遂にアカデミー賞本日発表でしたね。
やはり予想通り
主演男優賞「Ray」の
ジェイミー・フォックスが受賞!!

グラミー賞ともども今年は

亡きレイ・チャールズの功績を称えるため

レイ自身も大絶賛し
後継者として認めたほどの
ジェイミー・フォックス
の演技に対しては

この受賞を外すことは出来ないでしょう。

純粋に伝記映画としても素晴らしいだろうし。

他は
クリント・イーストウッド「ミリオンダラー・ベイビー」が
作品賞、監督獲りましたね。
ヒラリー・スワンクも主演女優賞。

(どうしてもビバリーヒルズ青春白書の
スティーヴの子持ちの彼女として私の記憶から消えないのですが。)

予告だけで
ぐっと来たので
おそらくシリアスな人間ドラマが織り成す
感動の映画なんだろうなーと思います。

ケイト・ウィンスレットが
主演女優賞受賞を逃したのは個人的に残念でしたが。
映画「エターナル・サンシャイン」
は脚本賞でチャーリー・カウフマンが受賞したし
良さそうなのにー。

別作品だけど
ディカプリオともどもまたも沈没しましたねー。

アニメ映画賞も
やはりアニー賞を総なめにした「Mr.インクレディブル」でした。


しかし今年はラジー賞の方が見応えあったのではないでしょうか!!

「キャット・ウーマン」で7部門もノミネートされ
そうめでたく?
主演最低女優賞も受賞した
ハル・ベリーが出席したのですから!!

それも
本物のアカデミーのトロフィーを持参し
「絶対これは返さないわよ!」

ってオーバーリアクションでコメントしてて

なんて洒落がわかる素敵な女優さんなんでしょう!!
「チョコレート」で黒人として初めて主演女優賞を獲ったお方だというのに!!

ほんと素晴らしい!!
「キャット・ウーマン」観ようと思いました。

人気blogランキング入れてね☆

AD
うずまき
伊藤舞ちゃん(イラストレーター)と
うずまきちゃん(着物リメイク)とこえりちゃん(小物デザイナー)
の三人がそれぞれカワイイ!!と
思うものをテーマに「カワイイ展」開催!!
展示販売いたします。
2月25~3月11日まで場所は天満クルールにて行います!
ピンク、りぼん、ドットなど三人の大好きがつまったイベントです。
「クルール」の奥カフェスペースでそれぞれのジャンル
(衣服・イラスト・小物)で
口癖の「カワイイ」を表現します♪ 2月25日~3月11日 雑貨&古着&プチカフェ「クルール」
http://couleur.ld.infoseek.co.jp/ *お茶・展示作品の販売あり 入場無料

3月12日、13日「Rカフェ」
http://rcafe.littlestar.jp/
*展示のみ・入場無料

3月12日13日と場所は梅田のお近く
Rカフェにて展示です。
お茶をしながらゆっくりと展示が観賞できます。

大阪在住の友達
イラストレーターの舞ちゃんが
大阪で「カワイイ展」を開くことになりました。
彼女はとても素敵な人で
私は彼女に出会えたおかげで
いろんな楽しい世界を知ることが出来ました。

是非
関西在住の方
遊びに行ってくださいませ!

きっとカワイイものが見つかることと思います!

一部舞ちゃんのホームページより抜粋しております。
ホームページもかわいいので是非遊びにいってあげてくださいな!

http://http://homepage2.nifty.com/hibariza77//
AD

助けてー。

テーマ:
頭痛と嘔吐が止まらない中

今日は
アカデミー賞が発表になる前の
「Ray」鑑賞
  &
「唐招提寺展」に

出掛けたものの

結局
昨日もらった薬がやっぱりあってなくて


飲んだ途端さらに悪化して
トイレで吐いたりしたので
仏像を思う存分楽しめず。

映画もあきらめて帰宅した。

ビタミン剤系の薬が合わないと告げたのに
台湾人の先生だったからか
理解してもらえず
大丈夫だと言って出された。

病院行って余計悪くなってしまったー。

やはりかかり付けの医者を探すべきだなー。
良い病院知りませんかー?


AD
電話中、強烈に襲ってきた
尿意を我慢した結果
実は二月に入ってから

膀胱炎で苦しんでいる。

15分おきにトイレに通う毎日。

その上風邪まで併用。

行ってる病院も毎回、曜日によって
先生が違うし

今日なんて突発で目当ての先生が休みだった
もんだから
適当な先生は適当で
薬もけっこう統一されず
(一度は薬が合わず腹痛を起こした)

意味がない感じ。

それにしても膀胱炎の薬高すぎる。

本日は2200円もかかった。
あほらしすぎる。

今月病院代1万円を超えた。

健康になりたい。

ふとテレビを見ると

5000人アンケート
「からだにいいこと」特集。

30歳を超えても綺麗でいたいと思う女性が多いが
やはり健康じゃないと綺麗ではいられないという結論に達する。
そのためにからだにとって良い食べ物とは?

第1位  酢(特に香酢)

第2位  ヨーグルト

第3位  にがり

第4位  サプリメント

第5位  豆乳

第6位  納豆

第7位  発芽玄米

第8位  ココア

第9位  ごま

第10位  五穀米 十穀米


わかっちゃいるけどねー。
めんどくさいんですよねー。

でも病弱な私はこのまま行くと
本当にやばいので健康にならなければいけない。

酢は疲労回復できるらしいし。
まずはやずやの熟成香酢ゲットしてみるかー。

でもその前に「笑わず嫌い王」見なきゃなー。
ビヨンセとジェニファー・ロペスとベッカム
がPEPSIのCMで夢の共演を果たした!!

