大学受験逆転合格法☆偏差値20台⇒80台へ

1年で、私が
偏差値20台の5教科を
すべて80台にした要領を公開します★★

東大、京大、早慶、国公立医学部、旧帝大、MARCH、関関同立すべてに通用する考え方を
本気で人生を切り拓くべく頑張ってる人に向けて発信しています

頑張ってるのに点数が上がらない
どうしても来春合格したい
という人だけのために
教材も販売しています
https://jukenkouryaku.stores.jp/
NEW !
テーマ:
毎日の勉強の記録をつけてますか?

つけて無い人も多いかもしれませんが
受験勉強を誤った方向へ持ち込まないために
ぜひ、記録をつけていくことをオススメします!!


ただ記録をつけてる人の多くは

〇〇の参考書を何ページ〜何ページやって
それに費やした時間などを添えて書く

というシンプルなものにしてるみたいですね


これでは本当にただの記録になってしまい
あとで見返した時、ペース配分しか分からず、自身の成長が確認出来なくなるかもしれません




記録をつける意味として大切なポイントは
振り返った時に「何が成長したのか?」が把握できること
だと思いますので



例えば
こんな書き方をされてみてはどうでしょうか?




〇月△日

【数学】
郡数列 10問:3時間
(センター試験過去問&〇〇大学2014年、△△大学2011年過去問、...)
整数が並ぶタイプ、分数が並ぶタイプ、正方形型に並ぶタイプ(←3問)

苦手な郡数列に自信が持てたが
□日と◎日にはもう一度すべて復習して完全にしておこう



こんな感じで

具体的にやった内容の情報・感想・いつ復習しておくか?

について書いておくと
具体的な成長が見えやすくなり
その単元などに対する成果なども感じやすいと思います



他には


【英語】
センター試験過去問2011本試験

80分でやる予定だったが80分で第5問の問2までしかできなかったので、あと30分延長して取り組んだ

158点/200点 時間:110分
第1問4点/16点
第2問...
...

アクセントのenvironmentには注意!
文法は
分詞と不可算名詞がアウトだったので
すぐに補強しておいた
語句整序問題で
Whatの使い方が怪しかったので
ネクステージで特に復習しておいた

長文は全訳に意識を振りすぎて時間が足りなかったので、要領良くやる方法も併せて考えておくべき
←明日から3日間で
第6問を10題やってみて
どうやって攻めるべきか?考え直してみる

模試の復習は3日間で分割してやり込んでみる




テストをやったなら
何を補強したのか?
今後どうすべきか?
を記録して
今後の方向性も記入しておくといいですね



ただの記録ではなく
具体的に
・成長ポイント
・今後の方針
・復習のtiming

などを書いて
明日以降につながるものになっていると、成長もより早くなっていきますよ

このあたりは色々工夫しながら
試してみてくださいね☆







目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
勉強で成果が出せてない人は
科目を徹底的に絞って
そこを引き上げてしまうのも
1つの合格への早道となります

たとえ国公立大学志望であっても
極端な苦手が英数国に存在するのは
秋以降にそれが大きく足を引っ張ってしまうことになるからです

夏までに
そういう苦手な気持ちをいったん払拭してしまうと、秋以降の勉強に俄然集中できたり大きな成果につながったりしていくものです



そこで
この記事では
夏のマーク模試に向けた
単純な勉強メニューを
提案させていただきますね



河合の全統マーク模試で
良い成果として出すためのトレーニングは
以下のような感じです







【 英語、数学 】
・河合のマーク模試過去問2018版&2016版
(計16回分)
・東進のマーク模試過去問2017版&2016版(2018版が販売されれば2018版&2017版)
(計14回分)

(河合は二年連続の冊子だと半分の問題がダブります)

合計で30回分のマーク模試を
丁寧にやり込んでみてください

(河合に比べると東進のものは根拠が薄い問題も見受けられるので、最低河合の16回分だけでもやり込んでおくこと!)


学力に自信がない時は
ゆっくり時間をかけながら解いてみて
一つ一つ丁寧に解説をチェックしながら
再度考え直してみてください


学力に自信がある時は
英語なら60~80分
数学なら40~60分
で解いてみて
点数があまりブレないように練習してみてください


マーク模試で高得点を出すには
マーク模試をやり込むのが
一番早く成果を出せるルートになります

(↑逆に基礎学力をつけていっても、模試などを使って練習しておかないと成果として出しにくいとは思います)


マーク模試の練習をすることは
同時に基礎学力の確認にもなりますので
足りないところはしっかり埋め合わせをしていくようにしていくと、模試を練習する度に成長も感じやすくなるとは思います



【理科&社会 】
これらは普段の勉強ツールでしっかり勉強しておいて、マーク模試の1週間前にそれまでの勉強の成果をチェックしてみる上で、河合のマーク模試の過去問2018年版(8回分)をやり込んでテストに臨んでみるといいとは思います

(8月のマーク模試は範囲がまだ狭いので、敢えてマーク模試の練習はやらなくてもいいかもしれませんが、10月の模試対策のことであるならやってみるのもいいですね)




浪人生は
英数理社で成果を確実に出せるように

現役生は
英数で成果を確実に出せるように

頑張っておくのが
8月マーク模試の目標です
(10月、11月のマーク模試の目標は、英数理社で希望の点数が出せるようにしたいですね)



【 国語 】
変なクセがつくといけないので、センター試験過去問だけを練習しておいてください






(追記)

これまで
勉強の成果を出せていない人へ

練習回数(&丁寧なチェック)がものを言うのが 英数ですので、
特に念入りにやり込んで、成果を出しておきましょう!

あなたが作った結果が
あなたの流れを変えていきます

良い結果を作り
あなたの自信につなげ
志望校合格へのルートを確保しような!!






(さらに追記)

普段の勉強をきちんとしておけば
マーク模試なんだから
成果は出るはずなのに...
と思われるかもしれませんね

もちろん「実力がある」人なら
調整力も働かせながら時間内に満点近くを取ることはたやすいのだと思います


でも
たいていの受験生は「実力者」ではありません

あれこれ勉強はしてるが
しっかりとした成果を残せてない人が大半ですよね><

そういう悪い状況が続くと
受験に対して極度に不安を抱くか
力を発揮できないイライラから勉強もどこか諦め気味になってしまったりするものです


受験生が入試までに本当に欲しいのは

途中過程での「結果」
そして自分でも合格できる!というイメージ

なんじゃないかな


そういう意味で

「結果」を意図的に作ってみる

のは悪い行為ではないはずです!!


