• 08 Dec
    • 神秘的な朝

      おはようございます。神道大教では毎朝大神様に朝食を召し上がって戴く朝拝を斎行しています。礼典長の小生が上京中は毎朝6時20分より行っています。まだ日も昇りきっていませんが御本殿に上がる途中神秘的な雰囲気に包まれました。その時の1枚です。今日の便で福岡へ帰り菊池管長と入れ替わりです。今日も寒さに負けず頑張りましょう。

      テーマ:
  • 05 Dec
    • ミニ講話 ⑥「めぐり合わせ」

      「めぐり合わせ」「人生の喜び」とは何でしょうね。私も人生の中で色々な人たちと出会い、色々なことをやってきました。たくさんの人たちとの関わり合いの中で、喜んだり、悲しんだり、怒ったり、笑ったり、苦労をしたり、挫折をしながら、一生懸命生きてきました。そうした一生懸命生きること自体が「人生の喜び」になっていると思います。テレビで渥美清の「ふうてんの寅さん」を見ました。映画の中で少年が寅さんに聞きます「人生って何でしようかね」寅さんは答えます「一生懸命生きているうちに、分かってくるものじゃないのかな」と、とっても説得力のある、味わいのある言葉だと思います。人生の喜びって、人との出会いの喜びではないでしょうか。それぞれの人が、それぞれの人生を、一生懸命生きています。決して気の合う人たちばかりではなく、気の合わない人、嫌な人もたくさんいます。しかし、そういう人たちも皆、自分の人生を一生懸命生きています。「人間」という字は、「人」と「間(あいだ)」と書きます。「間」を「ま」と読んで辞書を引くと、「めぐり合わせ」という意味が載っています。人と人との「めぐり合わせ」こそが、人間としての喜び、人生の喜びが有ると思います。不思議なめぐり合わせで出会えたのが家族です。家族を大切にできなければ人生の素晴らしさは分かりません。嫌な人だなと思ったら、見方を変えて、良いところを探してみましょう。今まで気がつかなかった魅力に気づくのではないでしょうか。そして、良いところだけを見ていると、その人のことがだんだん好きになってきます。誰とでも素晴らしいめぐり合わせが味わえます。素晴らしい、楽しい人生を送りましょう。

      1
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 紅葉の境内

      みなさま、こんにちは!久しぶりに投稿いたします、やまとこばちです20日は第11代管長 尾立聖兆大人命慰霊祭、21日は霜月の月次祭をご奉仕させていただきました。ご参列頂きました皆様、また心を寄せて頂きました皆様、ありがとうございました。慰霊祭には他の教派の管長さまが足を運んで頂ききまして、他の教派との親交の深さを感じました。心から感謝申しあげます。大教院(本局)の境内の桜が紅葉して、秋空に映えてました。大教院を日々御守りする職員の先生方は、毎日一時間以上、落ち葉の多い日は一日3回ほど掃除をしています。そんな清々しい境内に綺麗な落ち葉を見つけました桜の葉っぱです。一枚の葉の中に色々な色を見ることができます。そして、落ち葉一枚一枚違う、その違いが美しくて感動しました。こういう落ち葉一枚にも神様のお働きが現れているのですね。今週からぐっと寒くなりました。境内の紅葉はそろそろ終わりかもしれません。清々しい境内にある落ち葉は、神さまからのあなたへのメッセージかもしれません。メッセージを見逃さないためにも、心を静めてお参り下さい。もし、お札や御守り、御朱印をご所望の場合は、祭典等で不在するかもしれませんので、ご確認されることをお勧めします。

      2
      2
      テーマ:
  • 21 Nov
    • 月次祭を斎行致します

      おはようございます。東京の朝は快晴。冷たい風も清々しく感じます。今日は午後1時より大教院本殿において月次祭を斎行致します。引き続き霊殿祭。皆様の御参列をお待ち致しております。

