シラタカとねこのブログ

自身の日々の出来事と我が家の猫、そして少しだけ猫のボランティアと保護活動について書いてます。


テーマ:

 

 

Sさん宅に来るノラにゃんたちの避妊や去勢を終えるまで

 

Sさんと私は団地のねこたちにゴハンをあげに行ったり

様子を見に行ってました。




 

影丸です。

  蘭丸

影丸改め「蘭丸」に名前変えました(^_^;)

このくらいの距離まで近づいてくるようになりましたが

私をみてジャーッと威嚇しておりますガーン


シラタカとねこのブログ-130919_064115.jpg





 

食べたいけど私がいるので

なかなかゴハンを食べることができない蘭丸。
シラタカとねこのブログ-130919_064223.jpg





 

可哀想なので少し後ろに下がると

素早くゴハンに食いつきました。


シラタカとねこのブログ-130919_064302.jpg







 

こむぎを保護した時に、この団地ねこたちに

誰かがエサを与えてる形跡がありましたので

心配させてはいけないと思い、

こむぎを保護して里親さんを探す旨を書き、

私の連絡先も書いて雨風に飛ばされないように

置き石をしてメモを残しました。





 

翌日、まるっとそのメモが無くなっており、

誰かが持って行ってるようでしたので

Sさんはノラ猫を避妊去勢させる小冊子などを置き

エサやりさんにメッセージを送り続けました。




 

そのうちSさんはエサやりさんと思われるご婦人と遭遇し、

団地ねこたちの情報を聞いてみたそうですが、

それほど詳しい情報を得ることはできませんでした。




 

そして先週、Sさんからもう一人のエサやりさんをしているという

おじさんとコンタクトをとることができたと連絡がありました。




 

9/21にSさんと私はそのおじさんと団地で待ち合わせ、

猫たちのことを聞くことができました。



 

猫たちが住みついている団地は今はもう誰も済んでいない団地で

1階のガラス窓には木の板が打ち付けられ、

誰も侵入できないようになっています。

他にも誰も住んでない棟が何棟かあります。



 

こむぎのお母さん猫、茶々丸たちは

この団地の縁の下を棲家にしています。


 

おじさんの話では団地に人が住んでいる頃、

住人がノラ猫にエサを与えていたそうなのですが、

住人が次々引越して行き、

十数匹のノラ猫たちが取り残されてしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までもらえていたゴハンがもらえない状態で

 

 

 

 

 

 

猫たちは月日を過ごし、おじさんも不憫に思い

ゴハンを与えてくれましたが、

猫たちは寒くて厳しい冬を越せず、

1匹、1匹と姿を消していったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こむぎ母さんはその厳しい冬を乗り越えて

 

 

 

 

昨年、茶々丸と蘭丸とたまに見かけるキジ白くんを産んだそうです。

 

 

 

 

どうりでいつも茶々丸と蘭丸が一緒にいるはずです。

 

 


シラタカとねこのブログ-130906_175509.jpg

 

 

たまに見かけるキジ白くんはいつも一人で行動しています。

 

写真はまだ撮れてません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさんは毎日毎日ゴハンを与え、

 

 

 

 

 

時には茶々丸と蘭丸は

おじさんの自宅にゴハンの催促をしに行くくらい、おじさんに馴れました。

 

 

 

 

 

 

冬が来ておじさんは団地の縁の下が雪で埋もれないように

 

 

 

雪が降るたびにせっせと雪かきをして、

なんとかみんなの棲家を確保してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして再びこむぎ母さんはこむぎを産みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こむぎの他に2匹兄弟がいたらしいのですが、

 

 

あとの2匹もいつの間にかいなくなったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのおじさんご自身もその団地の近くにある公園で

 

 

 

 

 

 

路頭に迷っていた猫たちを保護しており、既に8匹を飼育しています。

もちろん避妊、去勢を済ませて飼育されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この親子猫たちが可愛くて保護を考えたこともあるそうですが

 

 

 

 

現在飼育している猫たちとの相性もあり、

奥様も病気がちで寝たり起きたりの状態だそうで、

経済的にも余裕がなく、ゴハンをあげるだけのことしか

出来なかったそうです。

 

 

 

 

 

 

避妊去勢もしなければいけないことは十分に分かっていたけど

 

 

 

そこまですることができなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

保護活動している方の立場からすれば

 

 

 

 

おじさんのしていることは

猫たちにとって良くないと言われると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも私はこのおじさんを責めることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにこの何年かのエサやりで多少猫は増えてしまいました。

 

 

 

でもおじさんがこの子達を守りたかった気持ちは

私には十分伝わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の冬は例年にない大雪でした。

 

 

 

 

 

猫たちのために縁の下が雪で埋もれないよう

一生懸命雪かきをしてくれたおじさんのことを

いい加減なエサやりさんだとはどうしても思えなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

雪かきがお年寄りにとってどれほど大変な作業か

 

 

 

 

雪国に住んでる方なら想像できると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの話を美しく語ろうなんて思っていません。

 

 

 

 

 

 

避妊去勢をしないままゴハンを与えることを

決して良いと思ってもいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴハンをあげるだけでは無責任なのは、

 

 

 

 

 

世の中の人みんなわかりきっているはずで

だからこそ、ただ「ダメだ!」だけの一言で片付けるのではなく

一緒に知恵を出し合って考えていかなければ

一人では解決できない問題だと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたまSさんと私が通りかかり偶然知った団地ねこたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさんと話し合ってるうちに

 

 

 

 

おじさんはあの蘭丸とこむぎ母さんを

抱っこできると言いました!

 

 

 

 

私の中では茶々丸は保護の対象で

 

 

蘭丸とお母さんはTNRするつもりでいました。

 

 

 

 

 

 

そんな馴れている子をTNRするのは忍びなく...

 

 

 

まずは茶々丸と蘭丸を保護することを決断しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

決断といっても他の方からみたら

 

 

 

 

たいしたことないじゃないと思われるかもしれませんが

私にとっては一大事なのであります...(-"-;A

 

 

 

 

 

 

 

 

...続く。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

友人Cちゃんことシルバーさんのブログを転載します。



「~あなたからの贈り物~」   http://ameblo.jp/h113113/


どうかみなさまのお力をお貸しいただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。



                   



                     札幌管理センター 収容猫


シルバー家の保護猫
三匹中 にゃんこ先生 ようたろう 発見ねこやん



現在里親さん募集中の

小春くんにゃんこ先生 & ようたろう月見ちゃん


残念ながら…まだ一件も
お問い合わせがありません
(ノ_・。)


全く保護猫の動きがなく
・・・・・ほろり


今後のメドも立たないなか

経過観察中の花見ちゃん発見ねこやん
ケアに、かなり時間とお金と
労力がかかっています
それにシルバー自身の体調不良も
重なり、暫く新たな保護猫を迎え
入れることはできません。

そのような理由から、敢えて
センターや保健所の収容状況も
見ないようにしてきたのですが…



今日「ねこたまごさん」のブログを
拝見しセンターの状況を知りました。

http://ameblo.jp/may1119/entry-11623378458.html


本来なら譲渡枠に入れる筈の
ベタ慣れちゃん達が、このままでは
押し出し処分になってしまいます。

胸が張り裂けそうです。





今年の一月~五月のことを
思い出します


押し出し処分が迫っていた
両目の見えない
くりむくん
現在優しい里親さんの元で大切にされ
幸せに暮らしています。



15歳のおばあちゃん猫
和ちゃん
シルバーの実家で甘やかされて
のひのびと暮らしています。



ホームページにさえ掲載されずに
いたマーくんお友だちに救われ
そのまま家族になりました



ミーシャもお友だちが里親さんに
繋げてくれました。



みんな一度は処分ギリギリの
崖っぷちにいました。
でも今は幸せなお家ニャンコです。




ねこたまごさんのブログで
この子達の存在を知ったから
いのちを繋げることができました。


そのことを思い出しました。
銀太郎天使翼と勇くん天使も翼
みんなを心配しているはずです




自分で保護はできないけれど
せめてブログの転載だけでも
させていただきます。


シルバー家の保護猫達、小春やお月ちゃん
ここにいる限り、命の期限の心配はありません。

それに一応うちには暖かい毛布とアンカもあります。
贅沢はさせてあげられませんが、一日三回
ご飯も与えています。
寒さに凍えることも
飢えに苦しむこともありません。


