子どもはみんな天才だ!佐伯和也 公式ブログ

子どもが学校に行きたくない、行く理由が見つからないということが増えてきました。その時に、親はどうすればいいのか、子どもにはどう接してあげるといいのか。子どもに家庭教師兼メンタルコーチとして活動しています。


テーマ:

今夜20時、ついにBASEの先行募集を始めるのですが、流れを確認しておきますね。

 

先にお詫びしておきますが、予約が90名を超えているので、全員が参加できるわけではありません。

 

ごめんなさいm(_ _)mぺこり

 

 

 

以下、参加するために、ぜひ申し込みの手順を確認していただければと思います。

 

 

 

20:00の開始30分前、つまり、19:30になったら先行募集ページのリンクをメールでお送りします。

 

これは予約者限定でお送りします。

 

このメルマガには送りませんので、ご注意を。

 

もし、今からでも「やっぱり先行募集の案内を受け取りたい!」っていう方は、19:30まで予約登録は受け付けています。

 

 

 

 

 

先に申込ページ用のメールを配信するので、先にそちらにアクセスしといていただくことで、

 

・何らかの理由で、メールの配信が遅れた

 

・「リンクが機能していなかった(青文字になっていなかった)」などの理由でリンクをクリックするのが遅れた

 

などの理由で、「参加したかったのに、申し込みが遅れた・・・!」という悔しい事態を避けられます。

 

 

 

なので、アクセスに何らかの不安がある方は、先に申込ページにアクセスして、待っててくださいね。

 

20:00になったら自動的に更新され、申込ページに移動します。

 

更新されなかったら、手動で更新を行ってください。

 

 

 

 

 

申込ページに移動すると、色々書いているので、興味があればぜひ読んでみてください。

 

定員数や、金額などは、申込ページに書いてあるので、そちらをご確認いただき、申込を行ってください。

 

 

 

申込方法は、昨日お送りした予告動画の第五弾に画像付きで説明しているので、まだ見ていない方はぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

申込はこれで完了ですが、BASEへの参加はお支払いが完了した時点で確定します。

 

期限内にお支払いいただかない場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。

 

キャンセルが出て、なおかつ、定員に達していない場合は、再募集をさせていただきます。

 

 

 

一度定員に達した場合は、再募集はありませんので、ご了承ください。

 

また、定員枠を増やすことによる追加募集もありません。

 

なので、参加したい!と思ってくれている方は、ぜひ申し込みをお見逃しのないようにお願いします。

 

 

 

もし、先行募集で定員に達しなかった場合は、予約者以外にも向けて一般募集をさせていただきます。

 

逆に、先行募集で定員に達した場合、一般募集はありません。

 

 

 

申込の手順としては、以上です。

 

何か申込に関して気になる点があれば、お気軽に聞いてください!

 

 

 

 

 

 

 

こんな形で、ご案内をさせていただくのは初めてなんですが、僕も今からワクワクしています。

 

本当に、たくさんの方に興味を持っていただいていて、感謝するばかり。

 

逆に言えば、今までの企画って、興味を持っていただけなかったのではなくて、情報が伝わっていなかっただけなのでは!?と思っちゃう。

 

 

 

今回、BASEのご案内は、やはりコミュニケーションを学ぶ場なので、複数人いてくれた方が色んなことができるんですよね。

 

1人だけだと、コミュニケーションって学び辛いですからね(笑)

 

 

 

そうそう、予約してくれた方から、こんなご質問をいただいたので、ご紹介しておきますね。

 

他の予約してくれた方にも関係することだと思いますので。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

仙台市在住です。

 

この前の佐伯さんの講演会に参加して、今回の講座とても興味あります。

 

ベースの参加の場合、東京に行って参加することになりますよね?

 

欠席した場合どうなりますか?

 

振替などはありますか?

 

今後仙台開催の予定なども検討されていますか?

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

それと、

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

松山からの参加です。

 

飛行機か夜行バスで行く予定です。

 

飛行機の場合、9;05羽田着です。会場が解らないので間に合うのか不明です。

 

遅刻してしまう可能性がありますがよろしいでしょうか。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

という2つの質問です。

 

 

 

欠席をした場合、みんなと一緒のワークはできなくなりますが、内容の理解や、学んだ内容の実践に関しては、問題が内容にしています。

 

欠席をしても、講義動画を受け取ることで、クラスの中で僕が伝えていることを学ぶことができます。

 

さらに、今回のBASEは、回数無制限のコーチングフルサポートをつけているので、講義動画で分からなかったことに関しても、何度でも聞くことができます。

 

 

 

なので、欠席をしたら、グループ学習が、僕とのマンツーマン学習になるイメージでしょうか。

 

さらに、参加してみてどうだったか、っていうのは、一緒に学ぶ仲間から聞くこともできます。

 

だから、欠席をして、何か大切なことを学びそびれた!っていうことは無いかと思います。

 

 

 

もちろん、出席をして、さらにコーチングを使って、マンツーマン学習に繋げるのもありです!

 

また、欠席したことによるメンバーの交流のやりにくさは、フォローしますので、そちらもご安心を。

 

 

 

 

 

それから、次期の開催が未定で、地方開催も未定です。

 

なので、次期以降への振り替え受講も同様に未定です。

 

 

 

ただ、僕個人の気持ちとしては、次期の開催はぜひやりたい!

 

再受講も受け付けて、学びを深めていけば、それはそれは楽しいでしょうし、仲間も増える。

 

僕の考え方は、どうも少数派の部類なようなので、ぜひとも広めていきたいですしね。

 

 

 

それに、BASEの内容を身に付ければ、親子関係がかなり楽しいものになる、っていう自信はあります。

 

そうやって、幸せな親子が増えることは、僕にとっても嬉しいことですから(*'▽')

 

 

 

地方開催は、しばらくはやらないと思うので、ぜひ東京へお越しいただければ、と思います。

 

学びのついでに、観光もできますね!

 

観光メインで、学びをサブにしていただいてもいいですけどね(笑)

 

 

 

 

 

それから、遠方からの参加の場合や、何らかの理由で、遅れても大丈夫です。

 

先述の通り、講義は動画があるので、聞き逃した部分があっても、後から確認できます。

 

さらに、分からないことなどがあれば、コーチングでフォローしていきます。

 

 

 

つまり、欠席しても、遅刻しても、大きなデメリットにはならない、と考えています。

 

ただ、あくまでもこれは、僕個人の見解です。

 

なので、間に合わないことや、欠席することがあらかじめ分かっている場合、参加するかどうかの最終判断は、各自で判断してくださいね。

 

 

 

 

 

というわけで、再度確認しておきますが、

 

【今夜の20:00に先行募集開始】

 

です。

 

先行予約者向けに、19:30頃に申込"準備"ページへのリンクを記載したメールをお送りさせていただきます。

 

このページを開いておいていただけると、20:00になったら申込ページへと自動的に移動します。

 

自動で移動しない場合は、手動で更新してください。

 

 

 

たくさんのご予約をいただいていることもあって、ぜひぜひ、お見逃しのないように!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日、2017年3月27日(月)20:00に先行募集の申込受付を開始します。

 

 

 

今回の企画、

 

【親のためのコミュニケーション講座 -BASE-】

 

も大詰めとなってまいりました。

 

 

 

一つ前の記事では、

 

・BASEの各クラス一覧

 

・BASEで得られる特典一覧

 

をおさらいしました。

 

チェックしたい方は、ぜひご覧ください。

 

各クラス一覧と、参加特典一覧

 

 

 

 

さて、この記事では、BASEの予告動画の一覧をまとめておきます。

 

文字よりも、BASEにかける想いが伝えられるんじゃないかな、と思います(*'▽')

 

まだ見ていない方、改めて見たい方、ぜひご覧ください。

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第一弾 ~講座の全体像~

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第二弾 ~各クラスの紹介~

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第三弾 ~参加特典の紹介~

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第四弾 ~Q&Aと募集詳細~

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第五弾 ~まとめ&ラストメッセージ~

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

これらの動画をまとめて見ていただければ、講座の全体像や、どういう講座なのかがイメージできるかと思います!

 

ここに出ていない情報は、明日の申し込みページにてご確認ください。

 

明日の20:00までは、もう少し時間がありますので、気になることはメールにて質問も受け付けています。

 

 

また、先行予約もまだ可能ですので、そちらもぜひ!

 

先行予約登録フォーム

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

BASEの先行募集日が、【明日】となりました。

 

参加を検討している方、もう決めている方は、ぜひお見逃しのないように!

 

おかげさまで、90人近い方に予約していただきました。

 

本当にありがとうございます!