誰だって
良い判定があった方が
気持ちがウキウキしたり落ち着いたりするものです
(天狗になってはダメですが、良い判定があるに越したことはなおわけです)

こういう感じで高得点が取れた
という経験は、次なる勉強にも良いつながりになっていきますので、結果にこだわってプランを作ってみました



いろんな勉強のやり方があるので
こういう考え方を押し付けるつもりは
全くありません



結果が出せなくて焦ったりする性格なら、こういう考え方で真剣に対策を立ててみて、突破口をひらいてみてください!!


模試であれ
良い結果を残せると
前向きな自分を作ってくれますから*(^o^)/*










目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
大学受験生の目的とは何でしょうか?


もちろん
(しっかり勉強をして?)
大学に合格することです


つまり

国公立大学受験生は
センター試験と二次試験を

私立大学受験生は
その大学の問題を


最終的にクリアしなくてはいけません



その目的を忘れて
参考書問題集をやる・授業を聴く
ということを行っているのは
ある意味で本末転倒してるのかもしれません


センター試験は
どんな問題を出すのか?
「熟知」してますか?

志望大学の二次試験は
どんなレベルのどんな範囲の問題を出すのか?
「熟知」してますか?

早稲田大学の一般入試は
どんな角度の出題で、どうやって解けばいいのか?「熟知」してますか?



これらを
秋以降に知るようでは
志望校のレベルに全く届かないレベルで
勉強を終える可能性が待ってるだけになります




秋以降に過去問をやって間に合うのは
その時期にすでに「実力的には」合格できるレベルの人だけです

(そういう人はあとは調整するだけで合格しますので、過去問で傾向や難易度をつかむ程度でも大丈夫なのです)




難関の志望校には到底届かない普通の学力であったり
偏差値50程度の力では
馬力をかけて勉強をしたところで結局、的外れ勉強に終わるのがオチです



基礎的な事が分かってきて
センター試験レベルをしっかりこなしたら
次は過去問を解きまくってください



その際

なぜそれが答えになるのか?
どうやってそれを導けばいいのか?
それを本番に対してどういう法則性のもとでどのように他の問題に応用すればよいのか?

を考えながら
一つ一つ丁寧に分析していくことが
大切となってきます


そのあたりは
いわゆる書店で売られている対策書では
対策が不十分なのです
(特に国公立二次試験や早慶入試に対して確立されたものがほぼ販売されておりません)


ご自身が
(心もとないですが)赤本などの解説を頼りに導き出していくしかないのです



これには時間を要します



特にコツをつかむまでの時間が人それぞれでが、これまでの学習が不十分な人にはなおさら時間はかかると思います


それでも
通常の問題集をやり込むだけでは
合格水準に達するのは困難なので
こうした分析はやるしかないのです


難関に逆転合格を果たすなら
できる人が秋以降に行うであろうこの部分へのアプローチを、学力が(多少)劣ってる人こそ早め早め
にかけていく必要があります


合格までの道のりを迂回させながら学習していくと、できる人以上に遅い時期からのアプローチとなりかねないので、ますます合格は遠のいていくわけです



行程をショートカット

つまり

過去問に直結させながら勉強していく


できるだけ早い時期に、このアプローチで苦しんでください


ヒントは
ブログや販売ツールで
得ながらでもいいとは思います
(早稲田大学や慶応大学の過去問解説プリントも販売する予定です)


センター試験などで
ある程度の基礎学力を固めたら
早慶や国公立二次試験へのアプローチを
開始していくと
何が不十分なのか?がよく分かってきます


そうすれば
何を埋めていけばいいのか?も同時に分かってきますので、無駄な勉強を防ぐことにもなります


合格したいなら 
「過去問を熟知」してください

そして合格点を得るために
本当に必要なことを補強してください

そして
自力で過去問が解けるように
自力で真剣に考えてみてください


解くという行為は
思ってるほど様々な知識が必要ではなく
本当に必要な知識と
問題への着眼の仕方で
どうにでもなるものです


1日も早く
制限時間内での自力解答&合格点獲得
という状況にしていかないと
意識の中で志望校を下げてしまうか
間に合わない...という絶望感を感じ始めてしまいます...


そうならないよう
実力が足りない人ほど
できるだけ早い時期での
過去問へのアプローチをお願いいたします








目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
センター過去問をやるとき

単なる答え合せをしててはいけません!



なぜそれが答えで
なぜこれが答えでないのか?



ここを、徹底的に、調べ、考えてください!

(解説を見ながらでもいいですが、自力で考える意識は忘れないでください!!)





精巧に作られた問題だからこそ

ここをしっかり考えておく価値があります






ひとつひとつの選択肢に対する正誤を、自分で追い直しておくことが
得点をアップさせる秘訣
となります





理由づけ
を丁寧にやる!





これを意識するだけでも

かなりの伸びを感じるようになりますので

手を抜かず

徹底させてくださいね!!




マーク模試は

ちょっと(かなり)微妙な作りなので

他社アバウトに見直すくらいでも構いませんが

センター過去問は、そういう観点からも

大切に大切に扱ってやってくださいね!!




センター試験の問題の中で
スルーしてもよい問題はほぼ皆無です

全問、根拠を持って解けるよう当てずっぽう的な解き方&復習は辞めましょう!




今は試験当日でなく
その前に勉強をしてる期間でありますので
つい誤魔化してサッサと片付けてしまうこともあるかもしれません

そういう風に日々の勉強に対して
頭をいじめず問題を解いていくクセをつけると...

入試当日、いや、その前の段階の模試などで結果を出せてない自分に嫌でも出会うことにもなります

勉強の場合
手を抜いてきた部分が
結果として悪い方向に作用してしまうものです

こういうのは
入試が終わってから 
自身が痛いほど分かるものですが

当然今の段階では
考え直しの大切さは分からないわけです


でも
分からないことを
分からないままにしておいても
何も進歩しない
ことは分かっていただけるはずです



こういう当たり前の観点から
自身の勉強への姿勢を見直してみてください!



