2005年09月05日

最近はなんとかにコメント欄だな 

テーマ:コメントを書く前にお読みください

あやし

2ch脳という病気があるそうですってのを書いたら、なんだか精神状態がXXX な方々のコメントが多数寄せられている。

まさにこっちが紹介した2ch脳の事例にあてはまってるコメントの数々。貴重なデータということで削除せずに残してある(笑)

というかあのネタにあそこまでしかもマジレスで必死の反論という異常な「食いつき」が気持ち悪すぎ。

まったく・・・最近はなんとかにコメント欄だとあらためて実感する。 


ついでにコメント寄せる2ch脳の諸君、

注意書きを読みたまえ。当ブログの運営方針というところだよ。君達のコメントにはもともと生存権はないのだ。


他のエントリーに書かれた低脳コメントは情け容赦無く削除したので悪しからず。


それと君たちの大好きな掲示板についてはこういうことも指摘されているのだよ。

・2chの正体 第七章・アクセス数を稼ぐ為の悪質な手法


君たちには、「これを読んで、それでもあそこを利用するのですか」と聞きたいね。

いや 利用するだろうな・・・もう2ch脳だし。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月04日

プロ奴隷創氏改名中の妄想劇場【笑いの神降臨】

テーマ:コメントを書く前にお読みください
お久しぶりの更新です。とても仕事が忙しく今ほとんどネットにアクセスできなくて更新が滞っております。

しかしそんな間も例のちゆの件を告発した要さんは阿修羅掲示板などを中心にしてIT企業の不正を暴いているようで頼もしいかぎり。


ところでとりあえず今日の目的はまずブログランキングの賞金の件報告ですが、五千円ゲットでした。でもアメブロがこっちのわがまま聞いてくれてアメブロ名義でどっかに寄付してくれたようです。頼むから宗教には入れるなよと・・・


さてさてブログ更新が滞っている間にプロ奴隷の動きは不活性化していたようですが、しかしその中でもトルティーヤとかの超弩級のお笑い芸人は活発に行動していたようでまったく楽しませてくれます。

ということで今回はそんな超弩級のお笑い芸人の中から極めつけの奴を紹介しましょう。


その名は名無しさんは創氏改名中


ハンドルネームからもレベルの低い差別主義者の臭いがプンプン漂ってきていい感じですが、期待に背かずこの楽天ブログ在住の芸人まじに傑作でありまして。

分かりやすいよう図式化しますと



米国の新聞、ニューヨーク・タイムズとUSA TODAYが相次いで靖国神社を批判的に特集する         

              ↓      

それを共産党の機関紙赤旗が詳細に伝える    
              ↓  

それを楽天ブログのとある人物が赤旗からの引用という形で伝えた。              
 ↓

名無しさんは創氏改名中、自らのしょっぽいイデオロギーが脅かされていると危機感を抱き、妄想で解決を図る

という具合でございまして、しかもまたその妄想が凄い。


まずUSA TODAYを「日刊ゲンダイ」と同レベルな新聞と罵った上で、しかもその記事をEXITEのweb翻訳後、脳内補完し、USA TODAYが靖国に理解を示したと信じこんだのであります。

まあブロ奴隷でありますから反権力の高級紙「日刊ゲンダイ」と同レベルと罵るのが彼の脳みそでは最高の悪口だったのでしょうが、しかし彼は大事な事、USA TODAYが我が国の右翼偏向な日刊紙産経新聞の提携先であることを失念していたのであります(笑)

http://www.sankei-usat.jp/html/usat1.html
「News」「Money」「Sports」「Life」の4部構成「質が高くて読みやすい新聞」 それがUSA TODAYです。


産経新聞が「質が高くて読みやすい新聞」と絶賛する新聞を低レベルと罵ったとは・・・名無しさんは創氏改名中、靖国神社は悪くないという妄想を抱き産経新聞を誤爆したのであります。

いや、それとも産経新聞の言う事こそ真実で、これは産経新聞から「名無しさんは創氏改名中は妄想癖あり」と宣言されたと同じと見るべきでしょうか(笑)まあ私はどちらでもかまいませんが(笑)

というか「USA TODAYが靖国に理解を示した」と信じこんだ彼の英語レベルからしたら、たしかに彼にとってはUSA TODAY 「内容も英語レベルも高すぎて読むのが難しい新聞」だったようで(笑)

