忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


▼先週を振り返る

 

4月20日発売■NSw:Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit Amazon特典付き

4月20日発売■NSw:Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit

4月20日発売■NSw:Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit Amazon特典付き

4月20日発売■NSw:Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit

4月20日発売■NSw:Nintendo Labo デコるセット

4月20日発売■NSw:マスキングテープ 5種セット

 

売れるのか売れないのか、発売が近づいても動向が読み辛い

Nintendo Switch「Nintendo Labo」のテレビCMが開始。

予約開始の頃から思っていたのだが

バラエティキットとロボットキットはひとつに出来なかったのだろうか。

 

★Amazonギフト券 5,000円チャージで1,000ポイント還元キャンペーン


▼今週発売の書籍

 

 

4月09日発売■Comic:進撃の巨人(25)

4月09日発売■Comic:進撃の巨人(25) DVD付き限定版

4月10日発売■Book:魔法科高校の劣等生(25) エスケープ編 下

 

★Amazon 来週リリースの注目作品の売れ筋ランキング(書籍全般)

 

<開催中のKindleセール>

【04月19日終了】★Kindle『50%OFF以上』 科学・テクノロジー本フェア

【04月19日終了】★Kindle【65%OFF】GAノベル刊行2周年謝恩企画フェア 43冊

【04月19日終了】★Kindle【75%OFF】KADOKAWA Kindle限定75%OFFセール

 

1,200冊を超える大規模な科学本セールが開催中。


▼今週公開の新作映画

 

今週はGW興行の主力と目されている

「クレヨンしんちゃん」「名探偵コナン」最新作が2作同時に公開。

その他の作品で私が気になるのは以下の2作。

 

 

4月13日公開■Ticket:パシフィック・リム:アップライジング

 

「シェイプ・オブ・ウォーター」がオスカー作品賞を受賞して

名実ともに巨匠の仲間入りを果たしたギレルモ・デル・トロが

日本へのオマージュをふんだんに盛り込んで作った

怪獣ロボットアクション映画「パシフィック・リム」の続編。

前作から10年後を舞台に、再び出現したKAIJUとの死闘を描く。

主演は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のジョン・ボイエガ。

共演はスコット・イーストウッド、ケイリー・スピーニー、ジン・ティエン。

前作にも登場した菊地凛子に加え、今作では新たに新田真剣佑が参加。

デル・トロは製作に回り、監督はTVシリーズの「デアデビル」を手掛けた

スティーヴン・S・デナイトが監督を務めている。

 

【紹介記事】コレゾ、オタクダマシィ、デス。映画「パシフィック・リム」

 

前作から4年近くも経ち、しかもデル・トロが監督から降りていることを考えると

手放しで期待は出来ないが、アメコミとは違う童心刺激アクションなので劇場で観る予定。

 

  

発売中■Blu-ray:パシフィック・リム 4K ULTRA HD

4月06日発売■Book:パシフィック・リム:アップライジング ギレルモ・デル・トロ FLIX special

4月12日発売■Book:パシフィック・リム:アップライジング (角川文庫)

4月27日発売■Book:パシフィック・リム:アップライジング アート&メイキング


 

4月14日公開■Ticket:さよなら、僕のマンハッタン

 

名作「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督が

昨年の「gifted/ギフテッド」に続いて贈る青春ドラマ。

日本でも馴染みのあるサイモン&ガーファンクルや

ボブ・ディランの名曲を使用しながら

大学を卒業したばかりのひとりの青年の姿を描く。

主演は「アサシンクリード」のカラム・ターナー。

共演にケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、ジェフ・ブリッジス。
「アメイジング・スパイダーマン」も含め、『ホロ苦い青春劇』は

マーク・ウェブの持ち味なのでこちらも期待。

 

 

発売中■Blu-ray:(500)日のサマー

6月2日発売■Blu-ray+DVD:gifted/ギフテッド


▼今週発売のBlu-ray

 

 

4月11日発売■Blu-ray:ゲット・アウト

4月11日発売■Blu-ray:ゲット・アウト 4K ULTRA HD

 

コメディアンとして人気のジョーダン・ピールが初監督を務め、

オスカー賞レースにも食い込む大健闘となった

ホラー映画「ゲット・アウト」が今週発売。

ハリウッドでもしばしば取り沙汰される根深い人種差別問題を背景に、
白人の彼女の実家を訪れた黒人青年が恐ろしい目に遭うサスペンスホラー。
主演はダニエル・カルーヤとアリソン・ウィリアムズ。
共演はブラッドリー・ウィットフォード、
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー。

 

【紹介記事】「ゲット・アウト」暴走する欲望、地を這う狂気より抜粋して再掲。

 

私が日本一敬愛する漫画家・楳図かずおがホラーマンガの巨匠であると同時に

ギャグマンガの達人でもあることを 引き合いに出すまでもなく、笑いと恐怖は表裏一体。

コメディアンのジョーダン・ピールが デビュー作にホラー映画を撮ったのも自然なこと。

幸せなのは開始5分ほどで、実家を訪れてからは 不条理の嵐が続くわけだが、

私はこの映画に対して、巷で言われている人種差別については

それほど重要な要素ではないのではないかと感じた。

 