 

 

 

さて、ここらで、ここまで紹介したコンテンツと特典について、おさらいしておきます。

 

 

 

◆6ヶ月プログラム

 

□Day1:アドラー心理学                                ・・・4/23(日) 10:00~15:00

 

□Day2:『遊びの解放』と、『自律学習』       ・・・5/21(日) 10:00~15:00

 

□Day3:コミュニケーション基礎                   ・・・6/18(日) 10:00~15:00

 

□Day4:非言語コミュニケーション                 ・・・7/23(日) 10:00~15:00

 

□Day5:量子力学的引き寄せの法則                 ・・・8/20(日) 10:00~15:00

 

□Day6:コーチング                                          ・・・9/17(日) 10:00~15:00

 

 

 

 

◆5大特典

 

1.自律学習の手引き(Day2 終了後に配布予定)

 

2.Youtubeの学習活用マニュアル(Day2 終了後に配布予定)

 

3.Day1~Day6の動画の配信(講義部分のみ)

 

4.参加者限定Facebookグループへご招待(参加は任意、アカウントが必要)

 

5.コーチングを受ける権利(音声:無制限、対面:6回)

 

 

 

 

となっています。

 

コーチングは、4/1~9/30の期間でご利用いただけます。

 

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告第五弾 ~まとめ&ラストメッセージ~

 

 

先行予約受付フォーム

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

 

2017年3月27日(月)20:00より、先行募集開始。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

コミュニケーションって、良くも悪くも、誰でもできるんです。

 

誰でもできるが故に、何とかできそうな気がするし、重要性は下がります。

 

 

 

でも、それって、

 

「俺は日本人だから、国語の勉強なんて必要ないぜ!」

 

って言っている学生と同じ発想だと思うんですね。

 

 

 

そして、

 

「親子関係、家庭の悩みは、全てコミュニケーションの悩みである」

 

っていうことは断言できるし、誇張とも思いません。

 

 

 

 

 

実際、様々なカウンセリングケースを見てきたら、大人になってから抱えた問題は、結局、小さい時の親子関係にあった、っていうケースは驚くほど多いです。

 

だからと言って、過去を責めたいわけじゃないんです。

 

自分の親を恨みたいわけじゃないんです。

 

 

 

何度も言いますが、親が悪いわけじゃない。

 

コミュニケーションの取り方を知らんかっただけなんです。

 

親子のどちらかが望まないコミュニケーションを取って、その結果、変な関係ができちゃっただけ。

 

個人に何か罪があったわけじゃない。

 

 

 

だから、親を責めるのは論点が違うんですけど、コミュニケーションを学ばなかったら、自分が小さい頃に感じてきたことを、自分の子どもにも繰り返していく可能性があるんです。

 

例えば、自分が小さい頃、自由に遊ぶのを許可されなかったから、自分の子どもにもそれを許せない、とかね。

 

勉強をしない、学校に行かない選択肢がなかったから、自分の子どもがそうなった時に、何とかして言ってくれないかと思っている、とかね。

 

 

 

BASEでは、過去の傷を癒すことを目的とはしていません。

 

なぜなら、多くの場合、それをしなくても、前に進めるから、です。

 

 

 

でも、過去は振り返ります。

 

自分がどんなコミュニケーションを受けてきて、今、どんなコミュニケーションを取っているのか。

 

そのパターンに気付く。

 

気付けば変えられる。

 

 

 

過去の自分や、親を責めたいんじゃない。

 

ただ純粋に、自分のことに気付いて、変えていきたい。

 

 

 

 

 

BASEでやりたいことは、過去ではなくて、今、現在に、親子の関係を『安全基地』(BASE)にすること。

 

そして、安全基地を足掛かりに、子どもが自分の世界を広げるチャレンジをすること。

 

BASEでは、それを目指しています。

 

 

 

そのためには、コミュニケーションを学んで、コミュニケーションを変えていき、親子関係を変えていく必要がある。

 

なぜなら、同じコミュニケーションを取れば、同じ結果が生まれるから、です。

 

違う結果を望むなら、違うコミュニケーションが必要です。

 

 

 

『遊びの解放』をした方が、子どもの学習意欲が高まるのは間違いない。

 

僕らは、コミュニケーションを変えることで、そこから更に子どもの意欲を高めて、子どもの世界を広げていけるんです。

 

そして、いつのまにか、子どもの心に『自立』が身に付いている。

 

 

 

 

 

そのことに魅力を感じる親には、ぜひともBASEに参加してもらいたい、って思っています。

 

この6ヶ月間、他では聞けない話ばかりだと思います。

 

一般的な子育て理論とは大きく違っていて、しかも、たくさんの人が実践してくれて、その効果は実証済。

 

 

 

僕が今まで学んできたことの全てを伝えるつもりで臨みます。

 

「私に理解できるかしら・・・」

 

っていう心配を抱く人もいるかもしれませんが、それは無用です。

 

そこを何とかするための仲間だし、回数無制限のコーチングサポートです。

 

せっかくここまで大盤振る舞いをしているんだから、使い倒してくれれば、と思います。

 

 

 

 

自分で言うのもなんですが、メルマガではかなり分かりやすく解説しているので、BASEで伝える内容も、ボリュームこそ多いですが、理解できない、っていうことはないと思います。

 

その辺は、僕の解説能力を信頼してください。

 

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告第五弾 ~まとめ&ラストメッセージ~

 

 

先行予約受付フォーム

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

 

2017年3月27日(月)20:00より、先行募集開始。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

1280人突破!!

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆中部◆

 

〇2017年4月1日(土)(主催:長谷川卓也・和子夫妻)

 

「教えて、佐伯さん!ほんとうに、こどものゲームは問題じゃないの?」

 

午前の部:10:30~12:30
「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

午後の部:13:00~16:30
「子どものゲームの印象がガラッと変わるお話会」

 

詳細はこちら

 

 

〇2017年4月2日(日)(主催:片桐とーさん、かーさん)

 

佐伯と、tanQの森本さんのコラボイベント!(1年半振り!)

 

午前の部:10:30~12:30(開場:10:00)

「『自律学習』自ら進んで学んで行くようになるには?」

 

午後の部:13:30~16:00(15:00から質疑応答タイム)

「tanQファミリーライブ」

 

詳細はこちら

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

連日お伝えさせていただいているBASEに関する情報。

 

たくさんの方の予約登録をいただきまして、倍率も6倍を超えました。

 

こんなに期待してくれているんだなぁ、と嬉しくなります。

 

 

 

僕の元に届けられたメッセージも、いくつかご紹介しようと思います。

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

このタイミングでBASEが開催されることに運命めいたものを感じています!

 

地方に住んでいるので、参加できるかどうかはまだわからないのですが、勇気を出して予約させていただきたいと思います。

 

よろしくお願いします!

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

遊びの解放などなど、ブログやメルマガで読ませて頂き、なんとか日常に取り入れたいとやってはみるものの、自分の中での落とし込み不十分もあってなかなか上手くいかないところがあるので、更に落とし込みたいです!

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 

 

反抗期真っ只中の中1娘がいます。

 

私の勉強しなさい攻撃で、彼女の勉強に対する興味もなくなり成績も急降下しました。

 

佐伯さんの遊びの解放のお話を聞いて、今まで解放どころか規制ばかりしてきた結果が今なんだなあと納得しました。

 

娘ともう一度親子関係を一から作りたいと思っています。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

佐伯さん、初めまして。

 

ゲームばかりで勉強しないら将来の夢もないという中1息子の事で、イライラしたり衝突したりする事が多く、ネットで手掛かりを探していく中で佐伯さんの事を知りました。

 

親が変われば良いことはわかっても、どうすれば良いのかわからない。

 

それを講座で学べそうな気がしたので、まずは先行予約に申し込みました。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

今までのブログを参考に、こちらのあり方や意識の前提を変えるだけで、驚くほど子どもの姿が変わるのを実感しています。

 

もっと知りたいです。もっとワクワクしたいです。

 

子どもも親、大人たちも、一緒に自由に自分を表現して生きたいです。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

学びたいです。

 

子どもたちの探求心を刺激できる大人になりたいです。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

動画を見て、ぞくぞくしています。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

初めまして!いつもブログやフェイスブックを拝見させてもらってます!

 

わたしは、子供のことになると本当に心配症でダメだとは思ってるんですが、やりがちです。

 

最近は、色々学び私が楽しむをメインにしているので少し考え方が変わってきました。

 

BASEは、私が学びたかったことを知れるような感じなので、ぜひ受けてみたいです!

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

佐伯さんの企画を聞き、ワクワクしました!

 

ワクワクするものには、とにかく飛び込んでみるつもりで、申し込みます♪

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

2人の姉妹母です。

 

長女が不登校になり「どうしてうちの子が…」がきっかけに色々な本やブログを読み漁り佐伯先生のブログまでたどり着きました!

 

先生の文章を読んで「そうだよ!そうなんだよ!!」と上から目線ではない嫌味のない文章に、共感しながら見させて頂いています。

 

子供の気持ちだけではなく母親の気持ちも汲んでくれて嬉しいです。

 

これを期に是非講座を受けて見たいと思いメールしました。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

軽度の自閉症スペクトラムがある不登校の息子との、コミュニケーションの取り方を学びたいです。

 

彼の良い部分を伸ばしていきたいです。

 

彼が自立してワクワクする人生を描いてもらえますようにお手伝いできたら嬉しいので参加表明します。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

動画みて朝からワクワクしてます!!

