食べ物のブームはいつの間にかやってきて、

スーパーでその姿を見かけることがなくなってしまうのですが・・。


塩麹ブームで麹が姿を消しましたね。

どのスーパーに行ってもない汗


全然違うものですが、私は塩昆布をよく使って料理します。

今の季節、お鍋のお出しとして入れても、とても風味豊かです。

今日は、ふるさとから送ってもらった水菜と桜エビ、塩昆布で簡単煮びたしを作ってみました。


水菜の桜エビと塩昆布のさっと煮


My Story


☆材料 2人分☆

水菜 ・ 1/2 束
干し桜エビ ・大さじ 2
水 100cc
塩こんぶ 小さじ1


☆作り方☆

①水菜は洗って食べやすい大きさに切る。

②鍋に水、塩昆布、桜エビを入れて煮立て、水菜をさっと煮て出来上がり。


塩昆布のだしはすごくおいしいです。

さっと煮るだけでOK。あっという間に食べられるので気に入っています。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


先週の土曜日、渋谷の「月乃ひかり亭 」という洋食屋さんに行ってきました。


昭和30年代のレトロな雰囲気と

ご主人の人柄がなんともいえない心地よい空間をつくっていて、居心地がとてもよく、心が和みました。


お料理も工夫されていて、ソースがとても凝っていたりして、楽しませていただきました。

ステキなお料理の中でもその大きさに驚いたのがトマトサラダ。


My Story


6人で食べてもまだ余る叫び

なんと3Lサイズなのだそうです。


トマトの旬ではないのに、お味もとても良く、これはお高いものなのだろう、と思っていたら・・。

大きすぎて規格外なので、世間には流通されないものなのだそうなのです。


ご主人も「こんなおいしいトマトが売りものにならないのはすごく残念」とおっしゃっていました。


農家の方が丹精込めて作ったおいしいお野菜。

規格にあわないからと流通から外されてしまうのは何か間違っている気がします。


本当に大事なことは何なのか、規格の意味をもう一度見直してほしくなるようなかわいそうなトマト。

農家の方が安心して作物を作れる環境になったら、売るほうも消費者も幸せなのにな、と思ってしまいました。


あったかい洋食屋さん「月乃ひかり亭 」はまた後日ご紹介させていただきますね。



レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

AD