産経新聞の皆様におかれましては、ありがたい顧客であるプロ奴隷から苦情がこないうちに、「USA TODAYはプロ奴隷には読みにくい恐れもごさいます」の注意書きをつけるべきでしょう。


しかし更に USA TODAY 脳内補完翻訳以上に傑作なのがニューヨーク・タイムズの靖国特集についての反応

> えぇ、表題は立派なんですよ、表題だけは。

> > LETTER FROM ASIA; A War Shrine, for a Japan Seeking a Not Guilty Verdict

>> ところが内容たるや…

>> 『ABSTRACT - Letter from Asia on emotional symbolism of Yasukuni Shrine, Shinto memorial to>Japan's war dead; photos; right-wing rallies protest any suggestion, by Japanese or foreigners, >that>Japanese wars were not legitimate and that war leaders were criminals 』


>> たったこれだけです。> 特集?この程度で特集になるんですか?(・∀・)



信じられない事に彼は新聞はネットに新聞記事を全部載せているものと思っているのであります。しかも ABSTRACT=要約  つまり彼は

ABSTRACTという言葉を知らず、ニューヨーク・タイムズが靖国を特集したその要約記事だけをみて 

  ↓
「なんだ、こんな少ないボリュームの記事か。NYタイムズの靖国特集はなかったんだ」と結論 
  ↓
記事の存在を赤旗の捏造と決めこむ


という信じられない言動を行ったのであります(笑)

もちろん、秒速でその妄想は粉砕されるのでありますが、その後もひたすら妄想に逃れるプロ奴隷(笑)

今度は

>>本文下部にあるURLと署名から該当記事であるのは確かです。が、署名を見るとNYT東京支局の大西氏
>>の名前があったりします。早い話が純粋な外信ではなく日本発海外メディアの記事というだけで事実上日本の新聞記事と大差ありません。 結局、米国自民党は米国メディアが報じていると金看板を掲げています

が内実は米国人ではなく日本人の書いた記事を紹介しているに過ぎません。


つまり

記事の存在を赤旗の捏造と決めこむも、    


ABSTRACTの意味を人生で初めて知り、記事の存在を確認。アカッ恥をかく  

しかし日本人?記者が書いてた(国籍未確認)  

だからNY タイムズが書いたものでない。日本人の書いた記事を「紹介している」に過ぎません。 
↓ 
なのでNYタイムズに靖国の記事が出てもそれは海外メディアが報じたとは言えません。


というすごい結論になったのであります(笑)

しかもさすがプロ奴隷、その後にさりげなくとんでもない捏造した事実まで付け加えたのであります。

>>海外メディアによるイラクで人質になった連中へのバッシング批判ですが、
>>これも大西氏がかんでるようですな。

>>つか朝日はNYT、CNN、ル・モンドと提携しているので同じ記事が使い回しにされているようで・・・
>>結局マッチポンプか



もちろんこれも秒速で撃破されます。


捏造すんなって

>つか朝日はNYT、CNN、ル・モンドと提携しているの>で同じ記事が使い回しにされているようで・・・結局>マッチポンプか。  
 ↓

http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C394170269/E1063541109/index.html

Le Monde「日本では人質は解放されるための費用を払わねばならない」

フランス人の署名記事じゃねーか 英語も読めない知的レベルもさることながらあっさりばれる嘘で事実を捏造すんなって


またまた電波発見しますたさん (2005年07月03日 16時01分30秒)



ウェー、ハッハッハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ハライテ- ウェー、ハッハッハ     ウェー、ハッハッハ
.  ( ´∀`) <  ABSTRACT       ∧_∧       〃´⌒ヽ
.  ( つ ⊂ )   \_______   (´∀` ,,)、     ( _ ;)
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),    _(∨ ∨ )_
  (__)_) ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し
          タッテ ラレネーヨ ウェー、ハッハッハ


いやー 笑いの神降臨しますね


(プロ奴隷創氏改名中の妄想詳細はこちらの掲示板にてどうぞ)   

http://yy31.kakiko.com/test/read.cgi/x51pace/1107191895/l50
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年03月24日

工作員がわいてきましたので

テーマ:コメントを書く前にお読みください
やっぱりというべきか探偵ファイルについて書くと必死のネタ化工作員がわいてきました。企業に雇われたか、ボランティアかは知らないけどね。自分の信じてたものが崩されるのが嫌なのか恥晒したのをカバーしようってのかそいつも知らないけどね。