 

わたしが学びたかったのってまさにこれだ!!安心安全な場所。

 

親にも子にも、人が生きていくためには絶対必要ですよね☆

 

第2弾気になる~~!!先行予約させていただきます! 佐伯ファンよりヽ(´ー`)ノ

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

自分の『やってみたい!!』に正直になってみようと思います(≧▽≦)

 

この講座を受けてみたい気持ちが今、私の中にあることは間違いのない事なので!!   

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 

 

いままでアンガーマネジメントの講座もしましたが、やはり親を責めるものが多くて、後味が悪かったのです。

 

親を責めないお話を聞きたいです。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

これだけでも、いただいたコメントの一部なんですが、ほんとに、たくさんの先行予約、ありがとうございます。

 

「子どもには幸せになってほしい」

 

でも、だからと言って、親が責められたり、不幸になってもいい、というのは成り立ちません。

 

親も、子どもも、両方とも幸せになる道を見つけないと!

 

 

 

BASEでは、今までの子育て論、教育論で、曖昧だった、

 

「子どもを愛する」

 

「子どもを信じる」

 

というようなことに、積極的に切り込んでいき、具体的な行動に反映させる術を教えていきます。

 

 

 

「子どもへの愛情が足りていないんです」

 

なんて言われても、

 

「はぁ!?どういう意味やねん!」

 

って感じでしょう!?

 

 

 

そういうことに積極的に切り込んでいくことで、

 

・子どもの安全基地(BASE)となるコミュニケーションを学ぶ場

 

・BASE自体が、親の安全基地(BASE)となる場

 

を実現していこうと思っています。

 

 

 

今まで、子育てや、教育について、曖昧模糊で、よく分からなかったことをBASEでは明らかにしていきます。

 

そして、それを身に付けられるようにサポートしていきますので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

 

 

 

 

 

さて、それではBASEの予告第四弾『Q&Aと募集詳細』です!

 

では、さっそく、こちらをご覧ください。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告第四弾 ~Q&Aと募集詳細~

 

 

先行予約フォーム

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

いただいた質問の中で、最も多かったのが

 

「いつから募集するの?」

 

「ぶっちゃけ、なんぼ?」

 

っていうものでした。

 

 

 

親のためのコミュニケーション講座 -BASE- の募集日は、

 

【2017年3月27日(月)20:00】

 

に先行予約をしてくれている方向けに、連絡を差し上げます。

 

 

 

そこでまず先行募集を行い、そのあと一般募集を行います。

 

もし、先行募集の段階で、募集枠が埋まってしまえば、一般募集はせずに終了します。

 

 

 

なので、BASEの募集案内を受け取りたい方は、必ず先行予約を済ませておいてくださいね。

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

 

 

 

 

参加費については、一括払いのみの対応ですと、なかなかシビアだと思います。

 

なので、分割払いにも対応することで、参加してくれる方の負担をかなり減らせるのではないか、と考えています。

 

また、その場合、月々16,500円で参加することもできます。

 

僕のサポートを毎日受けられることを考えると、1日あたり約1000円で僕を使うことができます。

 

 

 

BASEは、僕が自信を持ってお届けする企画なので、その覚悟と、決意を持って、みなさんに提供してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

昨日、予約登録してくれた方と話していたことをシェアします。

 

 

 

子どもが、親が気に入らないことをすると、親は、子どもを叱ったり、怒ったりします。

 

子どもは、親に認めてもらいたい、注目をしてもらいたい、っていう欲求を持っています。

 

でも、子どもには、それを言葉で親に伝える術がない。

 

 

 

でも、「親が気に入らないことをすれば、親に注目してもらえる」っていうことを学びます。

 

子どもは、親に喜んでもらえる術は分からないままだけど、少なくとも、親に無視されない、怒られてでもいいから、構ってもらえる術は学習する。

 

だから、親を困らせるような行動を取る。

 

そして、また、親が叱ってくれて、怒ってくれて、子どもは「良かった、無視されていない」って思う。

 

「このやり方は、親を喜ばせるわけじゃないけれど、少なくとも親から無視されない」って思う。

 

 

 

このやり取りは、親が気付くまで、子どもが大人になっても繰り返されます。

 

子どもが大きくなるにつれて、親へのアピールも豊富になっていきます。

 

不登校や、引きこもり、ニート、事件、学校で問題を起こす、などなど。

 

様々な手段を使って、親の注目を集めます。

 

 

 

子どもは親に構ってほしい、認めてほしい一心です。

 

でも、子どもが大きくなると、このやり取りに親も、子どもも、気付きにくくなります。

 

なぜなら、親の方には、「この子は、精神年齢の発達が遅いのでは」という疑問が浮かび、子どもの方は、小さい頃からの行動パターンを繰り返しているだけで、当初の欲求を忘れてしまったから。

 

忘れてしまったけれど、心は欲していたりします。

 

 

 

子どもが大きくなれば、知力も体力もつくから、親へのアピールの仕方が色々増えます。

 

そして、親の子どもへの悩みも深くなります。

 

 

 

 

 

でね、この話で大切なことは、誰も悪くないんだ、っていうことです。

 

親は親で、子どもとの関わり方が分からず、子どもの気持ちが分からずにいました。

 

子どものことが嫌いなわけじゃないんです。

 

ただイライラするようなことをされるから、それでイライラしていただけ。

 

 

 

子どもは子どもで、親に構ってほしい、注目してもらいたい一心で必死だった。

 

親から怒られたとしても、少なくとも、自分に注目してもらえていることへの安心感があった。

 

 

 

誰も悪くないけれど、結末は、けっこうキツイ。

 

でも、親が「子どもは、親に構ってほしい生き物だ」っていうことさえ知っていれば、こういう事態は防げるんです。

 

コミュニケーションの取り方も変えられます。

 

 

 

 

 

もちろん、BASEでもそのことは扱います。

 

BASEは、「親も、子どもも、ハッピーに!」っていうほんわかしたコミュニケーションだけではなく、子どもと強固な絆を結んでいくことができるようなコミュニケーションも伝えていきます。

 

 

 

親が、子どもの味方となり、子どもが自分の人生に責任を持って生きていけるように。

 

そのためには、まず何よりも、親子関係と、家庭環境が、子どもの安全基地になっていることが欠かせません。

 

そのために、親にできることをお伝えします。

 

 

 

ぜひ、お楽しみに!

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、BASEの先行募集は、

 

【2017年3月27日(月)20:00】

 

です。

 

 

 

この時間になったら、先行募集の案内メールをお送りします。

 

 

 

全ての先行予約者に、登録時のお返事を出していますが、

 

「佐伯さんからお返事来てないよ!」

 

という方は、迷惑メールフィルタに弾かれていたりして、当日の案内メールを受け取れない可能性があります。

 

その場合は、「publish.kazuya@gmail.com」を指定受信できるようにしておいてくださいね。

 

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告第四弾 ~Q&Aと募集詳細~

 

 

先行予約フォーム

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

次回で、いよいよ予告動画も最終回です。

 

初めて作り込んだ動画が遂に最後か、と思うと、なんだかしみじみします。

 

・・・これから、色々と始まるんですけどね!!笑

 

 

 

というわけで、最後の動画もお楽しみに!

 

 

 

 

1280人突破!!

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆中部◆

 

〇2017年4月1日(土)(主催:長谷川卓也・和子夫妻)

 

「教えて、佐伯さん!ほんとうに、こどものゲームは問題じゃないの?」

 

午前の部:10:30~12:30
「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

午後の部:13:00~16:30
「子どものゲームの印象がガラッと変わるお話会」

 

詳細はこちら

 

 

〇2017年4月2日(日)(主催:片桐とーさん、かーさん)

 

佐伯と、tanQの森本さんのコラボイベント!(1年半振り!)

 

午前の部:10:30~12:30(開場:10:00)

「『自律学習』自ら進んで学んで行くようになるには?」

 

午後の部:13:30~16:00(15:00から質疑応答タイム)

「tanQファミリーライブ」

 

詳細はこちら

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、配信したBASEの予告動画の第三弾はご覧いただけたでしょうか。

 

まだでしたら、ぜひこちらからご覧ください。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第三弾 ~参加特典の紹介~

http://ameblo.jp/sinosakura/entry-12258561993.html

 

 

先行予約はこちら

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

 

「コミュニケーションでは、自分が何を伝えたか、ではなく、相手に何が"伝わった"のか、が全てである」

 

っていう言葉があります。

 

 

 

僕らは、子どもに、

 

「愛しているよ」

 

「信じているよ」

 

「頼っていいからね」

 

「いつでも相談してね」

 

などなど、伝えると思います。

 

 

 

ちょっと強めの言い方をすれば、子どもが、

 

「愛されていない」

 

「信じられていない」

 

「頼れない」

 

「相談できない」

 

って思っていたら、僕らが伝える上記の言葉たちには、何の意味も無くなります。

 

 

 

「それでも、何度も伝え続ければ、いつかは届くはず!」

 

っていうのは、実は条件があるんです。

 

 

 

それは、

 

「子どもに伝わっていて、子どもが受け取りを拒否している時に限る」

 

ということ。

 

 

 

この場合、僕らが何度も何度も伝え続けることで、

 

「あれ、本当は愛されているのかな・・・?」

 

って、子どもの心の扉を少し開けてくれる瞬間が来るかもしれません。

 