ちょっとした姿勢の転換で
大きな成果につながります


めんどくさいかもしれませんが
センター試験過去問の見直しを自力でも
頑張ってくださいね!!








目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


センター過去問を単元別にこなしていきながら、数1A2Bの基礎固めを徹底的に行う&数3は基礎〜標準レベルをクリアするだけで良い」

センター試験数学ⅡBの解説を用意しました


という骨子で勉強していかないと、時間がいくらあっても足りなくなり、数学にムダな時間をかけてしまうのも多浪への道につながる原因となっています


網羅型のチャートやFOCUSゴールドは、学習範囲が無駄に広くなり、出題されないレベルの問題が多いわりに、必要なレベルを掘り下げていないので、苦労したわりに実際の入試では点数にはつながりにくい&自分で問題レベル(範囲)が絞れず、あれもこれもやらなきゃという焦りにつながりやすいという点でオススメしてません

 

数学は魔物です 

理解を積み重ねていくと

不思議とどんどん難しい問題にチャレンジすることが快感となり、上手い問題の本質に感動したりということにもなるわけです

そして基礎〜標準レベルの問題をバカにしがちな状況に陥ります

(バカにはしてないが、それを徹底的に満点を取れるようにしようとは思わなくなってしまうのです)

 

現在の大学入試は、「高速処理型+計算の煩雑さ」で攻めてくる問題が8割以上を占めています

(以前はめんどくさい難問が混じってた京都大学や九州大学、名古屋大学、東北大学でも、ここ数年の問題は、こういうことを意識した作りになっています)


(↑恐らくですが..受験生のほとんどが試験会場では、やや難問でほとんど得点が取れずにいて、差がつかない状況になってる学力低下が要因となっているのでは....)


(地方国公立大学の入試では医学部用の設問以外の共通問題は処理能力だけを聞いてるかのごとくの問題の集まりとなっています)


(↑地方国公立での学力低下はさらに深刻になってきてますからね...)

 


相変わらず、なぜか、めんどくさい問題集をやり込んだり、ハイレベルの問題の講義を受けてきた医学部受験生の多くは

じっくり考えて解くということに集中してきていて

(←これでは問題数を稼ぐ勉強は必然的にできていません)


この高速処理型の試験に慣れていない状況を普段の勉強で作り出してしまっているので


センターの点数が足りなくランクを下げて受験しても、処理能力での凡ミスなどで7割〜8割が取れず敗退してしまってる例があまたあるわけです

 

だからこそ

「高速処理型」に「まずは徹底的に慣れていき」

指が勝手に動くレベルで正解を取れるようにしていく必要があります


それでも時間に余裕があるなら、じっくり型の問題も採り入れていけばよいかと思います

(←たいていの国公立医学部受験生にそんなヒマはないと思いますが...)

 

医学部を備えた7割ほどの大学では

問題レベルは基礎〜標準レベルであり

やや難問はセンターがコケてない限り

取るべき問題ではない


(取れなくて何も問題がないことを合格者の平均点&最低点が物語っています

←一度色んな大学の点数と問題バランスを調べてみると、センターと英語と化学が高得点安定をしていれば、数学でそんなに点数が必要でないことが分かります)




という状況を踏まえて

以下の対策が有効になってくると考えています

 


①センターで190点以上が欲しいので

基礎の基礎があやふやなら、坂田アキラ先生の本などで本当に必要な基礎を素早く潰していくこと

(網羅型参考書に手を出したら合格は半年以上遅れることになると思います)

 

・現行の課程用の東進・河合のマーク模試過去問を70回〜100回(駿台は...使えるものを使うくらいの姿勢で問題ない←傾向から逸脱した問題が多いが2018用の問題集は少しまともな内容となるかも)


・センター過去問は単元別に1997〜2014年の本試験追試験

(↑追試験もきちんとやってセンターの奥深さを徹底的に体験すること、本試験のモチーフにもなるのでこなしてセンターの角度全てに慣れておくこと)

センター試験 数学の解説を用意しました

(2015~2017の本試験追試験はセンター直前期用のテスト演習用に取っておく)


→データや整数問題は、マーク模試でほとんど穴埋めが出来るので、それ以外のジャンルをやっておく

(三角比の問題は1997〜2005だけでよい

→2006〜2013の課程では方べきの定理などが混ざり使えない)

 


②上記の内容をテストをしてて、安定して90%が超えるようになってきたら、①は少しづつ継続しながら、数3の基礎を「短期間で繰り返しながら」詰め込んでいく! 

(中経出版シリーズの坂田アキラ先生の参考書などは目的に合っているが、基礎的なことをある程度学習できるものなら何でもよい。ただし、時間がかかりすぎるレベルの網羅型教材はムダ問題も当然多いので、この段階の勉強には不向きである)

坂田アキラ先生の微積 最短攻略ルート



③次にこの段階で基礎~標準レベルの国公立過去問で(テスト)演習です


基礎〜標準レベルの過去問の解説を読んでも?になることは少ない

ので、実践練習として


(河合塾のSTARTDASHシリーズを挟んでもよいが...以下の練習と重複することも多いので補強策として後から使うのもありだと思いますし、この教材は無くともよいです)


・広島大学(1997〜2016)

・金沢大学(2006〜2016)

・神戸大学(2000〜2016)←15ヶ年シリーズあり

・九州大学(2004〜2016)←九州の予備校さんが良い解説本を出しています

・北海道大学(2000〜2016)←15ヶ年シリーズあり

・筑波大学(2006〜2016)

その他、地方国公立大学の問題が全般的に使えます


神戸大学/広島大学 合わせて37年分の解説を用意しました

(↑金沢大学の解説11年分は、購入者へ無料配布するかどうか検討中です)


→目安として50年分〜80年分程を1年の受験勉強で消化しておけば

難度の高い入試レベルでない限り、あとやることは、自身の志望校の過去問5年分~15年分くらいでOKです


→これらのメニューをきちんとやれば、河合の全統記述で普通は偏差値が70以上にはなります

 

(問題のレベル的には...広島大学≦金沢大学≦神戸大学≦北海道大学≦筑波大学≦九州大学となっています)


特に広島大学、金沢大学、神戸大学は基礎〜標準レベルのみで構成されていて、どれも改作を必要としないほど完成度が高く、かつ計算がそこそこ圧力をかけているので、ほとんど全ての問題が演習として使えます

広島大学/神戸大学 理系数学


(上手く使い分けることで、図形・計算・発想・分野の組み合わせ融合パターンの様々な練習が「問題集用にリライトされていない「生」の入試現場を再現した練習ができますね)

 

このレベルの問題もしくはそれ以下のレベルの問題を中心に構成されてる大学を志望校にしてる場合は、その他の練習に、やさしい理系数学やプラチカなどをメニューに入れてもムダな勉強となりうるでしょう...