ということで探偵ファイルの記事について必死にネタ化しようとした人達の努力はコメント欄閉鎖でぶち壊しにするとして、でも健全な方のご意見などもございましょうから、こちらにスペース設けましたので何かございましたらお書きください。尚、有意義なコメント以外はざっくり削ってやるのがこのブログの流儀ですので悪しからず。とりあえず最初にコメントを書く前にを十分お読みになってください。

それにしても探偵ファイルについて既にリサーチ開始していた時に向こうから先制攻撃とは凄いタイミングなのだが。ありがたいやら。もう少し休ませてくれというべきか。

ついでに探偵さんたちは自分たちが隠したい情報を自らリンクしてどうするんだろね。明日にはあっちの記事消えてたりして。




                       ,
                      ,/ヽ
                     ,/   ヽ
            ∧_∧  ,/      ヽ
           ( ´∀`),/          ヽ
           (  つつ@            ヽ
        __  | | |                ヽ
      |――| (__)_)                ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                ヽ
/⌒\/⌒\/⌒\/⌒\|彡~゚ ゜~ ~。゜ ~ ~ ~ ~~ ~ ~~ ~ ~~ ~~ ~~
⌒\/⌒\/⌒\/⌒\/⌒\彡 ~ ~~ ~~ ~~ ~ ~
『さてどんなプロ奴隷が釣れるだろうか』
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年03月11日

患者さんはとっとと隔離しましょう

テーマ:コメントを書く前にお読みください
以下は道民となのる者が日頃の日常のストレスを他人のブログで解消しようと駄文を延々某所ブログに書き連ねていったものです。

とにかく理由はなんでもいいから相手に難癖つけて反応みたいという患者さんの精神状態がよく分かる書きこみですな。ある種、子供や動物を虐待する精神と同じ物が感じられます。ネットでは相手は実際には攻撃してこない、とにかく嫌がらせしたれ、ストレス解消だと。実生活で会社や学校で周りからストレスを与えつづけられてるのに、それが逆にネットでは自分が攻撃側にまわれる、こんな快楽はないというところでしょうか。

ブログをお持ちの皆さん、このような精神的に安定していない方、自分の日頃のストレスを他人のブログで解消しようとする寝ぼけた患者さんのお相手は当ブログにお任せください。

直ちに収容し、展示、治療させていただきます。


'

 .          ┌┬┬┬┐
  .―――――┴┴┴┴┴―――、       ______________
 || ̄ ̄ ̄||  ̄||| ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ヽ     /
 || アヒャヒャ| |  ||| アヒャ || |_∧  ヽ   /
 ||(・∀・)_| |・∀||(・∀・)|| |  )  [ ] <道民措置入院すます
 ||_ ̄ ̄_|_|_/ | ̄ ̄ ̄.|| | ̄ ̄ ̄ ||  \_____________
  l O| ―-.|O゜| 都立松山病|.|院 ニニ .||
  |_  ̄口 ̄  l_l⌒l|____|.|l⌒l_||_|__|  ブロロ-‥‥
   `ー' ̄ ̄ ̄`ー'  `ー'   `ー'









道民
>70年代の学校教育は、ゆとりや遊びが少なく、知識偏重の詰め込み重視の中で、学校は荒れ出し、その頃からいじめや自殺が増えだした。

まず自殺率に関しては70年代後半(10万人に付き12.8人)を除いてほぼ一定状態(10万人に付き約8人)、また少年犯罪率に関しても減少傾向、いじめに到っては80年代以降に認識されただけであって日本の学校教育が特殊条件であったと言う根拠は無し(現実に欧米でも起こっている先進国共通の問題)。

>79年のデータで、日本の子どもは「遊ばない」が61.1%あるのに対し、フランスは5.2%、アメリカ0.8%、イギリス1.3%であった。

無意味です、「遊び」の概念自体が文化間で違いが生じるのに、主観にもとづいた調査の国際比較は不適当。

>「日の丸」「君が代」が悪いのではない。
>その裏に染み付いている歴史の苦渋を忘れないよう、過去から目を背けることなく、希望ある未来・次の世代への架け橋にしなければと私自身は思っている。こういう思いの人は「日の丸」「君が代」にこだわらずにいられないのだろう。

矛盾だらけ、「日の丸」「君が代」と「歴史の苦渋」をセットで認識している以上は、あなたが「日の丸」「君が代」に「悪い」という印象を持っている証左。
投稿者: ゲスト at 2005 年 03 月 10 日 14:52:07