CMの内容は
チャーリーズ・エンジェルのように
命令を受けた2人
(ビヨンセとジェニファー・ロペス)が
敵であるベッカムの居るクラブへ出向き
カンフー・アクションで対決する!
みたいな。

もろ
映画「キル・ビル」の乱闘シーンを
彷彿とさせるけど

ビヨンセとジェニファー・ロペス
なんていう組み合わせ、

R&B好きにはツボですな。



ベッカムは練習したらしい剣道を全く披露せず
座ってるだけだったけど。

(このCM、アメリカ以外で流れるらしい。
逆ベッカム効果?!)


前のビヨンセ、ピンク、ブリトニーの♪We will rock you
CMもかっこよかったし。




けれども




3月中旬から、
「PEPSI×NINTENDO」キャンペーンで

「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクターボトルキャップや
ゲームステージをモチーフにしたテープが付く!

ことの方が実は
私を夢中にさせてしまった!


おそるべし、PEPSI
ツボ刺激しすぎ!

コーラ飲めないのにボトルキャップの為に
どれだけ箱買いしたことか!!!

マリオ出るまで買うんだろうなー。
1アップキノコもあるだろうか?

欲しすぎる!


V/A
「What Is Wrong With Groovin`」

今日は
レア音源ばかりを7インチで再発している
UKのマニアックレーベル
「JAZZMAN」
からリリースされたCDコンピレーションより



南アフリカ出身の女性シンガーレッタ・ムブールが歌う

♪What 's Wrong With Groovin'♪


懐の奥深くまで
染み込む
ドラマティックなサウンドに乗った

彼女の歌声は

一瞬にして恋に落ちたような
衝撃を与える。

この極上レアグルーヴは

真に鳥肌もの。




もちろん
他の選曲も
JAZZMANだけあって
外れはありません
佳曲揃いです。
あびる優が

この犯罪話をぶち放った番組を
ちょうど見ていて

「トゥルー」が出た瞬間

もうアッコは助けてくれないなーと感じた。

彼女の暴言はもはや誰も止められない。

助けない。


ホリエモンが

言葉尻がきついので
柔らかい印象を受けるように
服の色を優しい色使いにしたりと
(部下談)

努力をみせながらも

あきれるほど
的を得ない発言が続く女性アナウンサー
への怒りをあらわにした時


アッコ助けてあげてよ!と思った。

(「アッコにおまかせ」に関連して)


ホリエモン、やることなすこと
バッシング。
かわいそうになってきた。

フジテレビとの方が
提携がいいのは当たり前だけどねー。


今流れた
緊急速報まで

ライブドアだよ。
ホリエモン♪



今日のズームインに
アンガールズに囲まれて
全く嬉しくない顔をした友達が一瞬映った。




タイトル: アザーズ




大嫌いなホラー映画だという認識を持ったまま
ニコール・キッドマンの美しさに負けて観始めたのですが

怖いんですけど
なんだろなー、
登場する人たちが
背負う心に深くささったものが
こっちの胸にまで
突き刺さり

とても悲しいんです。

シックスセンスに通ずるものもありますが
こっちのほうが
哀しくも美しい
ニコール・キッドマンの存在が
印象深い。

最後いろんな想い(悔い)を遺すばかりに
天国にいけない家族と使用人3人
がせつなくてせつなくて・・・。

全く予想していた物語とは違ってて
個人的には良かったです。



'03年にサントラはリリースされてて、
いつ日本に来るかと
楽しみにしていた

ビヨンセ主演

やっと来ましたね。忘れた頃に。
これもテアトルタイムズスクエアに。(2・11から3週間限定)
しかし3月25日にDVD出るんだよなー。

キューバ・グッディング・JR扮する広告マンが
遺産相続する条件
「ゴスペル大会優勝!」を果たすため
クラブシンガーのビヨンセに協力を頼み・・・
歌を通じて人々の心も一緒に通ってていく?!
というラブコメディ。

ストーリーにあんまり興味はないいのですが
このサントラ良かったんですよね。

主演のビヨンセ
R&Bはもちろんゴスペル、
ペギー・リーのカヴァーまで熱唱してます。

特に
1曲目のミッシー・エリオット
プロデュース&共演の
映画タイトル曲
♪Fighting Temptation♪
(feat.MCライトフリー

オールドスクール全開の
イントロだけでど真ん中
でしたねー。

そのうえ
映画出演陣ともども
メンツが最強。


アンジー・ストーン、フェイス・エヴァンス

ゴスペル
をルーツに持つ
歌唱力に定評ある
R&B界の若手人気歌姫と

シャーリー・シーザー、
元サウンズ・オブ・ブラックネス
アン・ネスビー、
メルバ・ムーア

など
ゴスペル界のトップに君臨する
大御所女性シンガー達の
競演が楽しめる。

P.ディディ作&フィーチャーの♪SUMMERTIMEも人気あったなあ。
ビラル共演曲はなんか良かった。

オージェイズも出演してるし
歌シーンも多いらしいし、

これを劇場で観るかDVDで観るか長い間考え中。
臨場感溢れるゴスペル・ライブが味わえるのなら行きたいけど。

観た人感想教えてください!



アーティスト: Original Soundtrack
タイトル: Fighting Temptations
 
 
「ファイテイング テンプテーションズ」




MARLENA SHAW

「WHO IS THIS BITCH ANYWAY」






クール、スウィート、メロウ、アーバン、エモーショナル・・・

これら全てを兼ね備えた奇跡の1枚。

ロバータ・フラックの”feel like makin' love”カヴァーの

名唱もあまりにも素晴らしく

その魅力はジャズ・ファンからクラブ系リスナーも虜にする。

激烈ファンキーなジャケも最高。