 

 

子どもが受け取り拒否していても、何度も伝えることで、そのことが少し理解されて、受け取ってもらえることがあります。

 

こういう場合は、何度も伝え続けることが有効です。

 

 

 

 

 

でも、そもそも、伝え方を誤っている時には、これは成り立ちません。

 

つまり、伝えるたびに子どもに、

 

「信じられていない」

 

と思われている場合ですね。

 

 

 

「親の気持ちは子どもに伝わらない」

 

「親だから仕方ない」

 

って言う人も少なくないんですが、それは間違いです。

 

 

 

ただ単に、伝え方を間違えているだけなんです。

 

ここでいう『間違い』っていうのは、本来伝えたいことと、伝わっていることがズレている、っていうことです。

 

 

 

子どもが受け取り拒否している場合には、子どもが受け取れないだけで、一応、伝わるには伝わっているんです。

 

自己否定が強い、っていうことですね。

 

 

 

でも、そもそも、子どもに「信じられていない」みたいに、真逆の意味で伝わっていることも少なくありません。

 

コミュニケーションが自分目線の自己満足なものになっているケースですね。

 

 

 

この場合、親がコミュニケーションのことを知らないだけなので、別に親に問題があるわけじゃありません。

 

コミュニケーションを学んで、実践すれば済む話です。

 

 

 

 

 

とはいえ、

 

「子どもを信じる」

 

「子どもを愛する」

 

「子どもが頼れる」

 

「子どもが相談できる」

 

っていうのは、どういうコミュニケーションを取れば、子どもにそう伝わるのか、ってあんまり論じられてきていません。

 

 

 

育児書や、子育て系のセミナーでは、

 

「こうしたらいいよ」

 

っていう方法論で語られることが、まだまだ少なくありません。

 

 

 

さっきも書きましたが、

 

・何を伝えたか

 

っていうのと、

 

・何が伝わったのか

 

っていうのの間には、大きな違いがあるんです。

 

 

 

で、

 

「こうしたらいいよ」

 

っていう方法論は全て、

 

『何を伝えたか』

 

っていう部分に属します。

 

 

 

だから、その方法で伝わらない場合は、方法を変える必要があります。

 

伝わらないんだから、同じ方法を取っている限り、いつまで経っても伝わりません。

 

ひどい時には、真逆な意味の重ね塗りをしていることもあります。

 

なので、伝わらないと思ったら、すぐに方法を変えるのがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

でね。

 

ここからが、特に大切な話です。

 

 

 

 

 

子どもに、

 

「信頼されている」

 

っていうのが伝わってほしい場合、結局、何が伝わればいいのか。

 

 

 

これは、『実感』って言われています。

 

つまり、

 

「信頼されている『感』」

 

です。

 

 

 

子どもの中に、「信頼されている感」が蓄積されればされるほど、「伝わっている」っていう表現をしています。

 

逆に、子どもの中に、「信頼されている感」が蓄積されていなかったり、目減りさせちゃう場合は、「伝わっていない」っていう表現をします。

 

子どもに伝えた時の「信頼されている感」の度合いは、伝えた時の子どもの表情や、しぐさを観察していると分かります。

 

 

 

この『実感』が感じられていない時には、同じやり方で伝えても、『実感』は強くなりません。

 

伝え方を変えて、子どもが『実感』を感じられる伝え方を探す必要があります。

 

 

 

 

 

冒頭にも書いた、自己否定が強くて、伝えたことを受け取り拒否している子の場合。

 

子どもは、信じられていることは、頭では理解できています。

 

でも、自分の心の中にある自己否定の気持ちが、その理解を妨げているんですね。

 

 

 

でも、『実感』に着目してコミュニケーションを取っていくと、その自己否定の網目を潜り抜けていくことができます。

 

つまり、子どもが自己否定しやすい子であっても、自己否定をさせずに、「信じられている感」を蓄積させていくことができます。

 

 

 

イメージで言えば、「子どもが受け取り拒否しているケース」っていうのは、お腹は空いているんだけど、食欲がないケースです。

 

だから、何度も「お腹空いているんでしょ?食べなさい」って言い続けている感じ。

 

言い続けていたら、お腹空いているのは確かだから、そのうち食欲無くても食べ始める、っていう感じ。

 

 

 

一方、自己否定をさせずに、伝えるっていうのは、

 

「お腹空いているんでしょ?食べたくなったら食べてね」

 

って言って、子どもの目につくところにご飯を置いておく感じです。

 

 

 

どちらにせよ、子どもが受け取れるまでに時間がかかるんですけど、後者の方は自分の意志を尊重されている感が出ますよね。

 

食べるのも、食べないのも、あなたの自由。

 

でも、私は食べてほしいから、ここにご飯は置いておく。

 

っていう感じ。

 

 

 

だから、子どもには自己否定する余地が出にくい。

 

言い換えれば、「信じられている感」が蓄積しやすいんです。

 

こんなコミュニケーションの取り方もあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

予告動画の中で、プレ期に参加してくれたお二人が話してくれているのは、

 

・子どもを信じる

 

・自分を信じる

 

ということです。

 

 

 

この2つは、本や、セミナーなどでも、よく言われることだと思います。

 

しかし、本を読んでも、セミナーを受講しても、子どもを信じられない人がいます。

 

一方、このお二人のように、子どもや、自分を信じられるようになる人もいます。

 

 

 

この違いは、『実感』が伴っていたか、どうかです。

 

僕が作る場では、

 

・子どもを信じてOK

 

・自分を信じてOK

 

という空間を作ることを意識しているので、より『実感』が感じやすくなっているかと思います。

 

 

 

たぶん(笑)

 

一番最初にも書いたように、実感は受け取り手次第ですからね。

 

 

 

BASEに参加すると、どんな感じなのか、お二人の感想を読んでいただけると、少しはイメージできるかと思います。

 

なので、まだ予告動画の第三弾をご覧になっていない方は、ぜひ一度、ご覧ください。

 

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第三弾 ~参加特典の紹介~

http://ameblo.jp/sinosakura/entry-12258561993.html

 

 

先行予約はこちら

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

1280人突破!!

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆中部◆

 

〇2017年4月1日(土)(主催:長谷川卓也・和子夫妻)

 

「教えて、佐伯さん!ほんとうに、こどものゲームは問題じゃないの?」

 

午前の部:10:30~12:30
「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

午後の部:13:00~16:30
「子どものゲームの印象がガラッと変わるお話会」

 

詳細はこちら

 

 

〇2017年4月2日(日)(主催:片桐とーさん、かーさん)

 

佐伯と、tanQの森本さんのコラボイベント!(1年半振り!)

 

午前の部:10:30~12:30(開場:10:00)

「『自律学習』自ら進んで学んで行くようになるには?」

 

午後の部:13:30~16:00(15:00から質疑応答タイム)

「tanQファミリーライブ」

 

詳細はこちら

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、先日からお伝えさせていただいているBASEの告知。

 

いよいよ予告動画も第三弾となりました。

 

「いつまで続くんだ?」

 

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、もうちょっと続きます。

 

 

 

おかげさまで事前予約が定員の5倍を超え、倍率が6倍に届こうとしています・・・。

 

自分でも、ほんとに、こんなに多くの方に興味を持ってもらえるのかと、驚いています。

 

ほんとにありがとうございます。

 

 

 

募集の受付は、事前予約してくれている方から優先的にご案内します。

 

なので、少しでも興味がある方は、ぜひ予約登録を済ませておいてくださいね。

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

 

 

 

 

前回の動画は、BASEで学べることの全体像をお伝えしました。

 

各クラスで学べる内容もかなりのボリュームを用意しています。

 

「おもしろそう!」

 

という人もいれば、

 

「え、ちょっとボリューム多くて心配だなぁ・・・」

 

という人もいるかもしれません。

 

 

 

今回の予告第三弾では、参加特典の紹介をしています。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第三弾 ~参加特典の紹介~

 

 

 

先行予約はこちら

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

今回、参加特典では、

 

・より確実に身に付けられるためのもの

 

・僕と交流を深められるためのもの

 

という2つの視点で用意しました。

 

 

 

 

 

今回の特典では、ほんっっっっっとーに、何度も色んな人から言ってもらっていた、

 

「出版して!」

 

「佐伯さんの考えをいつでも参照したい!」

 

というご要望にお応えしまして、『自律学習の手引き』というのを用意します。

 

 

 

これは、

 

『遊びの解放』

 

『自律学習』

 

『自立のピラミッド』

 

あたりの話、クラスで言えばDay2の内容を一つの文章にまとめてお渡しします。

 

 

 

これで、自立に至る考え方や、コミュニケーションの取り方が手元に置けて、いつでも参照できる形になるかな、と思います。

 

どれだけのボリュームになるかは、未定ですが、かなり詳しく書く予定です。

 

 

 

 

あと、文書の特典のもう一つが、『Youtubeの学習活用マニュアル』です。

 

「Youtubeは道具だ」

 

って言ってきているんですが、その使い方をまとめようと思っています。

 

 

 

Youtubeは学習ネタの宝庫です。

 

Youtubeを頻繁に閲覧している子どもからしたら、本を見せられて、「こんなにおもしろいことが・・・」って言っても見向きもしません。

 

でも、Youtubeを使って、「こんなおもしろいことが・・・」ってやると、見てくれる確率が非常に高くなります。

 

 

 

それで、一緒に

 

「すごい!」

 

「おもしろい!」

 

なんて楽しめれば、しめたものです。

 

 

 

子どもの学習において、

 

「何かにハマらせる」

 

っていうのは非常に難しいんですが、

 

「既にハマっているものを利用する」

 

っていうのは、比較的簡単です。

 

 

 

Youtubeの学習活用マニュアルでは、Youtubeの有効活用の仕方をまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

某踊る警察の人じゃないけれど、

 

「事件は、会議室で起こっているんじゃない!