 

発売中■Comic:「洗礼 1 / 楳図かずお」

発売中■Comic:「洗礼 2 / 楳図かずお」

発売中■Comic:「洗礼 3 / 楳図かずお」

 

(これを書くとネタバレかも知れないが) 肌の色というよりは、

衰えと共にままならぬことの増えてきた老人が若く強靭な肉体に憧れ、

羨望を渇望にクラスチェンジさせて凶行に及ぶサスペンスフルな展開になっている。

そう、この映画は楳図かずおの「洗礼」の変形なのだ。

洋画で言えば、シャマランの「ヴィジット」のような

不気味な住人達のイッちゃった怖さを楽しむタイプのホラーである。

「洗礼」には驚くべき結末が待っているが本作はありきたりなエンディングになっていて、

ジェームズ・ワンが得意とするどんでん返しは用意されていない。

初監督作品としてはかなり健闘しているし、良作と言っていい。

過度の期待はせず、さらっと観ることをお薦め。


4月11日発売■Blu-ray:魔法少女リリカルなのは Reflection 超特装版

 


▼今週発売の新譜

 

4月11日発売■CD+Blu-ray:ユーミンからの、恋のうた。初回限定盤A(早期特典付き)

4月11日発売■CD+Blu-ray:ユーミンからの、恋のうた。限定盤 A

4月11日発売■CD+DVD:ユーミンからの、恋のうた。初回限定盤B(早期特典付き)

4月11日発売■CD+DVD:ユーミンからの、恋のうた。初回限定盤B

 

CD市場の縮小が続く中で、ミリオンヒットを飛ばした

「日本の恋と、ユーミンと。」に続くベストアルバム。

本人選曲の45曲がCD3枚組に収録されている。

売れ筋を網羅した前回と違って

ディスクごとにテーマを決め、楽曲を振り分けているあたりがこだわりなのだろう。

「ジャコビニ彗星の日」「スラバヤ通りの妹へ」「セシルの週末」

「思い出に間にあいたくて」「街角のペシミスト」「満月のフォーチュン」

「砂の惑星」「ツバメのように」「きみなき世界」などなど、シングルではないが

聞けば多くの方が一度は耳にしたことがあるであろう名曲が並んでいる。

 

【関連記事】松任谷由実は死ぬまでユーミンを演じ続けるのだと思うより抜粋。

 

かつてのユーミン語録に

「私は常に最新アルバムがベストアルバム。

だからベストアルバムを出す必要がない。」というものがある。

所属していた東芝EMIが危機を迎え、ついにこだわりを破って

(非公認を除く)初のベストアルバム「Neue Musik」をリリースしてからは

堰を切ったように次から次へとコンセプトを変えたベストを出しているが、

ミリオンを突破した「日本の恋と、ユーミンと」と今作の2種類のベストは

「ユーミンのまま死にたい」と語った彼女の

「死んだ後に勝手に乱発されちゃかなわん」という意志(遺志)を感じる。

 

以前紹介した時にはまだ内容が発表になっていなかった映像ディスクについては

ユーミンの過去のライブパフォーマンスより選ばれた9曲で構成された観るベスト。

 

・「満月のフォーチュン」逗子Vol.16
・「Nobody Else」 SHANGRILA II
・「BABYLON」 SHANGRILA III
・「朝陽の中で微笑んで」 SHANGRILA III
・「雨のステイション」荒井由実ライブ

・「TUXEDO RAIN」 Road Show
・「無限の中の一度」POP CLASSICO
・「砂の惑星」THE DANCING SUN
・「雪だより」 苗場Vol.38
・「September Blue Moon」苗場Vol.38
・「ただわけもなく」THE LAST WEDNESDAY

 

これにインタビューが混ざっているらしいのだが、

今時はライブを完全収録するアーティストもいるというのに

苗場から2曲ほど出した以外は既発のライブ映像でしかも9曲とは

非常に中途半端で残念。

今回のベストはコアに向けた取りこぼし集なのだから

資料用に保存した未公開映像の蔵出しぐらいして欲しかった。

象に乗って出てくる映像とか残っていないのだろうか。

もしくはNHKと組んで過去の出演映像をまとめるとか。

 

4月11日発売■Blu-ray:松任谷由実 CONCERT TOUR 宇宙図書館 2016-2017

4月11日発売■DVD:松任谷由実 CONCERT TOUR 宇宙図書館 2016-2017

 

最新ツアー「宇宙図書館」のBlu-ray/DVDも同時発売。

生で観る機会があったのだが、こちらは素晴らしかった。

口パク上等、ダミ声なんのその。

懐かしい曲から最新曲までをひとつのコンセプトの下に束ねて

観客を旅に連れ出す演出力にはほとほと感心した。

「影になって」が入っていたのが特に嬉しい。




sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。