      テーマ:
  • 20 Nov
    • 第11代管長慰霊祭

      おはようございます。東京は寒い朝を迎えました。風邪などに御注意下さい。今日は午前11時より第11代尾立聖兆管長先生の慰霊祭を斎行致します。第13代菊池管長のもと心を込めて御奉仕申し上げます。

      2
      テーマ:
  • 19 Nov
    • ミニ講話⑤のつづき

      「ありがとう」「うれしい」「「幸せ」という前向きで明るい言葉を、日常生活の中で積極的に使っていけるようになること、つまり、「幸せ感じ上手」になることが大切です。感じ方、考え方一つで、いろいろなことが自分自身にとってのプラスのパワーに変わっていくのです。世の中には悲しいことや苦労がありますが、それらも含めて全部が、自分自身を成長させてくれる肥やしになると思えば、すべてが有り難いこと、うれしいこと、幸せなことへと変わっていくのです。「当たり前」はなく、何もかもすべてが有り難いことと受け取って、皆さんも「幸せ感じ上手」になっていきましょう。

      1
      テーマ:
    • ミニ講話⑤ 「幸せ感じ上手」のすすめ

      「幸せ感じ上手」のすすめ後ろ向きでネガティブな考え方よりも、前向きで明るくポジティブな考え方をした方が、人生をよりよく過ごせることができ、運は開けていきます。しかし、「明るく生きなきゃいけない」と思って努力をしても、困ったことに、長続きしません。それは、心の底に「感謝の気持ち」を持っていないからです表面上は明るく振る舞えたとしても、一時的なものにすぎません。調子の良い時は前向きで明るくポジティブな自分をつくろうことができたとしても、いったん、何か壁にブチ当たると、すぐに気持ちがなえて、元の後ろ向きでネガティブな自分に戻ってしまうのです。どんなことでもそうですが、「当たり前」と考えてしまうと、感謝の気持ちがなくなってしまいます。社会人の方なら、朝起きてご飯を食べて会社に出勤し、夜には帰宅してご飯を食べて寝ます。これが、「当たり前」の日常と言えるかもしれません。しかし、今日と同じように明日も帰宅できるという保証も、夜、眠りについてから朝に必ず目がさめるという保証も、実はどこにもないのです。外出先で何かあるかもしれません。夜中に突然発病し、朝になっても起きられないとか、布団の中で冷たくなっていた、ということもあるかもしれません。食事にしても、いつでもおいしいご飯が食べられる保証はありません。作ってくれていた家族が病気やケガで作れなくなるかもしれません。お給料もそうです。ある日突然リストラされたり、会社が倒産してお給料がもらえなくなる憂き目に遭うこともあり得るのです。このように考えると、世の中には「当たり前」ということは何一つ存在しないということがわかるでしょう。本当は「当たり前」ではないのに、「当たり前」のことと誤解をしてしまい、誤解をしている間は、「感謝の気持ち」が生まれてこないのです。

      テーマ:
  • 15 Nov
    • ミニ講話④「あと二週間の命だったら」

      あと二週間の命だったらもしも「あと二週間しか生きられない」と余命を宣告されたら、あなたは残された二週間をどう生きますか?どうせ死ぬんだから、思いきり好き勝手なことをして死んでいこうと思いますか?ある大学教授が、学生に同じ質問をしたそうです。好き勝手なことをして 死んでいくと答えるだろうと想像していたそうです。しかし、気ままに、わがままに過ごすと答えた人は誰もおらず、「人間に生まれてきて良かったと思えるような二週間を送りたい」と皆が答えたそうです。「自分なりに一所懸命生きてきたことを誰かに知ってもらいたい」「自分が生きてきたことを忘れないでもらいたい」と、自分の存在を残していきたいと思うのかもしれません。私たちは、将来は何かいいことがあるだろうと、希望と夢を持って、今という現実をいきています。しかし、二週間の命と覚悟したら、自分の欲望など、どうでも良くなってくると思うのです。人間として生まれ、自分がこの世に生きた証を残していきたい、後世に何かを伝えていきたいと願うのが、人間として自然な姿だと思います。家庭を大切に守っていくこと、社会や国のために、あるいは人類や世界のために貢献していくこと、自分のためにではなく、人のため、社会のために自分の力を尽くすことが、自分がこの世に生きた証を残すことになるのです。人を喜ばせることによって、自分の存在が認識されるのです。生きた証を残すことができるのです。人世の価値は、人のために、社会のためにどれだけ尽くすことができたかによって決まってきます。人のために何か役に立ちたいと思ったら、長い人生があるとは思わずに、いつ死んでもいいように、1日1日を、少しずつでも誰かを喜ばせるために生きていきましょう。そうした積み重ねが、素晴らしあなたの人生となっていきます。