どうか命の期限の迫った
管理センターや保健所の
子達にも目を向けていただければ
、、、と思います。


以下「ねこたまご」さんの
ブログの転載で


……………………………………………

本日、9月第四週の土曜開庁日でした。

推進員としては少しの時間しかお手伝い 出来ませんでしたが、沢山の方々が足を 運んでいました。

現在、札幌動物管理センター福移支所には、2~3年の間に40匹を超える数に増えてしまった飼い主が放棄している猫達が収容されています。

典型的な多頭飼育崩壊です。避妊去勢を怠って増え続けた結果の飼育放棄。

通常なら持ち込まれた猫達は致し方なく処分となるケースですが、今回は猫達に 感染症がみられない事や人馴れしている 事、等々…複数の幸運な条件に恵まれて センター側も譲渡の努力をしてくださっています。


今日の土曜開庁では、この放棄の仔猫達が数匹譲渡されたという事です。


限りある福移支所の猫収容スペースは迷子猫や他の理由で収容される猫達の為のスペースでもありますから、譲渡循環をみながら順次計画的に放棄収容されるとの事です。

もちろん元飼い主にはこれで終わらせるのではなく、センター側もお願いや指導などしっかり関わっていくそうです。二度と同じ過ちを繰り返さない為にも放棄だけで終わらせない事は大切だと強く思います。

こういった理由でこれからしばらくの間 、同じお宅からの放棄猫の収容が続く事が予想されます。


譲渡が進めば循環式に放棄収容される為 、周りに猫を飼いたいと考えている方が いましたらどうかお声かけをよろしくお願い致します。



……………………………………………



家のムッコちゃんもセンターにいました。
即日殺処分ギリギリのところを保護することが
できました。





子鉄 : ぼくもなんだって
ムッコ : もう大丈夫だよくま




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日譲渡会あります!

ツキネコのブログを転載します。  http://tsukineko-cafe.net/wp/blog/

にゃんこを家族に迎えたいとお考えの方、いらっしゃいましたら

是非、ご検討をよろしくお願いいたします。


9月29日【北海DOぶつNet】譲渡会開催のお知らせ。

譲渡会9.29nw

月29日(日)【北海DOぶつネット】主催の譲渡会を開催します(^_^)

*ツキネコ北海道・ニャン友ネットワーク・個人保護ボランティアで構成された
グループです。
ひとり一人の小さな力を大きなうねりに変えるために今年の春に発足しました。


日時:9月29日(日)10:00~16:00

場所:札幌市中央区南1条西6丁目8-1

   第2三谷ビル6階 (OYOYO) 東急ハンズ隣のビルになります。

☆ツキネコカフェ出店☆

ワンコインで美味しいコーヒーやお飲み物を提供します(=^・^=)



保健所には、まだまだ沢山の猫達がお家をさがしています。

「平日は行けないけど、土日なら…」という方、是非、いらしてください。

宜しくお願い致しますm(__)m

2013-09-05 17.05.52
小樽多頭飼育崩壊現場から あさひ


2013-09-16 19.27.32
福島より だっぺ&だっちゃ



 
2013-09-24 15.37.34
牛チームも参加します!


2013-09-07 17.32.12

みんなこぞって来ないと!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

団地ねこたち。



私とSさんと時間があれば団地ねこの様子を見に言ってました。




こむぎのお母さん


シラタカとねこのブログ-130903_092057.jpg










茶々丸。


シラタカとねこのブログ-130903_091935.jpg






黒猫の影丸


シラタカとねこのブログ-130906_175509.jpg

いつも影丸は茶々丸と一緒にいます。

この距離でしか近づけません。





他にもキジ白くんやSさんは白黒も見かけたと言っていました。


この状況をどうしようか悩んでいました。

去勢や避妊をして放すのか、保護するのか...。



あれこれ悩んでるうちにSさんが新しい情報を持ってきました。



そして私はやっと決断できました。



...続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぶーはウチのちびのことが大好きですドキドキ


シラタカとねこのブログ-130924_102755.jpg







ちびもこんなに可愛がられてウットリしてます音譜


シラタカとねこのブログ-130924_102820.jpg






でもそのうち、ちびの喉元をカプリ ( ̄Д ̄;;


シラタカとねこのブログ-130924_102813.jpg

最終的にはモメてケンカで立ち去る(;^_^A


日課のように毎日この光景を目にしてます(^_^;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。