 

現場で起こっているんだ!」

 

ということで、コミュニケーションの学びは、BASE自体で学ぶことも大切ですが、BASEで学んだことを日常生活に持ち込んだ時の方が、より多くのことを学べます。

 

 

 

なので、BASEでは、学習期間を

 

・クラスのある6日間

 

ではなく、

 

・開催期間である6ヶ月間

 

だと考えています。

 

 

 

だから、クラスと、クラスの間の日にも、色々とコミュニケーションを取りながら、学びを深めていきたいんです

 

他ではあまり見かけない考え方や技術を身に付けるので、音声通話に限りますが、僕との対話は何度でも行っていただけるようにしました。

 

本来なら、コーチングは1回あたり2万円いただいているので、すごいお得です。

 

さらに、必要な場合は、対面でのコーチングも6回まで受けていただけます。

 

 

 

僕自身もそうなのですが、コーチングって、回数が決まっていると、何となくもったいぶっちゃうんじゃないかな、って。

 

それに加えて、現代の親の悩みって、

 

「相談できない」

 

っていのもあるんじゃないかな、って思うんです。

 

 

 

「こんなことを相談してもいいのか」

 

とか、

 

「人に頼ってはいけない」

 

とか、

 

「人に甘えてはいけない」

 

とか、

 

「迷惑かけちゃうんじゃないか」

 

とか、

 

「何だか申し訳ない」

 

とか。

 

 

 

そういうのをやめて、気軽に声を掛けてもらえるように、いつでも話をしてもらえるようにしました。

 

そういう想いを込めて、回数無制限のコーチングを特典として付け加えさせていただきました。

 

 

 

さらに、僕とコミュニケーションを取るだけじゃなくて、参加者同士でも関わりを作れたら、と思って、プレ期に引き続いてFacebookグループを用意しています。

 

こちらは、プレ期の時よりも進化させるつもりで、交流が生まれやすいキッカケをいくつも作っていこうと思っています。

 

そうすることで、僕も、みんなも、いつでも味方ですよ、っていう雰囲気を作りたい。

 

コーチングと、Facebookグループを上手く活用して、相談もしてほしいし、学びを深めていってほしい。

 

 

 

 

 

でね、プレ期に参加してくれていたお二人も話してくれていましたが、BASEに参加すると、

 

・子どもを信じる

 

・自分を信じる

 

というのは『体感』で学べます。

 

 

 

これは、どうしても本や、メルマガ、ブログなどでは学べないことです。

 

どうやって学ぶのかと言えば、

 

「メンバーが信じ合っているコミュニティに参加する」

 

っていうことで学べます。

 

そのためのコーチングですし、Facebookグループですし、BASEになっています。

 

 

 

前回の各クラスの動画と合わせて、BASE全体で何を受け取れるのか、想像しながらワクワクしていただければ、と思います。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告動画第三弾 ~参加特典の紹介~

 

 

 

先行予約はこちら

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

1250人突破!!

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆中部◆

 

〇2017年4月1日(土)(主催:長谷川卓也・和子夫妻)

 

「教えて、佐伯さん!ほんとうに、こどものゲームは問題じゃないの?」

 

午前の部:10:30~12:30
「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

午後の部:13:00~16:30
「子どものゲームの印象がガラッと変わるお話会」

 

詳細はこちら

 

 

〇2017年4月2日(日)(主催:片桐とーさん、かーさん)

 

佐伯と、tanQの森本さんのコラボイベント!(1年半振り!)

 

午前の部:10:30~12:30(開場:10:00)

「『自律学習』自ら進んで学んで行くようになるには?」

 

午後の部:13:30~16:00(15:00から質疑応答タイム)

「tanQファミリーライブ」

 

詳細はこちら

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、BASEの予告第二弾の動画を見ていただいて、どうもありがとうございました。

 

まだの方は、こちらからどうぞ!

 

【BASE】予告第二弾 ~各クラスの紹介~

※リンクは昨日の記事です

 

 

 

親のためのコミュニケーション講座 BASEでは、事前予約を受け付けています。

 

こちらから予約登録していただけます。

 

 

 

 

 

予約いただければ、募集が始まった時に、一般募集よりも事前にお知らせします。

 

ごく少人数の募集ですので、優先募集の時点で満席になれば、一般募集は行いません。

 

ご了承くださいm(_ _)mぺこり

 

 

 

あと、思っていた以上に予約の申し込みが多くて、ありがたいことですが、お返事に時間がかかっています(汗)

 

嬉しい悲鳴、ってやつですね。

 

一つ一つにお返事をしているので、ちょっと待っててくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

予告動画の第二弾の中でもお伝えさせていただきましたが、僕がBASEの中で最も重要だと思っているのが、

 

『コーチング』

 

です。

 

 

 

なんでかっていうと、コーチングのスキルや、考え方があれば、具体的に、子どもの味方になれるんです。

 

親子関係で少なくないのが、

 

・気持ち ⇒ 子どもの味方でいたい

 

・行動 ⇒ 子どもの敵になってる

 

っていうケースです。

 

 

 

そりゃ、親だったら誰だって、可愛い我が子の味方でいたい、って思うと思うんです。

 

でも、心配するがあまり、子どものやることなすこと、管理したり、監視したり、邪魔したり。

 

でも、

 

「ここは譲れない!」

 

と親としての正論で動いているんです。

 

 

 

親目線も大切です。

 

親自身の自身や、自尊心に繋がりますから。

 

 

 

ですが、そこに子ども目線が抜け落ちていると、

 

「子どもの味方でいたい!」

 

っていう想いが強ければ強いほど、それは子どもの苦しみに繋がります。

 

 

 

子どもを愛しているはずなのに、結果的に、子どもを傷つけてしまっている、っていうことが起こります。

 

これって、誰が悪いわけじゃないけれど、悲しいなぁ、って思うんです。

 

 

 

 

そして、子どもが成長して、考える力がついてくると、

 

「親に相談しても無駄だな」

 

とかって思うようになる。

 

 

 

「どうせ、変なアドバイスや、鬱陶しいこと言ってくるだけでしょ」

 

って。

 

 

 

僕がそうでしたから。

 

 

 

 

 

「心配するのは、親だから仕方がない」

 

って思うかもしれません。

 

そういう見方もありかもしれません。

 

 

 

でも、僕はあくまでも、

 

「その心配が、愛する我が子を傷つけているならば、何とかしたい」

 

っていう立場に立っていたいんです。

 

 

 

だってね、子どもを心配して、心配して、心配して。

 

それが結果的に子どもを追い詰めることになってしまって。

 

何かが起こってから、

 

「もっとこうしておけば良かった・・・!」

 

って後悔するのって、めちゃくちゃ辛いと思うんです。

 

 

 

 

 

心配するのを否定しているわけじゃないんです。

 

心配する気持ちとは別に、

 

・子どもの敵になるコミュニケーション

 

と、

 

・子どもの味方になるコミュニケーション

 

の2つがあるんです。

 

 

 

つまり、

 

・心配しつつ、子どもの敵になっている

 

っていうのと、

 

・心配しつつ、子どもの味方になっている

 

っていう2つですね。

 

 

 

だから、心配するのが悪いわけじゃない。

 

そこに僕は、

 

『コーチング』

 

を取り入れていきたいんです。

 

 

 

コーチングとは、子どもに共感し、子どもと一緒に、次の一手を考えていけるスキルであり、考え方です。

 

あらゆる現状をコーチングが変えていけるわけではありません。

 

しかし、今はもっと何かできる時期なのか、今はグッとこらえて待った方がいい時期なのか、子どもと合意が取れるだけでも全然違うと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、コーチングは、「子どもが困った時に力になれる」っていうことに加えて、もう一つ僕には伝える目的があります。

 

それは、

 

「子どもと一緒に考える」

 

っていうこと。

 

 

 

つまり、コーチングを応用すれば、子どもとのコミュニケーションを

 

『探究型コミュニケーション』

 

に発展させることができます。

 

 

 

ということは、コーチングを身に付けると、

 

「子どもが"自分から"学ぶ」

 

っていうことができるようになってきます。

 

 

 

なんでかっていうと、コーチングでやりたいことって、

 

『仮説と検証』

 

なんです。

 

 

 

何となく、こう思っている人もいるんじゃないでしょうか。

 

「コーチングは、カウンセリングの親戚で、心理的にこねくり回す技術のこと」

 

みたいな。

 

