前の記事 でご紹介したのですが

富山の魅力を満喫できる「とやま極上物語」に、ブログスカウト事務局のご招待で行って参りました。


会場は白金台の八芳園。


My Story


美しいチューリップが春の訪れを感じさせてくれますチューリップ赤


My Story



My Story


富山県推奨とやまブランド と、

お土産プロジェクト「越中富山 幸のこわけ 」を使った、

懐石のように美しいお料理を八芳園和食料理長が作ってくださいました。


My Story


御口始め越中富山 幸のこわけ 薄氷


My Story


上品な甘さのある和菓子。


前菜4品


My Story


奥の小皿は越中富山 幸のこわけ 山の幸昆布じめ


手前のお皿は富山県推奨とやまブランド を使ったお料理。

左から蛍烏賊香草焼き

大門素麺冷製梅おろし


My Story


ます寿司


My Story


ひとくちサイズでカラフル。女性にうれしいお料理ラブラブ


メイン3品


My Story


富山県推奨とやまブランド を使ったお料理。

寒鰤と冬野菜金糸巻味噌風味たれ掛け


My Story



繊細で美しいラブラブ食べるのがもったいなくなってしまいます。


海老のエキスと味噌のリゾットに網にからめた白海老のフリット


My Story

こちらも美しい。


富山干柿のタルト


My Story


とても斬新な組み合わせ。

タルトの中にカスタードが入っていて、これがおいしい干柿にとても合います。

体にやさしいスイーツ。

心配りに感謝です。


富山の地酒、ホントおいしくて・・。

とまらない・・。


My Story

コチラのお酒は、北アルプス朝日岳の雪解け水が地下を流れた井戸水で、

極寒の時に杜氏が仕込んだ作品。

My Story


最後にくる何とも言えない甘味がたまらないラブラブ


My Story


越中富山 幸のこわけ 吟醸 風の盆

180mlの小さいサイズのものなので、旅の途中に飲んでもおいしそう。


おいしい地酒にほろよい気分になっていると・・。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ オーナーシェフ 落合 務氏が特別ゲストとして登場クラッカー


My Story

7月6日に開館予定の「高志(こし)の国文学館」の中に「ラ・ベットラ」をオープンするそうなのですクラッカー

富山県で落合シェフのお味を堪能できます。


高志(こし)の国文学館」は純文学だけではなく、映画、漫画、アニメも楽しめる楽しい文学館。


知れば知るほど富山はステキな場所。

観光はもちろん、グルメ、お土産、あたたかい人たちとのふれあい。


昔ながらの伝統と新しさを共有したステキな場所。

私も早く富山に旅に出たいです。


いろんな発見ができる富山県、ぜひチェックしてみてくださいね音譜


【関連記事】

とやまの魅力を満喫☆とやま極上物語♪



AD