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月17日

2chそして迷惑コメントの正体

テーマ:コメントを書く前にお読みください
最近更新を行っていなかった間、ネットの世界では色々とプロ奴隷の関わる出来事があったようだ。特に騒ぎになっているのがプロ奴隷のプライバシー晒し攻撃とそれを批判した弁護士のブログへの迷惑コメントである。

実はまた当分更新を停止する予定なので、この問題についてが暫くは最新エントリーとなる。という訳で、恥をかかぬよう真剣に考察したい。

まず「プロ奴隷のプライバシー晒し攻撃」についてであるが、これは大体同じパターンがある。ネット上で匿名で意見を発信している人に対して掲示板2ちゃんねるを中心にそのもののプライバシーを「ネット掲載の情報」を総合し、暴露していくのである。しかし実はこのプライバシー晒しはプロ奴隷に限った事で無く「掲示板2ちゃんねる」で思想とは関係なく行われている事のようだ。例えば去年は大学の研究者でネットで散々右派的思想を宣伝していた者が「プライバシー晒し攻撃」をうけあえなくネットから姿を消すという事件もあったし、その前も思想とは関係なく女子大学院生のプライバシーが暴露されたりした事件もあった。こういう事件を掲示板2ちゃんねるでは「祭り」と称しているそうだ。つまりそういう言葉が定着するほど一般的な出来事な訳だ。


しかしその「祭り」については重大な疑惑がある。2ちゃんねる運営側が自作自演で「祭り」をでっち上げているのではという疑惑である。

そもそも実は2ちゃんねるの威力はまったくたいしたことがない。アクセス解析で計測したのだが、2ちゃんねるの一つのスレッドに「このブログ叩いて」と書きこみされたところで一日につき通常のアクセス+50もいかないくらいなのである。むしろ、うさんくさいプロ奴隷のサイトがこちらへの敵対的な記事を書きこんできた時の方がよほどアクセスは増加するのである。

そのような状況だが、しかし「祭りが始まった」と騒ぎになったとたんに2ちゃんねる経由のアクセスは急に増加するのである。

そしてこのような証言がある。



2chの正体 第七章・アクセス数を稼ぐ為の悪質な手法 /全7章
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/896.html

数多くある匿名掲示板の内、2ch特有の名物というものがある。いや、正確には、2chと何がしかの提携を結んでいるサイトでも見られる名物だ。
その2ch名物とは、『コテハン叩き』といわれる個人への執拗なリンチだ。
この『コテハン叩き』の中でも回転数の高いものは、“祭り”と表現され、実に悪質なリンチが行われている。
2chは、このリンチが度々盛り上がり、アクセス数増加の貢献をはたいている。2チャンネラーの中には、このリンチが楽しくて、2chを利用する者がいるほどだ。
しかし、これはあくまで、2chや提携サイト特有の現象である。他の匿名掲示板サイトでは、ほとんど見られず、また生じても長期化する事もない。

では、なぜ2chでは、このような悪質なリンチが起き、長期に渡って続くのか?
それは、リンチを盛り上げ、長期化する為に、“煽る者”がいるからだ。
リンチの兆しや可能性が見える度に、リンチに参加する“彼ら”は、以下のごときパターン化された煽りを繰り返している。

①発言の真面目さ痛さに関わらず、全ての発言にケチを付け、バカが馬鹿な事を言っている様に見せる。
②痛い主張を行っているように見せる為、主張内容を歪曲解釈する。
③挑発を続け、故意に暴言を吐かせる。
④たった一度の失言を執拗に誇大宣伝する。
⑤Web上から、ターゲットの恥部や失言のみを集め、常に中傷のネタを補給する。
⑥ターゲットの行くサイト全てを監視し、絶対に逃げる事が出来ないようにする。
⑦時には、ターゲットの個人情報まで収集して、公開する。

いずれも、リンチの対象者を「リンチを受けて当然の人間」に見せる為の手法だ。
そして、この方法によって、永遠と中傷ネタが補充され続け、悪質な“祭りリンチ”や“一年以上も続く長期リンチ”が生まれるのだ。
このパターン化された煽り方は、他のサイトで生じる個人叩きと比較してみれば、2chや2ch関連のサイト特有の煽り方である事は容易に知れる事だろう。
そして、このパターン化された煽り方は、「煽り方が人為的だ」という疑いを生み、2chには専業煽り屋がいるという指摘が、幾度もなされてきた。
そう、このパターン化された煽りを行い、個人へのリンチを煽っている“煽る者”たちこそが、2chの工作員<プロ固定>たちなのである。