「心を覗かれちゃう」

 

みたいな(笑)

 

 

 

でも、コーチングでやっていることって、仮説検証なのです。

 

言い方を変えれば、自分が持っている目的と、行動や手段を一致させていくことです。

 

 

 

これって、探究学習でもやっていることなんですね。

 

コーチング=探究学習

 

ではありませんが、重なる部分は大きいです。

 

 

 

だから、コーチングを学ぶと、

 

「子どもが"自分から"学ぶ」

 

っていうことを加速させていけるんです。

 

 

 

子どもと一緒に、学ぶことをワクワクできるようになる。

 

なぜなら、やり方が分かるから。

 

 

 

 

 

 

 

いざという時の子どもの味方でいるため。

 

子どもが"自分から"学ぶのを加速させるため。

 

 

 

この2つの意味において、コーチングがBASEの目的そのものを達成するためにも、多くの親が抱く想いを叶えるためにも、最重要かな、と思っています。

 

 

 

最後に、もう一回だけ書かせてください。

 

子どもが自立したから親を頼らなくなるのは、寂しくもあり、嬉しくもあると思います。

 

 

 

でも、

 

「どうせ親は、自分の話を聞いてくれない」

 

って思われて頼られないのは、悲しいだけだなぁ、と思うんです。

 

 

 

でも、これは親のコミュニケーションの取り方を変えるだけで、変えられる。

 

BASEでは、世界中の全員がその子の敵になったとしても、親だけは味方でいられる。

 

気持ちだけではなく、技術として身に付けられる場にしよう、と思っています。

 

 

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

【BASE】予告第二弾 ~各クラスの紹介~

※昨日の記事にリンクしてます

 

事前予約はこちらからできます。

※事前予約フォームが開きます

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

1250人突破!!

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆中部◆

 

〇2017年4月1日(土)(主催:長谷川卓也・和子夫妻)

 

「教えて、佐伯さん!ほんとうに、こどものゲームは問題じゃないの?」

 

午前の部:10:30~12:30
「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

午後の部:13:00~16:30
「子どものゲームの印象がガラッと変わるお話会」

 

詳細はこちら

 

 

〇2017年4月2日(日)(主催:片桐とーさん、かーさん)

 

佐伯と、tanQの森本さんのコラボイベント!(1年半振り!)

 

午前の部:10:30~12:30(開場:10:00)

「『自律学習』自ら進んで学んで行くようになるには?」

 

午後の部:13:30~16:00(15:00から質疑応答タイム)

「tanQファミリーライブ」

 

詳細はこちら

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日ご紹介した、新企画、親のためのコミュニケーション講座【BASE】ですが、先行予約の時点で、既に定員の3倍を超える人数の登録をいただきました。

 

たくさんの方に興味を持っていただき、ありがとうございます。

 

 

 

先行予約に登録いただいたことで、一般の方向けよりも、2時間ほど早く募集の告知をさせていただく予定です。

 

そこで埋まってしまったら、一般向けの募集は行いません。

 

なので、もしも、BASEに興味を持ってくれたならば、予約登録を済ませておいてくださいね。

 

予約登録の受付はこちらです。

 

 

 

これはブログにも書きましたが、世間の子育ての主流は、

 

「子どもを信じて、見守る」

 

ことだと思います。

 

それも悪くない。

 

 

 

でも、僕ら子どもに関わる人間は、コミュニケーションを学ぶことで、無力ではなくなります。

 

子どもに勇気付けしたり、子どもとの会話を探究型コミュニケーションに切り替えてみたり。

 

子どもの体験を一つ一つ、人生の学びに変えていくことだってできる。

 

子どもの夢を見つけたり、応援したりすることだってできる。

 

 

 

親として、色々と想うことがあったりしても、

 

「子どもを信じて、見守ることしかできない」

 

っていうのは、ある種、不自由じゃないか、って僕は思っています。

 

もちろん、あえて、見守る、ということもします。

 

 

 

僕らは選択したいんです。

 

信じて、何も手出しせずに見守ることもできる。

 

信じているけれど、子どもとコミュニケーションを取って、子どもの活力や、学びに繋げていくこともできる。

 

時には、怒ったり、悲しんだりもできる。

 

そんな自由を、BASEでは手に入れてもらいたいな、って思っています。

 

 

 

そのために、何を学ぶといいのか。

 

僕の観点でまとめたのが、

 

【BASE】

 

です。

 

 

 

予告動画の第二弾は、具体的に何を学ぶことができるのか?ということをお伝えします。

 

詳しくは、動画をご覧ください!

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【BASE】予告動画第二弾 ~各クラスの紹介~

 

定員の3倍超え!

予約登録の受付はこちらです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

BASEのカリキュラムは、

 

□Day1:アドラー心理学                             ・・・4/23(日) 10:00~15:00

 

□Day2:『遊びの解放』と、『自律学習』       ・・・5/21(日) 10:00~15:00

 

□Day3:コミュニケーション基礎                   ・・・6/18(日) 10:00~15:00

 

□Day4:非言語コミュニケーション                ・・・7/23(日) 10:00~15:00

 

□Day5:量子力学的引き寄せの法則            ・・・8/20(日) 10:00~15:00

 

□Day6:コーチング                                    ・・・9/17(日) 10:00~15:00

 

となっています。

 

動画では話していませんでしたが、開催は東京都内です。

 

 

 

このカリキュラムの土台、それこそBASEとなっているのは、Day1で学ぶ『アドラー心理学』なのです。

 

アドラー心理学の伝える

 

「我々は、自立した存在であり、なおかつ、協力的な存在である」

 

っていう考え方は、まさに

 

・子どもが"自分から"勉強を始める

 

・子どもが自立する

 

ということに関して、非常に重要な教えです。

 

 

 

アドラー心理学の考え方があるから、

 

『遊びの解放』

 

『自律学習』

 

という2つの考え方が生きてくるんです。

 

 

 

「親が何とかしてあげないといけない」

 

じゃなくて、

 

「子どもは自分の力で何とかできる」

 

「子どもは助けを求めることができる」

 

っていう発想に転換することで、子どもの自立性も高まるし、慣れれば、子育てがすごく楽になります。

 

なぜなら、親として、やるべきことが減るから、です。

 

 

 

 

 

そして、何よりも、このBASEで重要としているのが、

 

『実践型の学習』

 

です。

 

 

 

そもそも、なんでBASEなんて作ろうかと思ったかと言えば、

 

「メルマガや、ブログでは、どう実践したらいいのか、までは教えられない」

 

っていうのが動機でした。

 

教えたくないってことじゃなくて、原理的に、文章だと教えるのが難しい、っていうことね。

 

 

 

自分で言うのもなんですが、このメルマガや、ブログは、かなり詳しく書いています。

 

「ここまで出してもいいの!?」

 

っていうくらい、かなり深いところまで書いています。

 

 

 

でも、実践するとなれば、話は別なんです。

 

その証拠に、先日答えていただいたアンケートの中にも、

 

「遊びの解放は、やってみるとすごく難しいです」

 

とか、

 

「このやり方で合っているんでしょうか・・・?」

 

とか、

 

「遊びの解放、やっていますが、結局、元に戻っちゃいます」

 

とか、っていう回答が多かったんですね。

 

 

 

それなのに、求めていることは、

 

「子どもには自立してほしい」

 

「子どもには勉強をしてほしい」

 

「子どもには自分で選択をしてほしい」

 

なんですね。

 

 

 

目的は明確。

 

でも、そこに至る道が険しいものだと感じられている。

 

 

 

普段、メルマガやブログで、

 

・遊びの解放

 

・自律学習

 

を実践すると、子どもが自分から学び始めたり、自分で色々考えて、行動するようになるのは、理解いただけていると思います。

 

それでも、その目標に至るために、実践するとなると、なかなか大変だ、って感じている人が多かったわけですね。

 

 

 

その目的を持つのがダメだとか、その日々の実践が甘いとか、って言いたいんじゃないんです。

 

そもそも、僕自身が、メルマガや、ブログで、理論は十分に伝えられているけれど、そこに至る実践やプロセスを伝え切れていない。

 

さっきも書いたように、もったいぶりたいんじゃなくて、文章だとなかなか上手く伝えられないのです。

 

 

 

なぜなら、コミュニケーションは、身体と、心を使って練習していくものだから、です。

 

文章だと、どうしても、その2つのことについて、明確に書くことは僕の能力的に、できません。

 

できるなら、もうとっくに出しているんです。

 

 

 

だから、

 

『親のためのコミュニケーション講座 BASE』

 

を作ったんです。

 

実際に、対面して、対話して、身体と心を動かす。

 

そして、頭だけじゃなく、身体と心で、体験として学んでいく。

 

そんな講座がBASEです。

 

 

 

 

 

 

 

カリキュラムを見て、「おっ」と思った方もいるかもしれません。

 

『量子力学的引き寄せの法則』

 

っていうのがDay5にあるんです。

 

 

 

これがなんで入っているかと言えば、これは、言ってみれば、夢の叶え方、自己実現の仕方、考え方だから、です。

 

親も、子どもも、やっぱりやりたいことやりたいし、願っていること、実現させたいじゃないですか。

 