 

 

 

ここで疑問が出てくるかもしれないので

答えておこうと思います

 

Q:数学の問題集を何冊かやり込んだりした方が出そうな範囲をカバーしやすいので、そちらで勉強を組み立てるのはダメですか?

 

考えられる勉強モデルケース

マセマシリーズで超基礎の補完→青チャート(or FOCUSゴールド)→1対1→プラチカ(orやさしい理系数学)→過去問

という黄金?パターン的な練習では...

 

①青チャート(orFOCUSゴールド)を「きちんと解けるレベルに」仕上げた時点でヘタをすると入試に突入&センター過去問演習レベルも満足にこなせない...

→分量が多いですよね...

→センターで満足な点数が取れず崩壊するか、二次のテスト練習に割く時間が取れてなくて、高速処理型に慣れずに2次に突入...

 

②または、解法パターンの広がりは作れたと思ってても、狭く深く突っ込んでくる組み合わせ自在の基礎〜標準レベルの入試では狭く練習出来てないだけに対応が弱いとは言えます


→理解レベルが追いつかない人は、理解するのにも骨が折れる問題集では、学習効率を著しく下げてしまい、別の問題集を探してリトライすることを続けてしまう参考書問題集難民を生み出すことになることがほとんどです


 →つまり「理想」的なパターンが自分には理想にはならない可能性が多い、ということを覚えておいてください

 

能力に合わないハードなメニューは挫折を生む可能性が大きく、それをこなせない自分の能力を卑下したり、無理な理解が苦痛になるかもしれないので、健全に勉強出来てるとは言えないと思います

 


世間ではそのくらいのレベルの問題集をやれないと医学部は合格できないよ、的な意見がまかり通っているのですが...果たしてそうでしょうか?


数学はそこそこのレベルを仕上げただけでも大学の選択を間違えなければ、他の教科とのバランスで普通に国公立医学部に合格されてる方は多いと思います

 

数学ほど世間の(昔のイメージも含め)イメージが現実と乖離してる教科はありません


得意な人で探究心がある人はハードメニューでもOKだとしても、

あれやこれやの教科をこなしていく必要がある数学が苦手or普通(偏差値55程度)のレベルの人たちを不安にさせるようなメニューには、

どうしても首をかしげたくなってしまいます...

 

入試では

バランスと合格者平均点のバランスを考慮し

対策を決めていくようにしないとムダな勉強の嵐となり、毎年、センター国語で詰んだ...的な人が後を絶たない状況になるわけです...

 


必要なことを

特化してやれるように

いかに自分をコントロールできるか?

が国公立医学部を突破して医師になるルートを切り開くカギを握っているのではないか?と思っています

 

1日も早く医師になってください!

願いはそれだけです

 








目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
中学の内容をある程度復習しながら進めていける数1Aはなんとかなってきても、数2Bとなるとお手上げの人いませんか?



数2Bは厄介だと思います

難易度的にも分量的にも
数1Aとは比較にならないですよね


文系二次試験でもメインでありますし
理系でも数3の理解に大きくつながる分岐点となりますし、理系の二次試験でもベクトルをはじめとしてよく出題されます

センター試験の平均点を見てみると
50点前半に落ち着くことが多く
特に文系の人は壊滅的な点数で終わることが多いですよね...







ここでは文系の人でも取り組める

苦手な人こそやってほしい
0から3まで
引き上げる
数2Bの基礎確立ルート
(4=国公立理系合格レベル・5=難関国公立理系合格レベル)

についてお話したいと思います





0からの人が最初に選ぶべき教材は
「はじめからていねいに」系か
初歩レベルを解説してくれている「授業動画」
だと思ってる人は多いと思います

中にはよく分からず
手持ちの青チャートやFocus Goldで
基礎固めをしてしまっている人もいるかもしれません...


数2Bを苦手な人が
勉強する上で大切なポイントは

①途中で挫折しないようにする

②時間をかけ過ぎずにさっさと
基本を終わらせ、それを使うセンター演習に入る!

の2点です



・はじめからていねいに系の参考書&問題集
・授業動画

この二つは
わかりやすい反面
習得するのに莫大な時間を要することが
欠点として挙げられます

言葉の定義づけから
ていねいに解説が進んでいくわけですから
到達点は高くないですが
導入としては悪くないのです


ただ
分量が多すぎるわりに
到達点がセンターレベルにも届かないため、もう1冊何かの中継点が必要となります

そういう意味で
苦手な人にとって
点数が上がる見込みが見えにくくいため、挫折してしまう感も否めません


さらには
このツールのあとに
何をすべきか?
で悩み
新たにチャートやセンター関連の書物などに手を出す傾向があるわけです


こうして
苦手な数2Bに時間をかけていくようになると
1つ1つの過程に時間がかかりすぎてしまい...

他の教科との時間のバランスで 
あまり演習をやれてない状況で
秋を迎えてしまう...

模試での点数も
秋の頃は難易度が上がり
(よりセンター試験レベルに近づきます)

思ったほど点数に伸びを感じずに
(または点数が落ちてしまう...)
さらに焦りに拍車をかけてしまうのです


こうなってしまうと諦め気味に
冬になんとかしよう
と最後の賭けに出ますが...

