王様(消滅波4と大冥界の理)使うのは敷居が高いので使わず手軽に構築企画第四弾。

今回は大冥界系統です。

ルールは以下。

アニメは無し。

VRやSRは可能な限りないものと考えて、どれか一つの弾。

Cはいいんじゃない?と浮気する可能性あり。


メインで購入するのは3弾。

部下A         0 ⇒ 1

部下B         0 ⇒ 8

ハイイロゴースト   0 ⇒ 5

ポルター        2 ⇒ 0

ブラックリスト     4 ⇒ 0

メタボーン       4 ⇒ 0

テヌキ和尚      1 ⇒ 0

導魔の子守唄    2 ⇒ 0


※部下Aが2枚以上有れば合計9になるように部下Bと差し替えてください。


部下Aは第3弾のU。

部下Bは第3弾のC

ハイイロゴーストは第3弾のU。


デッキ名 冥界の呪縛2コ1+α ver.1


初期カードライバー : 部下A


カードライバー : 13 (初期含む)

 ジョージ加藤(1st) : 4

 部下A : 1

 部下B : 8


ライブチェンジ : 7

 グラファイトゴースト(K) : 2

 ハイイロゴースト : 5


モンスター : 16

 心霊スナップ : 4

 ヒノタマジシャン : 4

 ジンセーキャンドル : 2

 遥かな大地の記憶 : 2

 エッ!? : 2

 紫煙ドラゴン : 2

 

ワザ : 8

 冥界の呪縛 : 2

 消滅波 : 2

 冥界の呪術書 : 3

 ダークなリバース : 1


用法

グラファイトで強化されたハイイロゴーストと遥かなる大地の記憶で頑張るデッキ。

POWが3000以上の奴は心霊スナップと冥界の呪縛で頑張りましょう。

※第4弾を買って下っ端の意地(C)を入手出来るなら部下の枚数を少し減らして入れるとなおよい。

大冥界系は消滅波が4枚無いときついので追加で構築2個買うのもあり。

そうすれば、冥界の呪縛でトルクを攻めつつ消滅波4枚と紫煙ドラゴンとジンセーキャンドルで戦線を維持できます。


このデッキの戦い方は、部下Aの能力でグラファイトゴーストを手札に加えてライブした後、3000になる霊怪族と2000のジンセーキャンドル、紫煙ドラゴンでモンスターを撃破しつつ、ハイイロゴーストでバーストするといった流れ。

ヒノタマジシャンは霊怪族強化の恩恵を受けて2500になるので採用しました。

アドバリューンが手に入っていればアドバリューンの方が優秀なので上限2枚くらいを目安に交換しましょう。

アニメ2が入手できれば部下ABCを手に入れて部下枠に入れたいですね。


~独り言~

とりあえずハイイロデッキを公開しますが、大冥界系統は相手に何もさせないことが勝つために必要なことと言っても過言ではないので、余裕があるなら消滅波4に大冥界の理1を入手しましょう。

使わなくても選択肢に選べるだけでぜんぜん違います。

他の系統と比べ王様を使わないので2弾の優先度は低いです。

AD