい気持ちが半端ないので
みんな必死なんです!!







このくらいのミス
は大丈夫だろう…
とタカをくくっていてはいけません






国語のその一問が

英語のその一問が

合否を分けるのです







手に負えない難問ならいざ知らず

それは正解にしとかないと!!

という問題はなんとしても

もぎ取ってください





入試は
勝負の場です






小さなミスを許さない勉強をどうか心がけてください











目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
同じ学力、同じ志望校であり

同じ勉強をやってても

合格する人と合格しない人とに

分かれてしまうものです




様々な原因があるのですが


根本的な原因は

その勉強を信じて
やり抜いてるか

途中でフラフラして投げ出してしまってるか


ということにある
と思っています



何度か繰り返して頑張っていると

どこがマズイのか?

どうすれば良くなるのか?

こういうところを真剣に考えていくように

なっていくものです



たとえ、はじめの方針は多少まずくても

自分のやり方を信じている人は

創意工夫をして

良い形にしていき

それを実行していき

学力を志望校に合格出来るように

調整していけるものなのです



まずいのは

ふらついてしまう

根本的な気持ちの問題であったりするのです



大抵の参考書や問題集は

合格に足りるだけのものを提供しています



参考書や問題集は

最近では工夫された物が多く

これを使ってるからダメ

これを使ってるからOK

ってことは、考えにくい状況にあります



背伸びして

無理をしてない限り

その流れで

学力は伸びていくものです



伸びないのは

あなたの気持ちのせいなのです!!!



結局

どんなに良いものが与えられたとしても

合格する人はする

合格しない人はしない

のです



フラフラせず

やるべきことを

頑張って

やり抜いてみて

ください!!



もちろん

志望校の問題を

見据えながら

ですよ!!


迷ってる時間は

ないのですから

一刻も早く

流れを作って

いきましょう!





目次2(最近の記事の目次です)




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
当たり前のことかもしれませんが、、、



試験中

こうして欲しい姿勢

を書き連ねてみますね




①設問をよく読む

→よく読んでなかったためのミスが、試験場では多発するのです

→焦りからなのか、気負いからなのか、普段の姿勢からなのかは分かりませんが…

設問をよく読み、狙いを考えてみてください!!
『何のためのその設問なのか?』が他の問題を解くカギともなることが多いですので!



②転記ミスがないか確認する!

→数学などには多いミスです

→問題文に書かれてある数式を計算するために他の場所へ写したときに、数字などの少々を写し間違えてしまい、、、記述試験のために解答が出ても間違ってることに気がつかなかったり、途中で計算が破綻して、、、焦ってしまったりするのです

写し間違えのミスなど、自分には起こりえない、と考えるのは危ないです!
試験場では、何が起こるか分からないと考えて確実に確実に処理してください!



③頭が真っ白になったら、1度手を休めて休憩!!


→英文内容が頭に入ってこない、数学でアイデアが出てこない、、、

解けない気がする、、、と思った瞬間に、頭がパニックになるものです


力不足だけでなく、取ろう取ろうと思う焦った気持ちが、問題を見えなくさせてる原因かもしれません!

そんな時は、軽く休憩を入れながら、解けそうな問題を探して解いて、解けたことに対して落ち着きを作っていくのです!

→よほどのベテランでも、焦りから解けないことでさらに焦ることはあるのです!!
だから、まずは、落ち着くことが肝要です



④周りの出来具合などを気にするな


→周りはたいてい自分とほぼ同じレベルの人達で構成されています

→だからこそ、周りの書いてる量とかを気にしてしまうものです

適当に埋めてる場合、見当違いな解答を連ねてる場合も多いのですから、書いたものが〇になってるとは、限らないですよ!

→二次の場合、難度がそこそこ高いので、選択して解答を作り込み、その結果、白紙の問題があっても、合格最低点を考えたら合格してることも多いのです!