      4
      テーマ:
  • 14 Nov
    • 第11代管長尾立聖兆大人命の慰霊祭を斎行します

      11月20日(月曜日)午前11時より 故 神道大教第11代管長 尾立聖兆(おだちせいちょう) 大人命(うしのみこと)の慰霊祭を神道大教院御霊殿にて斎行致します。尾立管長は、平成16年より4年間管長に就任され、神道大教の将来を担う若手教師の育成に務められました。青年会員の教師と共に、富士登山、熱海での度々の集い、九州・高知・山形などの研修旅行などなどにご同行下さいました。当時の青年会員としては沢山の想い出を残して下さった、心優しい管長さまです。平成21年に任期満了にて退任されました。

      1
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 七五三のご祈祷が有りました

      今日は各神社七五三詣のご祈祷でお忙しいことと思います。大教院におきましても七五三のご祈祷が1件ありました。ゆったりとした荘厳なご祈祷ができました。記念写真をイッパイ撮られて、喜んでお帰りになりました。ゆったりと荘厳な雰囲気で七五三のご祈祷をご希望の方は、是非大教院にお越しください。御予約は電話03ー3407ー0524

      2
      テーマ:
  • 08 Nov
    • ミニ講話③「天狗になると今までのパワーが抜けてしまう」

      「天狗になると今までのパワーが抜けてしまう」私は5月から神道大教の管長に就任致しましたが、現在も北海道の札幌八幡宮宮司を兼ねております。札幌八幡宮は今年御鎮座40周年を迎えました。地鎮祭等の外でのお祭りが沢山有る神社です。過去に私は、地鎮祭で10年間以上雨に当たったことが有りませんでした。ワイパーが間に合わない程のどしゃ降りの中でも、地鎮祭の現場に近づくとパーッと晴れるのです。地鎮祭の準備をしている間、小雨が降っていても「大丈夫」と思うと、必ず儀式の最中は晴れてくれました。私は、地鎮祭では雨に当たらないという自身を持っていました。そんな自信を口に出して人に言うようになったのです。そうすると、急に雨に当たるようになり、雨ばかりが続いたのです。雨に当たらないという自信が、天狗となっていたのですね。天狗になると大自然の法則の中に秘められている不思議なパワーとの食い違いによって、今までのパワーが抜けてしまうのではないかと思います。神様に怒られるのですね。自信とは自分の心の中にひそかに燃やし続けるもので、口に出して人に言うものでは無いと勉強しました。その後は「雨の日だってあるさ」と思い、お天気を気にしなくなりました。天狗になると、神様との波長が合わなくなって、色々なトラブルを引き寄せてしまうものだと思います。皆様も天狗の気持ちにならないようくれぐれも気を付けて下さいね。天狗は失敗のもとです。

      3
      テーマ:
  • 25 Oct
    • 次は七五三詣りの準備です

      秋季大祭も盛大裡の内に無事終了しました。ご協力下さいました関係者の皆さま、有難うございました。管長就任後、初めての大祭でしたので、大変緊張しました。つぎは、七五三詣りの準備です。ご近所のお店に、ポスターの貼り出しをお願いしました。神道大教院の境内の壁にもポスターをたくさん貼りました。七五三詣りの旗もたくさん境内に立てました。さて、後は七五三詣りのご予約待ちです。神道大教院では初めての宣伝活動です。効果はいかに?乞う!御期待。 管長

