子どもはみんな天才だ!佐伯和也 公式ブログ

子どもが学校に行きたくない、行く理由が見つからないということが増えてきました。その時に、親はどうすればいいのか、子どもにはどう接してあげるといいのか。子どもに家庭教師兼メンタルコーチとして活動しています。


テーマ:
「うちの子は、スマホばっかりして全然勉強しない」

「うちの子は、ゲームばっかりして全然勉強しない」



昨日、お昼のテレビで、「スマホを使うほど、学力が下がる」っていうのをやっていたそうです。

僕は見れなかったのですが、見てた人から話を聞けば、僕の持論とは違うなぁ、っていう印象。



子どもの学力が下がるのは、スマホのせいでもないし、ゲームのせいでもありません。

子どもの学力が下がるのは、子どもが勉強をしていないから、です。



「子どもが勉強をしないこと」

と、

「子どもがスマホを使うこと」

は全く別の話です。



「子どもが勉強をしないこと」

と、

「子どもがゲームをすること」

も全く別の話です。



なぜ、別の話だと言えるかと言うと、

『スマホや、ゲームをしていて、学力が高い子もいる』

し、

『スマホや、ゲームをしていて、学力が低い子もいる』

し、

『スマホや、ゲームをしていなくて、学力が高い子もいる』

し、

『スマホや、ゲームをしていなくて、学力が低い子もいる』

から、です。



「親は、子どもの好きなものを取り上げれば、子どもが言うことを聞くと思ってる」

この記事でも書きましたが、

『子どもの好きなものを取り上げても、子どもは勉強をするようにはなりません』



もう一度言います。

『子どもの好きなものを取り上げても、子どもは勉強をするようにはなりません』



です。



「子どもに勉強をしてほしい」

っていう想いを持っている人は多いかと思います。



その想い自体はいいんです。

でも、着目するポイントが間違っているんです。



さっきも書きましたが、

「子どもの学力が低いのは、子どもが勉強をしていないから」

です。



だから、僕らがやることは、

「スマホや、ゲームを何とかすること」

じゃなくて、

「子どもが勉強をするようにすること」

です。



そして、

「スマホや、ゲームを何とかすること」

と、

「子どもが勉強をするようになる」

っていうのは、違うことです。

スマホや、ゲームを何とかしたところで、子どもは勉強をするようになるとは限らない、っていうこと。



下手すりゃ、子どもはいたずらに楽しみを奪われただけで、生きる気力を失うことだってあります。

「スマホや、ゲームを何とかする」

という働きかけは、僕は割と危険な発想だな、って思っています。

日々の楽しみ(それがたとえ惰性であっても)を奪われた子どもは、生きることに飽きる可能性が出てくるから、です。






で。





なんで、こう考えるのか。

この発想は、原理原則から考えたものです。



子どもが自分から勉強をするのは、勉強をしたいから、です。

それ以外の理由は、全てオマケみたいなもんです。

「勉強をすると、将来の役に立つ」

「勉強をすると、収入が増える」

とか、っていうのは、全てオマケです。

僕らは、このオマケの理由に振り回されがちなんです。



逆に言えば、子どもが勉強をしない理由は、勉強をしたくないから、です。

それ以外の理由も、全てオマケになるわけです。

「スマホをやっているから、勉強をしない」

「ゲームをやっているから、勉強をしない」

っていうのも、全てオマケです。



僕らは、目に見えるものに振り回されます。

子どもをパッと見た時に、スマホをやっていると、スマホを何とかしたくなります。

『スマホを、見ているから』

です。

それで、『スマホ=悪』という認識が作動して、「スマホを何とかしなきゃ」っていう意志を持ちます。



アドラー心理学では、特定の原因をピックアップして、「その原因を排除せよ!」っていう考え方を『原因論』と言って、批判しています。

人間は、原因論的な生き物ではなく、目的論的な生き物だ、と。



心理の働きに、注目すればするほど、拡大していく、増大していく、という働きがあります。

これを『焦点化の法則』と言います。

子どもがスマホをやっているのを見て、『スマホ=悪』という認識を持つと、スマホに対する嫌悪感がものすごく大きくなります。

子どもは、親の持つ『スマホ=悪』という嫌な雰囲気から逃れるために、より一層、スマホにのめり込みます。



『原因論』の何がまずいのかと言うと、今書いた『焦点化の法則』に加えて、もう一つあります。

それは、

「何かが起こる原因は、一つとは限らない」

っていうこと。



「子どもが勉強をしない」

っていうのを考えた時に、子どもが勉強をしない原因は、無数にある、っていうことです。

だから、『原因論』的な考え方で、子どもに関わると、その無数にある原因を潰していくことになります。



子どもが勉強をしないのは、

・スマホのせい

・ゲームのせい

・親の関わり方のせい

・今までの育ちのせい

・遺伝のせい

・友達のせい

・先生のせい

・学校のせい

・生活態度のせい

・家の居心地がいいせい

・学習障害のせい

・○○障害のせい

・学力が低い地域というせい

だ!