→周りの、『今年は簡単だった』みたいな声をアテにしてはいけません!!

→こういう発言をしてる人達が、たいてい不合格になってたりするんですよ!!

→合格者はたいてい『静かに』行動してたりするものです!!

発言にだけは、惑わされないようにしてくださいね!!



⑤丁寧な字を書く

→書きなぐった答案ほど、見る気が失せるものはありません

→大学入試の場合、短期間で相当数の答案を貫徹で採点したりしてるのです

→当然、イライラMAXになってるのは、分かりますよね?

→そんな状態のときに、書いた本人でさえも判読できない答案を、第三者が好意的に読んでくれるとは限りません!

→読めない答案はバツ、どちらとも取れるときはバツの方向で、採点してしまいますよ!!

→極限状況だからこそ、丁寧な処理をお願いいたします!!






以上、当たり前のことを書いてみました!!






試験で勝つ人は

当たり前のことを高次元で

できてる人なんだと思っています
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
受験勉強においても
何かで成功させていくにしても

動き出しの早さは
大切なんやな



(朝に)
「微積分に不安があるんだよな...
あ、そういえば
わかりやすい参考書があるって聞いたわ」

「あ、でも今日は
スマホ触るのもめんどくさいから、明日Amazonでも確認してみるか」

本屋も少し足を伸ばせばあったりしても
なんだかんだで
こういう人は動かないわな


こういう人って
エネルギーが欠けてるんですよ
根本的なところで><



とりあえず微積分にも
モンモンしながら
とりあえず勉強を始めて
なんとなく過ごす一日となり

気がついたら
微積分の本のことも気になりながら
また明日にしよっか...
的に
どんどん先延ばしになってしまうんやな


エネルギーロスからの
機会喪失は
何事においても
ほんま痛い


痛すぎる><


こういう状態やと
出足の悪さから
気がついたら
ズルズルいってしまうんですわ

気になることが解決されずに、な


気がついたら...
あ、、、間に合わへんわ、さすがに...
もう無理かな...
的に
諦めるのもまた早くなるで 笑



本当に困らないと立ち上がらないようでは
受験生として
めっちゃマズいと思う



早くに手を打てば
間に合うものも
機会を喪失すれば
それだけチャンスは減る

そういうもんやないかな?




困るかもと危惧して困る前に動く


より良くするために一歩先んじて動く


気持ちを動かし
行動に移し
さっさと継続していく


うまくいってないときほど
こういう素早さが大切になってくるよな



自分を鼓舞する上でも
エネルギーを作り出してみる
くらいに自分を引き上げていこうな




これには内なるパワーがとても必要やけど
このあたりのエネルギーが枯渇してるようじゃ
この先がほんま大変になるわ


バイタリティのない人には
受験生として成功するチャンスもないと思うから、しっかり踏ん張りたいところやね




さあ、
成功するために
積極的に
一歩先へと動いてみましょうか!

もちろん 
頭を使って考えながら、やで!!

先を予測しながらも
出足の早さには
ちょっとこだわってや!!



今日も暑いやろうけど
テキパキ頑張っていきましょうや☆







目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
点数が悪いときは克服すべきポイントを修正すれば、必ず上向きになってきます!


悲観的になったらアカンよ!!!


点数上がったら
カッコええやん


そう思える機会があるだけ楽しいやん!!





マイナスに考えて行動を狭めるのでなく、こういうときこそ、前向きに開き直りつつ、出来ることは何でも頑張ってみよーや


頭でアレコレ考えるより
習&チェック


変に理屈っぽくなって動けないことより、行動する自分でいてください!!







そうすれば
この苦しみ?から
開放される時が
必ずきますので!





壁を超えるまでが勝負です!!




そこまでは
辛抱せんと
アカンのやで!!




明るい未来のために、頑張って、頑張って、頑張っていきましょうや!!!!



目次2(最近の記事の目次です)




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。