      2
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 無事に終了致しました

      神道大教院の秋季大祭無事に終了致しました。第13代菊池重敏管長就任後の初の秋季大祭。全国より多くの参列者で賑わいました。写真などは近日中にアップ致します。祭員の皆様局員をはじめ助勤お手伝いの方々そして全国の教師・信者の皆様本当に有難うございました。取り急ぎ御礼申し上げます。

      1
      テーマ:
    • 今日は秋季大祭です

      おはようございます。東京は生憎の雨。肌寒い朝を迎えました。港区西麻布に鎮座する神道大教・神道大教院では秋季大祭を斎行致します。全国より多くの教師や崇敬者の方々が御参列なさいます。勿論どなたでも参列出来ますよ。午前10時より霊殿祭午後1時より本殿祭です。今日は土曜日なのでお子様連れで御参列下さい。

      2
      テーマ:
  • 14 Oct
    • 七代管長の揮毫

      おはようございます。今朝の東京も雨。昨日から気温も下がりました。皆様御身体御自愛下さい。神道大教院の本殿に懸かる第7代森田作次管長の揮毫により大教の教え「天徳・地恩・清浄・光明」の額風格がある素晴らしい書です。御参拝の折に御覧下さい。

      2
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 七五三のポスター

      おはようございます。今朝は雨のスタート。気温も下がり肌寒く感じます。さて神道大教では一般の神社で御本殿にあたる大教院神殿において七五三祈願を行います。今年のポスターも完成致しました。詳細は神道大教へお問い合わせ下さい。電話03-3407-0524

      1
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 命の重さを考える 9

      今日は、教派神道連合会主催の「命の重さを考える 9 』が神道大教 大教院で午後3時から開催されます。今回の講師は慶應義塾大学看護医療学部教授の 加藤眞三(かとう しんぞう)先生です。演題は『医療を通して観た「いのち」の重さ』です。

      テーマ:
  • 03 Oct
    • ミニ講話②の続き「人生の喜び」

      好き嫌いを乗り越えて、自分の心を大きく広げ、相手を認める度量を持つことが、色々な人との出会いを楽しむコツとなります。そして色々な気づきを学ぶことが出来ます。人世の喜びも広がってきます。

      3
      テーマ:
    • ミニ講話②「人世の喜び」

      「人生の喜び」人生の喜びって何だろうね?自分の思っている事、考えている事、したいと思っている事が叶えられていく時、充実感と喜びを感じますよね。そうしたとき、人生の喜びとは、自分1人だけの世界で喜びを感じるのではなく、相手がいたり、何人かあるいは多勢の人達と関わっている中に、喜びを感じるものだと思います。人生の喜びとは、人との関わりの中で感じるものだと思います。人との関わりの中で、当然気の合う人、合わない人、嫌いな人が出てきます。どんなに嫌いな人でも、その人は自分の人生を自分なりに一生懸命生きています。自分が嫌いだと思う人でも、その人を好きだと思う人もまたいるのです。その違いは何でしょうね?考え方の違い、生き方の違い、あるいは生理的に理屈抜きで嫌いということもあります。人は「十人十色」と言いますが、色々な価値観や感性、考え方など、人それぞれに違いがあります。自分とは違う生き方に、感動をしたり、あこがれや尊敬の心が生まれてくることも有ります。好き嫌いをしたのでは、せっかくの出会いも半減してしまいます。嫌いと思っても、見方、考え方を変えたならば、今までとは違った一面が見えてくるかも知れません。人とうまく付き合う方法は「その人を好きになること」と、言います。自分が嫌えば相手も嫌ってきます。自分が好きになれば、相手も悪い気はしなくなってきます。

      1
      テーマ:
    • 今日も元気な朝を迎えました

      東京は夜中に雨が降ったようで自転車シートに雨水が溜まっていました。今は(午前10時40分)明るい曇りです。これから、講話の原稿を考えます。毎日がとても楽しいです。皆様も楽しい1日をお送り下さい。 管長

      テーマ:
AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。