って言えちゃうわけ。

これが『原因論』的なやり方で、どんどん悪い原因を見つけて、潰していこう、っていう発想です。



『原因論』の落とし穴は、例えば、今挙げた原因のうち、10個をつぶせたとします。

その時、

「10個の原因から子どもを救えた」

って思うと同時に、

「まだ諸悪の根源が残っている」

って思います。



原因探しに躍起になっていると、一つ見落としができるんです。

「子ども=ダメなやつ」

「子ども=可哀そうなやつ」

「子ども=救ってやらないといけないやつ」

っていう、子どもを下に見るというか、子ども自身の価値を、力を見失っちゃうんです。



いつの間にか、子ども自身を小さく弱いものとして認識して、守ろう守ろうとしちゃう。

そしたら、子どもはどうなるかっていうと、その認識の通り、小さく弱いものとして振る舞うようになります。

そして、

「自分はダメな人間なんだ」

「自分は何もできない人間なんだ」

っていう認識を持つようになります。





っていうのが、親子関係における『原因論』を基準にした一つのストーリーです。

「スマホを使うから、勉強をしない」

「ゲームをするから、勉強をしない」

ってやるのが間違っているわけではないんですが、それじゃあ、子どもは勉強するようにならないよ、って話です。



『原因論』の考えのおもしろいところは、例えば、子どもからスマホと、ゲームを取り上げるとするじゃないですか。

そしたら、何か他のものにハマるんです。

で、結局、勉強をしない(笑)



だから、スマホや、ゲームを何とかしても、子どもが勉強をするようになる確率は、極めて低いでしょうね~。







じゃあ、どうすればいいのか?

僕らは、スマホや、ゲームを何とかするんじゃなくて、

「子どもが『勉強をしたい!』と思えるようなこと」

に取り組む必要があるんです。



「学ぶことっておもしろい!」

「勉強は自分に必要なんだ!」

「この先生、大好き!」

「親に自分の成長を見てほしい!」

「この本をもっと読みたい!」

「これって、どうなってるんだ!?」



どんな理由でも構いませんが、子どもが『勉強をしたい!』という動機をたくさん見つけていくんです。

すなわち、子ども自身が、勉強をする目的を見つけていく。

『原因論』ではなく、『目的論』で考えましょう、って話です。



「じゃあ、スマホや、ゲームはどうしたら!?」

ほっといたらいいんです。



さっきも書いたように、原因は注目すればするほど、嫌な状況が増えます。

だから、子どもがスマホ使ってても、ゲームしてても、基本的には放置です。



ただ、親が子どもがやってるスマホや、ゲームに関心を持つのはオススメです。

これは、「スマホや、ゲームに関心を持ちましょう」って話ではなくて、「『子どもがやってる』スマホや、ゲームに関心を持ちましょう」って話です。

子どもと一緒に、子どもが好きなことの話ができたら、最高です。



とはいえ、子どものスマホや、ゲームに関心を持つことと、勉強をするようになることは、繋がるとは限りません。

親子の仲が良くなるだけです。





まとめると、



・子どもの学力が低いのは、スマホや、ゲームのせいではなくて、勉強をしていないから

・スマホや、ゲームなどの『勉強をしない原因』を取り除いたところで、子どもは勉強をするようにはならない

・スマホや、ゲームに関しては、スルー

・僕らが取り組むべき課題は、子どもに『勉強したい!』と思わせること




です。


 

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆大阪◆

 

○2017年3月11日(日)13:00~15:00@門真(門真市後援)

「子どもはみんな天才だ!」

第一部:佐伯和也 基調講演「子どもの可能性を広げよう」

第二部:パネルディスカッション「子どもの生きる力」

パネラー

  ・佐伯和也(プロコーチ)

  ・川村早余子(門真市立第7中学校PTA会長)

  ・実島直美(生涯学習センター長)

ファシリテーター

  ・なかたかおり(門真出身のソロアーティスト)

サポート

  ・門真市教育委員会教育センター代表

 

申込はこちら

 

 

 

◆仙台◆

 

○2017年2月18日(土)10:30~12:30@PARM-CITY131

「子どもが自分から勉強するコミュニケーション 〜子どもの将来に一抹の不安を覚える方へ〜」

 

○2017年2月18日(土)17:00~19:00@PARM-CITY131

「量子物理学的引き寄せ講座 ~波動編~」

 

申込はこちら(両講座共通)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

【千葉・東京】メンタルコーチ 佐伯和也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。