UV、コイツはなかなか厄介だ。

こいつを入れれば、デッキパワーは跳ね上がる。

しかし、赤という要素を混ぜることで、コイツ以外の何かが犠牲になる。

そしてそれは、24や16、クリアシーといった高パワーな奴らだ。

ならば、わざわざ赤と言う要素をいれ、展開を難しくする意味はあるのか…

私はそう考えていた。

そして出会った!

スケダチョウという、救世主(メシア)に・・・


デッキ名 南の島のタコ達は紫外線でたこ焼きになる。


初期カードライバー : 天尾翔


カードライバー : 4 (初期含む)

 天尾翔(1st) : 1

 間狩徹(1st) : 3


ライブチェンジ : 0


モンスター : 31

 ブルータートル : 4

 シーイグアナ : 3

 スケダチョウ : 3

 ブレイドサンゴ : 4

 ワナイワナ : 2

 16 : 4

 24 : 4

 クリアシーサーペント : 2

 ウルトラヴァイオレット : 4

 ジェル+ : 1


ワザ : 6
 激流 : 3

 リフレクトウォール : 3

用法

とにかく、高パワーなモンスターで行くデッキ。

勝ち筋は超速攻。

ワザは6枚で、3枚の激流しかパワーアップカードがないけど、ブレイドサンゴとスケダチョウがパワーをあげられるから大丈夫。

脅威のバーストで相手を圧倒しよう。

ワナイワナを持っていない場合は、アイアンマンボウとかお勧め。

リアクション系のドッキリキッドでも可、ただし16へのつなぎが悪くなるので気をつけよう。

AD