夢幻

浮かんだ言葉を綴っていきます。言葉は心をうつす鏡のようなもの。夢幻でも表現していきたい。



テーマ:

 

接客業だと客の言い分に「ぽかーん」とする事は多々あるんだけども。

 

いやまぁ、店長相手にもぽかーんとする事とかあるんだけど。

 

だがしかし。

 

AMにぽかーんとするとは思わなかった。

 

事の発端は店にセルフレジがやって来たこと。

 

店長はその日公休だったけど、設置の為に来た。

 

業者さんも予想外だっただろう。

 

セルフレジを設置する事は私も知っていたさ。

 

でもね、カウンターを動かすなんて私も知らなかったよ。

 

かなり大がかりな作業を店長と業者さん(電気系統の人)がやっている。

 

その業者さん、午後は同じ地区の店舗のセルフレジ設置でケーブル関係の面倒を看る手はずになってた。

 

水曜って店長休みだから知らないだろうけど、凄く忙しいんですよ。

 

兼任店舗のスタッフが手術で入院するとかで、岩手っ子応援に出してるし。

 

そんな中、カウンター内の棚も位置を移動させられて。

 

何処に何があるのかわからない状態。

 

近隣店舗がリニューアル移転するとかで閉まっているので、うちの店に客が流れて来てた。

 

どうせAMがまた「変える」とか言い出すだろうと思いながらも。

 

その日は公休だったから言いだしっぺが来ないという。

 

それでも、翌日、翌々日とか、2~3日中には実際に見に来るとは思ってた。

 

使いにくくなったカウンター内を整理して、移動して、ようやくわかりやすくなった。

 

木曜にAM訪店。

 

案の定、変えると言い出す。

 

1週間以上経過してた。

 

セルフレジの利用率が悪いと言われ。

 

返却処理ミスを連発するスタッフ。

 

セルフレジへの誘導、処理ミスの周知・徹底をスタッフに落とし込んで。

 

体調不良のスタッフの代わりを探し、クレーム対応をして。

 

カウンター内を使いやすくしてくれたスタッフの努力を全て無にされた。

 

バイトが店長の上司に文句を言うのは筋違いだとはわかってる。

 

譲らないのだろうと言う事も知っている。

 

それでも、流石に、言わざるを得ない。

 

「セルフレジ導入の時に休みでしたよね。公休を潰して店舗に来いとは言いません。それでも1週間以上経過して来てから変えろって。返却処理ミスも増えましたけど、これは私らの責任です。それでも、セルフレジの利用率が低いとか。カウンターの中を整理したり、色々やって今日やっと完成状態になったんですよ」

 

「変えるってわかってたら完成形にまでしないです。また落とし込みをしないといけないんですよ」

 

年下、女性、バイト、そんな奴に言われて腹が立ったんでしょうね。

 

『確かに時間が空いたのは悪いと思ってます。でも僕はこの店だけを見てるわけじゃなくて他の店舗も見ないといけないんです』

 

『落とし込みってなんですか』

 

店長上がりのAMがそれを言うんですね、シフトリーダーに。

 

店長不在時の時間帯責任者。

 

AMが他店も見るってわかりきってることです。

 

「セルフレジ設置した時店長から画像報告いってないですか?変えるなら言っておいてもらわないと困ります」

 

『え、それ、貴方に言う必要ありますか?』

 

↑この台詞にガチで言葉をなくしたわ

 

『店長には言ってましたよね』

 

私が隣の店長見上げたら店長が申し訳なさそうに立ってた。

 

落とし込みできてない店長はいつもの事。

 

「それ現場に伝わってなかったら意味ないですよね。メールとかでも何か一言返信してたらこっちだって他のスタッフに伝えてましたよ。物を探しながら対応して」

 

『片付けたって言いますけど、全然片付いてないですよね。カウンターの中も汚い。事務所も汚い、倉庫も汚い。他の店でここよりカウンター狭い所もあるし、倉庫ないとこもあるし、事務所ここより狭いところありますけど、ちゃんとできてますよ』

 

きたこれ、全否定。

 

時間の無駄なやつ。

 

話になんねーわ、という言葉を呑み込み。

 

「あ、もういいです」

 

自分が店長時代にこんな事言われたら文句言うやつだ。

 

私はこのAMが代わっても、自分が違う職場に行っても多分忘れない。

 

「貴方に言う必要がありますか?」

 

個人的に言う必要はないと思うからAMは正しいと思うけど、店舗のスタッフに伝わってない時点で店長は連絡を怠っているし、メールとか残る方法で伝えていない事も問題だと思う。

 

ただ一つ言っておくならば、少なくとも私は朝礼でも夕礼でも話をして、連絡ノートにも書くよ。

 

AMもこんなに不愉快な思いはせずに済んだんじゃないのかな。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

板挟みなのはずっと変わらないけど、最近は酷過ぎる。

 

態度も身体もでかい人が入ったぐらいからかな。

 

もしかしたら、それより前からだけれども。

 

「娘のお遊戯会」

 

「娘の卒園式」

 

「娘の発表会」

 

その言葉だけで私はいつも休みがなくなってきた。

 

「AMの考えが理解できない」

 

「AMは言うだけ」

 

前からAMと自分達の考えには齟齬があった。

 

「俺もう辞める」

 

「俺本気で就活してる」

 

「○○の所に電話する」

 

「俺が辞めたら2人辞めると思うよ」

 

全て店長の言葉。

 

『10万以上は欲しいって面接で言ったのに、10万切るとか』

 

『AMマジでむかつく』

 

『店長変わったら辞めるよ』

 

『ほんまこういうの嫌い、イライラするわ』

 

さっさと辞めちまえよ、うぜえな。

 

