ちょっと遅刻気味に更新。

気付いたら日付が変わってたんだぜ。

楽しみにしてくれてた人にはお待たせしました、ついに完成です。

まだ対戦回数が少ないので強いと言い切れませんがバトルスタイルの新バージョンとも言えるデッキなのでそこそこイケルのではないかと思います。

部下Cの枚数とQB&ブリオンの枚数がネックですが他は楽(シングルなどで楽に入手可能)なカードなので是非お試しあれ。


カードがない場合の代替案

部下C ⇒ 部下B(合わせて10になるように)

QB ⇒ ジョージのシシカバネorオイルサーディン

ブリオン ⇒ 一族の命運or冥界の呪縛orオイルサーディン & バルトサモン ⇒ ジョージのシシカバネ


※部下Cは最低4枚は無いとグラファイトPを安定運用できないと思われるのでこの構成にしないほうが良いと思われます。


デッキ名 QBvsジョージ加藤&下っ端の意地 

初期カードライバー : 部下A


カードライバー : 15 (初期含む)

 部下A : 1

 部下B : 2

 部下C : 8

 ジョージ加藤(1st) : 4

ライブチェンジ : 3

 QB : 2

 グラファイトゴースト(Porアニメ) : 1


モンスター : 11

 ジンセーキャンドル : 3

 バルトサモン : 3

 紫煙ドラゴン : 3

 ゴールド・ブリオン : 2

  
ワザ : 12
 下っ端の意地 : 4

 ダークなリバース : 1

 加藤再生工場 : 2

 消滅波 : 4

 大冥界の理 : 1


用法

基本的な立ち回りはジョージさんバトルスタイルと同じ、というか原型。

劇場版感を出すために大型が多め。

理想的な勝ちパターンは、グラファイとブリオンが攻撃を担当して、紫煙がリアクション担当。

部下が余っている場合は積極的にAとBがAラインにいる感じで行くと楽かも知れません。


バルトサモンとジョージのシシカバネ、ブリオンを一族の命運に変えてロックに偏るのもありかも知れません。

物語的には部下BがQBに乗っ取られるヒロインを担当するのが綺麗かもしれませんが、部下Cに貼った方が便利です。

彼は乗っ取られていてもジョージさんのために命を張る強い意志を持っている漢ですから。

AD