2chのリンチが原因で、自殺する者、引きこもる者、カウンセリングを受ける者、狂い出す者が沢山いる。
特に、ネオ麦茶少年が、狂いだし、バスジャック事件を起こしてしまった話しは、余りにも有名だ。
その為、2chでは、『コテハン叩き』は削除対象となっている。
しかし、現実には、回転数の高いリンチは、絶対に削除されない仕組みとなっている。
ある時は、「依頼場所を間違っている」「依頼の仕方が間違っている」と難癖を付けられ、たらい回しにされた挙句、遂には、「しつこいから」という理由で無視を受ける。
或いは、『削除ガイドライン』に触れていないからという理由で、公然と却下される。(特に、元削除人・削除忍は、必死に嘆願する依頼者に対して、せせら笑って拒否していた事で有名だ)
例え、依頼場所、依頼の出し方が正しく、『削除ガイドライン』に触れていても、「しばらく様子見で」と曖昧な対処を受ける。もちろん、様子見から削除に移行する事はない。
当たり前だろう。
アクセス数を稼ぐのに都合の良いリンチは、2ch自身が、プロ固定に煽らせているのだ。削除などするはずがない・・・(後略)



つまり最近問題となっている2ちゃんねる経由での大量の迷惑コメントはそもそもは2ちゃんねるの運営スタッフのアクセス稼ぎの為の自作自演があるのだということ、そしてそれに乗せられる馬鹿どもという図式があるというのである。

さらに証言は続く。その2ちゃんねるの運営スタッフはわざわざプライバシー晒し攻撃「祭り」の為に必死に個人情報もネットからかき集めているというのである。
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/1010.html

もちろんこの証言を裏付ける明白な証拠がこちらにある訳ではない。この事を絶対に信じないという人間もいるだろう。しかし「2ちゃんねる」という掲示板が「米国在住の大学生の個人運営」などというとんでもないふれこみで始まった事を忘れてはいないか。そして2ちゃんねる運営側の人間を観察すると・・・

・2chの正体
・2chの二人の黒幕
・2ch探偵社、そしてNAVERへ提携

どうであろうか、この怪しい運営実態、怪しい人脈(どうやら2ちゃんに右翼的言論が多いのは関係者に右派思想の持ち主がいるということもあるようだ)。これらの情報を知ると何かネットでの「コメントスクラム」問題、プライバシー晒し問題について新たな視点が必要ではと思えてはこないか。ネット言論の正常化という表題を掲げてスタートし、プロ奴隷退治を第一目標にしてきたこのブログであったが、しかし事はそれにとどまらない、今後はやはり2ちゃんねるという組織の正体にもやはり迫っていかざるをえないだろう。

ちなみにこの2ちゃんねるの諸問題に関しては既に「2ちゃんねるからの個人情報売買などが違法」として警察が動いているとの未確認情報もある。今年は何か重大な動きがあるかもしれない。

尚、同じく未確認情報として2ちゃんねる管理人「ひろゆき」氏は実は2ちゃんねるの右翼的言動を毛嫌いしていて、しかも2ちゃんねる言論に右派色が多いのは職業右翼の情報操作のせいと明言しているという話もある。先ほどの工作員話とはまったく正反対の情報である。
http://plaza.rakuten.co.jp/worlddreams2005/diary/200501310000/
しかしこれについては、リベラルへの単なるポーズであるとか、2chの工作員<プロ固定>の悪行を右翼になすりつけんが為の言動だという説もでている。たしかに2ちゃんねる運営側としたら必要以上に特定思想に偏った掲示板ではアクセス増加は期待できない。そのために多少リベラルにも配慮したふりでもして集客するかという戦略はあるかもしれない。むろん真相はまだ闇だが、しかし近いうち明らかとなる日はくるだろう。

いずれにせよ、裏が宗教右翼だろうが2chの工作員だろうが、あっさり乗せられ、必死に迷惑コメントを大量に書きこんでくるプロ奴隷がダマされやすい馬鹿だということだけは確かだ。「右派へのプライバシー晒し攻撃」はあっても大抵は長続きせず、しかも左翼による2ちゃんねる発の迷惑コメント問題など聞いたことがない。その反対に位置するのが「祭り」にあっさり釣られ、大量の迷惑コメントを書きこむプロ奴隷達なのである。思慮深さが足りないものがネット工作にひっかかりプロ奴隷と成るのかそれとも元々プロ奴隷だから工作員に騙されるのかはこれも謎なのだが。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。