積み重ねの少なさから
点数が全く伸びてこない状況になるのが
数2Bです


こう考えると
挫折しなかったとしても
点数アップの見込みが少ない状況に陥りやすいのが、数2Bの怖さではないのかなと思います



こうした状況に陥らないようにするために
基礎の確立とセンター試験の演習が出来るだけ同時にでき、演習量も豊富な教材を使うのが、得点を上げる早道になる
と考え

を使ってもらうのが
過去問でシンプルに学習ができて
学力を上げる(合格する)ためのツールとしても
ブレないかなと思っています

↓これはサンプルです↓





【 勉強の進め方】

①手書き解説プリントに付属させてる公式プリントの1分野(例えば数列とします)の内容を読んで公式なら覚えて、例題がついてれば解き方も読んでみる。

(↑何のことかあまりに分からなすぎる...と感じたら、はじめからていねいに系や授業動画などでざっと数列の初歩を押さえてイメージしてから、また公式プリントにもどってきてください)


②ざっと公式プリントを確認したら、実際にセンターの問題を解いて解説を読んでみましょう(解けなければ少し考察した上で解説を読んでくださいね)。

↑↑↑↑
このガイドマップで
初心者向けの◎〇の印をつけた問題を選んで始めていくと効果的に基礎を固めることができます
(△は処理に時間がかかるもの、✖は目新しい角度の問題)

使う手法→その問題での当てはめ方の実践
その問題での思考法→計算実践

という形で本文解説を進めています

思考順に
どのプリントにも同じように書いてますので、
問題をやる時は年度順にこなしていかなくてもつまづきを出来るだけ少なくする工夫はしています

解き進めていくうちに
「基礎はこうやって使う」
「思考手順は毎回そんなに変わらない」
ということに気づいていただけると思います


③1997本試験追試験〜2011本試験は、センター試験への穴埋めを重視した解説となっていますので、基本的な手法を学びつつ、どうやって穴埋めしていくべきか?を勉強していきましょう。

センター試験は速度と正確に計算実行ができるか?を問うてるわけですので、計算量を防ぐ工夫などをしていく必要があります。
数2Bではこの部分の締めつけがかなり厳しいので、本番を想定して大量に演習しておく必要があるわけです。


④2011追試験〜2017本試験追試験は、国公立二次試験を見据えて、記述解答という視点でも解説していますので、徐々に二次試験への準備もしていきましょう。

近年のの問題は二次試験を素材にしたものにセンター試験らしいアレンジを加えたものを多いですので、二次試験への準備には十分使える内容となっています。

マーク練習としても記述対策としても使えるものになっているわけですので
・時間を計って1年分フルテストの素材として
・分野別に二次試験の答案作成の素材として
のどちらにも使えますね!


※公式プリントの中の数学アイテムプリントには、相加・相乗平均や高次方程式や絶対値などに関する処理の仕方について書いてありますので、分野別の勉強の途中でもどんどん活用してください。
各分野に絡んでくる二次関数についてもセンター試験のファイルもつけておきますので、苦手意識がある人は先に勉強しておくことをオススメしておきます

三角関数の勉強の前に、三角比の勉強が必要となりますので、公式プリントでざっと公式を覚えてから、センター試験過去問を5問〜10問ほど(自力でやり切れるまで)やってみてください!

ちなみに
数1のセンター試験の三角比に関しては
1997〜2005と2015〜2017は同じ出題範囲となっています
(図形要素が強い2006〜2014はやらなくて問題ないと思います)





センター試験過去問が高得点が取れるようになってから、国公立二次試験過去問へ移行されると、センター試験への処理力で相当な問題にまで食らいつけることが実感できると思います。


理系(医学部を含む)なら
を学習した後で、自身の志望校の過去問でアウトプット(&インプット)をして行けば良いと思います


文系なら
自身の志望校過去問(10年分)
(15ヶ年シリーズが出版されていればそれを使用してもらって大丈夫です)
でアウトプットしてみて

分野ごとに足りないかな...
と思うところだけ「文系プラチカ1A2B」で補うといいとは思います
(↑二次試験数学の配点が高いor難度がそこそこある場合だけです。文系の場合センター試験でほぼ合否が分かれますのでこの辺の対策に時間を取られ過ぎないようにしてください)



勉強ルートを単純化させて
あとは努力あるのみ
という形を提示させていただきました

困ってる人への何かの参考になれば幸いです







目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
京大理系学部に合格したいと願いながらも...
数学が足を引っ張っている人への対策ルートを作ってみました!


【数学が超不得意】
基準:
河合の全統記述模試 偏差値55以下
orセンター試験過去問で数IIBが平均70点以下


(本試験追試験合わせて40回分の数II・Bを用意しています )→数IIBは二次試験においても合格の決めてを作りますのでこれだけ用意しています
&数ⅠAセンター試験過去問2015~2017本試験追試験
&数1A河合マーク模試過去問

1年分のテストをしながら進めていくのもよし
分野別に制覇していくのもよし
解けるまでやってください
(1Aに関しては苦手と感じる分野だけ集中的にアタックするのもいいです)





坂田アキラルートにより効率的に基礎を押さえ
広島大学や神戸大学の過去問で、
センター試験で押さえた数ⅠA数ⅡBの基礎学力を記述的に再現できるか?
数3の複素数平面は手持ちの参考書で基本的なことだけ確認しておいて、微積とともにここで「誘導つき問題の」再現できるか?
練習してみましょう!


③世界一わかりやすい 京大の理系数学 合格講座↓
(Amazonで購入の際には、改訂版であること確認してくださいね)

この本で②の過程でつけた力を
誘導無しの問題で
問題への計画→試行→計算突破
を練習していきましょう

本にも書いてありますが
真剣勝負的に解いてみる姿勢が大切です

この本を最低2回は繰り返して
考え方を理解したら

直前期に
近年2017年~2011年過去問で
何を捨てるべきか?
分かる問題をいかに解き切るか?
とをアウトプット練習して本番に臨む
という形で、最低2完を目指しましょう
(英語と理科の1科目は高得点が出るように勉強しておくことは言うまでもないですが)





【京大受験生の中では得意とは言えない人】
基準:
河合の全統記述模試 偏差値60前後
orセンター試験過去問で数IIBが平均85点前後以上


①センター試験過去問プリントをどんどんテストして、間違えた問題だけ後日やり直す

②広島大学/神戸大学 理系数学プリントをテストして、完答できなかった問題を後日やり直す 

③世界一わかりやすい 京大理系数学 合格講座
1周目に真剣に考えしっかり思考過程を確認したら後日、怪しい問題を再度アタックし直す

④河合の京大オープン模試過去問&京大過去問でアウトプットテスト


(↑上記2つのルートは
センター試験が良くなかった場合に進路変更先に神戸大学などを選ぶ傾向が多いので、それも見据えています)


プリントを使わなくとも
センター試験の過去問は手に入ります
(ただし、追試験は収録が少ない...)