『そっちの手違いじゃろうが、責任取れや』

 

昨日クレームを入れてきた客の言葉。

 

『今度は何!?は!?もう、ほんまいい加減にしてや。何で!?もー!!』

 

『もう俺知らんよ!?全員に言って!徹底させて!俺もう責任取らんけん!』

 

それに対する店長の言葉。

 

ことの発端は土曜の在庫確認だったみたい。

 

土曜は私休みで店長出勤。

 

火曜に、何故、私が客からも店長からも怒られるのだろう。

 

店長や客との詳細はノートには書かずにいた。

 

徹底させろという店長。

 

普通それは客の言葉です。

 

徹底させるのはお前です(笑)

 

連絡ノートに書いた内容について、一人だけ言ってきた。

 

「これ、猫井さんが矢面に立たされるよ?下の方に『店長が言ってました』って書いた方が良くない?」と。

 

どの方向から見て矢面になるんだろう。

 

客はスタッフの連絡ノートは見ないけど、スタッフ側からになるのかしら。

 

スタッフ側からだとしたら検討違いも甚だしいと思う。

 

まぁ、客からだろうとスタッフからだろうとどうでもいいんだよね。

 

矢面に立ってた私が死んで、少しでも矢が当たって痛いと感じたらどう思うかなって。

 

大体そういう奴らは「あいつがいなくなったから私がこんなに痛い目に遭う」とか言ってまた責任転嫁するだけ。

 

早く店長代わってほしい。

 

そしたら少なくとも給料云々言うわりに、吐き気とか生ガキ食ってあたったりとか頭痛とか言って休んだり早く帰ったりするバカがいなくなるはずなので。

 

AMに店長いつ変わるか聞きたいのに、こういう時だけ来ない。

 

板挟みだけど助けてくれる人はいないからなー。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

年末から色々ありすぎる。

 

「31日に祖父母の所に帰るので、明日(30日)15時に上がらせてもらえますか?それか、休みに」

 

29日、凄く忙しかったバイト終わりに言われた台詞。

 

年末は誰もが忙しいからいきなり無理は言えない。

 

15時から忙しかったのに2人でなんとかお客さんをさばき。

 

17時に来たSLに「終わってないの!?」と雰囲気で告げられる。

 

SLは何も言わない。

 

年明け、我儘ボディが岩手っ子に言う。

 

「『こんなに忙しいのに!年末なのに!早く帰るとかマジ有り得ん』と思った」と。

 

月曜日、祝日。

 

我儘ボディ宛に電話。

 

接客中だと伝えると、伝言を頼まれる。

 

『御婆ちゃんの件で、早くあがらせてもらうよう』

 

接客が終わったので本人に代わり、電話を終えた彼女は溜息を吐いた。

 

御婆さん、具合が悪くなったのか。危篤とかならすぐに帰らせよう。

 

尋ねた。

 

私「早くあがる?」

 

「うん、ごめんけど、あがらせてもらう」

 

「婆ちゃん足が痛くて動けなくて、家族全員仕事じゃけぇ」

 

お前は仕事じゃねぇのかよ。

 

というか、ずっと空気悪くなるから言わなかったけど、タメ口やめれ。

 

「あ、家族県外に仕事行っとるから、私しか」

 

岩手っ子の休憩終わったら帰るとか。

 

年末忙しくて、他人に怒ってたのに、セールの祝日に自分は帰るのか。

 

そして岩手っ子が帰ってきてあがった。

 

最後に荷物以て出て来た彼女。

 

「ほんまにごめん」

 

普通は「迷惑かけてすみません」じゃないのか。

 

私は年下の子とか、後から入ってきた人には丁寧語は使わないか砕けた調子にする。

 

何故かと言うと、顔立ちがきついから。

 

相手が委縮してしまうから。

 

でも彼女は私よりも4,5ぐらい年下。彼女はCランクスタッフ。

 

自分が接して欲しいように接すると、丁寧語になる。

 

考えた結果、丁寧語で話そうと決めた。

 

今日、彼女が来た。

 

「月曜はほんとにごめんね」

 

私「うん、大丈夫です」

 

それで彼女がブチ切れたみたい。

 

私「あ、9時だ。……今日から新しい子が入るので私も丁寧語に直します」

 

彼女:スマホ弄って私の方見ない

 

岩手っ子:水を口いっぱいに含んでる

 

今日は一日、私がカウンターに戻ると誰も喋らない。

 

私がカウンターから出ると、二人の楽しそうな話し声が聞こえる。

 

休憩を回す為に返却中の彼女に話しかけた。

 

私「○○さん、休憩行きましょう」

 

「……………。………あ、はい」

 

一瞬無視したのはわかってた。

 

話し掛けられたくないとか、怒ってるとか、仕事にそんなの関係ない。

 

素早くすれば何の文句もない。

 

とろいんだよ。

 

大した仕事もできない、任せられるだけの信用も信頼もない。

 

風邪とか体調が悪いとか、婆ちゃんの足が痛いからとか、そんな仕方ない事は割り切ってる。

 

早退多いし出られない日に印つけるくせに給料安いとか、そんなこともどうでもいい。

 

ただ一つだけ許せない。

 

年上、従業員としてのランクも上の人間に対して「ごめんね」はない。

 

何で店長にこの事を話していた時に自分が泣きそうだったのか。

 

年明けアレルギーの出方が変わってて、軽い拒食だけど省エネモードでやってる。

 

食べたい、食べようと思って買ったものは食べられない。

 

お腹は空いて鳴ってるけど、手が伸びない。

 

食べた後吐きそうになる。

 

一つだけ言うわけにはいかない。

 

でも、少しだけ泣きそう。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。