実現しなかったとしても、より大きな目的に向かっての第一歩となっていること、実感したいじゃないですか。

 

 

 

僕は、このBASEでは、ただ日々のコミュニケーションを改善するだけだと嫌だな、って思ったんです。

 

そうじゃなくって、親が、子どもの人生全体での味方でいられるように。

 

そんな想いを持って、BASEの中に

 

・量子力学的引き寄せの法則

 

・コーチング

 

っていう2つを入れさせていただきました。

 

 

 

と言っても、特に難しいことをするわけではありません。

 

それこそ、中学生なら確実に、小学生でも多分、理解できる内容です。

 

もしかしたら、彼らの方が上手くやるかもしれません。

 

 

 

子どもとは、日々も仲良くしていたいけれど、せっかく、親子として、人生を共にする運命になったんです。

 

どうせなら、いがみあったり、無力感を感じるよりも、味方でいたいじゃないですか。

 

 

 

その味方でいるのにも、コツがあるんです。

 

夢を叶えるためのポイントは、引き寄せの法則の方で学びます。

 

夢を叶えるポイントが分かっていれば、子どもの味方になる時に、どういうコミュニケーションを取ればいいのか、っていうのが自ずと見えてきます。

 

それに加えて、コミュニケーションのコツを追加したのが、『コーチング』です。

 

 

 

そういう意味では、今回のBASEというのは、

 

「子どもの自立を目指し、親が子どもの味方でいられるコミュニケーションを学ぶ場」

 

とも言えるかもしれません。

 

 

 

詳しいことは、動画をご覧ください。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【BASE】予告動画第二弾 ~各クラスの紹介~

 

定員の3倍超え!

予約登録の受付はこちらです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

 

1250人突破!!

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆中部◆

 

〇2017年4月1日(土)(主催:長谷川卓也・和子夫妻)

 

「教えて、佐伯さん!ほんとうに、こどものゲームは問題じゃないの?」

 

午前の部:10:30~12:30
「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

午後の部:13:00~16:30
「子どものゲームの印象がガラッと変わるお話会」

 

詳細はこちら

 

 

〇2017年4月2日(日)(主催:片桐とーさん、かーさん)

 

佐伯と、tanQの森本さんのコラボイベント!(1年半振り!)

 

午前の部:10:30~12:30(開場:10:00)

「『自律学習』自ら進んで学んで行くようになるには?」

 

午後の部:13:30~16:00(15:00から質疑応答タイム)

「tanQファミリーライブ」

 

詳細はこちら

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、親のためのコミュニケーション講座【BASE】の予告動画はご覧いただけたでしょうか。

 

まだの方は、ぜひこちらから一度ご覧いただければ嬉しいです。

 

 

BASEのことが気になる方は、予約登録も忘れずに!

 

 

 

 

 

思っていた以上の方に予約をいただいて、僕自身も期待に胸を膨らませています。

 

予約時にいただいたコメントをちょっとだけご紹介させていただくと、

 

 

「動画みて朝からワクワクしてます!!わたしが学びたかったのってまさにこれだ!!」

 

 

「今からでも遅くないとの言葉に、少し光が見えました。

 

 

「自分の『やってみたい!!』に正直になってみようと思います!

この講座を受けてみたい気持ちが今、私の中にあることは間違いのない事なので!!

 

 

「息子が自立してワクワクする人生を描いてもらえますようにお手伝いできたら嬉しいので参加表明します。

 

 

「先生の文章を読んで『そうだよ!そうなんだよ!!』と上から目線ではない嫌味のない文章に、共感しながら見させて頂いています。

子供の気持ちだけではなく母親の気持ちも汲んでくれて嬉しいです。」

 

 

「プレ期とは、かなり違う構成!楽しみです!」

 

 

などなど、他にも、ご紹介しきれないほど、たくさんのコメントをいただきまして、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

どうして僕が、こんなにコミュニケーションにこだわっているのか、っていうと、子育てにおいて、コミュニケーションよりも大事なものはないだろう、って思っているから、です。

 

だってね、ちょっと考えてみてほしいんです。

 

 

 

子どもの可能性を潰すのも、

 

子どもの可能性を引き出すのも、

 

子どもが人生に希望を持つのも、

 

子どもが人生に絶望するのも、

 

子どもが学ぶことにワクワクするのも、

 

子どもが学ぶことを拒否するのも、

 

子どもが自立的に生きるのも、

 

子どもが依存的に生きるのも、

 

 

これ、ぜ~んぶ、親のコミュニケーション次第で何とかできます。

 

 

 

親が子どもの人生を決めるわけではないですが、親のコミュニケーションの取り方によって、

 

「子どもの人生に対する向き合い方」

 

は確実に左右されます。

 

 

 

僕が関わる子たちが、なんか勉強するようになったり、なんか学校に行くようになったり、なんか心が穏やかになったりしているんですね。

 

それは、

 

僕が、

 

子どもたちを、

 

変えている、

 

というわけではないんです。

 

 

 

それでも、子どもがなんで変わっていくのか、っていうと、

 

「子どもが、僕との時間の間に、希望や、楽しさを見出すから」

 

です。

 

 

 

・大人は信頼できる

 

かもしれないし、

 

・なんか自分できるかもしれん!

 

かもしれないし、

 

・学ぶことって、けっこう楽しいやん!

 

かもしれません。

 

 

 

子どもがどんなメッセージを受け取っているのかは分かりませんが、子どもが変わっていくのは、僕のコミュニケーションの取り方に秘密があるわけです。

 

しかも、なんか高度なことをやっているわけではないんです。

 

人間であれば、誰だってできます。

 

人間でなければ、ちょっと保証はできませんが(笑)

 

 

 

 

 

例えば、

 

「子どもが受験生なのに、まったく勉強せずに、一日中スマホ見ながらゴロゴロしてるんです」

 

っていう子がいたとします。

 

 

 

この子も、その親も、何も悪くはないし、問題じゃありません。

 

これは、子どもの課題だから、子ども自身に任せておいて、親は、見守っておけばいい話です。

 

それも間違いじゃない。

 

 

 

でも、親としては、

 

・もっと希望持って生きてほしい

 

・学ぶことが楽しいことに気付いてほしい

 

・本人が一番望む進路に進んでほしい

 

などなど、想うじゃないですか。

 

 

 

子どもに強制するわけでもない。

 

親の価値観を押し付けるわけでもない。

 

子どもをコントロールするわけでもない。

 

 

 

でも、そんな子どもに、親の想いを伝える手段があるんです。

 

それで子どもが変わるかどうかは分かりませんが、少なくとも親の想いは伝えられる。

 

 

 

「私は、あなたの味方なんだよ」

 

と。

 

 

 

「あなたは、あなたが選んだ生き方をしてもいいんだよ」

 

と。

 

 

 

でも、これ、言葉でストレートに伝えて、響く子と、響かない子がいます。

 

この言葉で響けばいいけれど、響かなかったらどうしましょう、って話なんですね。

 

 

 

「あなたのことを心配しているよ」

 

っていうのも、率直な気持ちですけど、きっと子どもを追い詰めていくだけ。

 

 

 

「あなたがスマホいじるのも自由だし、私はそれでもあなたを信じてる」

 

なんて、嫌味に感じるだけ。

 

 

 

 

 

しかし、こういう時に、コミュニケーションについて学んでおくと、実はいくつか打ち手があるんです。

 

子どもを否定するわけでもなく、親の想いが素直に子どもに伝えられるコミュニケーションの取り方が。

 

 

 

子どもの行動が変わるかどうかは子ども次第ですけど、少なくとも、

 

「親は、自分の味方でいてくれているんだな」

 

と感じてもらえるような、そんなコミュニケーションの取り方があるんです。

 

 

 

 

 

子どもがもう少し若ければ、そもそも、

 

「学ぶことって、楽しい!」

 

って思ってもらえるようなコミュニケーションの取り方だってあります。

 

 

 

コミュニケーションを学ぶと、親として、子どもに色々とできることが増えます。

 

親として、自由度が高まるんです。

 

親は、子どもを見守っているしかできない、ってなんだか不自由じゃないですか。

 

 

 

子どもを尊重しながら、子どもとコミュニケーションを取りながら、子どもが学ぶことが楽しくなったり、人生に希望を持てたりするんです。

 

子育てでは、過干渉はよろしくないとされますが、かといって、子どもに全く何の影響も与えない、っていうことはできません。

 

親が、そこにいるだけで、子どもには必ず何らかの影響は与えます。

 

 

 

どうせ、何らかの影響を与えちゃうんだったら、意識的に、子どもにいい影響を与えたいじゃないですか。

 

僕らは、子どもに対して、全くの"無"干渉でいることはできないんです。

 

どれだけ、言葉を交わさない間柄であっても、存在と存在で影響を与え合っちゃう。

 

だったら、いい影響を与え合いたい。

 

 

 

こういうことも、コミュニケーションの取り方次第で、変えていけるんです。

 

 

 

 

 

くどくどと色々書いていますが、コミュニケーションは、本当に本当に、大事なことだと思うんです。

 

だから、ぜひとも、申し込むかどうかはさておき、予告動画だけでも見てほしいな、と思っています。

 

BASEのことが気になる方は、予約登録も忘れずに!