広島大学や神戸大学は過去問を赤本などで手に入れることはできます
(問題集で代用すると、基礎~標準+αに練習時間の多くを割かれてしまい、京大の過去問にアタックできる時間が少なくなり京大受験として非常に不利になります)


京大の問題は
(↑ヒントが少ない完答型で解法がいくつも考えられる問題です)
京大でしか類似練習ができない
ということを頭に入れておいてください!




※数学が得意な人は
京大の理系数学の本をやってから、25ヶ年などを使って過去問オンリー演習でいいとは思います
(空いた時間は他教科の強化を急いでくださいね)









目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



(↑クリックできます)

これで数3微積の基礎を
「最速で」固めたら
次にやるのは


①河合塾START DASH 微積

②広島大学or神戸大学の過去問(赤本or15ヶ年シリーズで集めて解いていく)



または
①②を併せた最短ツールとして
の数3微積問題に取り組めば
志望校の過去問に行けると思います


基礎~標準レベルを徹底的に肉厚に勉強して
思考過程を出していったり
計算などをスラスラ出来るまで実行しておかないと数3微積はガタガタになります

そして
標準クラスの難易度の数学を出題する国公立大学の「フル問題」を解くことにより、種々の組み合わせ&誘導にも慣れていき、「得点能力」が鍛えられていきます

問題集(チャートやフォーカスゴールドも含めて)には、誘導タイプや組み合わせタイプの問題は掲載数が少なく練習も不足してしまうため、そういう問題で構成されている国公立二次試験では決定的に差がついてしまいます

(近年の国公立二次試験は、医学部も含め、複雑なテクニックを駆使するような問題よりも、誘導の意図を考え確実に計算処理をする問題で構成されています)


特に国公立医学部の場合
処理練習不足が合否を分けてしまう(;´Д`)
ということにもなります


そういう意味で
あえて難しい問題集には手を出さずに
このようなルートにしておきました



数3の微積は
確かに慣れたら得点源になります
相当慣れたら
と考えておいてください


処理を最後まで正確にしないと
思考部分では得点差がつかない分野だけに
大幅な減点をくらうわけです

解ききるために
相当ハードに計算処理(解法想起)をしておきましょう


トレーニングを積んだ人が入試では断然有利になりますので、
毎日数3微積
↑国公立二次試験の大問がベストです
に触れることが大切です



どんどん慣らして
本番では
数3微積を最高の相棒にしてしまいましょう!







目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
漠然とその日の予定の勉強をして

漠然とその日の勉強を終えて

また明日、明後日と

同じような動作をしていく、、、



リズムキープは大切なことでは

ありますが、、、



判で押したように

同じ動作では飽きてしまうものです



確認のための小テストを

自分なりの形でいいので

途中に挟んでみるとか



声に出して

覚えたいものを読んでみるとか



時には

ひたすら書きまくってみたりする



ような

いつもと違うトーンの勉強を入れて

勉強そのものへアクセントを

つけていくべきだと考えます






特に

セルフで小テストを挟むのは

かなり有効なので

まとまりのいいところで

または

ひとつやったらすぐに

確認をしてみる動作が

自信へと変えていく流れを生み出して

いくものですので!!!




何かを暗記したら

白紙にどんどん再現してみるのも

効果的ですし

解法を理解して暗記したら

同じ問題を

高速で解答を書いてみるのも

いいですね




読んで覚えたことを

頭で想起しながら

頭のスクリーンに

イメージを再現してみるのも

ちょっとした時間を

有効に使う作戦としても

効果的だと思います




アクセントをつける

=ひと手間かける

と捉えて

常に復習体制に入ってることが

内容を固めるポイントでもあると

考えておくと

定着もいいですからね!!






進んで

放置しておくと

すぐに消え去るのが

最初の段階の悩みどころですので

やったことを残す姿勢を

意識しておいてくださいね!!








毎日の進歩

感じてますか??




進歩を毎日感じる

勉強になってます

か??




軌道修正するなら

今の時期です!!











目次2(比較的最近の記事1)

目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!



勉強に苦手意識はあるけど...何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!
過去問に直接アタックできる教材の数々です☆
これで実力アップの効率化をはかりましょう!
センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!



最短ルートで受験を攻略すべく、プリント教材・グループ通話による解法セッションなどを行っていく自宅学習システムです。
国公立医学部・私立医大・早慶・東大京大をはじめとする国公立理系など各コースあります。
短期間で逆転合格を果たしたい人・自分のペースでどんどん勉強したい人にうってつけのシステムとなっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

国公立医学部最短ルート

国公立医学部 英語最短攻略ルート

国公立医学部 化学最短ルート

国公立医学部 物理最短ルート

国公立医学部 生物最短ルート

国公立医学部 日本史最短ルート

 

国公立医学部

これから国公立医学部合格を目指す人へ① センター試験の目標と対策意識

これから国公立医学部合格を目指す人へ② やり方の見直し

これから国公立医学部合格を目指す人へ③ 大量事務処理対策

これから国公立医学部合格を目指す人へ④ ケアレスミス対策

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑤ センター試験から逃れられない

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑥ 高1高2の人の学習目標

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑦ 英作文の対策について

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑨ 英語の勉強は特に念入りに!

改 これから国公立医学部合格を目指す人へ⑩ 数学の勉強ルート

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑪ テスト演習をやってますか?

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑫ センター社会への科目別指針

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑬ 物理or生物の選択について

国公立医学部志望者の「意識改革」が迫られている時期です

英語学習ルート 国公立医学部受験でも差をつけるために


知らないと損する加速UP学習のコツ

基礎からやる、ということを履き違えないように!

試験前こそ、短時間集中練習を!

12時間勉強を8時間勉強に圧縮する目的

頭を『再度』働かせてダメ押しをする

志望大学の過去問とともに勉強する習慣

授業動画を見ながら学習するなら

実行力を育てるためのセルフプレイズ

分かったことはタイムアタックで身に染み込ませる

ゆったり1週間勉強 VS バリバリ3日間勉強

不要なことに力を分散させず必要なことに特化させる①

不要なことに力を分散させず必要なことに特化させる②

受験生は本来の目的を忘れがち

頭をもう一度使い落とし込むべし

実行力を「育てる」

過去問をなぜ後に取っておくのか?

時間に対する意識を徹底する!

生活のリズムは同じ時間に起きることから始まる

ミスをするのはいいが、ミスを許してはいけない

練習は細心の注意で/テストは大胆に

試験があなたを変えるが、あなたもまた変わらなくてはいけない

ミスなく標準を取りきる!!

センター試験の怖さ①

センター試験の怖さ②

センター試験の怖さ③

合格する人と合格しない人との差

熱いものを持ちつつ冷静に!

やることが決まっているのにやれない人へ

勉強をやらない(やれない)言い訳を探すべきでない!

ミスをしないチェック

大切なのは休息への気持ち

やったりやらなかったりは、、、最悪の結果を招く

自分を信じきる

恐れず、模試などの過去問!!!

勉強は疲れを感じる前にやめるべきです

浪人には現役に対してアドバンテージはない

難関私大志望といえど、センター試験は頑張っておく必要がある

解くフォームが固まると

誰の合格でもなく、あなた自身の合格のために

模試のあとに、テンション上げてますか?

これから受験勉強をする人へ センター試験への認識

成果を出すまでの時間は個々バラバラ

思考は続けていく!!

浪人生へのエール

可能性を信じ、成功だけをイメージする

死ぬ気になっての努力とは?

挫折は繰り返してしまうもの

精神的に崩れないために

1年という時間は意外と短い

残された日々を全力で!

ダメ押しさせてる?→反射へ!

人生には

ミスを生かせ!!

出来の悪さに喜べ!!

変わらなくてはいけない!!!

受験で大切な真実とは

やらなきゃ、という名の空回り

できると信じる強さ

本番の試験になると結果が出せない人へ!

集中力×気迫

苦手な気持ちでセンター試験に臨めば……

同じことを、やっていても、、、

焦ったら負け!静かに冷静に闘志を燃やせ!

医学部を含め国公立の合否を決めるのはわすが1点2点です

合否を裏で左右する6月の勉強

センターは怖い試験です 今からばりばり対策していこう

改、センターで惨敗した人へ (あえて読みたい人だけ読んで下さい)

苦手なものにフタをしてたら、合格にもフタをしてしまう

義務感で支配するのではなく行動の結果を楽しむ

【重要】5月〜7月の中身の濃さでほとんどの受験勝負は決まる

合格に直結させる最短ルート勉強をしないとな

(追記あり) 合格をたぐり寄せる勉強を常にしてるか?

改の改、センターで9割を取るとは?

模試は何の為に受験するのか?

夏休みに過大な期待をするな!

記述模試の返却時期ですね 次の行動に移っていますか?


勉強のコツ

ナゼを考えて、暗記する

夏に授業取りまくってたら、、、

テストをして常に計測してますか?

スピード突破→理解の証

繰り返しでしか身につかない

問題を解いた後には再考を!

暗記がニガテな人へ! 例えば英単語を暗記するなら

正確な動作を心がけてますか?

継続はまさに力なり

参考書、問題集にはコメントを!!

こまめな休憩でヤル気を持続させる

トップダウン勉強!!

苦手こそ集中練習で乗り越えろ!!

短期集中詰め込み学習

勉強は時間をかけすぎてはダメ

ゴールからの逆算の上でのスタート&途中経過となっているか?

大まかな流れをつかむ→細かく押さえる→そして、、、

今日は、よー頑張った!!

センターは力技だけでは危ない!

問題を解いたあと、、、

必要なことだけに時間を費やす

センターとマーク模試は天地の差です

浪人生へ 伸ばせる人はごくわずか

短時間を濃く濃く勉強する

あれこれ悩んで前に進めない人へ

時間効率!

理想論と現実論

解説を読んで、、、

伸び悩んでる時こそ、工夫&ガマン

気分や体調に左右されない勉強を!!

質は大切、でも量はもっと大切!!

やるべきコトに集中!!は、難しい…

どーにも分からん問題は捨てなさい

焦って周りと比較ばかりするな!

濃くしっかりor薄く繰り返す

勉強を するか しないか 2つに1つしかない

ミスを単なるミスと片付けるべきか否か

急げ!!!

模試を受ける心構え

何のための力をつけるために、その教材(授業)を選択してるいるのか?

勉強をやるのには?

はじめから欲張った計画にしないこと!

考え直す

点数を上げる事が勉強の目的になってますか?

解答見ながら、、、

直前だからこそ詰め込む!

ひとつひとつの意味を考えて

参考書問題集について

覚えたつもり、、、がヤバイ('ㅅ';)

センター試験の過去問を、、、

紛らわしい選択肢、、、って思ってるのはヤバイです

集中力養成について!

結果にこだわれ!!!

赤本を軽目に読書しときましょう!

解いて答え合せ、、、これでいいの?

英語と国語の解き方を確立させていってますか?

改、やり方を見直したらどうでしょう?

詰め込む&繰り返す&さらに・・・

点数の取り方を研究しなさい!

漠然と勉強するのでなく、毎日工夫を!!

参考書問題集はどのくらいやるべき?

自分の中で締め切りを作る!

進行マスを作ろう!

マイペースを維持するより、、、

まずは点数になる努力を優先すること

特化作戦 ~起きてから寝るまで△△だけ勉強!!

授業も大切かもしれませんが、、、

細かいネタは気にしすぎないこと!