 

 

 

 

1250人突破!!

★メルマガ登録はこちら★

「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

 

★ イベント情報 ★

◆中部◆

 

〇2017年4月1日(土)(主催:長谷川卓也・和子夫妻)

 

「教えて、佐伯さん!ほんとうに、こどものゲームは問題じゃないの?」

 

午前の部:10:30~12:30
「子どもが自分から勉強を始める親のコミュニケーション」

 

午後の部:13:00~16:30
「子どものゲームの印象がガラッと変わるお話会」

 

詳細はこちら

 

 

〇2017年4月2日(日)(主催:片桐とーさん、かーさん)

 

佐伯と、tanQの森本さんのコラボイベント!(1年半振り!)

 

午前の部:10:30~12:30(開場:10:00)

「『自律学習』自ら進んで学んで行くようになるには?」

 

午後の部:13:30~16:00(15:00から質疑応答タイム)

「tanQファミリーライブ」

 

詳細はこちら

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずはこちらをご覧ください。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

BASE動画 ~講座の全体像~

 

 

予約登録はこちらから

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

先日メルマガで行ったアンケートでは、たくさんの回答をいただき、ありがとうございました。

 

わずか2日間のアンケートでしたが、最終的に80名以上の方が回答をしてくれました。

 

そのおかげで、講座のコンテンツや、特典を見直し、大幅に増強することができそうです。

 

 

 

そして、前々から準備していた新講座も、本日から情報を解禁します!

 

メールや、Facebookメッセージ、投稿へのコメント、コーチングを受けてくれた時にかけていただいた言葉から、反響をいただき、どうもありがとうございました。

 

このアンケートを企画の中に反映させて、最終調整を終えて、今日、このメールから情報を解禁します。

 

 

 

さて。

 

 

 

その新企画というのは、去年、一昨年から行っていた『親のためのコミュニケーション講座』ですが、今回の新装開店を持って名前も変えました。

 

新企画の名前は、

 

【親のためのコミュニケーション講座 -BASE-】

 

です!!

 

 

 

今までは『プレ期』という名前をつけて、実験的な意味もこめてさせていただいていました。

 

プレ期から飛躍的にパワーアップさせて、大幅にコンテンツと、特典を増強しました。

 

 

 

『親のためのコミュニケーション講座』って何だか説明してるだけな感じだし、何か名前つけたいな、って思っていてパッと浮かんだのが【BASE】でした。

 

アドラー心理学関連の講座って、何だか英語の1単語が多いんですね。

 

パセージとか、エルムとか、スマイルとか。

 

何か、英語の1単語だけの名前って、カッコいいですよね(笑)

 

 

 

僕はずっと、子育てのほとんどの問題は、

 

・コミュニケーションの取り方

 

・親が孤独感を感じている

 

っていうことに集約されると思っているんです。

 

 

 

それで、

 

・この講座が親の居場所の1つとなれること

 

・親が、子どもの安全基地となれるコミュニケーションを学ぶ場

 

という2つの意味を込めて、

 

【BASE】

 

という名前をつけました。

 

 

 

本や、セミナーなどで、積極的に子育てについて学んできた方はご存知でしょうが、

 

『子育ては、親に原因があるから、親が変わらなければならない』

 

という論理で話を進めているケースが、めーーーーっちゃくちゃ多い。

 

 

 

そして、

 

「自分がダメなんだ・・・」

 

「自分が変わらなければ・・・」

 

って自分を責めちゃう親がすごく多い。

 

 

 

で、その自分責めが、ストレスになって、子どもに伝わっていく。

 

これって、親が悪いんじゃなくて、「親が悪いとする"理屈"」の方が悪いわけですよ。

 

 

 

だから、

 

「親を責めず、親を勇気付ける場があれば、子育てはもっと楽に、楽しくできるんじゃないか」

 

って思ったんです。

 

実際、元々コミュニケーションが上手く取れるのに、精神的に余裕がなくなっているせいで、子どもに変な関わり方をしているだけの人が少なくありません。

 

とはいえ、僕らはコミュニケーションを学ぶ機会が無いので、親がコミュニケーションの取り方を知らんだけ、っていうことも多々あります。

 

 

 

なので、

 

・親の安全基地

 

・子どもとのコミュニケーションの取り方

 

その2つをくっつけて【BASE】を作りました。

 

 

 

そんなわけで、僕がBASEについて話した動画があるので、ぜひご覧いただければな、と思います。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

BASE動画 ~講座の全体像~

 

 

予約登録はこちらから

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

動画の中では、

 

・変わるのはいつからでも遅くない

 

・子どもが安心感を感じられるためには

 

・子どもを幸せにするだけじゃなく、親も幸せになる

 

・子どもが『自立』すると、子育てのストレスが軽減

 

・一人で学ぶのではなく、仲間と一緒にみんなで学び合う

 

・経験談ではなく、正しい理論と、本質に基づいたノウハウが大切

 

・子どもを上手くコントロールするのではなく、子どもが自分で考え、子どもと一緒に考える

 

などなどを話しています。

 

 

 

今の子どもたちが大人になる頃の時代は、僕にも見当が付きません。

 

しかし、明確に言えることはいくつかあります。

 

その中でも特に重要だと思うのが、

 

『自立した人間が生き残る時代だ』

 

っていうこと。

 

 

 

これから先、より社会は便利になり、さらに高度化していくのは確実でしょう。

 

きっと今の大人が想像を絶するような時代になっていると思います。

 

そんな時代に子どもたちは生きていきます。

 

学ぶことも増え、人とのコミュニケーションも増えていくでしょう。

 

 

 

そして、圧倒的に個性が求められるのは間違いない。

 

そんな時に、

 

「させられている勉強」

 

では、到底追いつけないんです。

 

 

 

なぜなら、時代に乗って生きている人たちは、既にやりたいことをやっているんだから、です。

 

多くの人がやりたがらないことは、どんどん機械化が進んで、そこには仕事はなくなり、人が貢献する余地は無くなります。

 

でも、子どもに勉強を"させている"うちは、これからどんどん余地がなくなっていく隙間に、子どもを追いやろうとしているんです。

 

しかも、同じ分野で勝負するなら、好きで学んでいる人には絶対に勝てない。

 

 

 

親として、子どもが大人になった時には、自分のやりたいことやって、社会に貢献しててほしい、って思うじゃない。

 

生きることが辛くなって、嫌になって、結局、人生をリタイヤしちゃう、しそうになる人生を歩んでほしい、とは思わないじゃない。

 

 

 

そのためには、僕は、

 

「子どもが自分から学ぶ」

 

「子どもが自立している」

 

っていうようなことは、必須要件になってくると思っています。

 

言い換えれば、子どもが自分の力で、個性を発揮して、才能を伸ばしていくことです。

 

 

 

BASEでは、子どもが自立し、自分から学び始めるような、親のコミュニケーションの取り方を学ぶことができます。

 

つまり、このメルマガで発信している内容の実践版とも言える内容です。

 

 

 

正直なところ、メルマガで3年近く発信し続けてきましたが、

 

・アドラー心理学

 

・遊びの解放

 

・自律学習

 

っていうコンセプトは、やったことない親からしたら、とても難しいと思います。

 

 

 

しかも、それは座学で理解できるレベルじゃなくて、実践の中から学んでいく内容です。

 

でも、メルマガの内容を実践してみても、やっぱり子どもを管理したくなるし、放任しているだけになっちゃう。

 

 

 

今回のアンケートの回答を読ませていただいていたら、

 

・遊びの解放の理解と実践

 

・自律学習を進めるコミュニケーションの取り方

 

を実践しようとしてくれている人がたくさんいるのは分かりました。

 

しかし、上手くできている人はほとんどいない、ということも分かりました。

 

 

 

BASEでは、

 

1.子どもの安全基地作り

 

2.子どもの自律学習の促進

 

3.子どもと探究型コミュニケーションを取る

 

っていうような流れで、

 

◆子どもの自立

 

◆子どもが自分から学ぶ

 

っていうのを実現していこうと思っています。

 

 

 

そして、そんな感じのことを参加者みんなで一緒に学びを深めていきます(*'▽')

 

 

 

 

 

正式な募集は、3月下旬を予定しています。

 

それまでに、講座の詳細や、特典などについてお届けしていきます。

 

徐々に明かされていくBASEについて、ぜひとも楽しみにしててください!

 

 

 

◆コンセプト:コミュニケーションで子どもの安全基地に作る

 

◆募集日:3月下旬(後日発表)

 

◆予約開始:本日より受付開始

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

BASE動画 ~講座の全体像~

 

 

予約登録はこちらから

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

 

 

P.S.

 

BASEでは、事前予約を受け付けています。

 

募集の際は、かなりの少人数に制限するので、必ず事前に予約登録を行っておいてください。

 

 

予約登録はこちらから

https://kaihou.biz/p/r/JAq5JvoM

 

 

 

質問や、疑問があれば、そのまま返信に書いて送ってくれれば、僕まで届きますので、お気軽に(*'▽')

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。