15分をフル集中できていますか?

基礎レベルの学習には小テストをかませる!

書く効用!!

効率を考えてますか?

覚えるときは、手と口と頭を動かす!

実戦を意識した基礎学力作りをしなさい

勉強は最初の3日で達成感を作れ

演習系を中心に意思を持って行動!!

見直しについて

反復と開拓 安心と恐怖

スピードの意識

暗記をするときは

センターは三度以上解く!!

特に医学部を狙う浪人生へ 普通の事をしっかりやり込む 余計な事をやってる時間はない

暗記するときに、見る派?書く派?読む派?

成果につなげて自分へ集中

効果的な計画の立て方のコツ

英単語の覚え方をまとめてみました (他の記憶にも応用が効きます)

毎日確信してますか? 今日は新たにコレができるようになった

ボイスレコーダーの活用もオススメですよ

これから国公立医学部合格を目指す人へ⑧ 解き方を「効率化」させる

その日の勉強は「得意な」ものから始める?「不得意な」ものから始める?

ヤル気ノートを作ってみた

難関を突破するための勉強姿勢 正確さを追求するために

苦手な人は解答は先に利用してしまおう

合格最低点から割り出したどうしても外せないレベルの問題を!

勉強の時、必然性を考えてますか?

センター過去問をする時の一番の注意事項

マーク模試の効果的な復習について

浪人生へ 1日8時間~9時間の勉強のススメ

河合の8月全統マーク模試で良い点数を出す方法(追い込み編)

基礎を固める を勘違いしてるかもの話


大学受験の厳しさ

センターって、、、ほんまに厳しい…

真面目に頑張っていけば・・・

結果を求められる受験生、特に浪人生へ!

浪人生活についてどう考えてる?

受験生は常に狭い確率で勝負している

センター↔難関私大 換算

高一高二の人へ 大学受験を志すなら一刻も早く動くべきです


英語全般の勉強法

改、早慶のための英語練習として

例えば、国公立二次の英語はどう扱うべき?①

例えば、国公立二次の英語はどう扱うべき?②

例えば、国公立二次の英語はどう扱うべき?③

例えば、国公立二次の英語はどう扱うべき?④

こんな風に英単語を覚えてもらってます

偏差値70台にするためにこの時期にどうしてもやってて欲しい英語の勉強内容

英文を読み込む際に

英語のマーク模試の復習の仕方

英作文を書くときは

英語長文を読む訓練をする時の注意点 構造を取りつつ考えておくのはコレで

英文速読のためのコツ① 代名詞 it

英文速読のためのコツ② that節の働き&読解への応用

英文速読のためのコツ③ SVOCの読み方

英文速読のためのコツ④ 分詞構文の読解の時のとらえ方

早慶、国公立医学部合格に最低限必要な英語の参考書&問題集

英語の長文を読み込む前に

英文解釈 ここは「最初に」おさえておくべきルール&京大下線部和訳


数学全般の勉強法

暗算能力を日々磨きましょう!

二次数学分析ノート作成→数学力アップ

数学の苦手を克服していくコツ

数学こそフィードバック式に勉強すべき

国公立二次試験(医学部を含む) 数3微積 最短攻略ルート


国語全般の勉強法

1問をじっくり考えてみる

最速で古文の点数が稼げるようにするぞ①

最速で古文の点数が稼げるようにするぞ②

最速で古文の点数が稼げるようにするぞ③

最速で古文の点数が稼げるようにするぞ④

センター漢文 一気詰め込み!!

古文への慣れを作るための問題集の使い方

古文対策ってアレですよね


社会について

社会の問題集の使い方

センター試験地理について

センター倫理←←社会最強アイテム

難関私立大学 政経攻略ルート


気持ち/カツ

君は果たして一生懸命努力してるのだろうか?

志望校のレベルを下げることに、なんの意味があるの?

やるべきことから逃げてはいませんか?

徹底的にやる!!

受験勉強って面白くない?

最初の誓いはどこにいった?

自分の勉強に必死になってるか?

ある東大生の合格体験記

番外編107 凹んでいる場合じゃないぞッ!

人間忘れるのが当たり前

ヤル気がでなくても

勉強やらされてませんか?

言い知れぬ不安に打ち勝て!!

「デキて当然」は魔法の言葉

苦手って?

大学受験の恐ろしさ

精神的にタフになれ!

なぜか勉強をやれない人へ

情報収集という攻めが逃げになってませんか?


センター英語解法

センター英語 2012本試 第6問 解説①

センター英語 2012本試 第6問 解説②

 

早稲田英語解法

早稲田大学入試 英語への戦略1 政治経済学部2008年第1問 1

早稲田大学入試 英語への戦略1 政治経済学部2008年第1問 2

早稲田大学入試 英語への戦略1 政治経済学部2008年第1問 3

早稲田大学入試 英語への戦略1 政治経済学部2008年第1問 4

早稲田大学入試 英語への戦略1 政治経済学部2008年第1問 5

早稲田大学入試 英語への戦略1 政治経済学部2008年第1問 6(ラスト)

早稲田大学入試 英語への戦略2 政治経済学部2008年第2問 1

早稲田大学入試 英語への戦略2 政治経済学部2008年第2問 2

早稲田大学 教育学部 英語の攻略ポイント

英語 早稲田大学の過去問の演習の前に使える大学の問題

早稲田大学 社会科学部 英語 2007 第4問 下線部つき長文① 前フリ

早稲田大学 社会科学部 英語 2007 第4問 下線部つき長文②解説その1

早稲田大学 社会科学部 英語 2007 第4問 下線部つき長文③解説その2

早稲田大学2017英語 文化構想学部 要約問題


東大英語解法

東大入試2000年の要約英文で読解のしかたを解説(^o^)読解の3つの視点とは?

東大英語  要約問題 2011

東大の要約英文を強弱つけて読んでみよう!(センター対策にもなります) その1

昨日の長文の読み方解説←英語長文に悩む人必見です!


京大英語解法

京都大学への道 2007英語 第1問 1

京都大学への道 2007英語 第1問  2


私大英語解法

関西大学 2013(2/1)英語 文整序→早稲田大学にも応用できます!

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。